北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。


テーマ:

昨年の秋、アニメ映画「君の名は。」が世間を席捲した頃、もう一つのアニメ映画が一部の人達から注目を集めていました。

それが今作、「聲(こえ)の形」。

どんな内容なんだろうと作品概要を当時見てみると、テーマがちょっとシリアスで重めの青春譚。もういい齢なので、その手の作品を観るために劇場まで足を運ぶ、という事にはなりませんでしたが、レンタル開始時期になれば手に取ってみてもいいかな、と考えていました。

で、先日視聴してみましたよ。

 

 

監督は京都アニメーション所属の山田尚子氏。過去にはTVアニメのヒット作「けいおん!」を手掛けています。また原作は大今良時という女性漫画家の同名作品で、宝島社の2015年版「このマンガがすごい!・オトコ編」で第一位を取った話題作みたいですね。

テーマは、コミュニケーション不全によってすれ違い傷ついた少年少女たちの、主人公を中心とした自己再生の物語で、「伝える」事の大切さと難しさを描いた作品です。

 

 

主人公・石田将也はガキ大将だった小学生の頃、先天性聴覚障害を持つ転校生の少女・西宮硝子を、ちょっとした興味本位からからかい始めます。当初は硝子に対し好意的に接していたクラスメイト達も、その波長の合わなさから次第に彼女を敬遠しだし、遂に硝子はいじめを受ける存在へと・・・

ところがある日、一連の事態が表面化した際に将也だけが一人責めを負わされ、一転、彼が周囲からいじめを受ける側になって孤立し、硝子はやがて転校していきます。

誰にも心を開けなくなった将也は以来、自分の存在を否定したまま中学・高校へと進学。そして彼は高3になって、これまでの人生のけじめを付ける為、ある行動を開始するのですが・・・

 

 

原作漫画が話題作だったので、この映画を観た人はその読者も多かった事でしょう。そういう人からすると、映画版は物足りなく感ずる部分もあったようです。原作の長さを2時間の映画にする為にはポイントを絞らなければならず、そのため周辺人物の描写がかなりマイルドになっているみたいですね。

それでも梅之助のように原作を知らない立場からすると、この「聲の形」という作品は映画版だけでも視聴者の感情を引っ搔き回してくれる興味深いものでした。

登場人物の設定が同世代の「君の名は。」が壮大なファンタジーならば、「聲の形」は日常のリアル路線。子供から青年期に至る間の、繊細かつ残酷ですらある感情が描かれています。

 

 

主人公の小学生時と高校生時の性格描写が「罪の意識」を持ったとはいえ、あまりにも差がありすぎて、そこは少し違和感を感じましたが、彼の不器用ながらの贖罪路程にはついつい感情移入をして観てしまいましたね。恋愛感情をあまりクローズアップさせなかったのも、この作品が持つ本質的なテーマから考えると、かえって良かったと思います。

 

ただね、自分の事を書くのはなんだけれど・・・

梅之助は小学生の頃、自閉症の同級生と一緒の登下校を遠回りをしながら長年続けました(彼の登下校時の安全の為)。

だから非のない障碍者を「波長が合わない」という理由だけで虐める精神は、小学生と言えど梅之助の感覚では全く理解出来ないし、理解する気も起きません。

それゆえ、この映画の小学生時代の描写はヘドが出る思いでした。まあ、そこはあくまでも個人的感想。

 

 

映画『聲の形』DVD 映画『聲の形』DVD
4,104円
Amazon

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アニメ映画監督・新海誠氏の事は、過去の代表作「秒速5センチメートル」を観ていた(ネット配信ですが)ので少しは知っていたのだけれど、8月26日公開の最新作「君の名は。」がTVのワイドショーでも取り上げられる大ヒット作となっていたのは知りませんでした。

梅之助が定期的に拝見に行くブログ記事にも、この映画に触れる記事がポツポツ出現。

へぇ~「はぶじさん」も劇場に観に行ったのか。。。

そこで昨日13日、ディノスシネマズ旭川(旭川市大雪通5丁目ディノス旭川3F)の1200円レイトショーで観てきました。若いアベック、グループばっかりで、おっさんなんてほとんどいなかったなぁ。しかも独り。。。

まあいいや。

 

 

若い男女の機敏で繊細な心象描写と、圧倒的に精緻な背景画像で定評のある新海監督の今回の新作は、ストーリーにもエンターテイメント性を導入し、観客を全く飽きさせません。

 

 

以下、映画の中盤までのストーリーを簡単に記します(これ以降、一部ネタバレに繋がる部分は白文字で記入しますので、読みたい方はカーソルで反転させてお読みください)。

 

東京に住む男子高校生と、田舎に住む女子高校生の体と意識が突然入れ替わり、前半はそこから生まれるドタバタがコメディタッチで描かれています。そうこうしているうちに、互いが意識しあうように。

しかし、ある日を境に週2、3度発生していた入れ替わりが起こらなくなりました。そこには大きな要因があり、実は2人の生きる時間軸が3年間ズレていたという事実が中盤に明かされます。

そして、ここから話は大きく動き出します。ほのぼのコメディの前半から、後半は時間軸の壁という、逢いたくても逢えない2人の絶望的な想いと距離間を内包しつつ、壮大なストーリーが進行していきます。

 

中盤以降のストーリー展開は劇場でどうぞ。

 

 

後半に向けてのポイントを少しだけ。

中盤で明かされる衝撃的(かつ絶望的)な設定を、物語の結末に向けて導き、一つに収斂させていくツールとして登場するのが、前半から何気なく登場する「口噛み酒」「組紐」、そして時間帯としての「黄昏時」。これらは伏線ですから、これからご覧になる方は意識しておかれるといいですね。

あと「1000年に1度の彗星」(まあ、これは容易に想像つくか)や、女子高生が地元・氏神神社の巫女の血を継ぐ者だという事も。

この辺りに注意を払っておくと、後半の展開や、何故2人に「入れ替わり」が起きたのか、何故その2人でなければならなかったのか、などが整理されるでしょう。

 

 

さて、「心と体の入れ替わり」は過去に色々な映画や小説、漫画などで使用されてきた設定です。

もう一つの設定も、十年以上前に観た2000年の韓国映画「イルマーレ」(2006年米国映画でリメイク版が製作されているが、そちらは未視聴)で使用されているのを思い出しました。きっと他にもあるでしょう。

そういう意味で特別斬新なものではありませんが、二つを合わせ技として使用し、そこに彗星インパクト事件を絡めるなど、ストーリーを中だるみのない起伏あるものとして仕上げていますね。

気になった点は、「入れ替わり」が終了するXdayまでに普通、直接コンタクトを取ろうとするだろう点や、「3年のズレ」にすぐ気付くだろう点が全く無視されている所と、止まってしまった「入れ替わり」を再び起こす手法が、少しご都合的に思えた所かな。

まあ、でもこういうツッコミはあまり意味のない事でしょう。

 

他、ストーリー以外のところで。

映像の緻密さと美しさは凄いですね。ホント、形容する言葉が見当たりません。万人受けしそうなキャラクターデザインもいい。

導入音楽に関しては、もう梅之助はおっさんなんでよく分かりません。けれど曲名に「前前前世」などと名付けるところは、とてもセンスが良いと思いました。

声優さんも良かったですね。アニメの話題作などは、よく俳優さんが声をあてる事が多く(商業的な理由でしょうが、梅之助はその傾向が好きではない)、この作品も例外ではなかったものの、違和感がなかったです。

総じて、これ大ヒットするのも納得です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

登場ロボットに特定の価値など与えず、大量生産兵器として描き切った「装甲騎兵ボトムズ」。
当然、視聴者の焦点は必然的に主人公により強く注がれる事になります。
そこで製作陣が用意したのは、これまた従来の主人公像とはかなり毛色の違った、キリコ・キュービィという戦場帰りの男。恐らくアニメ主人公史上、1、2を争うほど寡黙な男です。良く言えばクールでストイック、悪く言えば無愛想でどこか感情の欠落した性格破綻者。
そんな彼の個人キャラクターに焦点を当てて、欲望都市での市街戦、ベトナム戦争を彷彿させるジャングルでの湿地帯戦、宇宙空間戦、砂漠戦とクールごとに舞台を変え、ハードで殺伐とした世界観を伴って物語は進行します。

 

「装甲騎兵ボトムズ」(サンライズ)より 主人公キリコ・キュービィ


通常ロボットアニメは、主人公の属する組織(星、国)と対立組織の争いの帰趨がストーリーを展開するうえで基本となっており、その流れに主人公らが包含される事によって、戦う主人公の立ち位置が明確になります。
ところがこのボトムズの場合、組織同士の戦いはあってもそれ自体はストーリー展開上さほど重要ではなく、その点で主人公・キリコの立ち位置は非常に不明確です。クールごとにキリコが戦っている相手陣営が異なる、という事もあります。
そんなキリコに作品上の立ち位置を与えているのが、素体(フィアナ)との関係性でした。その関係性はやがて、純愛(ストーカー的要素すらある)へと変わっていくのですが、第3クール終了時点でそれが頂点に至った際、素体(フィアナ)はキリコに立ち位置を与える役目を事実上終えてしまいます。
その後はキリコの出自が大きなテーマとなり、主人公の存在自体が作品上の自らの立ち位置を規定する形となって、この作品は完結するのです。

個人的にはジャングルでの戦いだったクメン編・第2クール、酸素のない砂漠での戦いのサンサ編・第3クールが好きでしたね。
クメン編ではキリコは反政府ゲリラを掃討する体制側の傭兵として戦います。アニメの主人公って、反体制側に身を置くのが普通だと思うんでけれど、こんな所にもこの作品の中で主人公が、戦いの政治的背景や正邪と切り離された立場で描かれている事が分かります。
因みに、サンサ編では「冗談はなしだ、オレはクソ真面目な男だ」の名セリフが飛び出しています。
ところがこの物語の根本設定が明らかになる第4クール・クエント編は、正直言って微妙です。主人公の出自をクローズアップさせるのはいいのですが、その答えが(以下ネタバレ、読まれる方はカーソルを反転させてください→)何と「異能者」という設定とは!
ロボットに兵器としてのリアルさを徹底的に求め、ファザコンの主人公や優柔不断なパイロット、身勝手な美少女歌手のような甘っちょろい人物は一切登場させず、常に泥臭い「男」たちを見事に描いてきたこの「ボトムズ」も、この最終設定が一見唐突に近い形で持ち出され、さらに高次元超古代文明などを出現させてしまうに及ぶと、ストーリーそのものがぶっ飛んでしまったというか拡散してしまった、という印象が否めません。
おそらく作品開始時には、最終設定である異能者という存在やその意味合いについては決定されていなかったものと想像されます(それゆえ、後のOVAでは異能者の捉え方が微妙に異なると同時に、製作陣の中で異能生存体としてのキリコ神格化が始まり、TVシリーズとの矛盾も生じさせています)。
どんなに現実味の薄いアニメであっても、その作品世界内においては論理的一貫性が備わっている、というのが傑作・名作の一つの大きな条件だと梅之助は思います。その点を考えると「ボトムズ」は少し弱い。もうちょっと論理的に納得できる設定提示がなかったかなぁ、と思ってしまうのです。まあ、その弱点を主人公キリコという強烈なキャラが補っているのがこのアニメなんでしょう。


さて、このアニメの魅力は主人公のキャラや設定された世界観の他にも、いくつか存在します。
まず高橋良輔監督・作の渋くてカッコイイ散文詩的な「次回予告」です。ナレーションは銀河万丈氏。
例えば第21話予告。
「大いなる偶然が全ての始まり。芽生えた意識は行動を、行動は情熱を生み、情熱は理想を求める。理想はやがて愛に行き着く。愛はすべてに呵責なく干渉し、創造の嵐を育む。そして放たれた雷は誰を打つ。次回「触発」。必然たりえない偶然はない。」
全話の予告がこんな感じなんですよね。

また、若き日の織田哲郎氏が無名時代に歌ったOP・ED曲「炎のさだめ」「いつもあなたが」も、双方とも作品タイトルはもちろん、横文字さえ一切出てこない曲としてファンに印象深く語り継がれています。

 

TVシリーズ「装甲騎兵ボトムズ」 OP曲「炎のさだめ」


さてTV版ボトムズについては、そろそろこれくらいで。
そのうちOVAについても後で書いてみようと思っています。

 

 

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI/郷田ほづみ,富田耕生,千葉 繁

¥18,900

Amazon.co.jp
 

装甲騎兵ボトムズBGM集Vol.1/TVサントラ
¥2,307
Amazon.co.jp
 
 
【関連記事】
1983「装甲騎兵ボトムズ」TVシリーズ①(2015/06/09)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」のOVA「ペールゼン・ファイルズ」(2007~8年発表・全12話)を1日かけて観てみました。
「装甲騎兵ボトムズ」といえば、1983~84年にかけて放映されたロボットアニメで、昔の作品にもかかわらず現在でもOVAが作られ、根強いコアなファンがいる事で知られています。この頃といえば「機動戦士ガンダム」や「超時空要塞マクロス」などのロボットアニメが流行った時代で、梅之助もいわゆる「ガンダム」世代に相当するようです。しかしガンダムはほとんど観た事はなかったですね。特別興味はなかったし、アムロ?なにそれ?って感じでした。
そんなロボットアニメファンとは言い難い梅之助でしたが、一つだけ深く心をとらえてリアルタイムでTV画面を見続けたのが、この「装甲騎兵ボトムズ」でした。

 


TVシリーズOPより


一般に、リアルロボットアニメの先駆けとして位置づけられるのが「機動戦士ガンダム」だそうで、それまでのロボットアニメがスーパーヒーロー的なものであったのに対し、ガンダムでは国家間の政治劇や登場人物の群像劇がドラマ性をもって描かれました(らしいですね。まともに観ていないからよく分からん)。
しかしそんなガンダムであっても、メカ・ロボットにおいては主人公とその高性能搭乗機とが不可分一体の関係にあり、壊れてしまえば代替が効かないという関係性にありました。

ところが「装甲騎兵ボトムズ」では、ロボット
(AT:アーマードトルーパー)を約4mほどの大量生産型兵器として徹底的に描き、主人公は搭乗機が壊れるたびに次々に乗り捨てていきます。時には戦場でスクラップとなった数体から部品を集めて、一体作り上げる事も。
「もし実際、80年代に量産型人型兵器ロボットが出来たならば、このように使われるだろう」という一般人の想像線上にピッタリとハマった世界観を提示して、このボトムズは当時のリアルロボットアニメの一つの頂点を極めた作品となった、と言っても過言ではないでしょう。
登場するATの動作機構は、高速走行の際のローラーダッシュ(足裏のホイールを回転させて地面を滑走する)や、方向転換の為のターンピック(金属製のピックを地面に突き刺して方向転換をする)、アームパンチ(パンチに火薬の爆発力を使用し、腕から薬莢が飛び出る)、及び3連式ターレットレンズなどが、なかなかアナログでミリタリー心をくすぐるような特徴として描かれています。

 

作品に登場する代表的ロボット、アーマードトルーパー(略称:AT)。TVシリーズより


アニメに登場するロボットとして見ると正直、かなり格好悪いAT(上画像はスコープドッグ型)ですが、人型兵器として見るとなかなか機能美を備えていると思うんですがね、個人的には。
考えてみると、普通ロボットアニメはその題名にロボット名あるいは型式を名付ける事が殆ど決まり事になっているのに、この作品はそうですらありません。ロボットに特定の価値などない、という作品上の世界観を題名は示しています。

う~ん、「装甲騎兵ボトムズ」に関しては1回ではなかなか語りきれないなぁ。

という事で、ストーリーや登場人物などのソフト面についてはまた次回に。

 

装甲騎兵ボトムズ プラスチックモデルキット 1/20 スコープドッグ/バンダイ
¥4,320
Amazon.co.jp


【関連記事】
1983「装甲騎兵ボトムズ」TVシリーズ②(2015/06/15)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、戦艦や空母の記事なんか書いているので、多分ミリオタにしか思われないんだろうなぁ~と、しばし思っています。
実際はそれら艦船の性能諸元なんて特筆される部分しか知らないし、個人的にはあの時代の艦艇に携わった人達に対する鎮魂の想いで書いているつもりなんですが、それでも戦艦「大和」とか戦闘機「零戦」といった有名どころならともかく、空母「翔鶴」とか戦艦「榛名」など一般人には無名な艦艇に言及するとなると、やっぱりミリオタにしか見えないでしょうね。

ところが最近、若い人の間でもかつての帝国海軍の多くの艦艇が認知されだしました。
人気オンラインゲーム「艦隊これくしょん ~艦これ~」の影響です。
ゲーム自体は参加した事はありませんが、このゲームがポツポツ人気が出てきた頃から知ってはいました。かつての帝国海軍の艦船が美少女に擬人化されて出てくるのですから、まあ何というか複雑な気持ちでしたね。
しかしその一方で、原因と理由はどうあれ日本を守るために戦い、そして忘れ去られた艦船たちが再度多くの人に知られる事は、そこそこ知識のある者としては悪い気はしませんでした。
歴史の一部として知られるべきだと思うんですね。もちろん戦争の是非は別として。
ただ、さすがにアニメにまでなるとは、思わなかったな。

 


上の写真は1939(昭和14)年のもので、戦艦「霧島」と空母「赤城」(出典:「写真 日本の軍艦 第3巻」光人社 )。
これがアニメになると、


(左)が霧島、(右)が赤城といった感じに。まさに美少女アニメです。

アニメ「艦隊これくしょん - 艦これ - 」は、今年1月~3月の深夜帯に全12話で放映され、続編制作も決定しています。
ただ、いくら関心のある題材だとしても、美少女アニメという事もあり毎週のTV放映は見ておらず、第11話の放映終了時点でまとめてネット視聴しました(←何だかんだ言いながら結局は見ているんじゃないか!)。

それでは登場人物(艦船)の一部を下記に。


左からアニメの主人公である駆逐艦「吹雪」と「睦月」


軽巡洋艦「那珂」と「大淀」


軽巡洋艦「北上」と「大井」



戦艦「金剛」と「長門」


戦艦「大和」と空母「加賀」


空母「翔鶴」と「瑞鶴」

キャラとして面白かったのは、ギャグタッチの百合娘・大井。
ストーリー展開の方はというと、続編の存在を前提にして制作されているので、まだ評価はしずらいです。もっとも、現段階の第1クール終了までのストーリーはやや平凡で、視聴者を驚かせるサプライズも少なく、艦これオンラインゲーマーや梅之助のような(?)戦記愛好家からの評価はイマイチのようです。まあ、ミリオタは拘りが強いですからねぇ~。
今後に期待しましょう。

 

艦隊これくしょん –艦これ- 第1巻 通常版 [DVD]/上坂すみれ,藤田咲,井口裕香
¥6,048
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。