北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。

加計学園問題を一回くらいは書いておきます。

と申しますか、「問題」と付けること自体、ばかばかしい話なんですけれど。「森友」以上に。

先日、前・文科省事務次官が「総理の意向文書」が確か存在した、と記者会見したニュースが報じられましたね。

 

5月26日付 読売新聞 より」

 

この前川喜平という前事務次官は、昨年文科省が天下りを組織的に斡旋していたルール違反でj辞任した人間。審議官時代には朝鮮学校無償化を推進しています。

また、「女性の貧困問題調査」と称して「楽しそうなところ」にもしょっちゅう出入りしていて、当時の上長から厳しく注意も受けたそうじゃないですか。まあ、ここではそれ以上は触れませんけど。

この人は結局、自身の行為の因果応報を受けたに過ぎないのに、逆恨みに近い形で政府への意趣返しをやったという印象を受けますね。

最低レベルの役人という評価で問題ないでしょう。

 

上記の文書などはどこの官庁にも腐るほどあるはずですよ。

よく選挙演説で現職が地元に「新幹線を誘致した」とか「高速道路を造った」とか、自分の実績をPRするのをよく聞きますよね。地元民の声を受けて官庁に陳情していた訳ですが、当然、役所側は少なくとも陳情処理の為のメモ書き程度は残します。恐らく前川という人が言っているのはその事でしょう。

 

ところで、その「総理の意向文書」があったところで、何か国会で騒いだり、連日ニュースのTOP扱いになるような大問題でもあるのですか?

 

引用記事は→こちら

尚、引用記事には続きがあるので、ご覧になる方はリンク先を参照して下さい(内容は民進党・高井議員の国会で「今治市に獣医学部を新設して欲しい」という請願に対する、当時の政府及び役所側の答弁)。

 

梅之助の率直な驚きは、50年間も日本に獣医学部が新設されていなかった事。

日本獣医師会の「獣医は足りている。新設の必要なし」は、完全な業界団体の既得権益保持の為の言葉ですね。

そして玉木(もう彼にも「議員」と肩書を付ける気がなくなった)は、日本獣医師連盟から献金を受けており、身内も業界関係者であるバリバリの既得権益擁護者。

これでは安倍総理を「友人が理事長を務める加計学園に云々・・・」なんて批判できないでしょうに。もはやサービスの自由競争を阻む、かつての小泉元首相の言う所の「抵抗勢力」という訳です。何でもかんでも規制緩和というのには梅之助も反対だけれど(この点では梅之助も安倍総理の内政に関しては、少し批判したい部分もある)、この獣医師界の「50年間に渡る閉鎖性」というのは明らかに異常でしょう。

 

さて、安倍総理の「意向」が事実だとします。

総理はそのリーダーシップで、ガチガチの規制に風穴を開けたのですね。

しかも民進党議員の願いにも同時に応えている訳です。

 

何の問題があるのですか?

 

 

5月19日のフジテレビ「ユアタイム」では、ゲストで俳優の別所哲也氏が「この文書が実存しているとして、どこに違法性をお感じになりますか?」と質問すると、出演していた玉木は一瞬言葉に詰まった後に、訳の分からない言い訳をしたうえで「違法性はない」という始末。

続けて女性アナウンサーから、この問題はどういうシナリオと考えているか?という趣旨の質問にも、完全にしどろもどろで要領を得ない回答。梅之助も聞いていて全く分かりませんでした。

この玉木という男、本当にバカなのではないだろうか?

 

 

辛坊治郎氏に至っては、5月20日ニッポン放送のラジオ番組「辛坊治郎ズームそこまで言うか!」で、「どこが問題なのかサッパリ分からない。俺が安倍総理なら、こんなに素晴らしい事したんだからお前ら褒めろ、というくらいの話だと思うけど」とまで言っています。

 

民進党は蓮舫執行部になってから加速度的に劣化していますね。政権担当能力はもちろん、法案作成どころか理解能力もなし。出来るのは安倍晋三ストーカー。玉木などはいい例でしょう。

つまり党として存在価値は全くないどころか、国にとって著しいマイナス。国税を受ける資格などなし。

共産党は政党助成金を貰っていないので、その政策もここではどうのこうの言わないけれど、民進党には一言いいたい。

税金返せ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

現行憲法施行から70年。

本日は出勤日だったので、安倍総理が2020年改正憲法施行を目指す、というニュースを車のラジオの中で聞きました。仕事の事が頭の中の多くを占めていたので、その時は「お~、昨年の参院選の結果、衆参両院で改憲勢力が2/3を獲得した云々とマスコミが騒いでいた当時の首相の控えめな言動に比べて、随分と大きく出たもんだな」位にしか思わなかったのですが、帰宅して本日の読売新聞に掲載されていた安倍総理インタビューの詳細を見て、少々複雑な気持ちになりました。

 

 

憲法改正の本丸である第9条は第1項、2項を維持して、新たに「自衛隊の存在」を書き加えるだけ、との方針になっています。

ここで改めて、憲法9条を見てみましょう。

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

第1項は「侵略」という文字を加えるだけで、まあいいでしょう。

しかし第2項は放置すると極めて問題があります。書き加えられた「自衛隊」と、どう整合性を取るというのでしょうか?

「軍隊」ではない「自衛隊」が軍隊のように活動出来るよう、恐らく自衛隊法や特措法などで更なる対応を行うのでしょうが、あまり国防を担う側に法解釈の判断を強要するようでは、いざという時の能力発揮に疑問符が残りそうで、これでは現行憲法の現状運用と大して変わりありません。

 

これはかなり以前の記事「第23回参院選について考えてみた」(2013/07/05)でも触れたのですが、元々この第9条は「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」という憲法前文を大前提にしています。ところが戦後、そんな諸国民が日本の周辺に存在したでしょうか?

そういえば「憲法9条にノーベール平和賞を!」なんて馬鹿な活動もありましたね(参照記事「憲法9条にノーベル賞?~日米安保もセットです」(2014/04/03))。

そこで論理的に憲法9条が日本の平和に寄与して来たかを100点満点評価で考えてみましょう。

結果から言うと50点です。

確かに憲法9条が理由で日本の自衛隊は海外に出かけて戦う事はありませんでした。これが50点分。

一方、異国が日本に武力攻撃をかけなかった事に対する貢献は0点です(むしろマイナスですらある)。何故なら、例えば旧ソ連や中共にとっては日本の憲法9条など守る義理も義務もへったくれもなく、日米安保による在日米軍が抑止力になっていただけの事。

そう考えると日本は戦争に負けた直後から、平和憲法の名の元にとんでもないまやかしの中で戦後のスタートを切った訳なのです。

 

安倍総理も今回の改正方針だけでは、戦後日本が抱え込んだ矛盾を解消出来ない事は十分に承知しているはずです。

しかしここに来てハードルを下げたのは、安保法制にて抵抗野党とマスコミが本質を離れたレッテル貼りを行い、国論が二分されてしまった経験を踏まえての事でしょう。何しろ憲法改正発議と国民投票は一発勝負。負ければ内閣退陣、憲法改正論議の封印にも繋がりかねません。

また、連立を組む公明党が現憲法の文章をいじらず、不足分を書き加えるという「加憲」の立場を崩していない、というのもあります。

こういった状況の中、何とか出来る範囲で「不磨の大典」に風穴を開けたいという思いが今回の総理のインタビュー内容となったのでしょう。

ならば今回はこれでも仕方がないのかなぁ、と個人的には思わなくもないですね。

因みに現在の日本国憲法同様、旧憲法の大日本帝国憲法も改正条項がありながら一度も改正されなかった「不磨の大典」でした(形式上は大日本帝国憲法の改正が日本国憲法、という形にはなっている)。これらの危険性については以下の記事を参照して頂ければ幸いです。

 

歴史に復讐される憲法~リアルとフィクション③(2014/03/17)

歴史に復讐された大日本帝国~リアルとフィクション②(2014/03/16)

 

本来なら民進党あたりが憲法に自衛隊を明記する代わりに、縛りをきつくかける方針を進んで掲げるべきであって、それに対する自民党が例えばフルスペックの集団的自衛権を容認させる方向で憲法対決するとか、国際情勢の現状を鑑みるとそれくらいの議論をすべきなんだけれどねぇ。

この程度の当たり前の憲法改正にこれほどの膨大な時間と労力が必要とは、この国の面倒臭さが本当に悲しいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

今月中旬の産経・フジテレビによる内閣支持率調査で、民進党は結党以来最低の6.6%という数字を叩き出したみたいですね。

 

 

当該ニュースは→こちら

 

因みにこの時の調査では安倍内閣の支持率は59.3%、自民党の支持率は42.5%でした。

この党の議員たちはどうして支持率が伸びない、いや次第に落ちているのかがまるで分っていません。普通、まともな神経の持ち主ならば分かると思うけどなぁ。

民進党で少しは話の分かる人間は離党・役職辞任するか口をつぐんでいる一方、口を開く人間はバカばかり。これではこの数字も頷けます。

 

まずは山尾志桜里議員。4月25日の衆院法務委員会参考人質疑についてのブリーフィングの場で、とんでもない発言をしています。

 

 

問題の発言は6:55頃から。

 

「今回あの、自首すれば刑が軽くなるというやつが付いている訳ですけれども、そういう事をやっていると要するに密告を奨励することになっちゃうので、そういうのは問題ではないですか」

 

犯罪組織の一人が自首したり計画をリークしたりするのは、犯罪を未然に防げて国民にとって大変な益になるではないですか!

犯罪組織の立場に立って、一体この女は何を言っているのでしょうかね?

実は「テロ等準備罪」が必要なのは東京五輪の為だけではなく、朝鮮半島有事の可能性がある今こそ本質的に絶対必要であり、現在ない事こそが大問題なのです(不幸にも有事が近いうちに起きてしまえば間に合いませんが)。

確かに今回の法案はもっと整理したり詰めたりしなくてはならないと梅之助も思いはするものの、その修正対案提出こそ野党第一党に求められれるのに、反対反対というこの体たらく。

 

民進党が招聘した参考人の漫画家・小林よしのり氏の国会意見も聞きました。

彼はオウム事件や薬害エイズ事件における自身の体験に触れながら「もう国内でオウム真理教のようなテロは起きない。テロは外国から来るもの。それを水際対応すればいいのであって、国内の中核派かなんだかの火炎瓶テロなどはショボイ。それよりもモノを言う市民の行動を委縮させないでほしい」と発言していましたね。なるほど最後の部分はその通りだと思いますが、彼の国会意見から決定的に欠落していたというか、触れなかった事があります。

それは半島有事の際、日本国内に潜む北の工作員らの存在と動向。彼らのテロは中核派やオウムの比ではないはずです。この法案の真のターゲットは実にそこなのですよ。

分かっているのか!全く。

 

また振り返ってみてください。オウム事件の時に犯行に及んだであろう信者たちを、強引な法解釈で取りあえず微罪検挙していった過去の事実を。「テロ等準備罪」のような法律があれば、こういう恣意的な手法もしなくて済みます。

誰も小林氏のような存在を網にかけないって。彼も堕ちるところまで堕ちたなぁ。

 

次はおなじみの小西ひろゆき議員。また最近おかしな事ばかり言っていますよ。

 

 

亡命って・・・言葉のアヤで言っているのだろうけれど、どこに亡命するんでしょうか?

政府は「テロ等準備罪」を成立させて「国際組織犯罪防止条約」締結を目指している訳ですが、同条約を締結していない国は日本を除くとイラン、南スーダン、ソマリア、コンゴ共和国、ツバル、フィジー、ソロモン諸島、パラオ、パプアニューギニア、ブータンだけですよ。

彼には是非、南スーダンに亡命して頂きたいですね。

 

 

フランス国民の判断に、日本国民である小西議員が口出しなどするな!余計なお世話。

 

 

彼に議員などと肩書を付けて書く気もなくなりました。

ではお前さんが北に渡り、狂った将軍とサシで話をして核開発と弾道ミサイル実験を辞めさせて来い!

 

 

あらら、民進党に好意的なNHKにまで逆ギレですか。

ニュースは出来事を客観的に伝えるのが仕事です。政治的主張を加えさせて放送法違反を扇動する気ですか?

 

これでは民進党の支持率がUPする訳ないよな。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

後編が出ましたので、早速記事にしておきます。

前回同様、チャプター画像を多用していますが、一人でも多くの人に興味を持ってもらい、実際に動画を見てもらいたいが故です。

 

3月27日付弊ブログ記事(【関連記事】参照)でも触れた、山口敬之氏の「Mr.サンデー」での内容ですね。

 

維新・足立康史議員が民進党の体質をズバリと指摘。これが日本の野党第一党だと思うと、その無責任さと情けなさで涙が出てきそうです。

 

今度は3月28日付弊ブログ記事(【関連記事】参照)で紹介した須田慎一郎氏の見解と、同じような事を有本香氏も語っています。須田氏も詳細な背景は(あえて)語らなかったし、有本氏も「具体的な背景には色々と地雷があり、ネット番組といえど言えない」のだそうです。やっぱり、こういう事なんでしょうね。

 

この辺は極左過激派と辻元清美、福島瑞穂、豊中市議・木村真らの繋がりが語られています。

 

旧民主党政権下で、森友学園よりも値引きされている隣接の野田中央公園の話。

また、森友学園の土地はまともにゴミ撤去をしようとすると10億を超える為、籠池氏側は高値掴みをさせられていたという事実を、当地より2kmほど離れた給食センターのケースも紹介しながら和田政宗議員と足立議員が説明しています。

 

 

という事で、次回は「メディアが辻元疑惑をスルーするワケ」に続くそうですよ。

まあ、漠然となら梅之助にも予想はつきますが、ある程度具体的な話が聞けるとするならば、次回も大変注目です!

 

 

さて、そろそろ学校の春休みも終わりですが、この森友問題というのは結局こういう事だったのかもしれませんね。

 

 

 

【関連記事】

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】①(2017/04/03)

「報道に圧力」民進党、党が党なら支持者も支持者(2017/03/31)

「フジ子はやれば出来る!」フジTVが辻元追及に転じる(2017/03/29)

問題人物だが、土地の件では嵌められていた籠池氏(2017/03/28)

報道の自由公正を貫くため退社したジャーナリスト、野党に反撃!(2017/03/27)

北や中共の思惑を「忖度」しているかのような野党4党とマスコミ(2017/03/26)

政党政治を滅ぼす「蓮舫・民進党」の森友問題バカ対応(2017/03/24)

「森友騒動国会」のバカさ加減に泣けてくる(2017/03/21)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

報道特注(右)というネット番組があります。

知ったのは10日くらい前で、セットなどを見るとバーの一角か、それこそカラオケボックスみたいなところで収録しているので、第一印象は「カネかかってないなぁ~」というもの。

それでもレギューラー出演者が和田政宗議員と足立康史議員なので、再生回数も好調のようです。そこに山口敬之氏がゲスト参加して、【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】というのをやっていたので紹介しておきます。収録は3月29日で公開は4月1日。

山口氏に関しては3月27日付弊ブログ記事(【関連記事】参照)及び、下記ブログ記事をご覧ください。

 

山口敬之「総理」を読んでみた(2016/10/08)

山口敬之氏の「韓国軍慰安所」スクープを握り潰したTBS(2017/01/14)

山口敬之「暗闘」を読んでみた(2017/03/22)

 

MCは築地仲卸三代目、生田よしかつさん。3月30日放送「虎の門ニュース」の有本香氏の豊洲取材映像にも出ていた人です。結構、有名人のようですね。

 

和田、足立議員はかつての「みんなの党」の同僚ですね。

 

山口氏の紹介。「報道特集」もやっていたんですね。当時のキャスターは田丸美寿々さん。

 

ワシントン支局長解任の後は営業局に左遷されて、なんと「サンデーモーニング」担当とは!

 

森友問題に話は入っていきます。足立議員の「新報道2001」の話など。

 

山口氏は「すごく不思議な言論統制みたいのを感じた」との事。

 

「Mr.サンデー」はあまりうるさくなかったそうです。3月27日付弊ブログ記事参照。

 

この後、和田議員から筆跡鑑定の興味深い話などがありましたが、話が少し細かいのでぜひ動画の方を見てください。

 

このあたりの内容も3月27日付弊ブログ記事参照を。

 

有本氏登場のところで前半終了。後半がアップされたらまた同様の記事にします。

 

 

 

 

【関連記事】

報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】②(2017/04/06)

「報道に圧力」民進党、党が党なら支持者も支持者(2017/03/31)

「フジ子はやれば出来る!」フジTVが辻元追及に転じる(2017/03/29)

問題人物だが、土地の件では嵌められていた籠池氏(2017/03/28)

報道の自由公正を貫くため退社したジャーナリスト、野党に反撃!(2017/03/27)

北や中共の思惑を「忖度」しているかのような野党4党とマスコミ(2017/03/26)

政党政治を滅ぼす「蓮舫・民進党」の森友問題バカ対応(2017/03/24)

「森友騒動国会」のバカさ加減に泣けてくる(2017/03/21)

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(3)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。