あなたの輝きを取り戻す セラピスト 澤田 准

あなたの輝きを取り戻す セラピスト 澤田 准

Body, mind, spirit のホーリスティックアプローチから
あなたの心と体、ハートを元気にする 心理セラピスト juneのブログ

みなさん、こんにちは。

心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

ここ何日も大雨が降り続いていて、

今日はやっと雨降りではない日。

 

ニュースでは、九州地方の映像が流れ、とても心が痛みます。

 

不安定な天気や気圧が少しでも早く落ち着き、

被災されたみなさまの心が休まりますように。

 

無事である方が増えますように。

そう願ってます。

 

 

 

 

 

 

 

さて、先月から書き始めた連載の続きです。

少しずつ書き進めています。

 

まだお読みでない方は、こちらを読んでみてくださいね。

 

①−1あなたが望む方向を向いていこう

 

 

①−2本当の望みにたどり着く

 

 

幸せを根付かせていく

 

 

 

 

私たちが望む方向に向かって歩き出すときには、

 

幸せの感覚(ホッとした感じ、安心、リラックスなど)を

身体に根付かせていくこと、

 

そちらの方向に意識を向けることも大切なんだよ〜と

お伝えてしてきました。

 

 

そしてそれともうひとつ大切なことがあります。

 

それは、ネガティブな思いや感覚にフォーカスしすぎないということ。

 

 

『え〜、ふだん、セラピーではその感覚をフォーカスするようにしているのでは!?』

 

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

でもフォーカスしすぎないということも大切なので、ちょっとお話しを最後まで読みすすめてくださいね♪

 

 

 

オーバーフォーカシングしすぎない

 

 

オーバーフォーカシングとは、ある対象に過度にフォーカスしすぎてしまうこと。

 

 

ある対象とは、自分の中に浮かんだ思い、感情、身体の感覚で、

それらにフォーカスしすぎてしまうということ。

 

 

もしあなたが慢性的に緊張していたり、イライラしていて、

 

ネガティブな思い、自己否定だったり、自分をダメだと思って批判したり、

嫌われているのではと恐れが出てくるのであれば、

 

そういった思いやエネルギーにパワーを与えないことも大切です。

 

 

 

無意識に、無自覚に

その思いや感覚にとらわれたり、

そのことばかり考えたりするのは、

 

自分のネガティブな思いや感覚をストーキングしているようなもの。

 

 

それはネガティブで苦しい思いや感覚にエネルギーを注ぎ込むことになり、

 

『自分がダメだ』という思いをとてもリアルに感じさせ、

さらに囚われていくというループにはまってしまいます。

 

 

 

もちろんそれらはトラウマから来ていたりするかもしれません。

 

けれどそうした思いに対して、

 

これは、トラウマがあるからそういう風に思ったり感じてしまったりするんだ

意識的に距離を置いて眺められるようになったりすると、

 

そこに冷静さが取り戻せていきます。

 

*いつも緊張していたり、自己否定が強かったりするのは、性格ではなく、

 愛着トラウマ(発達性トラウマ)であることが多いのです。

 

 

 

 

 

意識を切り替える

 

 

そして前回『幸せを根付かせる』でお話したように、

 

 

意識的にホッとしたりリラックスしたり気持ちが緩んだり

安心したり笑えたり心地よさを感じりといった

 

そちらの方の感覚を根付かせていくことをしてほしいなと思います。

 

 

 

例えば笑えるYoutubeでもいいし、

大好きな香りを嗅いでもいいし、

動物の動画でもいいので、

 

意識を切り替える』というのを少しずつ、トライしてみてくださいね。

 

 

 

そして、なんだか緩んだ感じがしたら、

 

その緩んだ感じをすこ〜しずつ味わい、

体になじませていく、、、

 

呼吸とともになじませていくごとに、

 

なんだかいい感じが出てきたり、

頬の筋肉が緩んできたり、口角が自然と上がってきたり、

お腹が緩んで柔らかくなってきたりします。

 

 

もしかしたら、

いい感覚と、そうでない感覚、

 

つまり

「なんだか気分がいいな」というようないい感じと、

「お腹がちょっと張っているな」というような不快な感じと、、、

 

そんな相反する感覚が出ているかもしれません。

 

 

それはそれでいいのです。

 

その両方の感覚があることを、

 

それを感じている自分の体を、

ただただ、そのまま見守っていてあげてください。

 

 

最初は慣れないと、変な感じかもしれませんね。

でもジャッジなく、体のリアルをそのまま観察し、見守ってみてくださいね。

 

すると、それすらも馴染んでくる感覚が出てくるかもしれません。

 

そして、私たちには、いろんな感覚があることが普通で、当たり前なのです。

 

 

 

 

 

不安や緊張が強い人は、

いつも気になることや恐れに気をとらわれていて、

そうした神経回路を強めていきます。

 

同じような思考、同じようなストーリー、同じような体の反応、

そういったパターンを無意識に何度も繰り返していきます。

 

 

 

 

また慢性的に自己否定が強い人も、

 

そういったパターンを繰り返して、

いつも自己否定のメガネで自分を見て、責めていることが多いと思います。

 

 

 

こうした、緊張も、自己否定の思いも、

 

体の中に、「安心や安全」、「私は大丈夫」の感覚が育っていないために、

 

いつもサバイバルモード、警戒モードがオンとなっていて、

嫌われないように、認められるようにと世界や、周りの人を見ているから、

 

自動反応のように、緊張や自己否定モードが出てきてしまっているのです。

 

 

 

だからまずは良い感覚(安心、安全、私は大丈夫)を根付かせていくことがとっても大事で、

 

自動反応になってしまった緊張や自己否定モードに気づいて緩ませていく

いい感じ、心地よい感じに戻っていくということが大切なのです。

 

 

 

 

 

切り替えてみる

 

 

ここまで読んでくださったのなら、、、

ちょっと『切り替えてみる』というのをやってみてくださいね。

 

 

 

自己否定して責めている自分に気がついたら、やめる

 

緊張している自分に気づいたら、肩の力を抜いて、ふーと緩める

 

 

①気づいたら、やめる

 

 気づいたら、ふ〜

 

それの繰り返しです。

 

 

ただ気づいて、『』に戻る。

 

 

 

いつもの思考や反応に気がついたら、

それをただ、やめてみる、緩ませてみるだけでいいのです。

 

 

例えばいつもの自己否定で自分を責めていることに気がついたら、

『自己否定ちゃんが出てきていた〜!』と言って、

深呼吸をして、そちらの方にフォーカスするのをやめる。

 

 

 

緊張して体がこわばっていることに気がついたら、

肩をグッと一旦こわばらせてから、回してストンと落とす。

 

 

こんな感じてリセットをしてみる。

 

 

②『今』いる場所を見回して、

空を見て、お気に入りのペンを見て、

自分の身体を優しく触れてみたりして、

 

今ここに安らぎを見出してみる

 

 

 

自己否定も緊張も、

過去の潜在意識状態を反復しているので、

 

 

それを少しずつ『』に戻して、

意識的にスウィッチングしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

もし切り替えられない時は、、、

 

 

もちろん「自己否定ちゃん」や「緊張モードさん」の声や感覚が大きくて、

どうしても止めれない時もあると思います。 

 

 

そんな時は、

 

声を聞いてあげる、対話をして理解する』ことをやってみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

よかったらこちらを参考に♪

臆病ちゃんと虚勢ちゃん

 

 

 

 

 

こんな風に自分との対話を繰り返すことで、

自分の内側に調和が訪れ、

心地よさや安心感、愛と言った感覚が広がっていきます。

 

 

 

 

 

それでも切り替えが難しい、、、

そんな時はセッションを受けるタイミングかもしれません。

(本当はもっと早くてもよくて、苦しくなる前に来る方がいいのです)

(だから気になる心理セラピストさんがいたら、ぜひ一度受けてみてくださいね)

 

 

 

セッションでは、無意識に繰り返していた

不安や緊張の反応パターンや、自己否定などの適応パターンなどに意識の光をあてていきます。

 

不快な感覚や不安や緊張を見ていき、そのエネルギーを解放したり、

そのエネルギーが本当に恐れていることを対話をしながら、理解し緩めていきます。

 

 

(セッションでは、不快な感覚や不安の感覚をフォーカスしているのは、

安心安全のスペースを保ちながら、エネルギーの調整や解放、完了をするためなんです)

 

 

それは、その反応のエネルギーの完了を意味し、今までとは違う感じ方、考え、行動を生み出していきます。

(1回で完了することもあれば、発達性トラウマの場合は、少しずつ数ヶ月、数年単位になる人もいます)

 

 

 

 

さて、なぜオーバーフォーカスしすぎないほうがいいか、ご理解いただけたら嬉しいです。

 

 

 

①幸せな感覚に根付くことと

 

②そしてフォーカシングするときは、エネルギーの理解、受容、調整、解放、完了を目的としていること

 

 

③やみくもにネガティブや不快な感覚、そしてそのストーリーに引きずられて、

 その感覚や思いを強めていかないこと

 


 

 

さて、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

次回は、『今に根付く』です♪

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から

 

 

 


 

 

ブリッジングイヤーコースにご興味がありましたら、こちらをご覧くださいね。

 

このブリッジングイヤーコースは、セラピスト未満の方がセラピストとして活躍するための1年間コースです。

 

今までいろいろなセラピー手法を学び心理学の学んできた方が、実際にセラピストとして活動するための橋渡しとなる学びを提供していきます。

 

神経生理学的、心理的、身体的側面からの学びだけでなく、スピリチュアリティ(精神性)な視点からも、学んでいきます。

 

セラピスト希望の方は、クライアントさんの状態をいくつもの側面から把握し、一人ひとりに合わせたオーダーメイドセッションで、生命が回復していくセッションを目指していきます

 

具体的にケーススタディもお話ししながら、ホーリスティックな視点を持ってセッションをすることをお伝えしています。

 

 

このブリッジングイヤーコースとセッションを受けていただいている方々から、『学びとの癒しの相乗効果があって本当に良かった! 癒しの助けになっている』とそんな声も頂いております。

 

 

 

来年もし開催されるなら受けたい!と言ってくださる方がいらっしゃって、

もしご興味がありましたら、こちらのフォームにてお知らせくださいませ。

 

クラスは、①<セラピスト未満からセラピストへ>セラピストコース

     ②自分のために学ぶクラス(こちらは一般の方対象です)

 

があります。

 

お問い合わせ

 

 

 

 

■わたしがわたしのセラピストになる

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

noteで、夫婦の日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

今日は晴れやかな空。

日差しも柔らかく、心地良い風も吹いて、

なんだか過ごしやすい日です♪

 

みなさんのお住いの空はどんな感じですか?

 

 

 

最近、ここ1年、1年半くらいセッションを受け続けてくださっている方たちが

少しずつ自分の力を取り戻していかれる姿を見せてくれています。

 

自分の心からやりたいことを声に出してチャレンジしていたり、

 

心に余白ができたことで、大切な家族のことを思いやり、

愛ある眼差しを向けることができていたり、

 

気持ちが落ち着いてきて、セラピストの資格を取ろうと頑張り始めていたり、

 

少しずつ前に進み始めている姿を見ると

なんだかとっても嬉しくなります。
 

 

私たちが自分自身と、そして身体と繋がり始めると、

内なる気づきや愛が、私たちの生命を息づかせてきます。

 

それは自然に、

わからないくらいにゆっくりと、

 

でも確実に。

 

 

 

生命の息吹は、その人のエネルギーをとてもピュアに

それでいて意志があって、その人のパワーを感じさせてくれます。

 

 

 

 

さて今日もブリッジングイヤーコースのご報告。

第5回BYCのセラピストコース(土曜クラス)は『セッションの進め方』の学びでした。

 

今回は、『セッションで大切なこと』や、

『セラピストとしてセッションを始める前に大切なこと』、

『セラピストの素養』などをお話しさせていただきました。

 

また最後には、『心を整えるブレスメディテーション(呼吸瞑想)』もしました。

 

 

もちろん私もセラピストとしてまだまだ発展途上なのですが、

その中でも心がけていることなどをシェアさせていただきました。

 

 

 

ブリッジングイヤーコースにご参加いただいている加藤直美さん

ブログに講座の感想などを書いてくださっていたので、

感想の一部をご紹介させていただきますね。

 

毎回、心理教育に関する学びを准さんの経験を交えて

伝えいただき「心の仕組み」に理解が深まります。

今までポリベーガル理論・トラウマ・愛着障害など学びました。
心のことは多くの方に関りがあり、無関係ではありません。


そのことを知ると自分への理解も深まり、
自分自身に優しくなれて、
他人に寛容な気持ちが湧いてきます。
みんな、健気に生きてるなと思います。

将来的には道徳の授業に導入して欲しいくらいです。

講座では毎回、自分自身と繋がるワークも挟んで
心と身体がリセットされます。
シンプルですが、効果がありおもしろいです。

 

 

加藤直美さんは、仙台で活動されている心理セラピスト。

 

ボディワーカーであり、フェルデンクライスメソッドを受けていたりと、

こころとからだをつなぐことをとても大切にしていて、

 

内側にある静けさに気づき、自分とつながるワークショップを開催したりと、精力的に活動されています。

 

ぜひ続きはこちらのブログから読んでみてくださいね♪

心理セラピスト加藤 直美さん unlean

 

 

 

 

 

そして、もう一人セラピストとして活動をされている方からもこんな感想をいただきました。

 

最後にやった呼吸瞑想、とても良かったです。 ありがとうございました。 

動画を聞きながら、またやってみてもいいですよね。

 

これまでのクラスで、リソース、症例、トラウマ、愛着のことを学んでいたので、わかりやすかったです。 

 

私の気づきとしては、 オンラインセッションだと、

対面よりもクライアントさんの観察が落ちるのではないかという思いから、

クライアントさんの顔をじっと見てたように思います。

経験値が少ないことも理由としてはあります。周辺視野で見るというのを、心がけたいと思いました。

 

 

 

この講座をするというのも私にとっては、

とっても大切なライフワーク。

 

けっこう準備もあって、大変なこともあるのですが、

少しでも学びや気づきになり、

 

『その人の心が柔らかくなる』

 

 

また『その人らしさを取り戻す』、

そんなセッションを提供できるお手伝いができたらと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から

 

 

 


 

 

ブリッジングイヤーコースにご興味がありましたら、こちらをご覧くださいね。

 

このブリッジングイヤーコースは、セラピスト未満の方がセラピストとして活躍するための1年間コースです。

 

今までいろいろなセラピー手法を学び心理学の学んできた方が、実際にセラピストとして活動するための橋渡しとなる学びを提供していきます。

 

神経生理学的、心理的、身体的側面からの学びだけでなく、スピリチュアリティ(精神性)な視点からも、学んでいきます。

 

セラピスト希望の方は、クライアントさんの状態をいくつもの側面から把握し、一人ひとりに合わせたオーダーメイドセッションで、生命が回復していくセッションを目指していきます

 

具体的にケーススタディもお話ししながら、ホーリスティックな視点を持ってセッションをすることをお伝えしています。

 

 

このブリッジングイヤーコースとセッションを受けていただいている方々から、『学びとの癒しの相乗効果があって本当に良かった! 癒しの助けになっている』とそんな声も頂いております。

 

 

 

来年もし開催されるなら受けたい!と言ってくださる方がいらっしゃって、

もしご興味がありましたら、こちらのフォームにてお知らせくださいませ。

 

クラスは、①<セラピスト未満からセラピストへ>セラピストコース

     ②自分のために学ぶクラス(こちらは一般の方対象です)

 

があります。

 

お問い合わせ

 

 

 

 

■わたしがわたしのセラピストになる

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

noteで、夫婦の日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

 

高松は今日も良い天気で、

半袖がちょうどいいくらいの暑さ。

 

東北や関東の方は雨が降っているようで、

半袖姿をびっくりされました(笑)

 

 

同じつながっている空の下で、

違う天気を経験し、共有していく。

 

 

何となく当たり前のことなんだけれど、

 

遠くの人とオンラインを通して、

繋がり、顔を見合わせ、笑い、気持ちを通わせる

 

とても当たり前のような、何でもないことのようなことだけれど、

 

それがとてつもなく大切なことなんだなと

しみじみと感じています。

 

 

 

 

 

 

さて昨日は、第5回のブリッジングイヤーコース平日クラスの日でした。

 

平日クラスは『自分のために学ぶ』クラスですので、

今回は自律神経系を整える『調整ワーク』の学びを深めていきました。

  

 

 

自分の心と体が心地よく感じられる領域、

 

つまり、

 

安心したり、リラックスしたり、ホッとしたり、緩んだり、

心地よく楽しんだりすることのできる領域を広げていくために、

 

 

過覚醒になって

緊張してドキドキしたり、

イライラしたり、不安になったりした時や

頭がぐるぐるしていたり、気が動転しそうになった時、

 

 

低覚醒になって、

手が冷たくなったり、クラクラっとした時、

ぼんやりとしてしまったり、ふわふわして体から抜け出たようになったり、

 

感情が感じられないくらいに、心が閉じてしまっているようになった時、

 

 

 

どのようにして、その状態を調整していきますか. . .というお話です。

 

 

 

私のセッションでさせていただいている調整ワークをご紹介したり、

『今ここ』の気づきに戻るシンプルワーク

大いなる私(SELF)を感じるブレスメディテーションワーク(呼吸瞑想)をしたりと

今回はワークをしっかりめ♪

 

 

 

セッションも受けていただき、講座も受けていただいている受講生さんから、

下記のようなとてもありがたいメッセージをいただきました。

 

ご了承をいただいたので、ご紹介させていただきますね♪

 

 

 

准さん、
昨日はありがとうございました。

低覚醒、過覚醒、乖離などについて解っているようで分かっていないことも多く、とても勉強になりました。
また、自分への理解もさらに深まった気がしています。


乖離したりする事が悪いことではなく、最適な領域に戻る感覚を覚えていくことが大切、というお話、すごく納得しましたし附に落ちました✨✨

そして過去に私は、かなり慢性的に乖離していたのかな?と思いました。
慢性的な胃腸の不調や、緊張しやすさなど身体症状があるので、、


身体が緊張しやすいのが嫌で、早く緊張しずらくなりたいと思い、セッションでもくりかえしテーマにしてきましたが、身体の防衛反応であり、何も悪いことでも恥じることでもないこと、やっと本当の意味で理解できた様な気持ちがしました。


准さんは前から、そう言って下さっていたのに、自分で受けいれられなかったんだなと分かりました 笑


とはいえ、緊張しやすかったり、疲れやすかったりが急に変わる訳ではないと思いますが、少し気楽になれそうです😊✨


またセッションで准さんがして下さっていた事も、改めて理解できた気がします✨

いつも深い学びを本当にありがとうございます💕✨✨

 

 

 

 

 

自律神経系の状態を知ることは、

『自分のことを知る』ということ。

 

自分の心地よい領域を知ることは、

自分の中にホームグラウンドを作るということ。

 

そして自分の心地よい領域を広げることは、

ストレスに対して『しなやかに調整できる能力を育てる』ということ。

 

 

 

それはつまり、

 

自分の内側に『安心できる場所』があって、

どうすれば『自分が安心できるかを知って』いて

それを『自分にする』ことができるということ。

 

それって、けっこうすごいことなんです♪

(だって、わかっていてもできないことっていっぱいあるから)

 

 

 

 

そうやって体と心との繋がりを深めていくにつれて、

 

自分が『安心して自分で居られる』ように、

 

今ここ』にくつろぎ、

自分であること』にくつろぎ、

 

 

自分らしく生きること』が自然になっていきます♪


 

 

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から

 

 

 


 

 

ブリッジングイヤーコースにご興味がありましたら、こちらをご覧くださいね。

 

このブリッジングイヤーコースは、セラピスト未満の方がセラピストとして活躍するための1年間コースです。

 

今までいろいろなセラピー手法を学び心理学の学んできた方が、実際にセラピストとして活動するための橋渡しとなる学びを提供していきます。

 

神経生理学的、心理的、身体的側面からの学びだけでなく、スピリチュアリティ(精神性)な視点からも、学んでいきます。

 

セラピスト希望の方は、クライアントさんの状態をいくつもの側面から把握し、一人ひとりに合わせたオーダーメイドセッションで、生命が回復していくセッションを目指していきます

 

具体的にケーススタディもお話ししながら、ホーリスティックな視点を持ってセッションをすることをお伝えしています。

 

 

このブリッジングイヤーコースとセッションを受けていただいている方々から、『学びとの癒しの相乗効果があって本当に良かった! 癒しの助けになっている』とそんな声も頂いております。

 

 

 

来年もし開催されるなら受けたい!と言ってくださる方がいらっしゃって、

もしご興味がありましたら、こちらのフォームにてお知らせくださいませ。

 

クラスは、①<セラピスト未満からセラピストへ>セラピストコース

     ②自分のために学ぶクラス(こちらは一般の方対象です)

 

があります。

 

お問い合わせ

 

 

 

 

■わたしがわたしのセラピストになる

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

noteで、夫婦の日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

 

最近、朝一番にヨガをする習慣ができてました。

 

youtubeでお気に入りのインストラクターさんのを見ながら

 

たった10〜20分なのですが、

これがとても心にも体にもいい感じなのです。

 

 

今までヨガは合わない、、頭がふらっとなると思っていたのですが、

合うものを見つけられて、毎朝の楽しみになっています。

 

 

 

 

 

さてさて今回は、5月のブリッジングイヤーコースのご報告からです。

(いつも1か月遅れ、、、)

 

第4回目のブリッジングイヤーコースは、

愛着スタイルから見るアプローチ』というテーマで、

 

人との深い絆を育むベースとなる『愛着』のことを学んでいきました。

 

 


赤ちゃんのかわいいらしい足♡

 

 

私たちが安心や安全を感じているとき、

 

また人を愛し、愛する人に愛され、

見守れている安心感に満たされているとき、

 

私たちは、相手との深い繋がりで結ばれています。

 

 

こうした安心感や深い繋がりは

いつどうやって私たちの中で築かれていくのでしょうか?

 

  

 

そんなことをまず『愛着のサイクル』から学んでいきました。

 



 

 

私たちが人を深く愛するとき、また人と深い繋がりを感じるとき、

私たちはワンネスを体験している、

 

そんな風に感じています。

 

私たちがこんなにも人と繋がりたいと感じ、それを求めるのは、

本能的にひとつ(ワンネス)であったときの安心感や満たされた感じを

体や魂のどこかで覚えているからなのかなと思います。

 

 

 

しかしながら、

愛着の傷は、人を愛すること、人と繋がること、絆を育むことをとても不器用にさせます。

 

 

本能的に、愛を求めながらも

人とのつながりに、恐れを見出したり、不安になったり、逃げたくなったり。

 

また自分を見失うような感じを覚えたり、危険を感じるような人もいるでしょう。

 

 

それは幼少期の神経系に刻み込まれた防衛反応なのだけれども、

それが大人になっても繰り返されている、、、

 

そんなことに気がついている人は

もしかしたら少ないかもしれません。

 

 

 

もうちょっとだけ詳しくお話ししますね。

  

 

 

愛着とは、

 

人と人との絆を育むベース』となるものです。

 

また私たちの気持ちが緩んだり、

ホッとくつろいだりすることのできる『安心感や安全感の源』でもあります。

 

     

私たちは、幼少期の親との愛着の関わりの中で、愛着パターンを作っていきます。

 

 

 

養育者(親)との間に安定的な愛着関係が築かれていくと、

 

私たちに『愛されている』とか、『見守られている』安心感を感じさせてくれ、

 

 

 

大人になってからは、

 

『人を愛すること、人に愛されること』

『人を信頼すること、人に信頼されること』

『自分を信じること、自分を信じてもらうこと』を容易にし、

 

前向きで健康的な人間関係のベースを作ってくれます。

 

 

 

 

しかしながら、

 

何らかの理由で養育者と安定的な愛着関係を築くことができなかった子どもたちは、

不安定な愛着パターンを形成していきます。

 

 

それが大人になっていくプロセスで修復されずに定着した愛着タイプを

不安定型愛着スタイルと言います。

 

 

不安定型愛着スタイルには3つあって、

 

人との距離を作ることで自分を守ろうとする『回避型』や

 

「人に受け入れられたい」気持ちが強く、

過剰に人の顔色を見て気を使い、見捨てられ不安が強い『不安型』、

 

 

繋がりたいけど、逃げたい、、

愛情と憎しみといったような、混乱した感情が入り混じる『無秩序型』など。

 

 

 

愛着のつまづきは、私たちの人格形成、身体感覚、神経系の形成に、

そして人間関係にものすごく影響を与えていきます。

 

 

 

 

*~*~*     *~*~*     *~*~*     *~*~*     *~*~*     *~*~*     *~*~*     *~*~*

 

 

 

私は、不安定型の愛着スタイルを持つ人たちのことを、

 

愛着の傷やつまづきがあり、

人を愛すること、絆を育むことに不器用になってしまった人たち

 

と捉えています。

 

 

というのも、

その不器用さは、私たち自身のことであり、

 

もっと身近に、

そしてもっと優しく見ていきたいから。

 

 

(不安定型愛着は約3〜4割と言われています。

  10人いれば3〜4人は不安定型愛着なんですよね)

 

 

 

 

人を愛すること、人に愛されること、人と繋がること』に不器用になってしまって、

 

人を信じられなくなったり、

 

本能的に愛を求め、愛されたいのに、

その気持ちとは裏腹なことを言ってしまったり、

 

(拒否されたりするのではと感じて)怖くなって身を引いてしまったり、、、

 

「一人が一番楽だ」と孤独になることで自分を守ろうする、、、

 

そんな風にしてしまう人たち。


 

 

そういう不器用な愛着スタイルを持つ人たちを神経的、身体心理的な背景から学び、

自分たちにも当てはめながら、理解を深めていく、そんな講座となりました。

 

 

 

 

 

受講生の声

<感想>

 

愛着に関する何らかを大小の差はあっても、みんなが抱えているのかなと感じました。

話を聞いていて、、小さな頃の自分が愛おしい感じがしました。

 

 

自分に対しても、周りの方に対しても、その背景に様々な愛着スタイルがある。それを感じる。

それはとても暖かなことだなぁ、愛があるなぁと感じています。

セラピストのホールド感にもつながるんだろうなと思います。

 

 

愛着について、不安型、回避型、etcいろいろあることを知るのは、興味深いです。

今までは、ただ愛着が関係してるというくらいしか知らなかったけれど、こんな風に幾つかの特徴があるのを知れるのは、愛着で悩んでる人には、助けになるような気がします。

またこうした学びから、悩みがある方は自分を理解できるし、自分を責めずに済むかもしれないし、さらにはそれを理解してくれるセラピストさんと一緒に、何かしら解決を目指していけるということや何に解決策もないわけではないことも感じられました。

 

 

(愛着スタイルの中には)こんな苦しい方がいるんだなということを理解しました。

それをわかっているのといないのとでは、人に向けるまなざしがわかるように感じます。

そんな優しい学びになりました。

 

 

理解(すること、そのもの)が、セラピーだと感じます。

 

毎回わかりやすく、自分のこれまでの行動パターンが、愛着スタイルにより読み解けた気がします。

親しくなるとわざと嫌われるようなことをしたり。(私は愛を受け取るに値しない)

ようやく無意識の行動パターンから解放されたようです。

 

 

 

 

 

愛着スタイルを学ぶと、自分が知らず知らずにやっていた行動パターンがわかったりします。

例えば親しくなるとわざと嫌われるようなことをしたり。

 

そういったことも、神経系に刻まれる愛着の防衛パターンだったと知ると、

 

自分を責めるのではなく、

自分を理解するまなざしへと変わっていきます。

 

 

そうした気づき優しい理解という愛のまなざしが

何かしらの変化のエネルギーとなり、

 

無意識の行動パターンから解放され、

新しい行動へと促されていくことでしょう。

 

 

それは、自分と深く繋がり、人と暖かい繋がりを広げていく

一歩となってくれることと思います。

 

 

 

あなたの愛が広がっていきますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から

 

 

 


 

 

ブリッジングイヤーコースにご興味がありましたら、こちらをご覧くださいね。

 

このブリッジングイヤーコースは、セラピスト未満の方がセラピストとして活躍するための1年間コースです。

 

今までいろいろなセラピー手法を学び心理学の学んできた方が、実際にセラピストとして活動するための橋渡しとなる学びを提供していきます。

 

神経生理学的、心理的、身体的側面からの学びだけでなく、スピリチュアリティ(精神性)な視点からも、学んでいきます。

 

セラピスト希望の方は、クライアントさんの状態をいくつもの側面から把握し、一人ひとりに合わせたオーダーメイドセッションで、生命が回復していくセッションを目指していきます

 

具体的にケーススタディもお話ししながら、ホーリスティックな視点を持ってセッションをすることをお伝えしています。

 

 

このブリッジングイヤーコースとセッションを受けていただいている方々から、『学びとの癒しの相乗効果があって本当に良かった! 癒しの助けになっている』とそんな声も頂いております。

 

 

 

来年もし開催されるなら受けたい!と言ってくださる方がいらっしゃって、

もしご興味がありましたら、こちらのフォームにてお知らせくださいませ。

 

クラスは、①<セラピスト未満からセラピストへ>セラピストコース

     ②自分のために学ぶクラス(こちらは一般の方対象です)

 

があります。

 

お問い合わせ

 

 

 

 

■わたしがわたしのセラピストになる

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

noteで、夫婦の日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。 

  

今日はかなり大雨が降っています。

明日も雨が続きそうですね。

 

こんな日はきっと内に意識が向きやすい日。

ゆったりとあなたの好きな温かい飲み物を飲んだりして、

自分の気持ちをご機嫌にしてあげてくださいね。

     

 

さて昨日の夜は、久しぶりのベルコーカルチャースクールでの心理学講座の日でした♪
 

人数制限もさせていただき、今回は10人の方にご参加いただきました。


   
     
久しぶりということで、

何をテーマにしようかと3つくらい考えたのですが、


自粛措置明けの講座ということもあり、

『コロナ禍で陥りやすい心身の状態』を

 

ポリベーガル理論の神経系のお話をベースにさせていただきました。
 

コロナのことが始まって以来、私たちは、



一人の時間が取れないストレスや、

外出制限のストレス(外食できないなど)、

友人と遊んだり、触れ合ったりすることが出来ないストレス、

 

はたまたいつも消毒やマスクに気を使わなくてはいけないストレスがあったり、

 

新ことに順応していかなくてはいけないストレスなどを

 

一気に感じていたと思います。


そういったストレスで神経系に溜まった疲れを、


つながりの神経系を働かせることで、

安心や安全を感じて心を落ち着かせていき、


さらにお互いのつながりを感じて、免疫系を高めていくワークをしていきました。
  
  
まずはゆっくりと呼吸をしながら、腎臓に触れて、手の温かみを感じる。
そして相手の腎臓にエアーでエネルギーを送る
  
静かな落ち着きの中で、自分の体と対話をします。
  
  
そのあとは、
  
神経系を整える5つのエクササイズをしながら、みんなで一緒の
動作になるよう、ゲーム感覚でワークしていきました。


  

  ワークはこちらからのを参考にして、オリジナルにゲーム感覚にしてみました。

 


みんなの動作を見たりして、喜んだり、笑ったり、あれ?となったりしながら、
場のつながりを感じて、愛情のホルモンであるオキシトシンの分泌を促し、
免疫系の働きを高められたかな♪
     
心地よいエネルギー放出もありながら、
  
久しぶりの講座は進んでいき、


みんなの気持ちが広がり、オープンハートな優しいつながりの場ができたかなと思います♪
   
  
   
私も久しぶりのお顔をリアルで拝見できて、本当に嬉しかったです。
   

 

相手の心地よいエネルギーを感じること、

生命力を感じること、 

  

それはまさしく喜びだなと感じます。

  

 

 

 

 


 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から

 

 

 

 

 

 

 

■わたしがわたしのセラピストになる

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

noteで、夫婦の日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの輝きを取り戻すセッション