アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

美術を、もっともっと身近なものに。もっともっと楽しいものに。もっともっと笑えるものに。

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】-タイトル  明日行きたくなる美術展情報をあなたに

星星星(3ツ星)
NEWポーラ美術館×ひろしま美術館 共同企画 印象派、記憶への旅  ポーラ美術館(~7/28)
  ・ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道  国立新美術館(~8/5)
  ・information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美  サントリー美術館(~6/2)
  ・クリムト展 ウィーンと日本 1900  東京都美術館(~7/10)
  ・特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」  東京国立博物館(~6/2)

星星(2ツ星)
NEW美を紡ぐ 日本美術の名品  東京国立博物館(~6/2)
NEWこれぞ黄金の国・日本 金屏風展  岡田美術館(~9/29)
  ・ルート・ブリュック 蝶の軌跡  東京ステーションギャラリー(~6/16)
  ・大日本タイポ組合展  町田市民文学館ことばらんど(~6/30)
  ・円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美  三井記念美術館(~6/23)
  ・縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展  横須賀美術館(~6/23)
  ・キスリング展 エコール・ド・パリの夢  東京都庭園美術館(~7/7)
  ・野蛮と洗練 加守田章二の陶芸  菊池寛実記念 智美術館(~7/24)
  ・ムーミン展 THE ART AND THE STORY  森アーツセンターギャラリー(~6/16)
もうすぐ…メアリー・エインズワース浮世絵コレクション  千葉市美術館(~5/26)
  ・花・Flower・華―四季を彩る―  山種美術館(~6/2)
  ・ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ―  パナソニック汐留美術館(~6/23)
  ・藍染の絞り 片野元彦の仕事  日本民藝館(~6/16)
  ・百年の編み手たち —流動する日本の近現代美術—  東京都現代美術館(~6/16)
  ・MOTコレクション ただいま / はじめまして  東京都現代美術館(~6/16)
  ・ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ  DIC川村記念美術館(~6/16)
  ・特別展「大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦」  国立科学博物館(~6/16)
  ・ラファエル前派の軌跡展  三菱一号館美術館(~6/9)
  ・ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR  21_21 DESIGN SIGHT(~6/30)
もうすぐ…福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ  東京国立近代美術館(~5/26)
もうすぐ…六本木クロッシング2019展:つないでみる  森美術館(~5/26)

星(1ツ星) 
NEW更級日記考―女性たちの、想像の部屋  市原湖畔美術館(~7/15)
もうすぐ…女・オンナ・おんな~浮世絵にみる女のくらし  渋谷区立松濤美術館(~5/26)
  ・サラ・ベルナールの世界展  箱根ラリック美術館(~6/30)
  ・町田市立博物館最終展 ―工芸美術の名品―  千葉市美術館(~6/16)
  ・シャルル・フランソワ・ドービニー展  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(~6/30)
  ・京都国立近代美術館蔵 世紀末ウィーンのグラフィック  目黒区美術館(~6/9)
  ・PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス  六本木ヒルズ展望台東京シティビュー(~9/16)
  ・ニッポン制服百年史―女学生服がポップカルチャーになった!  弥生美術館(~6/30)
  ・イームズハウス:より良い暮らしを実現するデザイン  Gallery A4(~5/30)
  ・荒木悠展:LE SOUVENIRS DU JAPON ニッポンノミヤゲ  資生堂ギャラリー(~6/23)
  ・幾兆億年の果てより今日も夜はまた訪れてくるのだ―永遠の無限  草間彌生美術館(~8/31)
もうすぐ…吉田謙吉と12坪の家-劇的空間の秘密-  LIXILギャラリー(~5/25)
  ・太陽の芸術 ―岡本太郎のパブリックアート―  岡本太郎記念館(~6/23)
NEW !
テーマ:
こんばんは。
令和初のATN (=アートテラーニュース) です。

来月6月4日に、代官山蔦屋書店にて開催されるイベント、
『アジア最大級のダリ美術館 20周年記念トークショー「ダリナイト」』 の詳細が明らかになりました。




こちらは、福島県にある世界3大ダリ美術館の一つ、
諸橋近代美術館の開館20周年を記念して開催される一夜限りのトークショー。
昨年、とに~氏が諸橋近代美術館を訪れた際に・・・

「来年20周年なんですね!
 せっかくなら、福島じゃなくて、東京でドーンとイベントやったらいいんじゃないですか?
 もし、やることになったら、会場見つけておきますよ!」


と、ノリで発言したことが一つの要因となって実現したイベントとのこと。
その責任を取って、とに~氏もトークショーに参戦する運びとなった模様です。
なお、トークショーは2部構成となっており、
とに〜氏は、第1部で諸橋近代美術館の大野方子学芸員とともに、
『ダリのパーソナリティー』 をテーマにトークを繰り広げるとのことです。
とに~氏より、以下のコメントが届いております。

「まさか、思いつきで発言したイベントが本当に実現することになろうとは!
 それも代官山蔦屋書店という素敵な会場で!
 なんだかシュルレアリスムの世界にいるようです (笑)
 メインのトークテーマは、『ダリのパーソナリティー』 ではありますが。
 トークショーのお相手を務める大野学芸員は、まず間違いなく、日本一ダリ愛の強い人物!
 当日は、その強烈なダリ愛、『大野方子のパーソナリティー』 を存分に引き出したいと思います(笑)」



イベントの詳細は、こちらをクリックくださいませ↓
【イベント】アジア最大級のダリ美術館 20周年記念トークショー「ダリナイト」
20世紀を代表する芸術家、ダリは世界屈指の中2病!?やはり天才!?



続いてのニュースです。
現在、国立新美術館で絶賛開催中の展覧会、
“ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道” の関連イベントとして、
6月14日にウィーン・モダンの魅力をテーマにしたトークショーが開催されるとの発表がありました。
トークショーは対談形式となる模様。
とに~氏とともに、ウィーン・モダンの魅力を語るのは、藤井フミヤさん。
言わずと知れた国民的アーティストのあの藤井フミヤさんです。
トークショーのタイトルは、ズバリ・・・

『【トークショー】藤井フミヤ×とに~ クリムト、シーレ ウィーン芸術の魅力』

あまりにビッグネームすぎる人物との共演に、
とに~氏は、いつになく緊張を隠せないようです。

「これまでアートテラーとして、いろんな仕事をさせて頂きましたが。
 今回のオファーは、過去最大級に衝撃的でした!
 トークショーのお相手を伺ったときに、まずドッキリを疑ってしまったほどです(笑)
 しかも、オファーがあってから、1ヶ月近く何の音沙汰もなかったので、やっぱりドッキリなのかと。
 こうして公式HPで応募がスタートしましたが、まだ若干ドッキリを疑っています(笑)
 まさか、自分の人生において、藤井フミヤさんと共演する日が来るだなんて。
 それも、ご一緒にアートのお話が出来るだなんて。
 『とんねるずのみなさんのおかげです』 で観ていた小学生の僕に教えてあげたいです。
 “藤井フミヤ×とに~” というトークショー名に、
 かなりプレッシャーを感じて、まさに “神様ヘルプ” 状態ですが。
 当日は、楽しめるよう頑張ります!」



イベントの詳細は、こちらをクリックくださいませ↓
【トークショー】藤井フミヤ×とに~ クリムト、シーレ ウィーン芸術の魅力




それでは、今夜のATNは、この辺りで。
Blogランキングへ  にほんブログ村 美術ブログへ

Ameba人気のブログ