北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。


テーマ:

寒地土木研究所でチシマザクラを見物してから札幌市内で少し所用を済ませ、再び石狩市まで戻って来ました。石狩川が日本海に注ぐ河口付近です。この頃には天候も回復していて、空が晴れていました。

目的地は石狩天然温泉「番屋の湯」(石狩市弁天町51-2)。

 

 

「番屋の湯」の隣に、同施設が使用していたであろう宿泊ホテルがあったのですが、閉鎖中でした。面白い事に窓に「違反建築の疑いで閉鎖中」の貼り紙が!一体どういう事情なんでしょう?

貼り紙の場所を考えると、施設側の方で貼ったとしか思えないのですが・・・

複雑な事情があるようです。

道路を挟んで向かい側に「いしかり砂丘の風資料館」(入館料300円)というのが建っていましたが、時間があまりないので入館はパス。

 

 

資料館の隣には古い歴史的な建物もありました。

石狩市指定文化財の「旧長野商店」で、元は石狩市親船町7番地にあったものを移築したようです。店舗は1894(明治27)年、白い石蔵は明治十年代の建築、と説明文に書いてありました。店舗・石蔵共に木造の骨組みの外側に軟石を積む木骨石造の工法なのだそうで、これは旭川にある「旧宮北秀吉邸事務所」と同様です。

こういうレトロな建物は興味がありますね。ただし中に入るには隣の「いしかり砂丘の風資料館」まで。

 

 

さて、「番屋の湯」に入ってみます。

GWなのでかなり混んでいるだろうという予想に反して、さほどでもありませんでした。

これは後で知ったのですが、この「番屋の湯」、1995年のオープン当初は利用客で大変賑わったものの、近隣自治体各地に同様の施設が相次いで造られると次第に客足が減少し、これまでに何度か休館、経営者の交代などがあったそうです。上の「違反建築云々」もその過程でのトラブルなのかもしれません。

田舎の施設ならともかく、大都市圏にあるここがそういう経営状況に陥っていたとは、梅之助にはとても意外でした。

経営とは難しいものですね。

 

 

入館料は650円。GW期間なので野菜販売もしていました。

浴槽の湯の撮影は人もそれなりにいるので控えます。以下3つの写真は同施設HPより引用。

 

 

上が内風呂、下が露天風呂。

お湯は茶褐色でヌルヌルしています。なんでもこのお湯は「化石海水」で、太古の海底に降り積もり続ける砂や泥が層になり、その隙間に海底付近の海水が閉じ込められる事によって生まれたそうです。つまり(厳密に言うと違うかもしれませんが)モール温泉みたいなものですね。

泉質はナトリウム- 塩化物・炭酸水素塩泉で弱アルカリ性低張性低温泉、pH値は8.2です。

 

 

左が1Fエントランス、右が2Fリラックススペース。休憩箇所は充実しています。2Fの窓からはダイナミックな石狩の浜と海が見えました。

 

 

海に落ちていく夕陽を見ていたいところですが、帰路も長いので頃合いを見て出発する事にしました。

 

 

【関連記事】

2017 桜巡りドライブ⑤~「餃子の王将 滝川店」(2017/05/10)

2017 桜巡りドライブ③~寒地土木研究所のチシマザクラ(2017/05/08)

2017 桜巡りドライブ②~佐藤水産サーモンファクトリー(2017/05/07)

2017 桜巡りドライブ①~戸田記念墓地公園(2017/05/06)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月14日の土曜日、女社長が「今日は1日空いているから温泉に行きたい」と言い出したので、美瑛町の白金温泉まで行ってみる事にしました。

お目当ては最近出来た(といっても2010年)和風の宿の日帰り入浴。事前にネットで調べると、日帰りは10:00~14:00までとの事。じゃあ、急いで行かなくちゃ!

という事で、「白金温泉郷 森の旅亭 びえい」(上川郡美瑛町白金10522-1)にやって来ました。

 

 

この地方の厳冬期には珍しく素晴らしい晴天で、十勝岳連峰の山々と主峰十勝岳からの噴煙(水蒸気?)を、はっきりと目に収めることが出来ました。

 

 

目的の宿です。ただしこちらは正面玄関ではなく、日帰り客専用口になります。

 

 

日帰り用玄関はこんな感じ。少々狭く、右側の下駄箱に靴を置きます。結構な靴があったので、お~、かなり来ているんだな、と思ったのですが、殆どが従業員のものだと後で判明しました。何となく、「日帰り入浴は、やっつけ仕事」の雰囲気が・・・

入口玄関を左に折れて廊下を進み、受付で入浴料(大人1人800円)を払います。因みに美瑛町民は大人650円との事。

廊下は途中で畳敷きに変わっていました。上右側の画像は受付付近から今進んできた廊下を逆に眺めたところです。

 

 

受付近くのロビーです。全て畳敷きなっていて、なかなかイイですねぇ~。宿泊用正面玄関から入るとすぐここが目に入ります。

 

 

温泉浴場は受付から今歩いてきた廊下を戻り、まっすぐ進んだところ。奥の方に食事処がありましたが、この日は昼の営業はしていませんでした。

脱衣場はこんな感じ。おや、誰もいません。写真撮り放題ですね。

泉質分析表はよく見られる調査会社の紙の書面ではなく、木の板に記入した物でした。宿側で作成したのでしょう。それによると、ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物温泉で、中性低張性高温泉となっています。pH値の記載は割愛されていました。

 

 

浴場入り口から見た感じ。右側が露天風呂に通じます。

 

 

一応、奥側のこちらがメイン浴槽になるんでしょうね。火山性温泉らしい、いいお湯の色です。同じ十勝岳火山の温泉の「吹上温泉」とは位置が違うせいか、だいぶ色が違うなぁ。

脱衣場にあった説明板によると、メイン浴槽は源泉かけ流し100%だそうです。

 

 

サブ内風呂と水風呂。サブと露天風呂は「源泉かけ流し、加水加温しております」とありました。サブはメインに比べてちょっと熱かったですね。サウナは苦手なので入りません。

 

 

こちらは露天風呂。外気があまりにも寒いので、ちょっとぬるくなっていました。仕方がありません。

そろそろ上がる間際になって1人客が入って来たくらいで、入浴中のほとんどの時間を貸し切り状態で使えたのは、とてもラッキーでした。

全体的にこじんまりとした浴場でしたが、大量のお客さんをさばく宿ではない(客室は17部屋)ので、これくらいのサイズがとてもマッチしていると思います。

 

 

上左は浴場を出て玄関方向を見た様子。左側にテーブルと椅子の休憩所があります。

女社長が時間を間違えて超長風呂をしてしまったので相当待たされましたが、とても満足の出来るお風呂でした。

 

 

【関連記事】

冬の白ひげの滝と十勝岳連峰(2017/01/19)

「ホテルパークヒルズ トゥールモンド」で昼食(2017/01/18)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、女社長がホテルの温泉の入浴券を知り合いから貰ってきました。その券の期限は12月25日までとの事。

という訳で、24日Xmasイブの日に「プレミアホテル-CABIN-旭川」(旭川市1条通7丁目45-1)の日帰り入浴に行って来ました。以前ここは「ホテルパコ旭川」として旭川市民には知られており、今年の6月より現在の形に名称変更及びリブランドされています。

市街中心部のホテルですが、お湯は温泉なんですよね。

夕方17:00頃にホテル隣の有料駐車場に車をIN。浴場は地階にあり「かぐらの湯」という名称で、日帰り客850円。

 

 

日帰り客をメインとしない宿泊ホテルの温泉浴場なので、脱衣場は大きくありません。

温泉成分表によると、ここの湯のpH値は6.6、泉質は冷鉱泉(中性低張性冷鉱泉)となっています。

チェックインした宿泊客が「食事の前にまず風呂を」というような時間帯だったので、入浴客が途切れる感じではなく、さすがに今回は浴場撮影は控えました。下は当ホテルHPからのものです。

 

 

源泉が冷鉱泉なので加熱温泉になるものの、お湯の雰囲気は「温泉らしい」ものでした。仕事先で「夜は温泉」とまで普通は想定しない出張ビジネス客などは、嬉しく感じるでしょうね。

外気が入って来れるように天井が網目みたいになっている「地下露天風呂」までありましたよ。まあ、厳密にはあれが露天風呂と言えるのかは何とも言えませんが、市街地のど真ん中にありながら工夫が凝らされていました。

浴場の性質上、休憩室はありませんので、夫婦などで行かれた場合は、時間を決めるなどしておいた方がいいですね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月13日22:00頃。

この日は近くの銭湯に行ってみました。

「ニュー金の湯」(旭川市南1条26丁目491-11)。前回行ったのは2年以上前でした。

 

 

比較的遅い時間でしたが、広い駐車場にはまだ多くの車がありました。22:00で終了する銭湯も多い中、23:00まで営業しているのは有難いです。

 

 

銭湯ですから番台におかみさんが座っていて、自治体が定める銭湯価格440円より10円安い430円を渡して脱衣場へGO。お客さんが結構いるので、これ以降の写真は早々に断念です。

さて、広めの浴場は中央に大小5つの浴槽があり、熱めのメイン浴槽、ジャグジー、寝湯、漢方薬湯などになっていました。そしてそれを取り囲むように洗い場が設置されています。

もちろんサウナとその横に水風呂もありましたが、梅之助はサウナは苦手なので使用せず。

浴場の規模はスーパー銭湯のそれに近いものがありました。

街中の銭湯が次第に姿を消していくこのご時勢、まだまだここはお客さんの入りも良く、地域の憩いの場として頑張ってくれそうです。

 

 

【関連記事】

ウォーキングがてら「ニュー金の湯」へ行ってきた①(2014/02/05)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月7日の夜、「湯らん銭」(旭川市忠和3条7丁目2-1)というお風呂に行って来ました。多分、行くのは十数年ぶりだと思います。

規模的には旭川における「スーパー銭湯」の先駆けといえます。

 

 

玄関に入るとすぐ券売機がありました。入浴料は440円で、それでいてシャンプー・リンスは備え付け。この「湯らん銭」は旭川浴場組合に加盟しています。いわゆる「銭湯」の組合。

 

お風呂屋さんには法律の規定があって、「普通公衆浴場」と「その他の公衆浴場」に分けられています。「普通公衆浴場」は一般に銭湯の事で、その入浴料は各自治体ごとに定められています。「その他の公衆浴場」にはスーパー銭湯、健康ランドなどが相当し、料金はそれぞれの業者が自由に決めていい事になっています。

「湯らん銭」はどう見てもスーパー銭湯にしか見えませんが、法的には組合加入の銭湯という扱いのようです。

 

 

平日の21:30過ぎだったので、比較的空いていました。2Fには家族風呂があるようです。

 

 

上はメイン浴槽のジャグジーです。なんでも、別府温泉の「湯の花」が入っていると書かれていました。下はマッサージ風呂と檜風呂。檜といっても、ひじ掛け部分の上部に檜板が取り付けられているだけで、これには笑ってしまいますが、値段が安いのでツッコミなしです。

 

 

露天風呂は日替わりでお湯が変わります。この日は乳白色の「濁り湯」。

 

 

休憩所です。飲食物を注文する事も出来ます。

 

 

マッサージコーナーとマッサージ機3台が見えます。振り返ってみると、玄関横の片隅に婦人服が売っていました。全体に今のスーパー銭湯に比べるとやや古めの印象ですが、銭湯の値段で利用できるので結構、お得なんじゃないでしょうか。

さあ、どうせなら旭川市内外の銭湯も巡ってみようかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。