見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


NEW !
テーマ:
本日3本目。

前記事、かなり書き加えていきました。
お時間のある方は、是非。



海外解説って、癒されますね照れ


このSBS解説も、
もちろん結弦くん大絶賛の嵐爆  笑クラッカー

ていうかもう、結弦くんのことは、
人外扱いするのが世界標準みたいだね爆  笑


圧倒的過ぎて
比べるものがいないということを、
こんな風に表現してもらえる、
素敵だね照れクラッカー

もひとつ注目すべきは、15:00頃。

両頬に日の丸をペインティングした白人女性が映ります。





ヘルシンキでもロシアでも、
日本から大量の女性ファンが押し寄せたという報道がなされている訳だけど、

実際には、
結弦くんを一目見ようと、
世界中から、老若男女が集まってきていた。

そこんとこ、なかなか、メディアは報じてくれないんだよね~ショック

この動画にももちろん、客席には無数の日の丸、結弦バナ―が映りますが、

その日の丸だって、
掲げているのは異国のファンかもしれない。

東洋人っぽく見えても、日本人じゃないかもしれない。

結弦くんは、世界に愛されているおねがいニコニコラブラブ照れ


SPではヴォロノフくんが、
翌日には女の子たちが、
演技が終わった結弦くんのところに真っ先に駆け寄り、プレゼントを渡して抱き付いた映像は、世界中に流れました。


本来のお役目を放棄させるほどの憧れ

何が何でも、言葉をかけ、その身体に触れたくなるほどの敬愛。


フィギュアスケートの国際試合で、
こんなハプニングって、結弦くん以外には、聞いたことがない。

結弦くんも、去年と違って、
「子どもたちの気持ちを受け取れば、
 その子たちは満足し、本来の役割に戻っていく」ってことが分かっていたから、躊躇せずに敬愛の情をうけとっていた。
(そして、不公平にならないよう、そっとリンク上に置いてたね。)

・・・それにしても、ヴォロノフくんが贈ったものが手作りのの枝、というのには泣いたよ・・・えーん「春来い」を知ってたんだね・・。


このエピソードは、ついに、
日本のスポーツ紙の一面にドーン!!



スポニチさん、GJ爆  笑

世界の宝は、このように愛されているのだってこと、伝えてくれて、ありがとう照れ音譜


おっとっと、前置きが長くなって失礼しました。動画をどうぞ。


◆オーストリア【SBS解説/英語・日本語字幕付】羽生結弦 GP Rostelecom 2018 SP +6分間練習


彼は意のままに観客を魅了する。

モスクワの観客は完全に彼の魔法にかかった

まさに至高の存在、日本の羽生結弦。

技術的に彼は、他の選手たちとは全く違うレベルにいる。

(今日の試合は)この氷上の天才によって一瞬にして火を灯された。

完璧な4S、
3Aも完全無欠
4T-3Tのコンボも完璧に決めて物凄い高得点を稼いだ。

ヘルシンキで彼が出した世界最高得点を上回るだろう。

(実際に110.53で、記録を更新すると)
Out of this world! 
この世のものじゃない!
ただただセンセーショナル!羽生結弦!


最終結果を見ながら、「素晴らしい滑りを見せた友野一希のことも覚えておいて欲しい」とつけ加えています。


友野くんはインタで、結弦くんと一緒の大会に出たことで、非常に多くのことを学んだとコメントし、結弦くんを「レジェンド」と呼びました。

このことについては、また日を改めてご紹介していきたいと思います。





ランキングボタンにぽちっと投票、お願いしますm(__)m



昨日からの記事
ブライアンのインタ二つ~4Lz、4Aの行方、4Tの笑っちゃうコンボ、時の運・・ほか
ブライアンのインタ追加 / プルさまの衝撃事実
プルさま・・/タラママ&ヤグさん胸熱動画
菊地先生本!女性自身謎/Number966ほか出版情報
女性自身 12/4 号 の記事について
プルさまからお返事♡ / 世界の結弦愛に浸りたい
佐野先生の賞賛記事、産経「品位とは」/ 憧れの力


感謝して、いろいろお借りしています。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請の受付について

NEW !
テーマ:
本日2本目。

表紙、超可愛いニコニコラブラブ音譜爆  笑

◆フィギュア・スケーターズ13 FIGURE SKATERS Vol.13
インロック (2018/12/7)¥ 1,500
※amazon


【内容】
羽生結弦
チャ・ジュンファン他
フィンランド大会 & ロシア大会


先日、表紙が届いた『Memorial 』同様に、

私は内容を高く評価しています。

単に、美しく写真を掲載するだけでなく、
その試合ごとの、結弦くんの成果やエピソードを、
整った日本語でミニマムなボリュームで伝えてくれるから。

そういう意味では、残るべくして残ったシリーズと言えるでしょう。


ポスターブック的な大きい写真を愛でたい方には『スケーターズ』をお勧めしますし、沢山の写真が入ってる写真記録が欲しい方には『メモリアル』です。


◆フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2018 in ロステレコム杯
カンゼン (2018/12/1)¥ 1,404
※amazon


楽しみです照れ照れ爆  笑ラブラブ


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

結弦くんのプルさま愛が詰まったコメントと、
結弦くんをきちんと賞賛した佐野さんの記事、そして
今朝の産経朝刊をご紹介します。


前記事で、ソチの公式練習で、
プルさまと一緒に滑っていることが嬉しくてたまらなくて、
思わず笑みが零れまくり・・・爆  笑って動画をご紹介しましたが、
その時のことを、
「ときめいた瞬間」として答えている動画も切り出していただけました。ありがとうございますおねがい


ソチ五輪のときに、ずっと憧れていたプルシェンコさんと一緒に練習することができたんですね、試合の会場で。



それが僕の今までのスケート人生の中で一番ときめいた瞬間でした。」


サーシャインスタにあげてくれたツーショット、
よくみると、結弦くんの右足が・・・ぐるぐる巻き・・・。



サーシャも・・・

成長していくに従って、

苦しいこと、辛いことに出会うこともあるだろうなと思います。


そんな時、

この大会で見た結弦くんの姿を思い出し、

乗り越えるためのパワーを貰うのだろうな・・・と思うのです。



憧れの力というのは、本当に、大きいのです。



憧れの存在を、

見ただけでも、力になります。


でも、今回は特別だった。


憧れの存在が、絶体絶命の困難に見舞われ、

しかし、負けずに自力で乗り越えていくる姿を、

逐一、目の前で見ていたのだから。


この経験がどれほどの人生の糧となるのか。


サーシャを始めとした、

ロシアの子どもたちに与えたものの大きさは、


https://www.instagram.com/p/BqSwhqYFjkH/


http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20181119002.html

きっと、10年後にまた、

私たちは気づかされることになるでしょう。






サーシャは既に、将来、結弦くんにプログラムを贈りたいと語ったそうですし、
ヤナさんインスタ~ゆらさんの和訳

ヴォロノフくんは、結弦くんに直接、「あなたが目標です」と日本語で伝えたと語っていました。
グッディ!のブログ(11/19)


結弦くんが幼い頃にプルさまに貰った憧れの力で、

ここまで成長してきたように、

今、結弦くんがロシアの子どもたちに、

その憧れをお返ししている・・・。


なんて素敵な循環、そして”継承”なのでしょう!!!

そして・・・・
ここまで熱烈に異国の子どもたちに憧れられた、
それも・・・日本語でメッセージを贈られるほどに憧れられた
日本人アスリートが、
かつて、存在したでしょうか?



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


各局の番組で佐野先生が、
結弦くんの凄さを、とても解りやすくお話くださってたことは、
昨日の記事でもお知らせしましたが、
記事も来ましたね音譜

「3週間の安静」という診断は、
3週間後の試合に出られるという意味じゃないってこと、
ちゃんと書いてくれてるからね!

「3週間の安静」が必要な状態でFS滑ったから、たぶん、足首は悪化してる。だからGPFはまだ、安静期間内。

その状態でも、ロステレで本人も分かったように、痛み止めを使えば「あのくらい」の滑りはできる。
でも、当然、また、壊れる。それでも出る価値があるか?ってことだよね。

『たとえ休養、欠場したとしても、世界中のフィギュア・ファン、羽生ファンは理解してくれることでしょう。』
佐野先生の言葉、全力で結弦くんに捧げます!!


◆佐野稔の4回転トーク 18~19シーズン Vol.⑥   ~ グランプリ・シリーズ「ロシア大会」を振り返って
https://op-ed.jp/sports_news/佐野稔の4回転トーク%E3%80%8018%EF%BD%9E19シーズン%E3%80%80vol-⑥%E3%80%80-%E3%80%80%EF%BD%9E-グ/より

試合後の本人によると「3週間の安静」を要すると診断されていたとのこと。古傷と言うのか、前回の負傷で靭帯が弛んでしまった影響で、思った以上にダメージは深刻でした。

それでも「たどっていくと、自分のスケートのルーツ」と言うくらいロシアは特別な場所。そして「Origin」と題した今シーズンのフリー・スケーティング(FS)のプログラムは、憧れであるエフゲニー・プルシェンコの代表作「ニジンスキーに捧ぐ」の曲を使用。言わばオマージュです。そのプルシェンコの祖国ロシアで開催された大会だったことが、痛み止めを服用してまで強行出場に踏み切った最大の理由でしょう。

(ブログ主注:痛み止めのため、足には感覚がなかったと結弦くんのコメントにありました。そこまで薬を効かせてしまうと、負傷箇所への負担が非常に大きくなり、悪化させます。かなりの覚悟での出場だったのだと思います・・。)

自身初となるグランプリ・シリーズシーズン2連勝日本男子史上最多の10勝目。羽生は新たな勲章を手にすることになりました。

●効果的だった演技の再構成。驚きの3回転ループ

足の状態と相談しながらの、演技構成の練り直しを迫られるなか、本来は最初のジャンプに4回転ループ、ふたつめは4回転サルコゥの予定だったところを、負傷の原因となったループを外して、4回転サルコゥ、4回転トゥ・ループへと、それぞれ基礎点の低いジャンプに変更しました。それでいながら見事な出来栄えによって、13.30、13.84の高得点。FSの技術点が78.25でしたから、最初の2つのジャンプだけで、じつにその1/3以上を稼いだことになります。

前回‘世界初’と大きな話題になった「4回転トゥ・ループ+トリプル・アクセル」も回避しました。あのジャンプ・シークエンスを成功させるには、トゥ・ループを右足で着氷してから、アクセルを踏み切るために左足に乗り換えるときに、前へ進むため右足で思い切り氷を押し出さなくてはなりません。右足首の状態を考えれば、これも賢明な判断だったでしょう。

そうした試行錯誤のなか、後半に組み込んでいた3回転ループをそのまま跳んだことには、驚かされました。その日の朝に、4回転ループで転倒して負傷したのです。当然ループには嫌なイメージが残っていたはず。それでも、いつもと変わらない、加点の付く3回転ループを跳んでいました。

言い方を換えると、それくらい同じループであっても、4回転と3回転とでは、まるで別物のジャンプなのです。1回転増やそうと思えば、それだけ高く速く跳ばなくてはなりません。足に掛かる負担も大きくなります。回転ひとつではありますが、跳ぶ側の感覚からすると、雲泥の差があるのです。

(ブログ主注:テレビでの解説で、同じ種類のジャンプでも、足への負担は、4回転は3回転の3倍くらいだと佐野先生。

私の個人的な想像ですが、敢てループを跳んだのは、ループへの恐怖心や悪いイメージを定着させないため、トラウマとして残さないため・・・かなと思っています。)


 さすがに演技終盤になると、トリプル・アクセルで転倒したり、最後のジャンプがシングル・アクセルになってしまったりと、負傷の影響が色濃く出ていましたが、松葉杖が手放せないあの足の状態で、よくあそこまでの内容に整えたものです。

大会後には、12月7日からの「グランプリ・ファイナル」に向けて「全力で治療する」とのコメントが発表されました。が、いくら昨シーズンの経験があるとはいえ、「3週間の安静」が必要なのであって、全治3週間ではありません。本格的なトレーニングの再開は、さらにそのあとになるのです。

 逆境に置かれたときほど、簡単に引き下がらないあたりは「羽生結弦らしいな」と思いますが、ひとりのフィギュア界の先輩としては、ここで選手寿命を犠牲にするような真似はして欲しくありませんたとえ休養、欠場したとしても、世界中のフィギュア・ファン、羽生ファンは理解してくれることでしょう。


佐野先生、ありがとうございます。

ジャンプ構成を変えるということは、
ジャンプへの軌道(直線か曲線か等も)も変るので、
単なる入れ替えではないことに言及なさる等、


ジャンプ構成の変更というのは、
演技の全体の構成に影響を及ぼす、大きな変更なのだってこと、

そして、

構成を変えて、その後ぶっつけ本番で演技をして、
きちんと演技として成立させられるという対応能力の高さを絶賛し、

ロシア大会で見せたものは、
羽生選手以外にはできないほど難しいことだとわかるように説明してくださいました。

怪我をしたのは気を抜いたため、と発言したコメンテーターに対しても、
はっきりと否定してくださいました。


八木沼さんも「ビビット」で、
「なぜ本番では怪我する選手は滅多にいないのに、練習で選手は怪我をするの?」という質問に対し、

「練習の時は、よりよいジャンプを本番で跳ぶための試行錯誤をしているので、いろいろな跳び方を試している。本番とは違う。練習中は油断のために怪我する、ということではない(ブログ主要約)」という説明をしてくださいました。


今日の産経朝刊に素敵な記事がありました。

『プロフェッショナルの品位』
 特別記者の清水満氏によるものです。




「品位とは、羽生の意…」

「世界のトップを極めてもなお、自らを高めようとし、品位・品格を備えている。愛されるわけである」


日本人の記者にも、きちんと、伝わっているし、理解されている。
(ただ、なかなか記事にされないだけ・・・)


産経新聞社にお礼の電話をしなくっちゃ、って思いました。

◆産経新聞社 記事に対するご意見・ご要望
https://www.sankei.jp/inquiry/articles
読者サービス(東京)
 Eメール:u-service@sankei.co.jp
 電話:0570-046460
 ファクス:03-3279-6342
読者サービス(大阪)
 Eメール:o-dokusha@sankei.co.jp
 電話:06-6633-9066

 ファクス:06-6633-9691
【受付時間】平日9:00~18:00 土曜9:00~17:00 日祝日休み




ランキングボタンにぽちっと投票、お願いしますm(__)m



昨日からの記事
ブライアンのインタ二つ~4Lz、4Aの行方、4Tの笑っちゃうコンボ、時の運・・ほか
ブライアンのインタ追加 / プルさまの衝撃事実
プルさま・・/タラママ&ヤグさん胸熱動画
菊地先生本!女性自身謎/Number966ほか出版情報
女性自身 12/4 号 の記事について
プルさまからお返事♡ / 世界の結弦愛に浸りたい

感謝して、いろいろお借りしています。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請の受付について

NEW !
テーマ:
日本のメディアの記事を読んでると魂が枯れてしまうので、海外からの結弦愛に救いを求めています照れ



これも、見にいきたいなあ!
スペインと宮城の縁って、江戸時代からだもんね。
やっぱり結弦くんって、運命の子だったんだなと、改めて。




あ、これこれ、これもね、何度も思い出してたんだけど、
動画が見つけられなくて。
幸せいっぱいだよね、初めて選手として同じリンクですべったときの笑顔。



ロステレのパンフにも愛が溢れてた・・ラブ




続き
「羽生のロシアでのファンクラブ代表と話した後、ただの選手ファンクラブではなく、ひとつの宗派であるように感じられた。
アレクセイ・ヤグディンは『私は無神論者だが、羽生は神ですね』と言った。羽生に対する愛情は、相容れない2人のライバル、ヤグディンとプルシェンコをも団結させるほど」
「羽生はロシアが好きだと繰り返し語っていた。その愛は真実のようだ。『僕の子供の頃のアイドルはプルシェンコ。彼を見習い、フィギュアスケートをやると決めた。だから僕にとってロシアはいつでも大切な国』」
よかったですね、プル愛もロシア愛も無事届いて照れ
ちなみに今回取材を受けたロシアの羽生さんファンクラブは約2万人のメンバーがいるんだそう。
警備態勢もメッシを迎える並みの準備をしてたって。すげぇ…びっくり
(ここまで、🇯🇵ゆら🇷🇺さんのツイートからお借りしました。)


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


動画見る前に・・・一つだけ、気になってたスケ連小林部長の発言。



「2回良くて、3回もいいのかは私一人では判断できない」というのは、
過去の代表選考の際に、

「全日本欠場の選手をワールド等代表に何度も選出するのは、いかがなものか」という意見があったとか、

現時点で、そのような考えを抱いている人がいる、ということを示唆しているんだろうな。

フィギュアスケートの男子が、クワド無しには世界のトップが狙えない時代になり、怪我も増えてきたことはソチの時に思い知ったはず。
(高橋選手がもし全日本を回避して治療に専念できていれば、ソチまでに怪我はもっと回復していただろうに・・などなど。)

ルール変更があっても、結局、世界の表彰台を狙うには、多種複数回のクワドが不可欠な流れになっていることは、現時点でも明らか。

だとすれば、特に男子フィギュアで、怪我や病気で全日本に出られなくとも、代表に相応しい選手がいれば、代表に指名するという規定は、きちんと生かして運営すべきということは、自明の理。

現時点で既に規定の条件を満たしまくっているにも関わらず、小林部長の口から、このような言葉が出るということは、ほんと、何故なんでしょう・・・(´;ω;`)・・・・。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


あ!でも、こんな素敵な記事もあったんだって!!
平昌前に、TV LIFE「平昌冬季五輪開幕特大号」に書かれたもの。
沢田聡子さんという方の文章です。





゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆






◆2018 CoR SP "Otoñal" Yuzuru Hanyu (OG Channel Commentary: Andrea & Ryan)








(後日、ブログUPしてくださるというので、楽しみにしています。)



おおおおおおお!!!
良かったね!!!!
結弦くんクラッカーラブラブ音譜ベル









ランキングボタンにぽちっと投票、お願いしますm(__)m



昨日からの記事
ブライアンのインタ二つ~4Lz、4Aの行方、4Tの笑っちゃうコンボ、時の運・・ほか
ブライアンのインタ追加 / プルさまの衝撃事実
プルさま・・/タラママ&ヤグさん胸熱動画
菊地先生本!女性自身謎/Number966ほか出版情報
女性自身 12/4 号 の記事について

感謝して、いろいろお借りしています。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧
※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)
※コメントポリシー
※アメンバー申請の受付について

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス