松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ

松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ

生殖医療に関する正しい知識を提供します。主に英語の論文をわかりやすく日本語で紹介します。

私は、1988年大学卒業以来、生殖医療ひとすじで、大学病院勤務、米国留学、ARTクリニック勤務をして参りました。生殖医療専門医として、少しでも生殖医療に貢献できればと考えてこのブログを始めました。
近年のネット社会では、極めて沢山の情報が氾濫していますが、間違った情報も多く見受けられます。一般の方には正しい情報と間違った情報を区別することは不可能ですので、正しい情報をお伝えすることで、多くの方に赤ちゃんを授かって欲しいと思いブログを始めました。ブログは生殖医療に関係する知識や情報を、主に英語の論文などのデータに基づいてお届けしています。最新の英語の論文は日本語ではどこにも掲載されていない情報が満載です。「いち早く」「正確な情報」をお届けしたいと思います。
妊娠を目指すには良い精子と良い卵子の両方が必要です。どちらかが欠けてもいけません。目標に向けて夫婦で一緒に協力することが大切だと思います。ぜひ、ご夫婦で読んで欲しいと思います。

テーマ一覧
ブログ
教育:性教育のあり方はどうあるべきか
雑感:医療と関係ない話もありますが、最も私のメッセージが込められたものです
一般妊娠治療:タイミング治療や人工授精など、まずはここから読んでみて下さい
タバコ:男女とも妊娠率が低下します
精子:男性に是非読んで欲しいです
有機溶剤
妊娠に向けたライフスタイル:女性に是非読んで欲しいです(これから妊娠される方にも、妊娠された方にもお勧めです)
流産、切迫流産、不育症
環境汚染物質
AMH、卵巣予備能:未婚の方に是非読んで欲しいです
BMI:太りすぎは男女とも妊娠にはよくありません
ダイエット:私の個人的なダイエット作戦です
卵胞
心理的要因:心のケア、とても大切です
ART治療(体外受精・顕微授精):最新の情報をお届けします
ビタミンD:最近のトピックです
世界の体外受精:人種や宗教などお国柄いろいろありますね
リプロダクションクリニック:クリニック情報はこちら
新しい治療の可能性 :将来の展望です
妊娠中に気をつけること:妊娠された方はこちらをご覧ください
子宮内膜症
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
ウイルス性疾患と妊娠:風疹やインフルエンザ情報はこちら!
TESE
ピル

☆マークのついているものは、特にお勧めの記事ですので、最初はそこから見ていくのがよいと思います。


読者からの質問には可能な限りお答えしたいと考え、アメンバー限定記事で回答を公開しています。アメンバーの登録は、左上のカラムの「アメンバーになる」をクリックしてください。質問は「コメント」あるいは「メッセージ」から受け付けています。人物が特定されないよう、記述内容にはアレンジを加えています。現在のところ、回答まで3ヶ月を要しています。お急ぎの場合は「リプロダクションクリニック」の受診をお願い致します。

男性と女性の最先端の治療が同時にできる生殖医療専門クリニックとして、
2013年9月 グランフロント大阪南館15階に「リプロダクションクリニック大阪」を開院し、
2017年3月 汐留シティーセンター3階に「リプロダクションクリニック東京」を開院いたしました。
私の知識と経験を活かした診療を受けることができるようになっています。遠方からの通院も可能ですので、ぜひ一度来院ください。

本論文は、男性不妊でない場合の体外受精と顕微授精は、採卵あたりの累積出産率も流産率も変わらないことを示しています。

 

Fertil Steril 2022; 118: 465(米国)doi: 10.1016/j.fertnstert.2022.06.009

Fertil Steril 2022; 118: 473(米国)コメント doi: 10.1016/j.fertnstert.2022.07.016

要約:2014〜2015年自己卵による初回採卵を実施した男性不妊でない場合の46967周期を対象に、新鮮胚移植と凍結胚移植を含めた採卵あたりの累積出産率、流産率をSARTデータを用い体外受精と顕微授精別の比較を後方視的に行いました。結果は下記の通り、交絡因子で補正後、全ての項目で有意差を認めませんでした。

 

PGT実施        顕微授精   体外受精  オッズ比(信頼区間)

採卵あたりの累積出産率   60.9%   64.3%   0.99(0.99〜1.00)

流産率           11.3%    11.8%   1.00(0.94〜1.06)

 

PGT実施         顕微授精   体外受精  オッズ比(信頼区間)

採卵あたりの累積出産率   64.7%   69.0%   0.97(0.93〜1.01)

流産率           9.0%    10.2%   0.95(0.72〜1.24)

 

解説:1992年にPalermoらにより初めて顕微授精(ICSI)が行われました。その後瞬く間に顕微授精の実施数が増加し、米国では1996年に36.4%実施されていた顕微授精が、2012年には76.2%にまで達しています。当初は男性因子の方のみに実施されていた顕微授精ですが、最近は男性因子がない方にも多用されるようになりました。男性因子がない方の顕微授精については、米国生殖医学会(ASRM)をはじめ、最近の論文では否定的な見解です。本論文は、男性不妊でない場合の体外受精と顕微授精は、採卵あたりの累積出産率も流産率も変わらないことを示しています。顕微授精では費用も嵩みますので、必要な時に実施するというスタンスが望ましいとしています。

 

さらに興味深いことに、本論文はPGTを実施しても累積出産率と流産率はほとんど変わらないことを示しています(累積出産率で4%前後の改善、流産率で2%前後の改善)。日本産科婦人科学会のPGT説明ビデオでも紹介されているように、初回採卵からPGTを実施するメリットはありません

 

コメントでは、体外受精実施の際に民間保険の加入を必須としていない州では、パッケージ料金の制度がとられていることが多く、その場合は顕微授精を実施しても料金は上がらないので、全米で全ての施設が同一条件条件で顕微授精を実施しているとは限らないとしています。

 

下記の記事を参照してください。

2022.3.9「☆顕微授精の是非:紙面上バトル

2020.11.14「男性不妊でない方に顕微授精は?

2020.9.7「☆男性因子がない方の顕微授精:ASRMの見解

2020.5.23「☆男性因子がない方の顕微授精は?

2020.4.27「男性不妊でない38歳以上女性の受精方法

2018.7.18「非男性因子に顕微授精は有効か?

 

リプロダクションクリニック 東京公式ブログの下記の記事も参照してください。

2020.5.8「体外受精(IVF)と顕微授精(ICSI)は、どちらが"確率"が高いか(生殖医療解説シリーズ15)