北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。



テーマ:

7月22日、旭川空港で義姉夫婦を見送った後。

20日から始まった上川神社例大祭の後日祭がこの日の午後に行われているので、いったん自宅に戻ってから一人で出かけてみました。

ここ2年ほどの初詣は別の所に行っていたので、上川神社(旭川市神楽岡公園2-1)に訪れるのは何だか久しぶりです。

 

 

神明造の社殿が視界に入ると、右側の舞殿で行われているはずの神楽舞の奉納が行われていません。あれっ、もう終わってしまったのかな・・・

すると、「本日の神楽舞の奉納は雨天の為、拝殿で行われます」とあります。この時はすっかり晴れていましたが、今朝方は雨でしたからね。

これはいい機会です。拝殿の中になど入った事はないので。

先ずは型式通り参拝してから、中に進みます。

 

 

(左)は入って右側のガラスケースの展示物。葵紋の入った冑がありました。(右)は左側ガラスケース。

 

 

舞姫、巫女による「浦安の舞」が行われていました。丁度、写真は舞が終了して退場するところ。

「浦安の舞」とは1940(昭和15)年の「皇紀二千六百年奉祝会」に合わせて作曲・作舞された神楽舞で、「天地(あめつち)の神にぞ祈る朝なぎの 海のごとくに波たたぬ世を」という、1933(昭和8)年の昭和天皇御製が歌詞になっています。

 

 

続いて「豊栄(とよさか)の舞」の2人舞バージョン。1人舞バージョンは2014年7月のお祭の時に観た事があります(下【関連記事】参照)。

「豊栄の舞」は1950年に宮内庁楽部で作られ、女性が舞う事を前提としている為、「乙女の舞」とも言われます。手には榊か四季の花を持つそうで、ここではピンク色の花(おそらく桜)でした。

 

 

こちらは「五十鈴の舞」。

この舞は、雅楽の「越天楽今様」の歌詞に上川神社の初代楽長・筒井貴孝氏が振り付けをしたものだそうで、この北海道上川管内を中心に演舞されているローカルな神楽舞です。

 

 

最後に「大黒様の福の種まき」。縁起物の餅や飴がまかれます。

 

 

2014年の時よりも多くゲット出来ました。いい事あるかな?

 

さて、2014年に初めて神楽舞奉納を見た時、舞っているのは上川神社の巫女と旭川明成高校舞姫同好会の生徒さんだ、というアナウンスがありました。ところが今回は明成高校舞姫同好会の紹介がありません(単に聞き逃しただけなのかもしれないが)。

そこで旭川明成高校HP舞姫同好会の項を見てみると、う~ん、残念ながら部員数0の表記が(ただしいつの更新かは不明)。これが現在の状況を反映しているのなら、舞っていたのは神社所属の巫女さんと舞姫同好会OGだったのかもしれません。この手の同好会がある高校は全道で明成高校だけで、それも約30年の伝統があり、現在の上川神社の巫女さんも明成の先輩なのだそうです。

HPにも書いてありましたが、梅之助も心からこの伝統が途絶える事がないよう願っています。

ガンバレ、顧問の石本祐子先生!

 

 

【関連記事】

2015年の初詣~上川神社(2015/01/03)

上川神社祭に行ってみた(2014/07/22)
2014年の初詣~上川神社(2014/01/04)
2013年の初詣~上川神社(2013/01/03)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月22日は義姉夫婦が旭川空港から帰途につく日。

丁度、土曜日で休日だったので空港まで梅之助もお見送りに出かけました。

昼過ぎの便なので早めに空港に到着すると多少時間があります。そこで空港内3Fのレストラン街で昼食を共にする事にしました。

考えてみたら梅之助、旭川空港で食事をしたという記憶は無いんですよね。ここで飛行機を利用する際は大抵午前中か、違っても夕方の便だったし。

それはさておき、当初は蕎麦でもという予定でしたが「旭川に来て旭川ラーメンを食べていない」という事で、入ったのは空港内唯一のラーメン店「旭風らーめん」(上川郡東神楽町東2線16号 旭川空港タ-ミナルビル 3F)に。

 

 

昼時だったせいもあり、出発便を待つお客さんで予想以上に混んでいたものの、何とか運よく4人掛けの窓側テーブルに着座する事が出来ました。滑走路を一望できる絶好の席です。しかしタイミング的に滑走路には一つも飛行機が駐機していませんでした。

田舎の空港だからねぇ。

 

正直に言うと、最初ここでラーメンを食べるのは少し抵抗がありました。

お店には大変申し訳ないのですが、あまり知らないお店だし、もしもここの味がイマイチだったとしたら、これを旭川ラーメンの味、と義姉夫婦にイメージされるのも何だかなぁ~という想いがあったので。。。

 

 

初めての店なので、梅之助は「醤油ラーメン」(800円)を注文。

値段は市内の一般的なお店と比較すると少々強気。ただ空港内の立地という点を考えると、こんなもんでしょう。

出てきたラーメンのスープはちょっと醤油色が強いです。口に含むと、好みからはややしょっぱいかな。それほど気にはならないレベルですが。

麺は美味しい好みの味でした。難を言えば少し柔らかめ。

市内にある有名店と言えど、梅之助の口には合わないお店もある事を考えると、トータル的には美味しく頂きましたよ。

義姉夫婦はのりに「旭風らーめん」と印字してあるのが珍しかったのか、口々にしていました。確かのりへの印字は「青葉」もそうだよね。

 

こうして一週間近く北海道に滞在した義姉夫婦。

こちらこそ色々お世話になりました。また来年も是非いらしてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20日の夕食も、日中に美瑛の丘や花畑、旭山動物園などを堪能して来た義姉夫婦と一緒の夕食。

特に要望がなければ、旭川ラーメンか北海道が本場であるスープカレーと思っていたのですが、嫁から「海鮮丼が食べたいみたい」というリクエストがメールに。

う~ん、北海道と言えば海産物というイメージだけど、ここ旭川は内陸なので海鮮丼が美味しいとされるお店はあんまり知らないぞぉ。

そこであれこれ考えた末に選んだのは「旭川 お城の鯉寿し」(旭川市忠和6条7丁目1-17)。

ここなら海鮮丼はともかく、海鮮ちらしのようなものはあるでしょう。

 

 

これは帰り際に撮影した外観。

お店の先代の郷里・四国高松城を模したのだそうで、旭川市民なら知らない人はいないお店です。

しかし梅之助、ここにはあまり来た事がありません。25年くらい前に一度来たかなぁ。身内の法事の仕出し料理で配達をお願いした事はありました。

 

 

入口右側がお城の部分の、いわゆる本館に相当するのでしょう。

受付の人に「椅子席がいいですか?小上がり席がいいですか?」と聞かれたので、義姉夫婦に選んでもらい、椅子席を選択。すると左側のエリアを案内されました。

 

 

左側の入口前には和風小物が販売されていました。

左側椅子エリアは「お城のれすとらん 鯉太郎」とネーミングされているようです。

 

 

さすがに海鮮丼というのはなかったので、生ちらしを注文。義姉さん方は上を頼んでいましたが、梅之助は貧乏人根性で並(1500円・税抜)を。

こういうお店だと、ネタの盛り方も違うんですね。運ばれてきた時に「ちょっと量が少ないかな」と思ったものの、食べ終えてみると結構お腹一杯になっていました。

ご馳走様でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

17日に来道し、道東を回って来た義姉夫婦が旭川入りしたのは19日の夕方。

やはり北海道ならではの食事でもてなすならば、先ずはジンギスカンでしょう。昨年、義姉が一人で訪れた時は、「大雪地ビール館」の生肉を焼いてからたれにつけて食べる「札幌風」をチョイスしましたが、今回は滝川や旭川といった内陸で主流の、事前にたれで漬け込んだ肉を焼いて食べる「滝川風」にする事にしました。

そうなると定番は「松尾ジンギスカン」。

そこで「松尾ジンギスカン 旭川大町店」(旭川市大町2条2丁目5-173)に行ってみました。

 

 

「松尾ジンギスカン」の本店HPには、旭川にあるここと「旭川支店」の二店舗は掲載されていないので直営ではないのでしょう。別に旭川の2店舗のHPがありました。ただし丁度このお店に隣接する住宅の表札が駐車場から見えたのですが、その苗字から考えるとここも創業家と関係がありそうです。

「松尾ジンギスカン 本店」HPは→こちら

「松尾ジンギスカン 旭川支店・旭川大町支店」HPは→こちら

 

 

このお店は、女社長が嫁として首都圏から北海道へやって来た20年以上前に一度訪れた事がありますが、当時とは建物も変わっていて新しくスッキリしています。

時間は18:00過ぎと早い為、先客は一組。

 

 

ジンギスカンをほとんど食べる事のない義姉夫婦の事を考えて、「お試しセット(特上ラム・ラム肉・野菜・雪わさび)」(1人前2710円)といったラム肉を中心に注文。

昨年食べた生ラムは「美味しい」と言ってくれた義姉ですが、さて今回の味付きはどうでしょうか。

 

 

義姉はもちろん、博学で一言居士の義兄も「美味しいよ、食べられる」と言ってくれ、こちらも一安心。

最後はうどんを注文して〆です。これが出来るのが「味付き」の強み。

北海道民はジンギスカンの場合、大抵は鍋や食材を調達して自分自身で焼くので比較的安上がりになります。こういうお店で食べると、ちょっと高く付きますね。でもたまにこういう機会ならばOKでしょう。

 

後で調べて分かったのですが、本店HPの記述によると松尾ジンギスカンの羊肉はオーストラリア・ニュージーランド産だそうです。道産のものでなかったのはちょっと意外。多店舗を抱えるチェーン店なので数量確保の為でしょうか。

 

ネットの評価サイトでは「マトンも美味しい、イメージが変わった」というレビューがあったのですが、今回は念のためクセが強いとされるマトンは避けました。

ただし味付きジンギスカンで育った梅之助も、以前母親に尋ねたところ「家でも殆どラム肉だったよ」と判明。てっきり梅之助は臭いを消せる味付きでは、安価なマトンもそれなりに食べていたと思い込んでいたのです。

そういう意味では、梅之助もマトン・ジンギスカンはうんちくを垂れるほどは知らないんだなぁ。

勿論、実家以外で何度かは食べているはずですけれど。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

16日の日曜日、北海道護国神社(旭川市花咲町1丁目2282-2)にて第5回北海道金魚すくい選手権大会が行われるというので、興味本位で出かけてみました。

前日の天気予報では、当日は早朝から激しい雨。

しかし梅之助が神社に到着した9:30頃は、まだ雨は幸いにも落ちてきていませんでした。

 

 

駐車場に車を止めて社殿の方に向かうと、平成館(旧陸軍第七師団北鎮兵事記念館)が開放されているのが見えました。通常は閉まっているので、梅之助は中に入った事がなかったんですよね。

 

 

中に入ってみると正面にお神輿が安置されていました。

入口左側のホールはこの日、日本の伝統文化のイベントコーナーとなっていました。和服姿の女性が数人見られます。まだ始まっていないので、後で行ってみよう。

 

 

右側のホールには金魚すくい教室の垂れ幕があります。2Fは和太鼓の演奏会場のようでした。

そして境内の芝生には露店の出店やミニステージも設けられています。

 

 

(左)手水舎と(右)御手洗石(みたらし)金剛。1941(昭和16)年の夏の大旱魃の時に神居古潭の川底から発見されたもので、重さは約15トン。

 

 

まずはきちんと参拝をしておきました。

 

 

競技大会は本殿に向かって左側の通路で行われ、一般の部、小中学生の部、団体の部で競われます。コスチューム大賞というのもあるようです。

 

まずは団体戦。3人1組で3分間金魚をすくい続けます。

 

 

TV局の取材収録もありましたよ。というのも・・・

 

北海道護国神社HPより

 

地元北海道のTV局HTBチームが団体戦に参戦するからです。

メンバーはアナウンサーの室岡里美さん、お天気お姉さんの吉田晴香さん、そして元スピードスケート金メダリスト清水宏保さん。

 

 

HTBの東京キー局はテレビ朝日なんですが、護国神社で開催されるイベントに人員を参加させるとは、梅之助の中でちょっぴり好感度がアップです。

 

ところがHTBチームが競技を行った団体戦最終組(10:30頃)のあたりから、それまで何とか持っていた空よりバケツをひっくり返したような雨が!

 

 

競技会場は屋根があるので個人戦へと移行して続けられましたが、梅之助としてはさすがにこの雨では合間を見て撤退するしかありません。雨さえひどくなければ、じっくり平成館でのイベントも見てみたかったし、ミニステージでのライブも聴いていくつもりだったので残念です。

因みにHTBチームの成績は知りません。ただし「北海道金魚すくい選手権大会」HPによると、入賞者・入賞チームの中にはHTBチームの名はありませんでした。

 

最後に梅之助が帰り際に思った事。

このような金魚すくいや、お祭りの縁日が神社で行われている日本の平和が、戦後これまでになく脅かされています。

日本国内にさえ、この国を護らんとする内閣を潰そうとする狂った勢力が暗躍し、それに一般国民が引きずられつつあります。

かつて日本のために戦った祖父よ、父よ、兄よ、どうか日本をそのふさわしき道へと御導き下さい。

 

 

【関連記事】

2017 北海道護国神社祭に行ってみた(2017/06/04)

2016年の初詣~北海道護国神社(2016/01/03)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。