iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。

これの事を書くのは意外に久しぶりだったかも。
ねびです。

最近、大学の最寄り駅からキャンパスまでの4km弱に加え、自宅から少し離れた駅まで片道17kmをチャリ通し始めました。

自転車はB1・MASON。
交通費浮くし、毎朝通学楽しいです。

で、しばらく記事にしておりませんでしたが、B1・MASONはただいまこんな姿になっております。



前回の状態からハンドルとステム、そしてサドルが変わりました。
今日はそのハンドルの話。

実は交換したの去年なんですが…。



Tranz-Xのショートリーチドロップハンドル、JD-RA39Aの400mmです。
先にプジョーの話で書いちゃいましたが、もともとはこっちのハンドルを交換し、余ったスペシャをプジョーにつけ、そのプジョーも買い足したTranz-Xに交換…ってなったものです。



右がスペシャ、左がTranz-Xです。



コンパクトドロップっていうだけあってリーチもドロップもだいぶ控えめ。
ぱぱっと外して取り付けます。

ってあれ、ブレーキワイヤーを張り直すんでハンドルを全切りしたらなんか左右でフレームとの高さが違うぞ…。



歪んでんのかと思ったら、なんのことはない。
ステムがちょっとズレていただけでした。経験不足は大変だ。

んで、この時はスペシャハンドルで使ってた短いステムのままだったのですが、しばらく乗った結果、長くて外したスペシャのステム(100mm?)と組み合わせて使っています。

ショートリーチ化で上体が起きすぎて居心地悪くなっちゃいました。
前は遠すぎて死ぬかと思ってたんだけども。
で、冒頭の姿。


これで下ハンを握るとちょうど良い感じになるんです。
不思議とおしりも17kmだとそんなに痛くならなくなって参りました。
サドル換えたのもあるかな。

最近、チャリ通で以前より乗り込んでますので、もしかするとまたステム変えたくなるかもしれません。


そのへんの話はまたいずれ。


AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ねびです。

一旦完成したつもりのB1・MASONドロップ仕様。

あれから近所を40km程ぐるっと散歩したり、

知人のが通う多摩美術大学・八王子キャンパスの文化祭に行って来たりしました。
多摩美の方は距離にして、自宅から往復で80kmくらい。

本当は往復70kmくらいなんですが、うっかり間違えて神奈川県川崎市麻生区にある「多摩美(たまみ)」という地区に迷い込んだり、

別に行きたくもないのによみうりランドに到着したり、

かなり道に迷った結果、全行程では80km超に。

スマホの類を持ってないので、出発前にGoogle地図を印刷してから行くわけですが、「タマビ」と入力したつもりで検索をかけると、住宅街「たまみ」に到着します。


お腹すいたのでコンビニで休憩してたら、魅惑のニャンニャンワールドが目の前にあったり…。



子猫がいっぱいでした。
しばしほっこり。

休憩の後、再び走り出したらすげー坂。
激坂で有名なよみうりランド周辺を、坂の反対側から登った模様でした。
よみうりランドを通り過ぎたらめちゃめちゃな下り坂。


さらに進んで、ひたすらに長い上り坂がやら、復路では多摩川沿いをひたすら進み続けたりと、バリエーションには富んだルートでした。


それで、自転車についてわかったことが幾つか。。


■サイドミラーは付け方の問題だった
以前の記事でミラーが使えないと書きましたが、あれは私の使い方でいくらか改善できました。

フラットバー仕様ではハンドルの外側に向けて装着していたのですが、ドロップハンドルの末端につけるには、内側に向けて生やしたほうが断然見やすい。

幅の狭いドロハンで、内側につけたら太ももしか映らないんじゃないかと思ってましたが、そうでもありません。

ただし、信号待ちとかでうっかりハンドルを右いっぱいに切るとフレームにミラーが干渉。
いちいちズレます。

そのたびに位置調整が必要なのは厄介。



■腕がツライ
相変わらずハンドル遠く、低い(現状ではサドルとの高低差が8cmくらいあります)ので、長距離乗ると疲れる。
特に多摩美の帰りは右腕が痺れて辛かった…。

これ以上短く、ライズの大きいいステムを探すのは大変なので、アジャスタブルステムでハンドルを上げようかと。

それからドロップハンドルそのもの。
今現在はグリップ位置の遠さを補うために、レバーをかなりシャクった状態でつけています。
無理やりショートリーチ化してるわけで…。

ブレーキレバーの引き代が大きく取れるので、どうしても作動域の小さいVブレーキ+Vブレーキローターの組み合わせには良い面もあるんですが、下ハンを握った時にレバーが遠すぎる。

おもいっきり指を伸ばしてどうにか操作可能なのでだましだまし使ってましたが、デュアルコントロールレバーなのに下ハンを握ってのシフトダウンは困難です。
アナトミックシャローのショートリーチに変えたいなこれ…。







ただ、一箇所変えると色々変わるのが自転車…。
大雑把にくくると「ポジション問題」なのですが、

・ブレーキの効きと絡んだレバーの引き代の大きさ
・ハンドルの遠さ・低さに起因するっぽい腕の辛さ
・レバーの遠さ

簡単に見積もっても3つの問題が絡んでいます。
とりまステムでハンドルを上げてみよう。


■サドル、いいかも。
出発するにあたって交換した700円のVELO・VL-1356。
ママチャリ黒FUJI号につけて以来、気に入っちゃったので一つ買い足しました。

前回買ったものは表皮がエナメルでしたが、今回は普通のレザーっぽい表皮です。
エナメルは劣化しそうだからなぁ…。
ボロボロになったら張替えにチャレンジだ。

今回も白です。
MASONはモノトーンだからまぁいいかと思いましたが、目に入りやすいサドルが白いと結構でかく見える。
バーテープの黒いハンドルが目立たないので強烈な存在感です。
特にブランド名とか何も入ってなく、てただ真っ白なので、余裕ができたら染めQで柄でも入れてみようかしらと。

安売りのカゴにあった普通っぽい表皮のサドルが白しかなかったんですよね…。
本当は黒が良かったんですが。

ちなみに今、エナメル表皮の奴はライト治すところまで記事を書いた赤ママチャリについてます。


クッションの多い肉厚サドルなので相応に重い。
ただ、ずーっと悩まされていた尻痛が解消しました。

もしかすると、今後考えているステムやハンドルの変更で、また痛みが出たり、あるいは以前のサドルでも問題なかったりするかもしれんのですが…そこはちょっと様子見ですね。

完成車のバランスを崩して作っているドロップMTBなんで、そのへんは覚悟のうえ。


■ギヤ比が気になる
スプロケットをロード仕様にしたのは良かったんですが、最近気になるのはチェーンリング。
インナーを外した「だけ」の強引なダブル仕様。

アウター48Tとインナー38Tはちょっと開きすぎで、自分がいちばん使いたいギヤ比がホイっと選べないのです。
平地の巡航だと

アウターx 6速
ミドル x 8速

くらいが自分にピッタリ。

どっちもチェーンラインが微妙です。
シャフトの短いBBに交換して、その上でミドルを大型化するのかな。




人間の欲望は果てしないな。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
涼しくなったかと思えば、「まだだ!まだ終わってないっ!」って夏が帰ってくる感じの天気ですね。
暑いんだか涼しいんだか分からん。

急に気温が変わると鼻の調子が悪くなります。ねびです。



しばらく間が開いてしまいましたが、前回記事でようやくバーテープも巻き、ひとまずドロップハンドルMTBが完成しました。

変更したものも含め、現在の仕様を備忘録的に大雑把にまとめておきます。
変更したのが太字です。

■フレーム
B1 MAESON '04(フォークコラム径 OS(28.6mm))
■ヘッドパーツ
ケーンクリーク
■Fフォーク
マニトウ AXEL Comp
■サドル
SelleItalia B1オリジナル
 →VELO VL-1133
 ※痛くて一旦戻しましたが、サドルを下げてまた使ってみてます
■シートポスト
RITCHEY (1ボルト 径27.2mm)
■ハンドル
RITCHEY(カット済みフラットバー 25.4mm)
 →スペシャライズド(420mm/31.8mm )
■バーテープ
スペシャライズド S-WORKS CORK
■シフター
シマノDeore LX ラピッドファイア ?
 →シマノ STI TIAGRA 9s ST-4400
■Fディレイラー
シマノ DeoreLX FD-570
■Rディレイラー
シマノ DeoreLX RD-570
■スプロケット
スラム9s(11~?T)
 →シマノ CS-HG50-9(12~25T)
■クランクセット
RACEFACE RIDE XC
■BB
?
■チェーンリング
RACEFACE RIDE XC  22?・?・44T
 →RACEFACE RIDE XC ?・シマノ FC-M590-S 48T(インナー撤去)
■ペダル
シマノ PD M-520
■前後ホイール
Formula XERO Transalp XCM-3
■ブレーキ
シマノ BR-M430?
■ブレーキレバー
シマノ
 →シマノ ST-4400
■ブレーキシュー
シマノXTR
 →TIOGA
■タイヤ(画像と逆についてます)
F:パナレーサー Closer 26x1.25
R:ケンダ KWICK-TRAX 26x1.5





こうやってまとめると色々換えたもんだな…。
チェーンリングのミドルは今確認してなかったので不明です…。
おそらく38T?

色々替えて参りましたが、まだどうにかしたい問題点があります。
「相変わらずケツいてぇ」。

サドル替えてみたりステム短くしたりしましたが、やっぱり10kmも乗ると痺れます。
40km超えると座りたくすらなくなるレベル。

ステムをもっとライズの高いものに交換して、もう少し上体を起こすのと、そもそも柔らかめのサドルに交換するのを考えています。

これ以上上がってて短いステムは中々見つからないので、可変ステムで+60°に持っていける奴とかにしてみようかと。2000円くらい。

サドルはどうしようかなぁ…。
しゅっとした見た目は気に入ってるんですが、どうにも尻痛すぎて使えません。
レーパン履くとだいぶマシになりますが、40km過ぎるとやっぱりダメですね。
もともとおしりが薄いのです。



とりあえず、一旦MTBのドロップハンドル化は終了です。
今後は普通にいじくって参りますー。


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
涼しくなったと思ったらそんなでもなかったでござる。


ねびです。
前回のMTBドロップ化ではSTIが壊れたかと思ってびっくりしましたが、今回はその続き。

よく見たら樹脂のアウターキャップが割れてます。
どうやらアウターワイヤーの長さもあまりよろしくなかった模様。

シフトワイヤーを張り直すのにアジャスターを噛ましてアウターを若干延長しました。
 
ジャグワイヤーの。900円くらいだったかしら。


余談ですが、私の世代だと小学校低学年の頃に第二次ミニ四駆ブーム絶頂でした。
マグナムセイバーとか、ブロッケンギガントとか、ビークスパイダーとか。
フルカウルミニ四駆の頃。

そのミニ四駆が当時600円だったと思うと、なんでこのアジャスターに900円も…すげーって思います。当時の小遣いでは1000円近い買い物なんて滅多にできませんでした。

今になって900円を見つめなおすと、
これ一個で松屋で牛丼3杯食えるよ!
スタバでコーヒーMが3杯飲めるよ!

…牛丼とスタバのコーヒーの原価ってどんななんだろうな。



さて、インナーワイヤを抜いて、STIの直後にアジャスターを差し込みます。

Jagwireのロゴは左右ともに内側を向くのが標準らしい。

このアジャスタを買ったアマゾンのページに特に記述がなかったのですが、5mm径のアウター用みたい。むしろシフト用の4mm径アウターだとブカブカ。

試しに繋いでみて、テンションを掛けてワイヤーを引いても、特に抵抗は感じなかったのでそのまま使いました。




ついでに。

以前から気になっていたんですが、
どうもB1MAESON、購入当初はものすごく鋭かった変速のキレがありません。
変速したのもわからない位スムーズだったのですが。

んで、疑ってたのがディレーラーエンドの歪み。
なんどか経験した転倒の時、ディレーラーをガリガリと削ったことが何度か…。

どうみても内側ケージが入り込んでます。


本来はアルミフレームの自転車はエンド金具を新品交換するのが筋みたい。
ただ、国内から撤退しているフレームメーカーのエンド金具を手に入れるのが大変そう。

なので、六角レンチでディレーラーを外し…

でっかいモンキーレンチでエンドごと咥え、強引に修正してみました。
ヘタをすると余計に壊れますのでオススメしません。
ちゃんとした自転車屋にもってくと修正工具でやってくれるそう。
修正後。

写真が悪いですが、いくらかマシに。
アジャスタも入り、だいぶ変速がマシになりました。
金属疲労が溜まってるはずなので、折れるかもしれません。
新品のエンドを探しておかないとなぁ…。

フロントダブル化した上、スプロケットはロード用の25~12T、ディレーラーがロングケージである意味は特に無いので、余裕ができたら交換してみましょうか。
無理に交換する程調子悪くないので当分そのままです。







ワイヤ類がちゃんとしたのと、探り探りだったSTIの固定位置に目処がついたので、バーテープを巻いてみます。

頂いたスペシャのコルクバーテープ。
裏に両面テープではなく、摩擦係数の高いも滑り止めが施してあります。
巻きやすいです。

バーテープ巻きは人生3度目。
グリップは細めで固いのが好みなので、ギリギリまで引っ張りながら巻き上げます。


だいたい上手く行ったので、ビニールテープで上を固定。

ビニールテープは引っ張りながら巻くと伸びて変形するので、先端の角を予め切りました。
昔、本で読んだんですが、半端にテープがはみ出ず、綺麗に仕上がります。。


上が固定できたところで、下にエンドプラグを差しこみます。
余ったテープを中に押し込んで、

エンドキャップをグイグイっと…。

摩擦が強くて奥まで入らないな…・
あっ!

無理に押し込んだら裂けた。ぐぬぬ。
力任せはなんでも良くないな…。


結局、仕上がりに納得が行かなかったのでこの後に左右2回ずつ巻き直し。
裂けてしまったバーテープの先端も切り落として再チャレンジ。
どうにか納得行く仕上がりになりました。

再びエンドキャップ。
同じ失敗を繰り返すわけにゃいかんのです。
なので、差し込むキャップの角にシリコングリスをちょこっと塗る。
 
あくまで、ちょこっと。
塗りすぎると抜けやすくなる気が。

ここの引っ掛かりさえスムーズに入れば大丈夫なはず…。 
白いのがシリコングリスです。普通のグリスでもいいと思いますけど。
樹脂類やゴムを侵さないそうですが、天然ゴムはダメらしい。


グリスを塗ったエンドキャップはヌヌッとすんなり入りました。

うぇーい。
ビニールテープで上は固定しましたが、飾りテープが一応付属していたのでそれも巻いておきました。
剥がす前に事前に真下に重なりが来るように検討して…

粘着面に触れないように剥離紙をうまく使いながらペタっ。
ちなみに、右側のエンドにはフラットバーの頃につけていたサイドミラーをつけてみました。

エンドからステーが伸びてますが、ドロップ用としては微妙かも。
フラットバー、しかもバーエンドバーの先端につけていた頃はとても見やすく、使いやすかったんです。
ブッシュアンドミューラーのこれ。
 
ドロップ用としてはブラケットを握っていても、下ハンを握っても腕に重なって鏡面が見づらい。
見やすい位置まで持っていくと下ハン握った時に手にあたって邪魔。
使えますけど、エンド先端にちょこっとつく奴の方がいいでしょうね。
最近欲しいのはこれ。
 
鏡な上にポジションライト風に光る。
路上の安全のためには光ってなんぼですよ。特に夜。


まだ続く。



いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日が短くなりましたなぁ。

へんてこなところに入り込んだドロップMTBのシフトワイヤー。


どうにか引っこ抜いてきました。



作業がしにくいので、工具箱に入ってたハンダ線でブレーキレバーを縛って固定。


グリスが付いた手で触ってしまったので、ハンダ付けに使う前に脱脂した方がいいだろうな…。

レバーが固定できたので、
ラジオペンチでSTIから出ているインナーワイヤをグリグリひねり、
STIの穴をピンセットで弄り倒して…。

やぁ、君か。


タイコの付け根でカックンと折れ曲がってました。
これが引っかかって抜けなかった…。

こんだけグニャっと鋭角に曲がるって事は、ペンチで捻るような力がかかったんですね。
こう曲がるって事は、ケーブルが圧縮される方向に押されたんだろうか。
STIの内部で変なふうに引っかかってこうなったのか。
なぞです。


さて、このひん曲がったワイヤー。
ちょっと怖いんですが、まっすぐに曲げ直して再挿入。
タイコがちぎれる気もするけども…。
ちぎれたら交換しよう(安直)



そういえば…。
以前、ヘッドスペーサーを挟んでハンドルを上げましたが、更に5mm追加してみました。

やっぱりハンドル低すぎじゃないかと。

フォーククランプが上下で完全に二股になっているこのステム。
以前2mmのスペーサーを足した時点でフォークコラムはステムの上面-1mmくらいでした。
ほとんどドンピシャ、ツライチ。
コラムキャップが収まるちょうどいい所だったんです。
でもやっぱり乗ってるとハンドル低い…。

測ったところ、ステムのフォーククランプ上半分の高さは12mmでした。

フォークコラムの半分以上噛んでれば大丈夫だろうと判断して、5mm追加。


「サドルが高すぎ説」もあるので、撮ってから10mm程サドル下げました。
うぅーん、乗ってみると違和感を感じるくらいにひっくぅ…。

「サドルに座り、ペダルが一番下にあるときに足を伸ばしてかかとが…」
みたいな、以前雑誌で読んだサドルの高さ調整をやってますが、これだと、すこーし。
本当にすこーし膝が曲がるくらい。
一応適正範囲内なんじゃなかろうか。


ちょっと慣れるまで乗ってみます。



あ、忘れてました。

フロントタイヤを替えました。
KENDAの1.5。オンロード用の細かいブロックがならんだタイヤです。


先日、多摩サイを走ってたら、乗り出し20分くらいのところで、突然サイドウォールが裂けてバーストしまして…。

見つけて駆け込んだ溝の口の自転車屋「バイクルームシン」さんに有ったのでこれに。
初めて伺いましたが、とっても丁寧に対応して頂けて助かりました。


バーストの原因は…。
しばらく乗ってなかったタイヤに最大気圧までいれたせいかなぁ。
交換してから半年も立ってなかったと思うんですが…。
まだまだトレッドも残っていたのでがっかりです。


で、KENDA。
久しぶりに1.5の溝有りにしましたが、かなり乗り心地が柔らかくなって、ツーリング用としてはアリだなって思ってます。重いけども。のんびり長距離乗るならオッケーよ。

バーストさせたパナのクローザーみたいなスリックタイヤって、重量も走りも軽くていいんですけど、素人目には摩耗限界が分かりにくいのが怖い所。

見た目に真ん中のトレッドの山が磨り減っていくるんですが、「溝の深さが…」とかではないのでこまめにチェックしないと大変です。

無事でよかったわ。
ではまた。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ねびです。
最近ママチャリばっかりいじってますが、ドロップMTBたるB1メイソンも忘れてません。

実は1ヶ月ほど前…。
突然、リアディレイラーが変速しなくなりました。

出先でどうにもできず、フロント2枚でどうにか帰宅。
どうなってしまったんだ?





ディレーラを見る限り異常なし。
ワイヤーを引けば今まで通りに動きます。

んじゃあ、シフトワイヤーが切れたかしら?
そう思ってワイヤーを引っ張ってみると、STIにもフレームのワイヤー受けにも、しっかりつながっていて外れる気配なし。
ワイヤーも無事です。

STI自体、操作の手応えやカチッっていう動作音は故障前と何ら変わらないのです。
でも、全く変速しない。
そこで困って放置してました。

昨日ですね、ようやくSTIをしっかり観察してみたんですよ。


これが調子がおかしな右STI。
手応えと作動音は据え置き。

これ、頂いてきた時には「たぶんTIAGRA」ということで型番不明でした。
ネームキャップ部分がキズ隠し?で塗装されており、なんだかよくわからない。

ただし、FLIGHTDECKに対応していて、2x9s。
調べてみたら形状からすると、ST-4400かと。

よく分からんが分解だ!と思って先っちょのカバーを外してみましたが、予想以上の分解不能っぷりに唖然。

シマノのユーザーサポートにPDFで爆発図があるので参考にしたのですが…。
シフター周辺は分解できないみたいです。

いろんな方のブログをググりましたが、一部のショップが非公式に1万円前後のオーバーホールサービス(デュラ限定?)を展開しているくらいでほとんど分解されてません。

あいやー。 

ただ、古いSTIには「内部でグリスが固着して変速が調子悪くなる」例があるのがわかりました。
内部のグリスをパーツクリーナーで落とし、再度新しいグリスを注油するとなおるそう。
これだといいなぁ…と思いつつ、もうちょっと観察すると…ん?
 
シフトワイヤーのタイコ(ワイヤーエンド)が…ない…?

本来、シフトワイヤーのタイコは「ワイヤー受け」なる穴に、すっぽり収まっているのですが、空っぽです。

でもインナーワイヤーを引っ張っても抜けません。
タイコがモゲたんじゃないみたい。
まぁワイヤー新品だし。モゲたら組み付けに問題があったか、不良品だったとしか思えん。


わかりにくいのでフラッシュ焚いて奥までのぞいてみました。

…タイコがワイヤー受けの「上に」あるじゃんか。

正確には「変なところに挟まってる」じゃんか…。


このトラブル、ググっても全然出てこなかったんですが、

- インナーワイヤーは健在
- STIのシフト機構も健在
- STI内部でワイヤーがずれて、妙なところに収まる
- インナーワイヤーを押し引きしても、内部で引っかかって抜けない
- 穴が小さくてピンセットくらいでしかアクセスできない

っていうことのようです。
どっかにワイヤー引っ掛けたりしたっけ…?


ピンセットでどうにか引きずり出してみようと思います…。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドロップ化を進めているB1・MAESONですが、ハンドルとステムを替えたらとてつもなくお尻を痛めつける自転車になってしまいました。

あてずっぽうに見た目の気に入った穴あきサドルに交換してみました。



が、事態は悪化。 
長距離を乗ると太ももまで痺れます。こいつは厄介。


頂いたステムをとりあえずそのまま使い、乗車姿勢がものすごい前傾になったのが原因っぽいので、短いステムに交換したのが前回

サドルも戻すことにしました。

ただ戻すだけでは面白くもなんともないので、交換前後のサドルを比較してみましょう。
どっちもノーブランド品みたいなものなのであまり参考にはならんかもしれませんが…。

これが、細くてしゅっとした穴あきサドル。

戴き物のVELO VL-1130。
んで、こちらが今までずーっと使っていた完成車付属のSelle Itaria製サドル。以前はB1のバッジがついてましたが、どこかへ行ってしまいました。

重ねてみるとこんな感じ。



うまい重ね方がよくわからんのでこうなりましたが…。

@ 全長はほとんど一緒。
@ 一番細いところの幅もほとんど一緒。
@ 後端部分のえぐれ具合と、横幅が違いますね。

交換してちょろっと乗った感じでは、だいぶ楽になりました。
やっぱり尻痛の原因はステム長すぎのせいだったようだ。

あてずっぽに適当なことをしてはならんですね…。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日買ってきたステム、ZOOMのRD362FOV、70mm。 



どうにも黄ばんでたり、汚れてたり。

食器洗い洗剤で洗ったら、予想以上にきれいに。
どうやら本体が白塗装で、汚れが目立つようです。
ちょっとでもグリスとか漏れてると気になってしまう。

ネジ類はグリスが塗ってありましたが、パーツクリーナーで吹き飛ばしてグリス塗り直し。


とりあえず、組み付ける前にフォークコラムにはめてみます。

カポっと。


良い感じですが、フォーク側のクランプの高さがギリギリです。
コラムとほとんど面一。1mmくらいステムの方が出てるかなぁ。

引っこ抜いたスペシャのステムと並べてみました。



戴き物のスペシャステム、何ミリなのかメモし忘れてわからん上、本体に長さの記載がありません。15度らしい。
目算でZOOMの方が20mmくらいは短いような…。

スペシャの方はフォーク側のクランプ径が1.5インチらしく、オーバーサイズにするシムが入ってます。

比較も済んだ(?)ので、チャチャッと組み付け。
スペシャのステムはハンドルクランプはボルト2本でしたが、これは4本留め。

それぞれのネジを均等に締めるよう、対角線上のネジをちょっとずつ締めます。
んで、完成。

周りが黒いだけにすっげぇ目立つ…。
予想はしてましたが強烈です。

試しに試乗してきましたが…。

よく見たらやっぱりコラムスペーサーが足りません。
トップキャップが若干浮いてます。フォークガタガタ。あぶねぇ。

いけるかと思ったんだけどなー。
こいつはイカン。

というわけで、コラムスペーサーを買ってきました。

DIA-COMPEのアルミ、2mm。
ゴールドという色ですが赤みの黄色ってところでしょうか。
メタリックオレンジ?…ってほどでも無いし…。

つけてみました。
良い感じ。


改めて試乗してみたところ、以前よりだいぶ自然に乗れるようになりました。
前は腕を突っ張らねば下ハンが握れなかったのですが、今回はスッと手が届きます。
妙に切れ込む感じのハンドリングも改善。


また長距離乗ってみますねー。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
めでたくドロップハンドルになったBe One・MAESON。
意気揚々と乗ってみたら、ハンドルが遠い…。

シートポストを無理やり前に出してみたり、サドルを下げてみたり、ハンドルの取り付け角度を変えてみたりと、お金がかからない範囲でいろいろやりましたが、30km以上の距離を乗るとおしりが痺れてしまうことが発覚…。

フラットバーの頃よりハンドルが10cmは前に出てるので、原因がそれなのは間違いないのですが…。

私の身体には頂いたスペシャのハンドルのリーチも長すぎ。
そしてステムも長すぎのようです。

こりゃあ短めのステムに交換しないといけません。
中古で探そう…。

そんなこんなしてる間にちょっと変化を見てみたくて、サドルを変えてみました。
順番が逆だろう…とは思いますが、戴き物のサドルが手に入ったので。

 

VELO VL-1130。
薄い!速そう!





んで、昨日、中古の短いステムを探す旅(40km弱)に出てきました。
往路は良かったものの、復路の途中で尻が痺れ始め、帰宅する頃には見事に尻が痛い。

股がしびれるのではなく、尾てい骨の下が両側が痣みたいになってしまった。
痛いわけだよ…。


そもそも私、多少のクッション性のある普通の椅子でも、長時間座っているとおしり(特に尾てい骨の真下)が痺れて痛くなってしまいます。硬い椅子にずーっと座っていた受験中は辛かった。

そんなお尻でロード用の薄くて小さいサドルに座って、痛くならないはずがない…。はぁ。
うーん、ちゃんとクッションの利いたサドルを探すか。
とりあえず元に戻します…。



サドルを元に戻したところでハンドルの遠さは変わらないので、いよいよステムを交換です。
中古で短いステムを買って来ました。

ZOOMのRD362FOV、70mm。
今ついてるステムは110mmくらいあるので、これでだいぶ改善…されないかな。



1500円でした。
ただしこれ、買ってきてよく見たらかなり汚い。

・全体的に日焼けで黄色っぽい
画像ほど真っ白じゃありません。

・グリス跡や汚れが付着してる
激落ちくんとか、メラミンフォーム系の掃除用スポンジでこすったら落ちそう。

・フォークコラム側のネジにワッシャが1枚足りない
あれ…?外し見たら片側しか入ってませんでした。在庫にあるかな。

・ネジが錆びてる
サンポール漬けを試すか、部品とりのステムからネジだけ外すか。

こんなかんじでござい。
白いステムも似合うかわからんので、塗装も視野に入れて色々やってみます。
まずは綺麗にしよう。




ついでに、通学用自転車(大学の最寄り駅の駐輪場に置いてます)のフロントシングル化をすべく、適当なクランクを買って来ました。2800円。



トルバティブのトォーノ(で、いいんでしょうか)。
170mm、スクエア。

通学用自転車はMTBもどきで、アリビオのコンポがついてるんですが、フロント3枚も使わないのです。なのに、チェーンリングがリベットで固定されていて外せない…。

というわけで、新規導入です。
ミドルを外してシングル化しちゃう予定。

スクエアテーパーの105クランクも予算内で買えたんですが、ボルト類やチェーンリングは別売りだったので、BB以外は全部入りのこちらに。
ほぼ未使用品のようで、減った形跡がありません。

中空でもなんでもないっぽいので重さはありますが、まぁアリビオクランクよりマシだろう。

どちらも交換するのが楽しみです。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんちわ。

しばらく間が開いてしまいましたが、引き続きましてMTBのドロップ化のお話。
今回のテーマは「VブレーキをSTIレバーで引く」。
VブレーキのMTBをドロップハンドル化するときに困る「レバー比のズレ」への対処です。


ググると様々な方がいろんな方法を試しているので、詳しい説明は省きますが、MTB用ブレーキとロード用ブレーキではワイヤーの引き代が違います。
なので、単純に組み替えても上手く使えないと言われているようです。

ブレーキ操作に不安があるのは怖いので、最初から対処してしまいます。
私が選んだのは「Mr.Control」から出ている「RL-85EC V-BRAKE ROLLER」の使用。



通常のVブレーキのブレーキバナナと置き換えて使う「ブレーキワイヤーの引き代を調整するメカ」です。

ブレーキバナナと同じく、ブレーキレバーから入ってきたワイヤーの方向を90度曲げる機能がありますが、その途中にある偏芯プーリーがこれのキモ。

ワイヤーの動きに合わせて摩擦でこのプーリーが回転、ワイヤーが触れている部分の半径が変わることで、ワイヤーの引き量が変わる…という代物です。


ネットで買うと600円くらいから。


似たような商品にProbremSolversのTravelAgentがあって、そちらは3000円弱。
やってる事はほとんど一緒みたいなのに、一体何が違うのか?







いろいろ調べたり、近所の自転車屋で実物を眺めた結果、構造と作りに差があるようです。

やってる事はプーリーによる引き量の変換とワイヤーの方向転換なので同じですが…。

【トラベルエージェント】


トラベルエージェントは大小二つの滑車が重なって一体になったプーリーが使われています。

ブレーキワイヤーはガイドに導かれ、小さいプーリーに入って半周。
そこから大きいプーリーに出てさらに半周。
ぐるりとプーリーを一周してブレーキ本体にたどり着きます。

プーリーの中心軸は常に真ん中にあるので、ワイヤー引き量の変換比は一定。

本体はアルミの削り出しっぽい。
削り出しなら、ひとつ3000円も納得いきますわ。
精度感とでもいいましょうか、ちょっと良いものな雰囲気が出てます。


【V-Brake Roller】
翻って、私が使っているV-Brake Roller。

こちらは芯をずらしたプーリー1つ引き量変換を実現しています。

ブレーキワイヤーの引き量に応じて徐々にプーリーの半径が大きくなるので、ブレーキレバーを握って行くと、変換量がだんだん大きくなります。
つまり制動力がだんだん立ち上がります。

本体はアルミの鋳造にメッキ?でしょうか。
トラベルエージェントと比べるとボテっとしてます。







このV-Brake Roller、レビューが見つからず、ちょっと不安になりながら導入しました。

使ってみて分かったのは…ちゃんと使えますが、ブレーキタッチはふわふわしています。

もともとタッチはフワフワしていましたが、より一層ふわふわするようになりました。どう調整してもかっちりしたタッチにはならず。引き量変換をプーリーとブレーキワイヤーの摩擦に頼っているせいかな。

今思うとフラットバーの頃はまだカッチリしてたんだなぁ。

また、フラットバーの頃には普通に出来た「ブレーキを使ってのジャックナイフ」が出来なくなりました。ちゃんと止まりますが、制動力の最大値は明らかに下がりました。


それから、ブレーキシューとリムの間隔はかなり狭いです。
現状、1mmくらいしか隙間がありません。

ホイールがちょっとでも振れると擦ります。

フラットバーの頃はもう少し余裕があったのですが、これ以上開けるとしっかり効きません。
まぁこんなものか。


軸がずれたプーリーは見た目にはすごい変換比のように見えますが、実際にはワイヤーが滑って勝手に居心地の良い所に収まります。思った以上に摩擦だけでちゃんと同調して回るんですね。ちなみに、ブレーキレバーを握ってもプーリーは30度くらいしか回らない。


なので、見かけほどの変換比にはならず。

もっと言えば、このプーリーが丸い必要はありません。
軽量化!とか言うなら上半分は不要。
変な手間数を増やすと製造コストが上がる上に、見た目が気になっちゃうからこの形をしているんじゃないかしら。 

関係ないですが…インナーチューブが汚いな。


現状では「ちゃんと使えるけど最高ではない」ってところでしょうか。
もう少し調整を試みたいと思います。

トラベルエージェントを使った事がないのでエラソーな事を言えませんが、構造からしてコントロール性能やタッチはトラベルエージェントの方が優秀な気が…。

ただし、V-Brake Rollerはお値段5分の1。
前後両方に装着することを考えると、5000円以上安上がりですね。


聞くところによると次期型SORAのSTIは純正でVブレーキも引けるらしいので、余裕のある方はそちらも検討したらいいと思います。ショートアームVブレーキもコンポーネントに含まれるそうな。ひぇー。


(2012/11/29)追記
新型SORAのSTIではなく、フラットバー用のブレーキレバーがV・カンチ切り替えのレバーストロークを持っているみたいです。

現在はロード系コンポからシマノ製ミニVブレーキが実際に販売されてます。


(2013/5/10)追記
結局うわさのSORAコンパクトVブレーキにしました。
記事はこちら。



いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。