北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。

産経新聞は梅之助もブログ記事によく引用しております。

紙媒体としての発行部数は全国紙中で最下位。しかし左に振れすぎた世の中が少しづつマトモになって来たので、産経新聞の場合は以前より持ち直しているのかなと思いきや、やはり他紙同様、部数はよろしくないそうです。経営危機にも度々襲われていて、グループ内のフジテレビから毎年支援を受けているのだとか。

また同紙購読者の割合は大阪方面の数字が良いとの事。

 

フジテレビはそんな産経新聞をお荷物に思っているはずなので、フジの報道内部でも色々な勢力争いがあると思われます。

しかし今回の森友問題で、TV局の中で唯一、反アベ報道一辺倒から距離を置きだしました。

 

 

28日、辻元清美議員は産経新聞が報じた「3つの疑惑」に対して、上のような回答を示しました。産経の記事は昨日付の弊ブログ記事(【関連記事】参照)に画像記事にして載せていますが、一応再びリンクもしておきましょう→こちら

そして他の主要メディアが辻元関連を一切報じない中、上の辻元回答に疑念がある事を、遂にフジが同日夕方のニュースで報じたのです。

 

 

この動画は消される可能性があるので、チャプター画像も残しておきましょうか。

 

 

ニュース画像の最初の書面は、最初に民進党が出した書面ですね。

3月28日辻元清美議員本人が出した書面でも「2月21日に塚本幼稚園に入ろうとした事実もない」とありますが、2月21日のニュース映像は彼女が「塚本幼稚園に参りました」とハッキリ発言している事を伝えています。

またフジはこの議員が作業員を送り込んだ疑惑や、民進党のメディアへの圧力、国会で安倍総理が答弁の中で辻元議員の件に触れた事もしっかりと伝えています。

 

辻元議員が必死に否定する事柄に矛盾が出てきた事は、全てではないにせよ籠池夫人のメール内容に一定の信憑性が出てきたという事です。こうなれば「作業員送り込み」も、潔白を主張するのなら彼女の方がかえって証明しなければならない立場に追い込まれました。

メディアは今週になって、「森友の件は話が広がりすぎたので、問題の核心である土地問題に戻るべき」との論調が出始めています。

しかし、昨日付の弊ブログ記事でも紹介したように、須田慎一郎氏の見解が正しければ「問題の核心」そのものが消滅してしまい、辻元(とその一派)の暗躍だけが残る結果となるのです。

つまり森友問題の真の核心は辻元清美らによる捏造でっち上げであり、その余波を受けて籠池側の隠れたボロが出てしまった、というのが全体像なんですね。

 

そういえば、フジは28日昼の「バイキング」でも辻元問題に触れていたそうです。

まあ、この時の取り上げ方は場外乱闘扱いで、重要視はされなかったようですけど。

 

 

また本日のフジ「特ダネ」でも、辻元問題を「民進党の報道圧力」という観点で触れていたようですね。

 

 

3月26日、すぐにCMに入っちゃったけれど民進党の天敵・足立康史議員を呼んだ(彼が辻元議員に触れない訳がない)のもフジ「新報道2001」だったし、

 

足立議員が辻元に触れた瞬間の民進・玉木雄一郎議員

 

3月27日弊ブログ記事(【関連記事】参照)で紹介した、山口敬之氏の活躍もフジの番組でした。

 

梅之助から見るとフジもまだまだのところはあります。とはいえ他の大手メディアがこの件に触れない状況下で、恐らくそれなりのリスクも覚悟しながら番組を作っているのでしょう。

案外、今回はお荷物扱いの産経勢力が頑張っているのかもしれません。

因みに本日、テレビ朝日の「モーニングショー」でも辻元議員の「塚本幼稚園に参りました」発言の矛盾が取り上げられた事も併せて記しておきます。

 

これでやっと森友問題を収束させる具体的な武器を与党は持った訳だけれど、ここまで国会を混乱に陥れた辻元、玉木は議員辞職もの。

全く、民進を始めとする森友問題で騒いだ議員連中に、国会空転費用の損害賠償請求を国民として行いたいくらいです。政党助成金から天引きでもいいな。

 

以下、3月30日追記

 

辻元議員の「塚本幼稚園に参りました」発言の矛盾について、3月29日付のJ-CASTニュースはこう報じています。

 

辻元氏「塚本幼稚園に参りました」発言 それでも「侵入していない」理由

 

辻元氏の「塚本幼稚園の方に参りました」という発言が出た2月21日の会見は、民進党の調査チームの記者会見として開かれており、チームメンバーの玉木雄一郎、逢坂誠二の両衆院議員も同席していた。民進党役員室の説明によると、玉木氏は幼稚園の呼び鈴を押すなどしたが、辻元氏は「道路向かいにいた」という。辻元氏の発言は、チームが「塚本幼稚園の方に参りました」という意味で、辻元氏自身が行かなかったこととは矛盾しない、という説明だ。

   2月28日の視察についても、辻元氏の体調が悪かったこともあって、大半の時間は調査チームの車内にとどまっており、幼稚園には入っていないと改めて説明した。

 

引用記事→こちら

 

なのだそうです。ふ~ん。

「道路向かいにいた」が、民進党説明文の「敷地近くにも接近していません」になるのかは、よく分からないけれど。

そもそも、浮気現場を押さえられて「2人でホテルに入ったけれど、何もしていない」という言い訳と全く同じに聞こえますよ(←これ、ネット上での意見ですが、梅之助も激しく同意します)。

 

 

現在は野党4党に身を売ってしまった籠池夫妻。

「アホらしい話」ですか・・・

しかし、まだ野党側に身を売る前の3月9日の動画で、籠池氏は辻元議員を強く非難しており、そしてこちらが本来の籠池氏だったはずです。

 

 

6:05~頃より。

「もっと許されることじゃないのは、子たちの楽園である幼児教育の幼稚園に土足で入り込んで 、 しかも前に来ましたところの【辻元清美さん】あたりはもう少しで園の中まで入って来ようとしました。 手で押したら入れます。侵入罪みたいなものですよね。 
 我々の瑞穂の国記念小学院の中にも入ってきました。土足で入ってきました。 
 田嶋陽子さんも入らせてくれという風に入ってきました。大変なことですよ。 
 民間の土地。もう国用地ではありませんよ。民間のわたし達の土地の中に土足で入ってきました。」

 

籠池夫人によるメール

「辻元清美が幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました」

と完全に合致する内容です。

こうなると籠池氏の変節、つまり3月27日の弊ブログ記事でも紹介しましたが、山口敬之氏の追及した「野党4党側と籠池氏側との密談」にポイントがあるのです。

 

 

【関連記事】

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】②(2017/04/06)

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】①(2017/04/03)

「報道に圧力」民進党、党が党なら支持者も支持者(2017/03/31)

問題人物だが、土地の件では嵌められていた籠池氏(2017/03/28)

報道の自由公正を貫くため退社したジャーナリスト、野党に反撃!(2017/03/27)

北や中共の思惑を「忖度」しているかのような野党4党とマスコミ(2017/03/26)

政党政治を滅ぼす「蓮舫・民進党」の森友問題バカ対応(2017/03/24)

「森友騒動国会」のバカさ加減に泣けてくる(2017/03/21)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

安倍政権を陥れる為に、森友問題で左翼野党と足並みを揃える醜い日本の大手メディア。

TVのコメンテーターも明日の小金の為に、局の意向を忖度してバカでも分かりそうな野党側の矛盾に目をつむっている中、地上波でも気を吐いているジャーナリストがいます。

ただ、その前に辻元清美メール問題についての流れを簡単に。

 

森友問題の渦中で、あれほど野党側が「情報公開せよ」と迫っていたのに、自民党側が籠池夫人と昭惠夫人のメールのやり取りを公開しようとすると、事前にその内容を野党側に身を売った籠池サイドから知ったのでしょう、民進党らは何と一転拒否。

しかし自民党の西田昌司参院議員によって3月24日に公開されました。

以下はBuzzNews.JP「野党が配布を拒んだ「籠池妻メール」に書かれていた民進党・辻元清美議員に関する内容とは」からの引用です。

 

産経が公開した詳細から抜粋するとこんなことが書かれていたとされています。

 

2017年02月21日【籠池妻】
「民進党議員団が私達を追いかけ集団タクシーで家や幼稚園に来ました」
「今は辻本清美学校にいったようです」

2017年02月25日【籠池妻】
「私学審議会の座長は民進党の議員とマスコミが非公開をきかず 保身で会見し 役人もなぜか出した書類がもれてました」

2017年02月28日【籠池妻】
「辻元清美共産党今はぐっと辛抱です(笑)民進党の議員はおもしろがって 先生方に近より 怒らせようとして ニタニタ笑いながら 幼稚園に侵入するので びっくりする子達をみて 笑うのだそうです」

2017年03月01日【籠池妻】
「辻元清美が幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました嘘の証言した男は辻元と仲良しの●●●●●の人間でしたさしむけたようです」
「その三日だけきた作業員が辻元清美が潜らせた関西なんとか連合に入っている人間らしいです作業員はわからないくせにマスコミにいわしていたそうです」
「下請け業者の社長は現場もマスコミに写し全くうめてないことをしっていて三日だけきた作業員を辻元清美は送り込みました」
「辻元清美生コンをみればある関西こうえき連合の人間をマスコミに出し社長の言い分はのせなかったそうです 国会議員の犯罪じゃないですか」

 

以上、引用終了。

●●●●●の部分は「関西生コン」です。原文で公開されているので、伏せる意味などないでしょう。

梅之助にはこの辻元記述の真偽は分かりかねますが、メール文面によると辻元清美議員が犯罪ともいえるヤラセを行った事が暴露されています。事実ならば大変な事。

さて、これを受けて民進党は以下の対応をメディアに要請。

 

すると毎日新聞は一度、全文を配信するも、すぐ取り消して辻元議員の名前を消した要約を再配信。朝日新聞も彼女の名など、どこにも見当たらない要約を掲載しただけでした。地上波のニュースでも辻元議員の件が取り上げられたとは聞いていません。

ここまで日本の既存大手メディアは地に墜ちたのか・・・

自民党がメディアにこのような要請を行えば、その行為自体が「報道弾圧」としてトップニュースで駆け巡りますが、民進党の場合は許されて、しかもその言い分も無条件で認められるという訳です。

民進党も左翼メディアも、根拠も示さず「籠池氏側の主張は正しい。ただし辻元議員のところだけはウソ」という身勝手でダブルスタンダードこの上ないお考えのようですね。誰がその理屈に納得が出来るのでしょうか?

 

 

松井大阪府知事が記者会見で辻元清美議員について触れるも、TV報道ではその部分は流されず。

維新・足立康史議員が報道番組で辻元の名を出すが、すぐCMが入って、その後は話題にされず。

 

前フリが長くなってしまいましたが、冒頭でも書いたように、こういった現状であっても地上波で奮闘しているジャーナリストが山口敬之氏。

TBS時代に韓国軍慰安婦をスクープして左遷され、報道の自由と公正を守る為にTBSを退社。その後は「総理」「暗転」といった読み応えのある本を書いています。人となりは、良かったら以下参照を。

 

山口敬之「総理」を読んでみた(2016/10/08)

山口敬之氏の「韓国軍慰安所」スクープを握り潰したTBS(2017/01/14)

山口敬之「暗闘」を読んでみた(2017/03/22)

 

辻元メールでは昨日のフジテレビ「Mr.サンデー」にて、

 

 

「工事現場に辻元議員が作業員を潜り込ませたという文面で、これを辻元議員も民進党も否定しているが、昭惠夫人が100万円寄付していないという主張と同じ悪魔の証明。民進党が昭惠夫人をあれだけ追求するのなら、辻元議員も証明しなさいよ、と自民党側は言えばいい」

という趣旨の発言をしています。

ネット内では当然の筋論ですが、こんな事ですら地上波でキチンと語ってくれる人は少ないのが現状で、この発言はありがたいです。

 

次に、上より少し前の3月24日フジテレビ「グッディ!」。

 

 

こちらは、共産党・宮本議員とガチバトルとなっています。

 

山「3月16日に共産党・小池晃議員は野党議員の一人として籠池さんの自宅に入っていますよね?」

宮「入っています」

山「教育勅語を批判していたのに、そこがクリアされてもいなくて、どうして組んだんですか?」

宮「全然組んでいないですよ」

山「籠池氏は21日の監査を回避したいと言っていた。あの時、どういう会話があったか公表してください」

宮「いや、それは・・・」

山「検査回避に加担した疑惑があると思うんです。違うのなら公表してください」

宮「いや、証人喚問見てもらったら分かるでしょ」

山「違うのなら公表しなさいというのが共産党のやり方でしょ?どうして、こういう時だけ」

宮「外に出さないという前提で聞いたのです」

山「じゃあ、どうして今まで批判していた人と急に組むんですか。いつもの共産党と違いますね」

 

以上のように山口氏、攻める攻める。共産党議員はノラリクラリと大変歯切れが悪いです。普通、共産党議員って、歯切れの良さだけが取り柄なのにね。

 

フジテレビで産経の記者が正論を話す事はあっても、そこは身内同士。しかし山口氏はフリーの立場なので正論かまして干される危険はあります。でも報道姿勢に疑問を感じてTBSを辞めたくらいだから、覚悟の上なんでしょう。

そういえば彼、TBSに出ているのを見た事がないなぁ。呼んでくれないんでしょうね。

 

さて、犯罪疑惑濃厚の辻元清美議員。彼女は詐欺罪の前科があるので、今回の疑惑は致命的です。

本日記者会見の予定でしたが、行われませんでした。

 

 

民進党で森友問題の急先鋒だった玉木雄一郎議員の呆れた言い訳と、公人とは思えない責任転嫁。特に3番目のものは子供の駄々と同じです。彼がイチャモンをつけているジャーナリストとは、上の「Mr.サンデー」での山口敬之氏です。

 

 

上は山口氏のFacebookによる完膚なきまでのド正論反撃。

玉木議員は他にもツイッター上で多くの識者から怒られたり、バカにされたりしています。これでいて東大法出の元財務官僚だというのだから、なんか日本の役所の方が心配になって来たよ・・・

 

どうやら完全に潮目は変わったようですね。

 

 

【関連記事】

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】②(2017/04/06)

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】①(2017/04/03)

「報道に圧力」民進党、党が党なら支持者も支持者(2017/03/31)

「フジ子はやれば出来る!」フジTVが辻元追及に転じる(2017/03/29)

問題人物だが、土地の件では嵌められていた籠池氏(2017/03/28)

北や中共の思惑を「忖度」しているかのような野党4党とマスコミ(2017/03/26)

政党政治を滅ぼす「蓮舫・民進党」の森友問題バカ対応(2017/03/24)

「森友騒動国会」のバカさ加減に泣けてくる(2017/03/21)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
何だかニュースバラエティ番組「ニュース女子」がえらい事になっていますね。
梅之助も、その問題とされた放送回をネットで観ていますが。
 
問題とされた東京MX 1月2日 「ニュース女子」
 
梅之助が知る限りの長谷川氏の印象は、バリバリ左の東京新聞の記者にしては「非常にバランス感覚のある人」。
例えば安全保障などでは右寄りですが、歴史観などはそうでもない感じです。常識的な現実主義者、と言ったところでしょうか。そういえば、一昨年の安保法案の際に彼の意見をブログで紹介した事もありました(参照→「安保法制で徴兵制?逆ではないですか?①」(2015/07/26)。
 
ところがこの長谷川氏、お勤め先から大目玉。
一方、当の長谷川氏個人は謝罪を拒否、と伝わっています。新聞社、辞めるんだろうなぁ。
以下は東京新聞の当該記事。ただし引用画像はスマホ版にしてあります。
 
 
当該引用記事は→こちら
 
言っている事は、こちらが感心してしまう程の通常運転の安心感、左翼記事ですね。
今回は「ニュース女子」の具体的内容は置いておいて、東京新聞の長谷川氏に対する反応について書いておこうと思います。
 
これは東京新聞による社員へのパワハラ・言論弾圧です。
確かに長谷川氏が自分の職場にて雇用主の意に添わぬ言動を行ったり、外で自身の勤め先を直接批判したのならば、東京新聞の対応もアリとなるケースがあるでしょう。
しかし、所属会社の肩書を名乗っているとはいえ、個人の資格で行っているアルバイト先での言動にこのような反応をするのは全く常軌を逸しています。長谷川氏は自身の考えと番組サイドの指向性が合致しているという条件の元、いわばアルバイト先の意向に従っているだけで、しかも東京新聞が批判しているような事を彼自身がMCとして発言していた訳ではありません。東京新聞が「ニュース女子」を批判するのは自由ですが「長谷川は個人の立場で番組に参加しており、東京新聞の見解とは関係ありません」と、これ以上の事は書けないはずです。何ですかね、「対処する」とは。
つまり、東京新聞の社員は、外であっても社の方針と異なる言論は出来ないという訳ですね。そんな「大本営発表」のような規制があるのなら、東京新聞社員は政治・思想信条に触れる限りブログもツイッターもフェイスブックも止めてしまえ!
ホント、つまらん会社だと思います。
 
それにしても東京新聞は狡猾ですね。
これ、言い換えるなら報道自爆テロみたいなものだと思います。いや、謝罪テロか。
普通、新聞社などの言論機関は「言論の自由」を盾に取り、なかなか自分の非を認めないイメージが一般国民には存在します。非を認めるのは余程ミスった時。
それ故、今回こうも簡単に東京新聞がお詫び記事を掲載しているのを見てしまうと、国民は「あの番組は相当、間違っているのだな」という印象が強く残ります。しかも謝っている東京新聞自体の行為ではないので、自身の傷には決してならない。
要は長谷川氏個人をダシに使って、沖縄基地反対運動への疑念を丸ごと葬り去ろうとしているのです。
なんか鳩山由紀夫元首相が頼まれもしないのに外国で謝って、世界に誤ったメッセージを送っているのと似ているなぁ。
 
2015年8月12日 韓国で土下座謝罪をする鳩山由紀夫元首相(写真:Lee Jae-Won/アフロより)
 
東京新聞の上の主張を見てみると、「ニュース女子」がいかに沖縄基地反対運動の実態を捏造、歪曲しているか、と言わんばかりです。
でも実際どうでしょうかね?
具体的な内容は次回に譲りますが、一般に、根拠や事実確認が困難な見解であっても、それを高い割合で類推する事が可能ならば、断定でない形でその見解を紹介する事は問題ないと梅之助は考えます。それは左系の報道番組にも共通してみられる事で、それがなければ、そもそも報道やジャーナリズムなどは成り立ちません。
確かにあの番組にはニュースバラエティという性質もあって、目ざとい左翼から突っ込まれかねない表現上の詰めの甘さがありますが、それとて左系番組の例えばTBS「サンデーモーニング」や「報道特集」、テレ朝の「報道ステーション」などにも同様に見られます。そこを今まで多くの保守系民が逆の立場で指摘してきても、大手左系新聞などが「報道しない自由」として取り上げないだけ。
自分たちとは異なる主張だけをヘイトだの差別だなどと、ダブルスタンダードも甚だしい限りです。
 
事実、日本のTV放送に関する放送法に照らしてみれば、「サンデーモーニング」は左に偏向しており、「ニュース女子」も右に偏向しています。でも、これはもはや水掛け論。
一番スッキリするのは、既存のTV局が独占する地上放送電波の利権規制を取り払って、右も左も思う存分発言できる自由参入体制にしたらいいのです。
 
しかし、ここまでヒステリックに反応するとは、よっぽど知られたくない所、痛い所を突かれたんだねぇ。
負けるな、長谷川さん!
 
 
【関連記事】
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

この記事で取り上げるのは元TBSワシントン支局長を務め、退社後はフリージャーナリストとして活躍される山口敬之氏。最近はよく報道番組などで姿を見かけます。

 

2015年5月8日有本香氏ツイッターより 眼鏡の男性が山口氏

 

本当は昨年、山口氏が記した「総理」の書評を書いた際、続けてこの記事をアップさせようと思っていたものの、下準備をしたまま放置していました。記事内容も古いしタイミングも失ったと思っていたので、このままお蔵入りさせようとも思っていたのですが、やっぱり今回アップします。

当然その理由は、昨年末に起きた韓国・釜山における日本領事館前の慰安婦像設置を受けてという事になります。

 

山口氏はTBS時代、ベトナム戦争にて韓国軍がベトナム人を慰安婦にして慰安所を設置していた事実を掴み、公表に踏み切ります。

以下がその時の経緯と、その後のTBSが下した彼への処分。

 

上記文の引用先サイト→こちらです。

 

2015年4月2日号 週刊文春

 

またこの件に関しては、過去記事「特亜の提灯持ち」(2015/08/16)でも軽く紹介しているので、よかったらご覧下さい。

 

さて、上記J-CASTニュースでは書かれていないより詳しい内情を、山口氏はTBSを退職された後にラジオなどの各メディアで明かしていますので、簡単に紹介しておきましょう。

 

韓国軍慰安所の存在を米国公文書でつかんだ山口氏は、自らの会社であるTBSにて報道しようとしますが、ストップがかかりました。理由は、

「多少の物的証拠があっても、テレビ的には音声(つまり当時の証人)がないので無理だ」

というもの。

そこで山口氏は諦めずに当時の証人探しを行います。努力の甲斐あって証人を発見し、インタビューまで収録して、再度本社に報道打診したところ、上層部より

「当社は反権力という姿勢を取っているのに、このスクープは安倍政権を利するものになる」

という意味不明の理由で握り潰されたのでした。

しかし、真実を伝え、その報道内容の是非は視聴者に委ねるという、ジャーナリストとしての矜持を持っていた山口氏は、このスクープ内容を週刊文春に持ち込みます。

ところが、TBSはこの山口氏の行動を問題視し、彼をTBSワシントン支局長から営業局へ左遷。これは上のニュースにも書かれていますね。そして山口氏は翌年の2016年5月でTBSを退社するに至ります。

 

このTBSという会社には絶望的な想いしか巡って来ませんね。

ただ、山口氏は「現場は全てが反日的な人ばかりではない」と擁護されています。まあ、そりゃあ、そうでしょうね、現に彼自身が優れた平衡感覚の持ち主だったし、他にもTBS記者出身に井沢元彦氏のような人もいます。

しかし、まともな人ばかりが辞めてしまって、残されるのが「サンデーモーニング」スタッフのような連中ばかりだとしたら、きっついなぁ。「サンモニ」は酷過ぎるよなぁ。。。

 

話は釜山の慰安婦像設置事件に移ります。

日本の対抗措置は大使らの一時帰国や日韓スワップ交渉の中止など。ハッキリ言って、釜山の領事館は撤収でいいと思いますけれどね。

 

釜山日本領事館前の慰安婦像(2017年1月10日付 J-CASTニュースより)

 

通常、外交交渉というものは国益をかけてしのぎを削るものですが、最終的には互いに譲り合って落とし所を探ります。しかし、遂に韓国という国は自らの要求が150%満たされなければ満足できない国になってしまいました。

ここで注目して頂きたいのは、上記J-CASTニュースで「ハンギョレ新聞」が山口氏のスクープに関して

「腹立たしいが、反論は困難・・・」

と報じている事。

何ですか?事実に対して、腹立たしいとは。

何ですか?自ら慰安婦を使っておきながら、自分だけ被害者ズラするその精神の「さもしさ」は。

 

昨年末、米国次期大統領トランプ氏が素晴らしい外交手腕の片鱗を見せました。

中共に不法に奪取された米国小型潜水機の件で、米中が返還に合意した事に対し、

「返してもらわなくてもいい、とオバマに伝えろ」

とツイッターで発信した事。

トランプ氏が当事者ならば、この件を利用して中共を叩き続ける立ち位置を確保したでしょう。プロです、彼は。ケンカの。

 

多くの日本人は韓国に対して「これでは10億円の振り込め詐欺だ」と言います。

しかし日本は韓国から10億円を絶対に返してもらってはなりません。その10億円で、日本は子供でも分かる「外交常識」を韓国が理解出来るまで、叩き続ければいいのです。

 

 

【関連記事】

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】②(2017/04/06)

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】①(2017/04/03)

報道の自由公正を貫くため退社したジャーナリスト、野党に反撃!(2017/03/27)

山口敬之「暗闘」を読んでみた(2017/03/22)

日本は伝統的に積極外交が下手な国(2017/01/15)

山口敬之「総理」を読んでみた(2016/10/08)

慰安婦問題、日韓合意へ② 韓国、ちゃぶ台返し開始か?(2015/12/30)

慰安婦問題、日韓合意へ① 韓国が約束を守るとも思えないが(2015/12/29)

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

12月11日、大阪で女性2人が突き飛ばされ1名が線路上に転落、あわや惨事となるところだった事件。13日に犯人が逮捕され、その名前は中川晃大こと在日朝鮮人・裴(はい)晃大という男でした。

今まで在日韓国・朝鮮人の犯罪には通名のみを報道し、実名や国籍を報道しない事が多々見受けられてきた日本の報道メディアでしたが、今回はどうだったでしょう?

 

 13日 TBSニュース アナウンサーが「朝鮮籍」と伝えている

 

 13日 NHKニュース

 

親・韓国北朝鮮姿勢で偏向報道が甚だしいTBSやNHKでも、さすがに国籍と実名を報道していますね。これだけ世間を騒がせ国民を不安に陥れた事件、当たり前の話です。

しかし朝日新聞は今回も通常運転です。

 

当該記事は→こちら

 

では他の大手と言われる新聞社、通信社の報道はどうだったでしょうか?紙の紙面は確認していませんが、各社がネット配信している記事を確認してみますと以下の通りでした。

 

日経 国籍、実名

読売 国籍、通名と実名

産経 国籍のみ

朝日 通名のみ

毎日 通名のみ

東京 国籍 実名(共同による配信)

時事 国籍 実名

 

やっぱりね。

産経は国籍のみでしたが、これは犯人に軽度の知的障害の可能性があるという事への配慮でしょう。まあ、梅之助としては知的障害があろうとなかろうと、一般に成人の犯人に対しては実名報道すべきと考えています(その後の裁判で刑法上の罪を問うかどうかは別問題として)。

一方、朝日・毎日は犯人個人のパーソナリティ(知的障害の可能性)という配慮ではなく、明らかに国籍隠蔽という思考が働いているのが分かります。今に始まった事ではありませんが、朝日・毎日は日本国民の知る権利を阻害し、「報道しない自由」を駆使していますね。

特亜ばかりに配慮し、慰安婦問題では「吉田証言の信憑性はない」事に早くから気付きながらもそれを放置し、在外日本人の子供が虐められてもお構いなし。どこの国の新聞かと、絶望的な気分になります。つぶれないのが本当に不思議で、他の国ではこんな姿勢の新聞、あり得ません。彼らの言う「人権」がいかにまやかしであるかよく理解できます。

 

さて、在日含めて朝鮮人の日本での犯罪は、反日教育及び誤った被害者意識がその大きな背景になっていますが、この事件においては犯人が実家を家出した段階で母親が警察に捜索願いを出している事から、知的レベルに問題があり「反日思想」が根底にあるとまでは言い切れません。

しかし先日10日、福島県内の地蔵や仏像を壊しまくった犯人として、韓国人チョン・スンホが逮捕された事件がありました。調べでは先月入国したとの事。

 

ANNニュースより

 

梅之助には格別親しくはないものの、日本で暮らす韓国人や在日の知り合いもいます。その人たちは表面上はいたって普通だし、ネット上でも韓国の反日教育のおかしさを感じている在日(及び元・在日)の人たちのブログやツイッターも、少数ながら見かける事があります。ですから例えば在日の人たちを十把一絡げに批判する事は避けてきました。

しかし、もう日本人は十分耐えて来たと思います。

声を上げて批判するべきだと思います。

昨年の靖国神社爆破テロ事件といい、この神仏破壊事件といい、今後も韓国から反日思想を背景に犯罪者が同じパターンでやって来るであろう事を。

悪徳国会議員・有田芳生が擁護している連中がどういう連中かという事を。

自国の歴史を極端にファンタジー化して、事実を歪曲した反日教育を進める隣国。

まず、日本政府には「韓国人への短期ビザ免除」を廃止するよう、強く望みます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。