BMIと運動は妊孕性に影響する | 松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ

生殖医療に関する正しい知識を提供します。主に英語の論文をわかりやすく日本語で紹介します。

本論文は、BMI、運動、座位時間が妊孕性(妊娠できる力)に影響するか否かを検討したものです。

 

Hum Reprod 2020; 35: 676(オーストラリア)doi: 10.1093/humrep/dez300

要約:2000年22〜27歳の女性14,247名を登録し、以降3年毎に健康状態を調査しました(ALSWHスタディ)。2015年の調査で、BMI、運動、座位時間と妊孕性との関連を検討しました(6,130名)。なお、BMIは4段階で評価し(痩せ〜18.5、標準18.5〜25、過体重25〜30、肥満30〜)、運動強度は代謝相当仕事量(Metabolic Equivalent Task: MET)を4段階で評価し(MET 0〜33.3、33.3〜500、500〜1000、1000〜)、座位時間は1日あたりの時間として3段階で評価(MET 0〜4.5時間、4.5〜8時間、8時間〜)しました。妊孕性に問題があった方(不妊症)は944名(15.4%)おられました。各種交絡因子を補正したところ、肥満(BMI30〜)の方は1.36倍不妊症が有意に増加、高運動強度(MET 1000〜)の方は0.82倍不妊症が有意に減少しました。最も不妊症率が増加したのは、肥満かつ運動しない方でした。逆に最も不妊症率が低下したのは、BMI<25かつMET1000〜の方でした。また、座位時間は不妊症との関連を認めませんでした。

 

解説:BMIが高い方は妊孕性に悪影響であること、長時間座っていたり運動しないと心血管疾患や癌などのリスクが高まることが知られています。本論文は、BMI、運動、座位時間が妊孕性に影響するか否かを検討したものであり、BMIと運動は妊孕性に影響し、座位時間は影響しないことをしめしています。BMI<25に保ち運動することが推奨されます。本論文では、肥満の方は運動しても妊孕性が改善しないと述べていますので、運動して痩せることが肝心だと思います。

 

下記の記事を参照してください。

2020.4.25「ART治療における体重減少の影響は?

2020.1.17「PCOSにおけるBMIと凍結胚移植の成績:後方視的検討

2019.12.28「減量後の妊娠成績:2年間追跡調査

2019.9.4「太ると卵子が悪くなる理由

2019.6.10「☆不妊原因と子供の健康について その2:夫婦の体重

2019.3.3「肥満の方の採卵時合併症は?

2018.11.26「☆アジア人の肥満と妊娠までの期間

2018.10.4「☆体外受精を行うなら、肥満女性は痩せる必要はない?

2017.11.26「BMIは凍結融解胚移植の妊娠率に影響するか?

2017.9.13「肥満女性におけるライフスタイル改善の効果 その4:メタアナリシス」メタアナリシス

2017.7.26「肥満女性におけるライフスタイル改善の効果 その3:費用対効果」前方視的検討

2016.12.26「妊娠前のBMIが妊娠率や妊娠予後に及ぼす影響

2016.12.17「肥満女性におけるライフスタイル改善の効果 その2」前方視的検討

2016.12.14「☆肥満女性におけるライフスタイル改善の効果 その1」前方視的検討

2016.10.27「短期集中型の減量作戦の効果

2016.6.9「肥満と子宮内膜機能低下の関係

2016.4.10「太ると妊娠率が低下します

2015.11.20「☆肥満と不妊:米国生殖医学会の公式見解

2015.9.7「両親の肥満が胚へ及ぼす影響

2015.1.25「太った方の卵子は代謝異常で小さい」

2014.12.24「太ると精子が悪くなる

2014.1.3「☆太ると着床率も低下する?
2013.11.21「☆痩せると卵子の質が良くなる!?」

2013.7.9「☆減量手術をするとホルモン値が改善します
2013.6.28「太るとAMHが低下する?」
2013.6.7「ARTの妊娠率に与える男女のBMIの影響」

2013.2.2「BMIが高いと精子の状態が悪くなる」

2013.1.21「代謝が悪いと卵と胚の質が低下する」

2012.12.5「男性のBMIも妊娠に影響」
2012.12.3「BMI 35以上は異常卵が増加」
2012.10.30「BMIと妊娠」

2012.10.25「妊娠と体重の関係」