北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。


1984年に刊行された本書(文庫版は1991年)はとても有名な本で、梅之助も以前からその存在は知っていたのですが、「ちょっと堅そう」っていうイメージから今まで手に取ることはありませんでした。

ただ有名ブロガーちきりんさんも推薦しているのを数年前に知って、「そろそろ読んでみようかな~」と購入したのが1年半前。
で、実際に読んだのが、この年末年始の期間でした。

 

 

梅之助も大東亜戦争に関しては、当時の国際情勢による必然性やその歴史的位置づけ、そして日本人としての情緒的な思い入れなど、結構思うところはあります。しかしこの本は、そういった歴史的意義や文明論、運命論とは全く別の立場で大東亜戦争を分析しています。

本書の序章にはこう書かれています。

 

『・・・本書は、日本がなぜ大東亜戦争に突入したのかを問うものではないからである。もちろん、なぜ敗けるべき戦争に訴えたのかを問うことは、すでにいくつかのすぐれた研究があるとはいえ、今後も問い直されてしかるべきであろう。しかし、本書はあえてそれを問わない。

本書はむしろ、なぜ負けたのかという問いの本来の意味にこだわり、開戦したあとの日本の「戦い方」「敗け方」を研究対象とする。・・・本書は、なぜ敗けたのかという問題意識を共有しながら、敗戦を運命づけた失敗の原因究明は他の研究に譲り、敗北を決定づけた各作戦での失敗、すなわち「戦い方」の失敗を扱おうとするものである。』

 

もっとも、この本はよくある「こうしたら勝てた」というような仮想戦略・戦術論とは異なり、史実にあるような悲劇的な結末を招いた実際の戦略・戦術を分析する事で、それらを生み出した日本軍の組織特性の論理的考察(米軍と対比しながら)に焦点を絞っているのが特徴といえるでしょう。

本書における「失敗の事例研究」としては、「ノモンハン事件」「ミッドウェー作戦」「ガダルカナル作戦」「インパール作戦」「レイテ海戦」「沖縄戦」が挙げられています。そしてそこから導き出された日本軍側の戦略・戦術の錯誤は、その組織体質と密接な関連性がある事を著者らは指摘しています。

 

本の内容の詳述はしませんが、日本軍の失敗の一つを挙げると、例えば作戦目的があいまいだったり二重性を持っていた点。ミッドウェー作戦ではミッドウェー島を攻略するのを主とするのか、敵機動部隊を撃滅するのが目的なのかが最後まで不徹底でした。

それを踏まえると、主力空母4隻を失ったこの海戦に関しては「運命の5分」などという言葉があるように、ともすれば「運」が悪かったとする向きがあるものの、本書における

 

『いかなる軍事上の作戦においても、そこには明確な戦略ないし作戦目的が存在しなければならない。目的のあいまいな作戦は、必ず失敗する。それは軍隊という大規模組織を明確な方向性を欠いたまま指揮し、行動させることになるからである。』

 

『戦闘は錯誤の連続であり、より少なく誤りをおかしたほうにより好ましい帰結をもたらすといわれる。・・・戦場において不断の錯誤に直面する戦闘部隊は、どのようなコンティンジェンシープラン(不測事態対応計画)を持っているかということ、ならびにその作戦遂行に際して当初の企図(計画)と実際のパフォーマンスとのギャップをどこまで小さくすることができるかということによって、成否が分かれる』

 

などという文章を目の前にしてしまえば、ミッドウェーも敗けるべくして敗けたんだな、と思い知らされます。実は当海戦において、米軍側も錯誤の連続に直面していたのだから。

 

本書は日米の「物量の差」「工業力・生産力の差」という前提を認めつつ、それを超えた視点から日本軍の錯誤を論理的に次々と指摘していきます。

ただしそれらの失敗は、最終的には日本軍組織固有のものというより、当時の日本人全般の特性が具現化した帰結と言えるべきものなのでしょう。

 

戦後70年以上経って、日本人の価値観や意識、行動様式にも大きな変化がありました。その一方、本書は軍事を超えた普遍的組織論としても大変読み応えがあるものなので、現在においても組織に属する人、管理・統括する人にはとても有用だろうと思われます。

戦前における最大の組織は日本陸軍・海軍でした。それらが消滅した今、日本の官僚組織、企業組織はかつての日本軍の組織的失敗をいくらかでも克服しているのでしょうか?

この本を手にして、良くない意味で「ハッ!」と我に返る人、案外多いんじゃないでしょうかね?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

美瑛町の市街地にある「ファミリーレストラン だいまる」を出発して、やって来たのは白金温泉郷。

丁度、昨年の1月にも同温泉郷の「森の旅亭 びえい」に訪れています。今回はそのお隣にある「美瑛ゲストハウス&温泉宿 白金の湯」(上川郡美瑛町白金10734-1)に行ってみました。

 

 

何だか看板は新しそうですが、建物自体は結構古いです。

それもそのはず、元々この建物は2014年に閉館した銀瑛荘という温泉旅館で、それを一部改築して昨年の6月にリスタートさせたのが現在の「白金の湯」。かつての銀瑛荘にしろ、その前身は元国鉄の保養所だったって言うんだから、そりゃ古いわな。

リスタート後はゲストハウスとありますから、「日帰り入浴&格安温泉宿泊施設」という路線のようです。

 

 

玄関横の受付ですが、おや、誰もいません。周囲を見渡すと「中にいますので声をかけてください」との貼り紙が。

中に進みながら声をかけると、30~40歳位の男性スタッフが出てきて受付けを済ませました。

入浴料は1人500円。

それにしても現在の営業規模(推察)に比べて建物が広いので、所々に使われていない一角が見受けられます。特に半ば物置状態になっていて使用不可のゲームコーナーが、昭和の記憶をセピア色に染めていくようでした。

 

 

さて、温泉の方です。

脱衣所入り口前に掲示されていた2009年検査の温泉分析書では、pH値は6.4の中性低張性高温泉とあります。泉質はナトリウム・マグネシウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物温泉。源泉の温度が46℃なので加水・加温が必要ない源泉かけ流しのようです。

脱衣所に入ってみると、先客は無しの貸し切り状態です。

 

 

内風呂1つに露天風呂1つと浴場の造りはシンプル。アメニティーはシャンプー、リンス、ボディソープが備えられていました。

お湯は「森の旅亭 びえい」のような濁り湯。温泉ぽくて、いいですねぇ~。

洗い場の蛇口をひねっても暫くお湯が出てこなかったのはご愛敬。もしかして、梅之助らが本日最初の入浴客か?

内湯はやや熱めの温度。ただし浴槽の底が浅く、肩までしっかり浸かるには相当体を横にしなくてはなりませんでした。

 

 

ガラス戸越しに露天風呂を見やると、何だか白いものが目に入ります。露天風呂はやっていないのか?と思いつつドアを開いてみると、手製の保温カバーでした。

 

 

体が浸かれる範囲までカバーを取りよけて身を沈めます。内湯に比べて、やや湯温はぬるめ。

 

 

休憩所です。ここは真新しく改築してありました。

奥にはハンモックもあって、身をゆだねて揺られてみると心地よい感じでした。

 

結局、梅之助一行が滞在中は後から休憩所に顔を出した男性一人が他の入浴客のようでした。

泉質はまさに「おんせ~ん」って感じでとても良いので、特に冬期間の経営は大変かと思いますが、古い温泉宿をチャレンジして引き継いだ運営者さんにはぜひ頑張って欲しいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年は4日が仕事始め。

お正月明けは仕事をやる気があまり起きませんが、4日5日と2日働くと待望の土日がやって来ました。

で、6日土曜日は昼少し前から温泉目的で美瑛方面に出かけてみる事に。

 

美瑛市街地に入って、まずは昼食です。

当初目星をつけておいたお店に行ってみると、「5日までお休み、6日は夜からの営業開始」という内容の貼り紙が。う~ん、これは予想外。

そこでスマホで周辺情報を調べ、行きついたのがこのお店。

「ファミリーレストラン だいまる」(上川郡美瑛町中町1丁目7-2)。

 

 

「ファミリーレストラン」とはいえ、田舎町のお店なので建物はそんなに大きくありません。

 

 

ところが、中に入ると結構混んでいました。

梅之助らが入店した時は、運よく小上がりが空いていたのでスムーズに着座出来ましたが、すぐに工夫して配置されているテーブル席、カウンター、小上がりが満席状態に。上階から降りてくるお客さんもいたので、2Fにも席があるようです。

メニューを見ると、ファミリーレストランと名乗っているだけに種類も豊富で、値段も非常に手頃でした。

 

ところで。

近年、美瑛は「美瑛カレーうどん」というご当地グルメを町おこしの一つとしているそうです。

カレーのルーと、うどん麺・具材が別皿になっているつけ麺スタイルで、この「だいまる」さんでも供されていました。嫁がそれを注文したので一口だけ頂くと、カレールーはクリーミーマイルドな感じ。濃厚でほのかな甘みと程よいスパイスが効いている印象でした。

今度機会があったら食べてみる事にします。

 

 

梅之助が注文したのは「ザンギ・エビフライ定食」(800円)。

ザンギとは簡単に言うと、鶏のから揚げの北海道風の呼び名です。

ホクホク、サクサクと美味しく頂きました。

平凡な名称(失礼!)からの事前イメージで、実はそんなに期待はしていなかったのですが、味、コスパ、共にとても満足できるお店でしたよ。

 

さて、時刻は丁度13:00。本日行く温泉施設へと出発しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めてブログを書いたのは2005年。

このアメブロ、そして同じIDでした。

当時は、それまでの人生で大きく依存していたものとの精神的な決別が決定的になった頃だったので、梅之助自身の内面も少し不安定な時期でした。ブログの方は書評を中心に書いていたものの、やがてブロガーとしての自身の立ち位置を見失って2年位で撤収・退会。

その後しばらくネットは調べものオンリーだったのですが、退会したつもりのアメブロIDが何故か抹消されずに残っていたんですねぇ。

リスタートの切っ掛けは東日本大震災だったかもしれません。

結局、多くの日本人の人生観にも影響を及ぼした大災害の翌年正月より、今度は小難しい書評などではなく、等身大の自身の記録を残そうと再度ブログを書き始める事にしました。

 

 

あれから丸6年経過。今年で7年目になります。

自分自身の為の日常記録・思考記録、つまりは日記として書いているので、ブログ再開以降は「やめようかな」と思った事はありません(PCトラブル期、体調不良期の小休止を除く)。「面倒臭い」と億劫に思った事もないですね。仕事などで多忙な時は実際、書かないから。

 

梅之助の日常生活上の知り合いで、このブログを知っている人は1人を除いて誰もいません。ブログ閲覧者でリアルな知り合いが多いと、おのずから文章表現を自制せざるを得ない状況が出てきますからね。特に政治信条の記事なんか多く書いていると、なかなか思っている事をズバッと書けない。

なので、これまでこの匿名ブログの存在を周囲に一切伝えてきませんでした。

ブログ内で「嫁」「女社長」と称される妻さえも、具体的にはこのブログを知りません。梅之助がパチパチ写真を撮っているので、「ネットに投稿している」と答えると、それ以上は聞いては来ませんでした。夫婦と言えど、お互いの趣味には過度に干渉しないのはとても大切な事なので、その点、楽ですね。

ただ、例外の1人については自身の政治スタンス(青山繁晴議員ファン、「虎ノ門ニュース」「報道特注」をよく視聴する)を簡単に伝えてくださったうえで、ずっと梅之助が政治関連も含めたブログを書いている事に興味を持っておられたという事で、昨年12月下旬にお伝えする事にしました。

 

 

さて。

これはアメブロへではなく梅之助自身に対してなんですけど、現在、ブログを書いていて不満な事。

それはこのブログ題名。

う~ん、何とかならんかな。

元々リスタートしたこのブログは、当初は横文字の題名でした。しかしインパクトが少なく、第3者から見れば意味も不明。そこで取りあえず現題名に変更したんですが、これもな~、所詮はサイバーエージェント社長・藤田晋氏のブログ名の流用だからなぁ・・・

もうちょっと分かりやすく、かつ、ブログ趣旨に沿った的確でインパクトのある題名が思いつくといいんだけど。

 

という事で、年初に当たり自分自身のブログに対する思いをつらつらと。。。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月1日元旦、実業団のニューイヤー駅伝をTVで観た後に家族でお風呂に出かけました。

ゆっくりしたい時のお風呂はこれまで「万葉の湯」が多かったのですが、今回は「旭川健康ランド」(旭川市春光1条8丁目1-1)に行く事に。

 

 

お正月なので「激混み」を覚悟していたものの、駐車場の状況はそこまででもない感じ。

 

 

実際、中の様子もそこそこ混んでいますが、強いストレスを感じる程ではありませんでした。

料金は大人一般で2050円。

ただしこの定価金額で利用している人は殆どおらず、クーポンや優待券、回数券など大体約半額で利用しています。梅之助らもネットクーポンの提示で1人1080円での利用です。

 

お風呂の状況はとても写真を撮影できる状況ではなかったので、同施設HPより拝借です。

 

 

う~、深い草色をした薬仁湯が体に効きそう。

 

 

こちらは2Fの様子。

数年前に全館リニューアルするまでは少し年季が入った状況で、積極的に利用するのも気が引けたのですが、リニューアル後はとてもスッキリきれいになっています。

 

 

1Fのお食事処・レストラン「四季彩」。梅之助はジンギスカン定食(920円)を注文しました。

 

 

ああ、美味しい。

レストランは大賑わいで、それこそ若いバイトの子から初老の支配人っぽい上級社員まで、総出で対応されているようでした。おかげで大した遅延もなく。

さて、食事を終えると時刻は19:00頃。

この後、この近くにある北海道護国神社で初詣参拝を行ってから自宅に帰る事にしました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。