会社員・OLのためのお金が簡単に貯まるマネー力アップ実践講座

お金のカウンセラー文丘雄清が、会社員・OLのお金の不安、お金の悩み、お金のブロックを手放し、好きな事・ライフワークで簡単にお金をためる、収入をふやす方法、夢を叶える秘訣を大公開。FP、ファイナンシャルプランナーの文丘は、サラリーマンを応援します。

NEW !
テーマ:

● ANAクラウンプラザホテル京都で秋の味覚アフタヌーンティーお茶会

こんにちは。文丘雄清です。

 

恒例のアフタヌーンティーお茶会です。

 

今年は春から

一期(苺)一会なウインターアフタヌーンティー at インターコンチネンタル大阪

 

春は桜のアフタヌーンティーお茶会 帝国ホテル大阪

 

初体験!ラ・スイート神戸ハーバーランドのハニーハニーアフタヌーンティー

 

コンラッド大阪のスカイ‐アフタヌーンティーセット!

 

ANAクラウンプラザホテル大阪の真夏のアフタヌーンティーお茶会〜フルーツいっぱいのサマーカーニバル〜

 

など開催してきました。今回は、秋バージョン。

 

ANAクラウンプラザホテル京都で秋の味覚アフタヌーンティーお茶会!

 

 

です。前回に続き、ANAクラウンプラザホテルです。

 

文丘がANA好きだから、という理由ではなく、たまたまです。大阪と京都では趣が違いますしね。

 

 

ANAクラウンプラザホテル京都は、古都の中央、世界文化遺産「二条城」のほとりに佇む寛ぎのホテルです。

 

 

ホテル内には、お菓子でできた二条城のジオラマもあります。

 

 

京都らしく伝統的な雰囲気と、ANAクラウンプラザのおしゃれな感じがいい塩梅ですね。

 

今回の会場は、1階のロビー奥の、コトラウンジです。広々とした開放的な空間で、窓越しにみえる滝が印象的です(写真撮り忘れ^^)

 

肝心の、「秋の味覚アフタヌーンティーセット」はどうでしょう。

なんと、限定10食だそうです。

紅茶・ハーブティーお代わり自由で、お一人様:¥2,500はホテルのアフタヌーンティーとしては格安では^^

 

最初にお約束の3段プレートがやってくるのかと思いきや、やってきたのは、キッシュやトルティーヤ等を入れたサンドウィッチ!


 

本日のキッシュ

レンズ豆ときのこのトルティーヤ

スモークサーモンと水菜のプリニ

フォカッチャのカプレーゼ

スティック野菜とアンチョビマヨネーズ

 

アフタヌーンティーで、スティック野菜は珍しいですね。健康的でよいかも。

 

 

紅茶・ハーブティーお代わり自由です。

 

一杯目の紅茶はダージリンで。

 

 

ロンネフェルトの紅茶をヘレンドのティーセットで優雅なひとときを~

というより、おしゃべり、ぱくつきタイム開始です。

 

 

そしてお待ちかねのプレートの登場!

 



デザートのプレートですね。



一番上は、フルーツサラダとぶどうのグラニテ。

フルーツサラダは下の器のソースをかけていただきます。


 

二段目は、かぼちゃのプリンにスイートポテト。

 

かぼちゃのプリンは女性に人気でしたが、文丘は、チョコレートケーキですね!

 



一番下のプレートは、温かいスコーン(プレーンとレーズン)、マカロン(洋ナシ)でした。

 

ストロベリージャム、ブルーベリージャム、クロテッドチーズもついています。

 

紅茶・ハーブティーお代わり自由なので、2杯目はアールグレイ。

 

ポットがかわいらしいですね。

 

 

このチョコレートケーキは、甘すぎることもなく、とても美味しかったですよ^^

 

 

ベストバランスというハーブティーは、ルイボスティー、カモミール、レモングラスなどがミックスされています。いい香りで、すっきり飲みやすかったです。




いつもながら、皆さんの特技や趣味、ファッションに健康、旅やマイル、お金、投資信託、話題の仮想通貨など話題は多岐にわたります。

 

金ぴかの財布自慢などもあり、とてももりあがりました。

 

2時間制で、おかわりできなくなってもしゃべりつづけていました。

 

美味しく楽しい時間は、いつもあっという間ですね。

 

皆さんの経験談は本当に面白いです。

 

いつも書いていますが、すてきな空間で、美味しいものをいただきて、楽しい話をワイワイする。

 

そういう時間が、とても幸せですね。

 

お忙しい中、参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

 

次回は、11月4日にミステリーアフタヌーンティーお茶会です!

 

アフタヌーンティー好きの皆さん、ぜひお茶しましょう!

 

アフタヌーンティーお茶会の募集はこちらから優先的に行います^^

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

● 一瞬で成功する方法は知らないが、確実に成功する方法(get rich sure)はある!

こんにちは。文丘雄清です。

 

昨日は大阪で、あのブランディングの第一人者の鳥居祐一さん主催の 大阪放談会に参加してきました!

 

鳥居さんの本はとても分かりやすく書かれてあり、おすすめですよ。

 

鳥居さんのホームページはこちら。

 

放談会は、大阪ヒルトンの中華の名店、王朝のコース料理を食べながら、10名弱で3時間みっちりとお話しできる、とってもお得な食事会です。

 

鳥居さんのようなライフスタイルに影響され、今年は毎月のように海外に行きました。ただし、近場の東南アジアや 欧州、それもドイツやフランス、少し珍しいのはチェコくらい。 

 

鳥居さんは、つい先日、南アフリカのプライベートサファリにいかれていました。すごいですよね。

 

毎回、放談会ではメルマガやフェイスブックには書けないきわどい内容や、 えーっみたいな特ダネを教えてもらいます。

 

今回も、健康、政治・経済、学問・英語、金融・投資、いろいろな話題で盛り上がりました!

 

今回、特に印象に残ったのは、鳥居さん流の成功の秘訣です。 

 

一瞬で成功する方法は知らないが、確実に成功する方法(get rich sure)はある! 

 

と言われていましたが、その方法をいくつか披露していただきました。 

 

そのなかで、「頭を空っぽにして行動する」というものがありました。

 

行動するにも下記のように段階があります。 

 

1:知る(インプット) 

2:理解する 

3:行動する(アウトプット) 

4:できる 

5:分かちあう(シェア) 

 

日本人はまじめでインプットをする人は多いですが、行動する人は少ない。 そのような中で、アウトプット前提で、インプットすると結果が大きく変わるとのこと。 

 

確かに、そのとおりだと思います。 

 

最初のインプットの段階で大事なことが、「頭を空っぽにする」ということ。 

 

こういうことはどこかで聞いたことがあって、さらっと聞き流してしまうかもしれません。

 

しかし、鳥居さんの口から熱く語られると、 やはり熱意というかエネルギーも伝わってきます。 

 

鳥居さんは、変なプライドや知識が邪魔をする場合が多いともいわれていました。

 

私も教わる時は、自分の考えは一度脇において、頭を空っぽにして一から教わろう、と強く思いました。 

 

アワビや伊勢海老、北京ダッグがならぶ料理もゆっくり食べる時間がないほど、盛りだくさんの話に聞き入りました。 

 

来られているかたも、関西は半分くらい。広島や名古屋から新幹線に乗って参加されている熱心なファンの方もおられました。 

 

そして、皆さん意識が高く、個性的で面白い方ばかりでした。

 

 

すてきな場所で美味しい食事をしながら、好きな話題のネタで楽しく話しながら時間を過ごす、これって本当に贅沢だな~とおもいました。 

 

一瞬で成功できなくても、ゆっくり確実にリッチになりましょう!

 

教えていただいたことメルマガでもシェアしていますよ

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 暗号通貨(仮想通貨)勉強会、本当にありがとうございました!

こんにちは。文丘雄清です。

 

 

週末は東京のホテルで、自分の人生の後半戦と向き合っていました(笑)

 

 

ホテルの謎のオブジェです。

 

 

見晴らしの良いところは、頭もさえますね^^

 

以前メルマガにも書きましたが、人が成長するためには、次の3つがよいと師匠に教わりました。

 

1:人と会う

 

2:旅に出る

 

3:本を読む

 

普段海外で活躍している方が日本に戻ってこられるチャンスがあったので、東京まで会いに出かけました。

 

自分ではいくらもがいてわからないことも、できる人か見たらすぐに答えが出てしまうものなのですね。本当に面白いくらい。

 

素晴らしい方々と、人生の後半について、ふかーく右脳をつかって、頭はパンクしそうになりました。

 

翌日は神戸。

 

こちはら左脳全開で、暗号通貨(仮想通貨)勉強会を開催しました。

 

個人相談の進化バージョンで特別に教えてほしいといわれので、試しでやってみました。

 

実際にノートパソコンを持ち込んで、ビットコインやイーサリアムだけでなく、他の通貨も扱いました。

 

ビットフライヤーやコインチェックなどの有名なところ以外もつかって、実際に取引をしました。

 

株と違って、週末でもリアルトレードができるのがいいですね。

 

それなりに疲れましたが、かなり喜んでいただいたようです。

 

すこしでも貢献できて、良かったです^^

 

感想メールを頂いたので、ご紹介しますね。(一部、許可をいただいて表現を変更しています)

 

暗号通貨(仮想通貨)勉強会、本当にありがとうございました!


文丘さん、今日は仮想通貨勉強会、本当にありがとうございました。

 

最初、ビットコインってなんだ?というところから始まりましたが、(いまでもよくわかりませんが)、とにかく、実際にお給料以上に儲かって本当におどろいています。

 

知らないとほんとに損をする世の中ですね。本当に詳しく教えてくださってありがとうございます。

 

一人で取引するのはまだ怖いですが、増えた分だけで楽しみながらやってみることにします。教えていただいた〇〇にもチャレンジします。

 

怖いけどやってみる、もちろんリスクは理解しますが、あたらしいことに取り組むことも大切だとおもいました。給料は今後増えないとおもいますので、投資信託以外にもはじめるつもりです。

 

自分の知らない世界を教えてくださりありがとうございます。しかも実際にお金が増えるところを見せていただきましてありがとうございます。

 

はやく複数の収入をもって、海外にいきたいです。これからももっと教えてください。

 

本当にありがとうございました。

 

(Y.Yさん:兵庫県)

 

Y.Yさんは、一回目の開始時期がたまたまよかったこともあり、先週、驚くほどのパフォーマンスを出すことができました。

 

文丘も驚いています。正直うらやましい(笑)

 

タイミングって大事ですね。

 

そして、ビットコインなどの仮想通貨のことは知ってはいるものの、実際に取引できるかどうかはまた別物です。

 

金(ゴールド)や不動産も同じ。

 

名前は知っていても、どこで買うのか、どうやって買うのか、知らない人もおおいものです。

 

しかし、知っている人からすれば、簡単なことです。

 

あの時、買っておけばよかった、、、

 

とならないように、準備だけはしておきましょう。


今回、Y.Yさんがかなり稼ぐことができた理由は、またメルマガにも書いておきますが、暗号通貨(仮想通貨)は、非常に変動があるもので初心者向きではありません。あくまで余裕資金で行うものですので、安易に始めないでくださいね。

 

それと、変なコインには近づかないようにしてくださいね!

 

知識は力。

 

教養が高くつくというなら、無知はもっと高くつく(ベンジャミン・フランクリン)

 

教養が高くつくというのなら、無知を試してみればいい(ドルフ・デ・ルース)

 

株やFXで大損をした経験がある文丘が言うのもなんですが、やはり最初はきちんと勉強しましょうね。

 

無料のメールセミナーはこちらです

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● これはすごい!ストラホフ修道院の「哲学の間」と「神学の間」


こんにちは。文丘雄清です。

 

プラハで一番行きたかったところはここです、ストラホフ修道院の「哲学の間」と「神学の間」です。

 

ヴィシェフラド(Vysehrad)を散歩した後、プラハの中心部に向かいます。

 

場所はプラハ城の近くです。一度、プラハ城まで行っているので、そんなに苦労せずに行くことができます。

 

トラムにのって、プラハ城の次の停留所まで行きます。

 

 

写真が暗いですが、ここが修道院の入り口です。

 

 

修道院のメインの建物の横に、入り口があります。

 

 

「哲学の間」と「神学の間」の入り口はこちら。

 

入場料は、大人は80コルナ。あと、カメラ撮影をするのであれば、プラス50コルナ必要です。

 

 

パンフレットをもらって2階へ上がります。

 

 

現在は、民俗博物館になっているようで、お目当ての部屋に入る前に、いろいろな展示がされている部屋を見学することができます。

 

 

当時の人は、見たこともない異国の世界の動物、植物、鉱物などをみて、どんな気持ちになったのでしょう。

 

といっても、これらは本当に当時のお宝で、ごく一部の上流階級の人しか見ることが許されなかったと思います。

 

 

入り口には係員がいて、各国の説明書を読ませてもらうことができます。

 

 

日本語のパンフレットもあります。

 

 

せっかくなので、写真で撮ったので載せておきますね。

 

そして、お目当ての部屋へ!

 

 

「哲学の間」です!

 

後期バロック様式の装飾が施されています。

 

 

普通の建物の2階分はあろうかという高さの天井にまで、届く書棚!

 

世界の図書館、アカシックレコード図書館ともいわれるのも納得です。

 

びっしりと埋め尽くされた蔵書に圧倒されます。

 

 

こういうところで、読書したいですね。

 

残念ながら、中に入ることはできません。

 

 

通路には、貴重な本も展示されています。

 

 

古い本で、聖職者の方が大切に読まれたものなのでしょう。

 

 

石や装飾品も展示されていました。かっこいいというか、厳かな雰囲気です。

 

そして、次は、

 

 

地球儀と天球儀が並ぶ、「神学の間」です!

 

 

圧巻の雰囲気です。

 

 

見事なフレスコ画でうめつくされた天井。

 

奥行きのあるホールに地球儀や天球儀がいくつも置かれています。

 

 

当時は本当に、一部の人しか入ることが許されない、秘密の部屋だったのでしょうね。

 

 

グーグルで世界中の地図や風景が出てくる今では想像もつかないでしょうが、ほんの40数年前、自分の子供のころは、、日本の外の様子はそれほどわかりませんでした。

 

 

それが何百年も前に、当時の海外の動植物やら、宇宙のことなどの知識を詰め込んだこの部屋は、本当にタイムトラベルできるような場所だったのかも。

 

 

あー、この部屋で、本を読みながら、アフタヌーンティーでもしてみたい、なんてことを思いながら、見入ってしまいました。

 

 

壁には、本や当時の世界観のイラストも展示されていました。

 

 

ひとしきり、中世の世界に浸った後、修道院をまわりを見学します。

 

 

古い建物が博物館や文学館になってます。

 

 

かっこいい獅子の像もありました。

 

 

ストラホフ広場の高台からは、プラハ市街が一望できます。

 

 

とてもきれいな景色です。

 

最初にプラハ城など有名どころをみて、日を変えて、念願の「哲学の間」と「神学の間」の見学をしました。

 

急いで回ることもできますが、やはりゆったりと回ると心地いいですよね。

 

とても充実した日となりました。

 

夜はパーティーに誘われたので少し顔を出してみました。

 

 

川沿いの歴的な建物であるそうです。

 

 

川を渡った中州に、会場となる建物がありました。

 

 

けっこう歴史ある建物だそうです(が、詳細は忘れてしまいました。)

 

 

中はすでに熱気むんむん。

 

 

この紫というか、何とも言えない色のライトアップを見ると、東欧的な感じがします。

 

 

2年前のポーランドと同じような、色合いのライトアップです。

 

 

会場はあまりに人が多く、2階席に逃げ込みました^^

 

 

音楽ステージもありましたが、人が多すぎて、、、

 

 

会場を抜け出し、夜のプラハを散歩しました。

 

 

ライトアップされた国民劇場、とてもきれいですね。

 

 

プラハ城も、肉眼では感動するくらいきれいだったのですが、スマホの写真では、まったく伝わらないですね(笑

 

 

お城の周りをぶらぶらしながら、夜のプラハを散策。

 

絵になる街は、世界中から人が来るのもうなずけますね。


ということで、行きたかったところも行けたし、とても充実した一日でした。

 

お得なマイルや旅の話が聞けるかも?

アフタヌーンティーお茶会の募集はこちらから優先的に行います^^

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● ヴィシェフラド(Vysehrad) プラハ観光のみどころ!


こんにちは。文丘雄清です。

 

プラハでのホテルレポート、ヒルトン プラハ オールド タウン(Hilton Prague Old Town)、ホリデイ イン プラハ (Holiday Inn Prague )もおわり、また、観光にもどります!

 

プラハの観光といえば、プラハ城やカレル橋、王の道、ムハ(ミュシャ)のステンドグラスなどが有名です。

 

今回はそのほかの見所も行ってみました。

 

それは、ヴィシェフラド(Vysehrad)!

 

ヴィシェルフラドには大きな墓地があり、この場所には多くの有名人が眠っているそうです。

 

ホリデイインプラハのすぐ近く、ヴィシェフラド(Vysehrad)が良いと友人に教えてもらいました。

 

しかも、早朝の住んだ空気のときにウオーキングにいくと、なおいいよ、とのことでした。

 

しかし、朝食ブッフェでおなかいっぱい食べたので、健康的なウオーキングに程遠く、朝の散歩になってしまいました^^

 

ホリデイインから歩いて5分程度でいけますよ。

 

 

ヴィシェフラドはプラハ旧城ともいわれていて、プラハの反映を築いたリブシェ王妃が住んでいたといわれています。(諸説あり)

 

スメタナの作曲した交響詩「我が祖国」の第1楽章が「ヴィシェフラド(高い城)」のお城がこのお城のことだそうです。

 

 

公園のようになっていて、早朝歩いていると、気持ちいいです。

 

 

ここから入っていきます。

 

この城跡にのこる最も古い建物は、聖マルティン協会のロトンダ(Rotunda sv. Martina)

 

1100年ごろに建てられた円形礼拝堂(ロトンダ)。現存する中でもプラハで最も古いそう。

 

 

見上げると、初期ロマネスク様式の特徴である、木造の平天井であることがわかります。

 

なお、ロマネスク様式は、10世紀後半から、12席の、半小円の天井などが特徴。構造上、窓が大きく取れないため、内部が薄暗くなったが、それを明るく見せるために、内部にフレスコ画がかかれたという説もあるそうです。

 

 

石畳の道をぶらぶらとあるいていきます。

 

日本とは違う、街並みです。こういうところをのんびりあるく、そんな時間が好きだったりします。

 

 

 

みどりの芝生を見ながら、ベンチでぼーっとするもよし。

 

 

やや肌寒いなか、ラジオ体操やヨガ、瞑想するもよし。

 

 

ここには、墓地があります。

 

入り口には、どこに誰のお墓があるか、書かれています。

 

 

ちなみに、墓地は朝の8時から。早朝ウオーキングで行くと、開いていません^^

 

 

墓地の横には、聖ペテロ聖パウロ協会があります。

 

朝早くは当然、中には入ることが出来ません^^

 

さあ、この後は、街中に行って、どうしてもいきたかったところに向かいます

 

旅の裏話が聞けるかも?

 

アフタヌーンティーお茶会の募集はこちらから優先的に行います^^

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● ホリデイ イン プラハ (Holiday Inn Prague )!

こんにちは。文丘雄清です。

 

プラハでは、最初、ヒルトン プラハ オールド タウン Hilton Prague Old Townに宿泊しましたが、ヴィシェフラドにも行って見たかったので、ホテルを変えました。

 

ホリデイ イン プラハ (Holiday Inn Prague )です!

 

日本のホリデイインでは、ANAの上級会員に朝食サービスなどしています。

 

さて、プラハではどうでしょう?

 

さっそく朝ごはんを食べに行きましょう。

 

昨日は夜遅くにチェックインしたので、フロント周りをまったく気にしていませんでした。

 

 

フロント周りにはATMやらゆったりくつろぐスペースがあります。

 

 

朝早いので誰もいませんが、本や新聞、テレビをみたり、うちあわせしたり、ゆっくり出来ますね。

 

 

朝食会場は、フロントの左手奥のほうです。

 

 

黄色い壁の色が印象的です。

 

 

明かりもおおく、雰囲気はいいですね。

 

 

朝食は、朝の6時半から。

 

並んでいたのは、数名のみ。しかもホテルの人はだれもいません。

 

みなさん、勝手に朝食会場に入っていきます(笑)

 

 

テーブルセッティングはおわっています。テーブルの上には、グリーンのシートが。やはり、緑がテーマカラーなのですね。

 

 

ドリンクコーナーの壁はイエロー!

 

朝から目が覚めます。

 

 

食べ物コーナーは、朝一番なので、お皿いっぱいに並んでいます。

 

 

こちらは、スクランブルエッグにゆで卵など。

 

残念なことに、エッグステーションはありません。

 

そのあたりはヒルトンなどと、比べてはいけないのでしょう。

 

 

あたたかいパンケーキはやまほどありました。

 

 

マッシュポテトのフライもてんこ盛り。

 

 

ハムなどは種類も豊富です。

 

 

チーズも3種類ほどありました。

 

朝一番なので、きれいな盛り付けです。

 

 

ソーセージも、焼いたもの、ゆでたもの、マッシュルームと一緒のものなど4種類ほど。

 

 

野菜は定番のトマト、パプリカ、きゅうり、オニオンなどですね。

 

 

フルーツポンチもありました。

 

 

ウェルカムドリンクと一緒にいただいた、ドライフルーツがこちらにもいっぱい。

 

 

パンの種類は豊富にありました。

 

パンは食べないけれど、あまいおやつはつい、手が伸びてしまいます^^

 

 

なんだか、変わったパンがビスケットみたいなものもありました。

 

 

ヨーグルトは3種類ほど。カップケースに入ったものは、無かったですね。

 

 

なぜか、スイカが並んでいました。

 

プラハでは、一般的な果物なのでしょうか?

 

 

朝早くでがらがらのレストラン。

 

あいかわらず、ホテルのスタッフさんはいません。

 

好きなところに座って食べましょう。

 

 

いただきまーす!

 

ヒルトンなどと比べると寂しい朝食ですが、一般的なホテルとしては十分な朝食だと思います。

 

スタッフさんが結局、帰る頃にでてきたのが、なんともいえない東欧的なサービスらしさでした^^

 

この後は、早朝散歩かねて、でかけます。

 

次回につづく。

 

旅の裏話が聞けるかも?

 

アフタヌーンティーお茶会の募集はこちらから優先的に行います^^

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● ホリデイ イン プラハ (Holiday Inn Prague )!

こんにちは。文丘雄清です。

 

プラハでは、最初、ヒルトン プラハ オールド タウン Hilton Prague Old Townに宿泊しました。

 

プラハには多くのホテルがあるので、別のホテルにも泊まってみます。

 

ホリデイ イン プラハ (Holiday Inn Prague )!

 

日本では、ANA-IHGグループなので、ANAを利用している方は、とまった経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

わりと地方にもあり、ANAを乗る方を優遇していることもあり、人気です。

 

CAさんがとまっていることから、根強いファンも(笑)おおいと聞きました。

 

 

海外では、ANAとは関係ないそうですが、せっかくなので、チェックイン!

 

今回は移動もあったので、夜になってしまいました。

 

 

お部屋はシングルを予約しましたが、少し広めのツインにしていただきました。

 

 

枕は2つですが、ベッドの幅くらいある大きな枕(笑)

 

 

デスクも幅広く、仕事もはかどりそうです。

 

 

冷蔵庫の中には、ドリンク類がたっぷり。

 

あ、もちろん、有料です^^

 

 

自分で買った飲み物をいれるスペースは無いようです。

 

グラスはありました。

 

 

扉すぐに洗面所とクローゼット。

 

 

クローゼットにはハンガーとクリーニングの袋などがありました。

 

 

洗面所はこちら。

 

可もなく、不可もなく、というふつうな感じですね。

 

こちらウェルカムフルーツ(というか、おやつ)

 

胡桃があると、うれしくなります^^

 

ウェルカムドリンクもついてました。大きなミネラルウオーターと赤ワインの小瓶。

 

おなかもすいたので、軽く食べにお店を探します。

が、ホテルの近辺にはレストランはないそうで、トラムで一駅はなれた

I.P.PAVLOVA駅に向かいます。

 

チェコは個人のビール消費量が世界一。

 

おいしい、ホスホダ(ビアホール)があちこちにあるとのことで、ホテルで聞いてきました。

 

が、駅から降りていきなり迷いました(笑)

 

 

町中の観光地でもないようで、英語がつたわりません(話し方の問題もあると思いますが)。

 

とはいいながら、ぶらぶら歩いていると、雰囲気のよさそうなお店を発見。

 

 

おなかもすいたので、入ってみます!

 

 

メニューは英語版もあるようでした。

 

 

なんだか美味しそうなものもありますが、まずビールを注文しろと店員さんが言っているようです。

 

チェコでは、お店にはいると、まずビールを注文するそうです。

 

 

ちいさな町の居酒屋という感じです。

 

 

観光客は自分たち以外、だーれもいません。

 

英語でもなくチェコ語でしょうか?会話もわかりません。

 

そしてなにより、このおじさんたち、ずーっとビールを飲んでました。

 

2時間食べ物注文してませんでした^^

 

さあ、ビールがやってきました。

 

銘柄、忘れてしまいました。

 

チェコには400種ものビールがあるおうです。

 

ピルスナーが有名ですが、コゼルとうヤギのマークの黒ビールも美味しいといわれました。が、もう銘柄えらぶどころではなく、とりあえず、上からどんどん注文!

 

 

これはポテトボールがついたステーキだったかな。

 

 

おおきなハンバーガーも、食べてみました。

 

 

こちらは、定番のステーキ。普通に美味しかったです。

 

どのお皿にも、ポテトがいっぱい乗っていました。全部食べると、おなかいっぱいになりますね。

 

地元の人に混じって、うだうだお酒を飲みながら、晩御飯をたべて、おなかいっぱいに。

 

また地下鉄で一駅戻ってホテルに帰ります。

 

 

緑の色がホリデイインのテーマカラー。

 

夜の異国の街は、よいがさめてくると怖くなりましが、緑のランプを見ると、一安心ですね。

 

明日は、ホテルの朝食をチェックします!

 

賢いホテルの使い方や、お得なマイルなど、旅の裏話が聞けるかも?

 

無料メールマガジンはこちらから^^

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 副収入があると、本当に精神的にも楽ですね。

こんにちは。文丘雄清です。

 

先週、神戸の北野の素敵なサロンで、人生について深く学びました。

 

暑苦しいポジティブではなく、じわーっと静かなやる気が出てきてます。

 

ブログもまじめに書こうと思います。

 

今月のドイツ、チェコで今年の海外はいったん終了なので、今月は個人相談やお茶会を精力的にしています。

 

 

個人相談は、定期的にこられる方もいれば、しばらく間が空いてから、またこられる方もいます。

 

昨日の個人相談は、久しぶりにこられた方で、別人のように変化されていました。

 

投資の話だけでなく、旅や仕事、ライフスタイルなどの話でとても盛り上がりました。

 

メールをいただきましたので、ご紹介しますね。

 

副収入があると、本当に精神的にも楽です。


文丘さん、本日は、お忙しい中、個人コンサルをして頂きありがとうございました。

 

前回は質問に答えながら、何もない自分がとても恥ずかしく感じましたが、メールで相談にのってもらって、副収入が出来るところまで着て、今回はとても楽しかったです。

 

当初の目標はクリアですし、会社の飲み会でも、家族の外食でも前のようにけちけちすることも無く、なんだか人間が大きくなった気分です。

 

副収入があると、本当に精神的にも楽です。

 

仕事についても、自信を持って出来てるようで自分の時間を確保するため、仕事の効率を上げたり、早く決めようと意識してるからだとおもいます。

 

これからは、文丘さんのように海外に出たり、複数の収入をもてるようになりたいです。

 

「ゼロから一は難しいが、一から二は簡単ですよ」という言葉が印象に残っています。

 

また次回もよろしくお願いします。

 

(Kさん:大阪府 男性)

 

昨年たてた目標を着実にこなし、しっかりと達成されていて、有限実行の方でした。

時間管理もしっかりされ、仕事もプライベートもバランスよくされながら、複数の収入を持つ。

多くのサラリーマンの目標でもありますね。

 

「0から1は難しいが、1から2は簡単です」

 

これは、昔、不動産の師匠から教わりました。最初、買うときは怖くてドキドキ。そもそも買うまでに3年かかりましたが、その後はどんどんハードルが下がります。

 

不動産に限らず、車の運転でも、海外旅行でもなんでも、最初が一番難しい。

 

素直に取り組まれている方は、多少時間かかっても結果がついてくるものですね。

 

そして、「副収入があると、本当に精神的にも楽です。」というのは、よーくわかります。

 

私の方が、「もっとしっかりしなきゃ」と、とても勉強になりました。ありがとうございました。

 

カンタンにお金がたまるようになる個人相談はこちら

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● チェコ プラハ観光 プラハ城やカレル橋、王の道をトラム、地下鉄、徒歩で!

こんにちは。文丘雄清です。

 

今回はドイツを経由して、チェコにやってきました。

 

今日は、プラハ観光です!

 

音楽オンチの私でも知っている、スメタナの交響詩「我が祖国」で有名なモルダウ川(最近の本ではヴルタヴァ)川が街の真ん中を流れるプラハ。

 

観光ガイドには、「百塔のプラハ」とか、「建築博物館」の異名を持つチェコの首都プラハ。


「ヨーロッパの魔法の都」とも呼ばれるそうで、個人的には一番きになります。16世紀のルドルフ2世が、「魔術王」の異名を持ち、錬金術や占星術が盛んだったそうです。

 

 

地理的にも周辺国からの侵略も受けてきたのに、街は破壊されずに
発展してきたので、バロック、ゴシック、ルネサンスなど、様々な建築様式が残っているのでしょう。

 

人気のプラハ城やカレル橋は、神聖ローマ帝国、ボヘミア王国の首都としてさかえた14世紀に作られたそうです。

 

歩いてもいいのですが、せっかく乗り物無料券を買ったので、路面電車トラムと徒歩で観光することにします。

 

観光ガイドによるとプラハ観光は、”王の道”というのがはずせないとのこと。


15世紀から4世紀にわたって、王様がパレードをした由緒ある道。

 

旧市街の火薬塔からカレル橋をわたってプラハ城まで、約2.5km

 

歩いても十分いけますが、お城方面はのぼりなので、ここは最初にお城まで登りそこから降りてくるというパターンを使います。東急ハンズでよく使うパターンですね。

 

 

最初はホテルをでてぷらぷら歩いて地下鉄に。

 

せっかくなので、モルダウ川(ヴルタヴァ川)は自分の目で見ます。

 

そして、有名なな国民劇場に行ってみます。

 

19世紀のルネッサンス様式の立派な建物。初めて行っても、すぐに由緒ある建物だとわかります。

 

 

そして、最初にトラムに乗ってプラハ城まで行ってしまいます。

 

トラムは22番に乗って、Prazskyhradまで行きば、もうお城は目の前です。

 

 

トラム(路面電車)は正直ややこしいですが、1日フリー券を持っていれば大丈夫!

 

 

新しいトラムは行き先表示もありますし、路線もかかれています。

 

音声はチェコ語で意味不明^^ですが、今どこにいるか、何度か乗ると、なんとなくわかってきます。

 

 

そうそう、ホテルでは地図をもらっておきましょう。

 

路線図をもっていると、いざという時、たすかります。

 

 

トラムに乗れば楽チンでプラハ城の手前までくることが出来ます。

 

 

トラムは22番に乗って、Prazskyhradまで行きば、もうお城は目の前です。

 

入場する際にかばんのチェックなどあるので、大きな荷物は持っていかないほうが無難です。

 

 

正門を抜けて、中庭の門をくぐると、広場があります。

 

 

そして、さらに門を抜けると

 

 

ドドーーんと、聖ヴィート大聖堂があります。ゴシック様式を代表する建物です。

 

ちなみに、今回、結婚式のイメージ映像みたいなものをとっていました。

 

花嫁さんのドレスがものすごーっく長かったです^^

 

そうそう、聖ヴィート大聖堂の横に、有料トイレがあります。清潔な水洗トイレがあちこち無料であるなんて、日本だけです。

 

チケットの購入は中庭にあるインフォメーションで買うことが出来ます。
お店があく9時前に並ぶのがコツ。ささっとチケットかって、入場してしまいましょう。

 

中国からの団体さんがどばーっとくると、もう鑑賞どころではありませんから。

 

実際、今回も聖ヴィート大聖堂を見ている途中くらいから、中国の団体さんがきて、もううるさくてたまりませんでした。

 

チケットはコースA、B、Cに分かれていて、見学できるところが違います。全部入ることが出来るAは350コルナ、聖ヴィート大聖堂や聖イジー教会や黄金の小道など人気のところだけのBは250コルナ。
今回はチケットBにしました。

 

 

それにしても、ヨーロッパの大聖堂って、どこも背が高く、スマホの横画面では入りませんね。

 

 

この聖ヴィート大聖堂、高さ96.6m、幅60m、奥行き124m。半分くらいは1400年までに作られ、のこりは20世紀に作られたそう。

 

作られた時代が明確に区別できないように、柱などはあえて時代があるような処理をされているとか。

 

そして、ここではなんといっても、ステンドグラスが見もの!

 

 

日本でも大人気のミュシャ(最近ではムハというそうです)のステンドグラスもあります。

 

 

うまく取れていないですが、やはり一番人気でした。

 

こちらは三位一体のステンドグラスだそうです。

 

 

この小さな仕切りは何でしょう?

そう、ざんげをする部屋です。秘密神父さんに打ち明けます。

 

その秘密を聞いてしまった神父さんはどうするのでしょうか?

その秘密をめぐって、国が揺らいでしまうこともあります。

 

 

こちらは2トンもの銀をつかって作られた聖ヤンの墓碑も見ごたえ十分。

 

 

どの方向から見ても、立派です。

 

 

うそつきは舌をとられるそうですよ。

 

 

ムハ(ミュシャ)とは反対側のステンドグラス。

 

光がさして、とてもキレイです。

 

 

こちらは一番端っこのステンドグラス。

なんと、光が壁に当たって、壁に映し出される図も計算されて作られているそうです。

 

とても荘厳な雰囲気で、仏教とも私も思わず手を合わせてしまいました。

 

 

そして旧王宮にも入ります。こちらはヴラディスラフホールとうのが有名。

 

 

16世紀はヨーロッパで最大のホール、柱がひとつも無いのが特徴。
といっても、写真撮影が有料だったため、、写真ありません^^

 

 

どの窓からも、景色がすばらしいですね。

 

窓といえば、チェコの人は修学旅行で絶対にくるという、三十年戦争の発端となった窓なども見ました(高校は地理選択だったため、欧州の歴史は苦手です)

 

 

山の上からの景色です。

 

 

プラハの街が一望です。

 

百塔の街といわれるように、確かに塔がおおいです。

 

 

戦争の発端となった窓を、向い側から見ます。

 

 

次は聖イジー教会です。

 

といっても、たてものの写真を撮り忘れてしまいました。

 

聖イジー教会はプラハ城で最も古い教会で、こちらはロマネスク様式。
いろんな時代の建物がありますね。

 

 

一通り見た後は、黄金の小道へ。

 

 

なんだか映画ムラのような雰囲気の、小さな家が集まったところです。
お城に使える従者が住んでいたそうで、なんでも錬金術師が多くいたとか。

 

 

よろいや武器も展示されています。

 

 

こんなもの着て、動けるのでしょうか?

 

かなり重たそう。

 

よろいも、いろいろな種類や形がありますね。

 

同じ着るなら、かっこいいとか、おしゃれとか、その時代の人気が合ったのでしょうか?

 

 

武器もいっぱい展示されています。

 

 

奥のほうには拷問につかわれたという、恐ろしいものもいっぱい。

 

 

なんだか怖いですね。

 

 

サーベル(ソード)ファンにはたまらないかも。

 

 

これ、横向きですが、縦に見ると、それはそれはおそろしいものだとわかります。(頭の部分でわかりますよね)

 

 

早足で回っても2時間以上かかるプラハ城。
山の上だけ会って、景色も抜群!

 

 

ここから下って、街中に向かいます。

 

途中にはおしゃれなお店もいっぱいあります。

 

 

そして、カレル橋のほうへ行きます。

 

 

カレル橋には、両側の欄干に30体もの聖人像がならんでいます。

 

なかでも別格は、この聖ヤン。他の像が石造ですが、こちらはブロンズ!

 

 

橋の全長は520m、大道芸人や出店も有り、 楽しめますよ。

 

 

世界中から観光客が集まっています。

 

 

橋を渡って振り返るとプラハ城が。

 

絵になりますね~

 

 

そして、橋といえば、どこも同じ。

 

カップルがかぎをかけていくようです。フランスでも、ドイツでも、国に関係ないようです。

 

 

この方は、歴史の教科書でも有名な、フランシスコザビエルさん。

 

 

ザビエルを支えている4人の一人は日本といわれています。

 

ちょんまげらしき髪型に、刀を日本さしています。日本刀とは、かなり形が違いますが(笑)

 

 

カレル橋を渡ると、カレル通りです。 

 

くねくね曲がり道を抜けて、旧市街広場へ向かいます。

 

 

旧市街広場にある旧市庁舎。そこなる天文時計が今回プラハで見たかったものの一つ!

 

縦に2つ並んだ神秘的な天文時計。

 

上が地球を中心に回る太陽や月の動きを。

 

下は黄道12宮。

 

この時計はからくり時計で、毎正時に死神が出てきます。

 

45分ごろから人があつまり、50分ごろには身動きが取れないほどの観光客がやってきます。

 

期待するほどのものではなかったのですが、、、、

 

 

それで、からくり時計が動くまでは、お店で休憩。

 

日本人向けに飲み物サービスしているところもあります。

 

うわさの、プラハコーラ!

 

なんともいえない味ですね(いちど飲めば十分かも)

 

 

こちらは、ハベル市場。いろいろなお店を見ているだけで楽しいですね。

 

 

このとおりの向こうがヴァーツラフ広場。

 

1968年におこった民主化運動”プラハの春”の舞台です。

 

 

こちらは、エステート劇場です。

 

 

スタヴォフスケー劇場ともいわれます。

 

映画「アマデウス」のオペラシーンが撮影されたことでも有名ですね。

 

 

こちらは、黒いマドンナの家。

 

建築好きの人は興奮する、キュビズム建築です。

 

1階はカフェ、2階にキュビズムをモチーフにしたグッズショップがあります。

 

 

こちらは、市民会館。プラハを代表するアールヌーヴォー様式です。

 

ミュシャが担当した内装があるらしいのですが、見てません^^

 

 

行きはトラムでしたが、帰りはずっと歩きでした。

あちこち見たりすると、もうおなかもペコペコ。

 

 

事前に聞いていた、観光客が少ないパブみたいなところに行きました。

 

 

一応、英語のメニューがあるので助かります。

 

今回は、ご夫婦で旅行されている方に混ぜてもらいました。

 

ミュンヘンからのご夫婦とは、オクトーバーフェストの話題で盛り上がり、もう一組は奥様がクルーズ好きという事で、旅ネタで盛り上がりました。

 

これまでのヨーロッパ旅行や、昨年の地中海クルーズの経験が役に立ちました。そして、チェコの伝統料理も教えてもらいました。

 

 

チェコ料理の定番、グラーシュ。

グラーシュは、パプリカを使った牛肉のシチュー!

 

ご飯がわりの蒸しパンみたいなのも、食感がなんとも言えず、くせになりそう。

 

かもの肉を使ったサラダ。

 

 

奥様が頼んだ、ソーセージの黒ビール煮や、スヴィーチコブァ・ナ・スメタナも少しもらいましたが、ソーセージは絶品でした(^ ^)

 

ご夫婦で海外旅行をされているだけに、皆さん、仲が良く、ご機嫌^ ^

 

その秘訣をたずねると、奥様いわく

「相手に合わせる事」

だそうです。

 

素晴らしい奥様ですね、とご主人に伝えると、

「分かってるとは思いますが、私がガマンしてるのですよ」

とニヤリ!

 

お互い言いたい事を言えるのが、幸せの秘訣なのかもしれないですね(笑)

 

さて、おなかもいっぱいになって、大満足。

 

市内中心部にいるのは今日まで。

 

あえてホテルを変えてみます。

 

といっても、今回の一番行きたかったところはまだ行けていません。明日かあさってに行ってみます。

 

かなり長くなったので、また、次回に^^

 

旅の裏話が聞けるかも?

アフタヌーンティーお茶会の募集はこちらから優先的に行います^^

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

● ヒルトン プラハ オールド タウン Hilton Prague Old Townの朝食ブッフェ!

こんにちは。文丘雄清です。

 

プラハでのホテルは、ヒルトン プラハ オールド タウン (Hilton Prague Old Town)です。

 

プラハには、ヒルトンが2つあります。一つヴルタヴァ川沿いにあり、プラハでも最大規模を誇るヒルトンプラハ。オールドプラハは、こじんまりとしたホテルです。

 

観光に出かける前に、まず腹ごしらえ。

昨晩は、晩御飯を食べずに、ぐっすり寝てしまったので、おなかペコペコ。

 

朝食は1階ロビーの奥のレストランです。

 

オープンと同時に入ったので、最初はがらがらでした。

 

思ったよりも、奥行きがあり、広かったです。

 

さあ、何を食べようかな~

 

パン類はクロワッサンに、レーズンパン、チョコパン、塩パン、いろいろありました。

 

パンに塗るジャムも種類が豊富。小瓶のジャムもかわいいですね。

 

最初は驚いたハニーコームも、多くのホテルで見たので、素通り(笑)

 

ドライフルーツもあります。

 

ナッツや胡桃があると、つい、手が伸びてしまいます。

 

シリアルを固めたクラッカーのようなものもありました。

 

いつも後回しになるシリアル。

 

左から2番目のチョコ、3番目のストロベリーは、とてもきになったのですが、、、、

 

主食なのか、おやつなのか。ドーナツや甘いケーキも。

 

美味しそうなので、つい、手が伸びかけたのですが、、、

 

これ食べだすと、もう豚さんになってしまいます。

 

暖かいものもあります。パンケーキとか。

 

ワッフルとか。

 

メイプルシロップをたらーりとかけて食べると美味に違いない。

 

ゆで卵もあります。白色ではなく、赤色!

 

しかし、やはりここは、シェフに作ってもらうオムレツでしょう。

 

片言英語なので、細かなことは言わずに

 

「全部のせで!」

 

でOKです(笑)

 

なぞの野菜サラダもありました。

 

欧州に来ると、野菜不足になるような気がして、できるだけ野菜系は食べるようにしています。

 

どこでも見かける、トマトときゅうり。

 

しかし、ヨーロッパのきゅうりはどうしてこんな太い(大きい)のでしょうか?

 

日本のような細いきゅうりは見たことがありません。

 

お肉系は、ハムやチーズ。ブロックタイプのベーコンはめずらしいですね。

 

ソーセージやベーコンは、どこにでもありますが、食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。

 

お肉が違うのでしょうか?

 

ベーコンもソーセージも何種類かありました。

 

ポテトも定番ですね。

 

そして、欧州では食べるようにしている、暖かいトマト。

 

けっこう好きになりました。

 

フルーツやヨーグルトも食べるようにしています。

 

スイカがあるのは珍しいですね。

 

カップにはいったヨーグルトの種類が豊富でした。

 

フルーツも、このように、小さな器に入っていると、とりやすいです。

 

つい、2つ3つとってしまいます^^

 

ピンボケですが、オムレツは美味でした!

 

スタッフさんからいただいたお菓子(オムレツの上にあるプケース)は、後で食べようと思って、そのままレストランに忘れてしまいました!

 

おなかいっぱいになるまで、食べてしまいました(笑)

 

さあ、観光にでかけましょう!

 

プラハ市内を流れる、ヴルタヴァ川。

 

昔、モルダウと習ったのにーー

 

 

カレル城もみえてきました。

 

ちょっと長くなったので、観光編はまた、次回に^^

 

旅の裏話が聞けるかも?

アフタヌーンティーお茶会の募集はこちらから優先的に行います^^

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)