北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。


テーマ:

昨日の5月20日(土)、「たきかわ菜の花まつり」からの帰り道。

車は国道12号線を旭川方面へ、時刻は12:00台。

こんな昼間にこの辺りを走るのは滅多にありません。大抵は札幌方面に出かけた帰りの夜だからなぁ。

そこで神居古潭(カムイ・コタン:「神の住む場所」の意)に寄ってみる事にしました。

 

 

アイヌにとっては特別な地ですが、生活様式が窺える史跡・展示がある訳でもなく、秋の紅葉の方が人気の土地です。その分、今時期の人影はまばら。駐車場に車が数台停まっていましたが、持ち主らしき人たちの姿を見かける事はありませんでした。きっと山菜取りで山の中だな。

駐車場には南山商店という昔からのお店が現在も営業していて、秋にはここで多くの果物が販売されています。

 

 

石狩川に架かる白い神居大橋(1938年建造)を渡ります。一度に百人以上渡ってはならない橋です。

左は橋上からの深川方面、右は旭川方面の川の様子。

上川盆地を悠々と流れて来た石狩川の川幅がここに来て狭くなります。その分、この付近の川の深さは約70mにもなるのだとか。流れも急になり、明治期に道路が建設されるまでアイヌや和人を苦しめた水上交通の難所でした。

 

 

橋を渡ると九条武子の歌碑があります。

梅之助はこの人を知らなかったのですが、大正期の歌人・教育家・社会活動家だそうで、歌碑には「たきつ波ましろう白う岩にちる神居古潭のくもれる真昼」とあるそうです。華族に嫁ぎながらも世のために尽くした偉い人だったようですね。

 

 

旧神居古潭駅舎です。1901(明治34)年に簡易停車場として開業。

しかしこの付近は険しいルートであり、1932(昭和7)年には付近で岩盤が崩落して走行中の貨物蒸気機関車を直撃。2名の機関士が殉職、石狩川に転落した機関車は川の底に沈んだままと聞いています。70mの深さですからねぇ。

そういった事情ゆえに、1969年の電化・複線化の際にルート変更されて神居古潭駅は廃駅に。現在残る旧駅舎は廃駅当時の姿を復元したものだそうで、明治期の西洋建築意匠導入時の特徴をよく残しているそうです。

 

 

いや~、旧駅舎の方まで来たのは約20年ぶり位だなぁ。

今では鉄路の代わりにサイクリングロードが整備され、旧駅舎は休憩所としても利用されています。

 

さて、旧駅舎から深川方面に視線を向けると、蒸気機関車が3つも展示してありますよ。

 

 

上から「29638」1913(昭和2)年、「C57 201」1947(昭和22)年、「D51 6」1936(昭和11)年、という形式と製造年。梅之助が子供の頃からここにあって、小学校の社会科見学の際に機関車を背に写真を撮った記憶があります。

 

 

深川方面へと続くサイクリングロード。

かつて使われていたトンネルも補修されて自転車用に使用されています。ネットではこのトンネルが心霊スポットだという話が数多く掲載されており、事実、梅之助も10代の頃に夜に探索でやって来た事があります。

しかし実際はどうなんでしょうねぇ。もうそういう事に興味をそそられる齢でもありません。生きてきた年月よりも残された時間の方が確実に短いのだから。そういえば、機関車の写真を撮っている時にトンネルの方から歩いて来た若い女性と一人すれ違いました。もっとも、彼女はハイキング姿でしたが。

 

この付近には他に縄文時代の竪穴住居跡やストーンサークルなどの遺跡が点在していますが、どこをどう行ったらいいのか分かりません。

それよりも、太古の昔にどうしてしてこんな所に人が・・・という想いの方を強く抱きながら、約3~40分位過ごして神居古潭を後にしました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は札幌方面にソメイヨシノ、チシマザクラを主に見に行きました

そこで本日13日は、エゾヤマザクラを見に北の方へ行ってみる事に。

訪れたのは比布町と和寒町の境界に当たる塩狩峠という所。

ここには約1600本のエゾヤマザクラが植栽されていて、普段は人影も少ないのですが、この時期だけ多くの花見客がやって来ます。

 

 

梅之助がやって来た13:00頃は旭川からのJRの花見専用臨時列車が駅に停車していて、お昼をジンギスカンで楽しんだツアー客が帰っていくところでした。このツアーはどうやら明日もあるようです。

ここまで賑わっていたとは知らなかったなぁ。

他にも大型バスが何台か来ていました。

 

 

当地を後にするツアー客。大抵の人が片手にビールを持っていました。青いテントは昼食会場で、美味しそうな匂いが漂っていました。

北海道の花見は桜の木の下でジンギスカンというのが昔からの定番」なのですよ。

 

 

桜と塩狩駅。

この駅を多くの乗客が利用するのは恐らく一年を通しても今日と明日だけでしょうね。昔は周囲にユースホステルや温泉宿泊施設、商店にドライブインと色々あったのに、現在は近年に日本ユースホステル協会に加盟して開業したペンションが1軒あるのみです。このペンションにはぜひ頑張って欲しいものです。

 

 

旭川ではもう散ってしまったエゾヤマザクラがここでは見頃です。風に吹かれて花びらが散っていく光景はとても情緒的でした。

 

 

この塩狩峠には作家・三浦綾子さんの旭川市内にあった旧宅を移築・復元した「塩狩峠記念館」(上川郡和寒町塩狩543)が建っており、彼女の小説「塩狩峠」を中心とした、様々な資料が展示されています。折角来たので入館料200円を払って見学する事にしました。ただし、内部撮影は禁止です。

旭川の三浦綾子記念文学館は表向きは内部撮影禁止でしたが、「資料を接写しなければ、普通に撮影してよい」だったんですけどね。

 

 

小説「塩狩峠」は、明治時代に連結器が外れて暴走しようとする列車を一人の青年が命を投げ出して脱線事故の惨禍となるのを防ぎ、乗客を救ったという内容で、実際に起きた出来事をベースに書かれています。

その主人公のモデルとなった長野政雄氏の顕彰碑もあります。丁度この日は碑の補修が行われていました。普通、こういう土日に間に合うように行うべきなのにと一瞬思いましたが、ひょっとしたら有志ボランティアによる作業かもしれないので、そこはまあ・・・。

 

この地で1時間くらい過ごしたでしょうか、まだまだ時間もあったので士別方面に車を向けてみました。

 

 

【関連記事】

「三浦綾子記念文学館」に行ってみた(2014/11/27)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

数日前に車を車検に出し、本日新しい車検証が出来たというので、早速ディーラーまで取りに行きました。9年前に新車で購入した車も、走行距離は現在10万kmオーバー。よって少し怪しい部品はすべて交換してもらうと、ずいぶん車の走行がスムーズになりました。

晴れた土曜日の午後。

そういえばカタクリが見ごろだとTVニュースで言っていたので、ディーラーの帰りにカタクリの名所・男山自然公園(旭川市東山)に行ってみました。この公園は突哨山(とっしょうざん)という里山にある民間の公園です。

 

 

結構、見物客が来ていました。この時期だけ売店も開いています。

 

 

紫色のがカタクリ。

料理で使う片栗粉は元々はこのカタクリの根茎から作られていたそうです。しかし明治期以降、北海道などでジャガイモが多く栽培されるようになってからは、ジャガイモが原料になったそうです。

青色はエゾエンゴサク。カタクリと一緒に咲いている事が多いみたいです。

 

 

山肌一面、カタクリとエゾエンゴサクに覆われています。時々その中に菜っ葉のような植物が見えました。てっきりミズバショウの大きくなったものだと思っていたのですが、どうやらバイケイソウというらしいです。ミズバショウなら白い花みたいなもの(正確には仏炎苞という)があるしね。

 

それでは折角なので、ミズバショウも見に行きましょうか。

昨年、上川で見たミズバショウは時期が遅すぎて大きな菜っ葉のようになっていました。今回は春光台公園(旭川市近文6線3号)に行ってみます。

戦前の旧第七師団演習地の一部だったそうで、しばらくは林だけの何もない公園でしたが、十数年前から子供用アスレチックなどが充実してきました。昔からこの公園の脇は数えきれないくらい車などで通っていたものの、公園自体に行ったのはあまり記憶がありません。子供が小さい頃に一度くらいは行ったかな?

ミズバショウの群生が道内有数規模というのは最近知りました。

 

 

最初はミズバショウ群生エリアが分からず、しかも調べもせずに適当に歩いていたので随分無駄な時間と体力を使ってしまいました。

な~んだ、道道72号線(通称:高専坂)を挟んで遊具施設サイドの反対側かぁ~。

歩行者用トンネルをくぐって、道なりに進んでいきます。次第に遊歩道の両サイドにミズバショウらしきものが見えてきました。

 

 

こんな感じで、小さく可憐な時期は終わっていますね。約750mほどに渡って自生しているらしいのですが、ちょっと疲れて来たので終端まで見届けるのは止めておきます。

帰り道の途中に徳富蘆花の碑がありました。明治42年この地を舞台に彼が発表した小説「寄生木」ゆかりの碑で、1958年の建立。春光台公園に碑があるのは知っていましたが、初めて見ました。

 

 

さて、まだ陽が高いので嵐山公園の北方野草園(上川郡鷹栖町嵐山)にも行ってみる事にしました。行政的には隣町の鷹栖町の域内ですが、旭川市が管理している施設です。

北方野草園のある里山の正式名称は「弓なり山」といいます。ただしこの名を旭川市民の99%は知らないでしょう。梅之助もさっきまで知りませんでした。

この辺一帯が「嵐山」と呼ばれるようになったのは京都の嵐山に似ている(らしい)という事で、命名者は明治・大正期の文学者である大町桂月とされています。

野草園入口に「嵐山公園センター」がありましたので、先ず入ってみますか。

 

 

近年の建物のようで、中はピカピカです。植物の化石や北方系植物資料、アイヌ資料の展示などです。

 

 

園内に足を踏み出しと、アイヌの伝統的な住居「チセ」が幾つかありました。因みに左画像の小さいのはトイレだそうです。右画像は「チセ」の中。

 

 

小さな池に卵がありました。エゾサンショウウオのようです。自然では実物を見た事はないですけど。

 

 

梅之助が見た限りではカタクリよりもエゾエンゴサクの方が多い印象です。

 

 

散策路は30分・1時間・2時間と3コースありますが、ここまでに梅之助は結構歩いているので30分コースを更に短縮で。

 

 

左はバイケイソウ、右はミズバショウ。

 

北方野草園には小学生の頃に社会見学で来た可能性がありますが、記憶には全くありません。

よって事実上、今日が初めてでした。

 

さすがに午後の半日で3ヶ所を巡った為、少し疲れました。特別花好きでもないので、最後の北方野草園では体力的にグダグダでしたね。

 

 

【関連記事】

突哨山に行ってみた(2012/05/03)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この頃は旭川市郊外の雪が解けた水田地帯で、白鳥の群れが落穂などの餌を啄ばんでいる光景を見かける事があります。

下は本日15:00頃、旭川市郊外鷹栖町で見かけた白鳥の群れ。

 

 

そこで夕方の17:00頃、野鳥が集まる永山新川へ行ってみました。

白鳥はどれくらい来ているでしょうか。

 

 

奥に見える白い鳥が白鳥。

この時間で、ざっと50羽ほどが永山新川のあちこちで確認されました。夕方になると四方からここに編隊を組んで戻って来ているみたいです。

 

 

相変わらずカモは数万羽います。よく見ると番(つがい)で過ごしているのが多いですね。陸に上がって陽を浴びていたメスガモなどは、まるで縮こまっている猫のように見えました。

 

 

数羽の白鳥がこちらの川岸近くで過ごしていました。

永山新川にはオオハクチョウとコハクチョウの2種類が飛来します。写っているのは多分、オオハクチョウだと思います。

 

 

川岸には「エサを与えないで」という注意書きが、地元の小学生が書いたイラストと共に、何か所も掲示されていました。

10年ほど前はエサやりもごく普通の光景として見られ、梅之助もパンを与えた事がありましたが、その後は鳥インフルエンザ及び生態系維持の対策として、餌付けしないように呼びかけられています。

 

永山新川は白鳥にとっては渡りの中継地。旭川では寒すぎて越冬は基本的に出来ません。

この白鳥たちは4月下旬から5月上旬にかけてシベリア方面へ旅立ちますが、再びこの地に立ち寄るのが晩秋から初冬にかけて。そういえば春は幾度も見ているものの、秋の白鳥を見に永山新川に来た事はなかったなぁ。

もし覚えていたら、半年後にもう一度来てみようと思います。

 

 

【関連記事】

渡りの季節なので永山新川へ行ってみた  2014(2014/04/18)

渡りの季節なので永山新川へ行ってみた  2012(2012/04/25)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年は北海道護国神社、その前は上川神社に初詣に行きました。

旭川には他にも大きな神社があるので、今年は東旭川地区にある旭川神社(旭川市東旭川南1条6丁目8-14)に出かける事にしました。また、大晦日から元旦にかけて、珍しく穏やかな天候になりそうだったので、今年は元旦午前零時目がけて出かけてみる事に決定。

 

この旭川神社は1893(明治26)年、その前年に入植した屯田兵らによって造られました。

当時は現在の東旭川地域が旭川兵村と呼ばれており、旭川市街地方面を忠別市街地と呼んでいましたが、その後、陸軍第7師団の設置などで忠別市街地の人口が増えたり、その他さまざまな事情により現在のような地名にそれぞれ収まったのだそうです。その名残は神社名に限らず、東旭川地区にある小・中学校名にも見られますね。

 

 

丁度、神社に到着したのが午前零時頃でした。既に多くの人が来ているので長い列に並ばなければなりません。社務所前のテントでは甘酒の無料配布がありました。有難く頂きます。

 

 

社殿横の神楽殿では神楽の舞いが行われていました。寒いのに大変!でもお正月に見られたのは初めてです。初詣に行き始めたのはここ数年だからなぁ。

 

 

並んで参拝までに待った時間は30分強くらいでしょうか。結構、立派な社殿です。

 

 

旭川神社の境内には八幡愛宕神社というのもあって、そちらもお参りです。参拝者にはお神酒と具だくさんの汁物も振舞われており、縁起物なので汁物はしっかり頂きました。地域の方々のボランティアなんだろうなぁ~、こういう人々によって何気ない当たり前の風物詩が営まれている事を痛感します。ホント頭が下がりました。

 

実は梅之助、初詣で神社に参拝しても何かを具体的に祈っていた訳ではないのですが、子供の大学受験は2年前に終えているので、後は改めてこの記事を書きながら家族・身内の健康と安全を願うばかりです。日本の国・地域の安全もだな。

 

 

【関連記事】

8月15日の零戦(2013/08/15)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。