アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

美術を、もっともっと身近なものに。もっともっと楽しいものに。もっともっと笑えるものに。

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】-タイトル  明日行きたくなる美術展情報をあなたに

星星星(3ツ星)
NEW瀬戸内国際芸術祭2019  瀬戸内エリア各所(~11/4)
  ・バスキア展 メイド・イン・ジャパン  森アーツセンターギャラリー(~11/17)
  ・塩田千春展:魂がふるえる  森美術館(~10/27)

星星(2ツ星)
NEWラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン  パナソニック汐留美術館(~12/15)
NEW齋藤芽生とフローラの神殿  目黒区美術館(~12/1)
NEWカルティエ、時の結晶  国立新美術館(~12/16)
  ・ルノワールとパリに恋した12人の画家たち  横浜美術館(~2020/1/13)
  ・住友財団修復助成30年記念「文化財よ、永遠に」  泉屋博古館分館(~10/27)
  ・竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション  東京国立近代美術館工芸館(~12/8)
  ・北斎没後170年記念 茂木本家美術館の北斎名品展  すみだ北斎美術館(~11/4)
  ・コートールド美術館展 魅惑の印象派  東京都美術館(~12/15)
  ・黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶  サントリー美術館(~11/10)
  ・大観・春草・玉堂・龍子―日本画のパイオニア―  山種美術館(~10/27)
  ・ハンガリーの写実画家 サンドルフィ展  ホキ美術館(~11/17)
もうすぐ…没後90年記念 岸田劉生展  東京ステーションギャラリー(~10/20)
  ・シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート  ポーラ美術館(~12/1)
  ・生誕100年 藤本能道 生命を描いた陶芸家  菊池寛実記念 智美術館(~12/1)
  ・マンモス展 -その『生命』は蘇るのか-  日本科学未来館(~11/4)

星(1ツ星) 
NEW桃源郷展―蕪村・呉春が夢みたもの―  大倉集古館(~11/17)
  ・岡山芸術交流2019  岡山市内各所(~11/24)
  ・茶の湯の名碗「高麗茶碗」  三井記念美術館(~12/1)
  ・柳宗悦と古丹波  日本民藝館(~11/24)
  ・美しきいのち 日本・東洋の花鳥表現  根津美術館(~11/4)
  ・描く、そして現れる―画家が彫刻を作るとき  DIC川村記念美術館(~12/8)
  ・士 サムライ―天下太平を支えた人びと―  江戸東京博物館(~11/4)
  ・椅子の神様 宮本茂紀の仕事  LIXILギャラリー(~11/23)
  ・「ちひろさんの子どもたち」 谷川俊太郎×トラフ建築設計事務所  ちひろ美術館・東京(~10/27)
  ・長く生きる。”DNA”を繋ぐ50脚の椅子  ATELIER MUJI GINZA(~11/24)
もうすぐ…見える自然/見えない自然 ロイス・ワインバーガー展  ワタリウム美術館 (~10/20)
  ・加藤泉―LIKE A ROLLING SNOWBALL  原美術館(~2020/1/13)
もうすぐ…MOTサテライト2019 ひろがる地図  東京都現代美術館(~10/20)
もうすぐ…あそびのじかん  東京都現代美術館(~10/20)
  ・5億年後の生命体 河口洋一郎:beyond AI  岡本太郎記念館(~10/27)
  ・虫展 -デザインのお手本-  21_21 DESIGN SIGHT(~11/4) 
現在、東京都庭園美術館で開催されているのは、
“アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」” という展覧会です。




現在でこそ、関係性はややギスギスしていますが、
長い歴史で見れば、日本人は、美術品を通じて、中国や朝鮮半島に憧れを抱いてきました。
中でもとりわけアジア熱が高かったとされるのが、1910年から60年頃にかけて。
日本の知識人や美術コレクターが、こぞってアジアの古典美術を蒐集したのだそうです。
さらに、アジアの古典美術にインスパイアされて、作品を制作して芸術家も多かったのだとか。
今展では、そんな空前のアジアフィーバーの中で生まれた美術品にスポットが当てられています。

例えば、こちらの岡部嶺男の陶芸作品。


(注:館内の写真撮影は、特別に許可を得ております。)


3本足が特徴的なこの2点の作品は、中国の青銅器の形がモチーフとなっています。
青銅器自体は、何千年も前のものですが、日本で紹介されるようになったのは、
大正から昭和にかけて、住友家によって本格的に蒐集されてからのことなのだそう。
岡部嶺男をはじめとする当時の日本人は、新鮮な驚きをもって青銅器を目にしていたのです。
とはいえ、ただ形や色合いを真似しただけではなく、
大胆にデフォルメしているあたりに、岡部嶺男のセンスが感じられました。




また例えば、こちらの石黒宗麿の陶芸作品。




パッと見は何柄かよくわかりませんが、その正体はあじさい柄。
あじさいを黒一色で表現するという、実に斬新なセンスの作品です。
この作品のイメージソースとなっているのは、中国の磁州窯と呼ばれるやきもの。




かつて日本人が珍重してきた天目茶碗や青磁といった官窯のやきものとは違い、磁州窯は民窯。
つまりは、日用品の器です。
20世紀初頭、中国で大規模な鉄道工事がスタートし、
その作業中に、磁州窯のやきものが大量に発見されたのだとか。
これにより、世界的に中国陶磁に一気に注目が集まりました。
もちろん日本でも、中国陶磁への関心が高まったのは言わずもがな。
もし、磁州窯が見つかっていなかったら、
きっと石黒宗麿のこの作品は生まれていなかったことでしょう。


さて、そんなアジア旋風が吹き荒れていたのは、陶芸界だけではありません。
当時流行していたチャイナドレスを描いたり、




明治以降に日本人によって発見された雲岡石仏を題材にしたり、




洋画、日本画問わず、絵画の世界でもアジアの影響を見て取ることができます。
また、梅原龍三郎や岸田劉生によって描かれた、
一見すると西洋画っぽいこれらの静物画も、実はアジアの影響が見て取れるのだとか。




ポイントは、花ではなく、その器。
先ほど登場した磁州窯や中国製の籐籠 (もしくは竹籠) が描き込まれています。
スタイルは西洋画、モチーフはアジア。
まさに、さまざまな文化のミックスを得意とする日本ならではの静物画です。


さてさて、展覧会では他にも、金工作家や竹工芸家の作品も紹介されています。
それぞれの作品数はそう多くはないですが、
やきものも日本画も洋画も金工も竹工芸も、そして、アジアの名品も、
いいとこ取りで楽しめるオムニバス形式の展覧会でした。
星星

なお、展覧会のラストを飾る新館ギャラリーでは、




画家の岡村桂三郎さん、漆芸家の田中信行さん、デザイナーの山縣良和さん、
3人の現代アーティストによる “アジアへの憧れ” をテーマにした新作が発表されています。
さらには、現代アートも楽しめる、なんとも欲張りな展覧会です。


ちなみに、今回出展されていた作品の中で、
個人的にお気に入りなのは、香取秀眞 (ほつま) による 《鳩香炉》 (写真右)。




鳩かと言われれば、鳩ではない気もしますし。
立ち姿は、中に人が入ったゆるキャラの着ぐるみのようですし。


香取秀眞 《鳩香炉》 1949年 千葉県立美術館所蔵


いろいろとツッコミたくなりますが、
妙に愛嬌があるので、不思議とすべてを許せてしまいそうです (笑)
かわいいは正義。




1位を目指して、ランキングに挑戦中。
下のボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです!

Blogランキングへ にほんブログ村 美術ブログへ