iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
ちわ。

最近のメインバイクになったエスケープR3ですが、もちょっと手を加えました。
ステム。

ドロップハンドルにして以来、いただいてきた80mmのステムを使っておりました。



これで2ヶ月位乗りましたでしょうか。
まったく問題なかったのですが、ちょっと興味があったので長いステムにしてみました。

概ねあてづっぽうに長くしたと言っても過言ではないのですが、ちょっと前にフレームサイズとはなんぞやっていうのを考えてみたのです。
このエスケープのフレームはXSサイズ、ジャイアントによるとホリゾンタル換算で525mmのトップチューブ長です。


私の身長は178cmなので、よく言う推奨値だと540~560mmくらいが良いらしい。
ということは、トップチューブ長だけ比較すれば、15~35mmくらい、ハンドルとサドルの間が離れてもいいことになります。

無論、シートアングルとヘッドアングルのふたつの角度もハンドル・サドル間の距離に影響するのは自明です。

ところが、ジャイアントが公式に発表しているジオメトリー表でTCR(Mサイズ)とエスケープを比較してみたら、

■ヘッドアングル
エスケープ(XS):71度
TCR(M):73度

■シートアングル
エスケープ:75度
TCR:73度

でした。
TCRをベースに考えると、エスケープはシートチューブとヘッドチューブがハの字に開いている事になります。
ハの字の上に覆いかぶさるのが人間なので、トップチューブ長に対してサドル・ハンドル間は縮まるということです。

ちゅーことは、サドル後ろに引きまくって、ハンドルをポーンと前に出した方がいいんだろうなと。


エスケープの売り文句に「前傾姿勢が浅く…」とか書いてあるのはこれのことも含むのかな。
個人的には、せっかく高い自転車買うなら乗車姿勢くらいじっくり変えていくべきと思うので、ママチャリ感覚な宣伝文句でもったいないなぁと思います。

そのお値段には調整したり交換したりしやすい部品代も入ってると思うんですけどねぇ…。
自分だけにあわせた専用車って、ちょっと嬉しいじゃないですか。
まずは自転車を自分にあわせ、自転車乗ってると自分も変化するから、それに合わせて変えていく。無理の無い範囲で自転車に自分を合わせてみるなんてのも、いいと思うんです。


それはさておき、単純にプロロード選手が120mmとか130mmのステムを使ってて、あれがなんか、かっこ良く思えたのも大いにあり。

私の場合はフレームサイズが小さいんだからアレをやっても大丈夫だろう。
というわけで、買ってまいりましたステム。




ディズナのリッジライン。
84度120mm。元値5000円が3000円くらい。

ちゃっと付け替えます。



冒頭にも貼った以前の姿がこちら。



俄然やる気っぽい。
…っぽい。

黒の塗装仕上げでフレームと色が近いので、

なんだかフレームとステムに一体感がある気がします。

私のエスケープはフロントフォークを交換しているので自転車全体が前のめりになっています。

てきとーにフォーク交換前の似たようなアングルの画像を重ねてみましたが、ダウンチューブとヘッドチューブあたりのズレがこの「前のめり」の具合であります。
肩下寸法測っとけばよかったな…。

重ねたもともと画像はこちら。
比較的市販状態に近いフラットバー仕様。
フレームから組んだのでぱっと見で市販と同じもんなぞフレームセットくらいなのですが。





…洗車しよう…。

ホイールベースを基準に合わせていますが、実際にはフォークのトレール長も異なるのであくまで「てきとー」です。

こんな感じで、以前に増して前傾姿勢がきつくなったエスケープですが、ステム交換してから平均速度が2km/hくらい伸びました。

上半身の力が入れやすいし加速感が良く、速度に乗ります。
40mm違うとずいぶん違うもんですねぇ…。
いきなり40mmも伸ばしたら腕まわりがきついかというとそうでもない。
最近乗り方を変えつつ有ります。

趣味で自転車に乗り始めた頃、「骨盤を立てろ」と雑誌やらなんやらでさんざん目にして、特に誰それの指導を受けるわけでもなく乗る時にひたすら骨盤をたてるぞーと考えていました。
原因がよくわからんかったですが、おしり痛かったんで、たぶん自分はまだ骨盤が立っていないんだろうと一生懸命骨盤を立てるつもりで力をいれてきました。

その結果出来上がった姿勢がこんな。2013年の夏前。

背中が真ん中あたりでカクンと折れてますよね。

ところが、実業団チームを走っていたこともある友人にこの画像を見てもらったところ、「腰がカクンと曲がってて良くない」と言われたもんですから、昨年の夏頃から「腰を伸ばして腹回りを使う」ことを意識してみています。

おそらくはヤマメ乗りとかオジギ乗りって呼ばれてる乗り方に近いのかな。
そちらもしっかり学んだわけではないのでよく知りませんが。

曲がってた腰まわりの有効長が伸びるわけですから、ステムが短いと腕が曲がっちゃって力が入れづらく、都合が悪い。


乗ってみたらなるほど、この方が楽な感じがします。
人に診てもらうっていうのは面白いもんです。

ステム交換、いまのところは大成功です。

では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちわ。

だいぶ前に、フレームから組んだエスケープR3の記事を書きました。
http://ameblo.jp/top34/entry-11623341955.html

あのあと、Escapeはガッコの後輩ママチャリライダーの脚となり、夏の間に東京から京都まで走破して私の元に帰ってきました。1日15時間ひたすら走り続け、3日半くらいで走破したそうな。

Twitterの自称ゆるふわな皆さんを眺めていると感覚が狂いますが、すげーことだと思います。
距離500kmちょっとくらいあるし、フラペだし、静岡長いし…。

私自身はそんな旅行したことありません。
自分が組んだ自転車だけ、そういう使われ方をした。
なんだか不思議な気持ちです。
無事で何よりです。

さて、そんなんで私の手元に戻ってきたEscape。
フラットバーのクロスバイクのまま乗るのもツマンナイ。
せっかく700Cホイールなので本格的にロードバイクっぽくします。
したいからするのです。きー!


ちなみに、ジャイアントのラインナップ。
PACEっていう、Escapeによく似た入門ロードバイクがあります。



実物を見るとフレームに関してはダウンチューブやチェーンステー、エンド形状など、Escapeをキャリパーブレーキ化してフォークを差し替えたかのようなっぽいそっくりぶり。
どっちが先だかは存じませんが。

特にダウンチューブのヘッドチューブとの接合部付近はそっくり。
同じパイプ使ってるんじゃないかしら。


ですが、ジオメトリーを比較すると全く同じフレームではありません。
XSサイズで比較するとホイールベースがエスケープより1cm短く、シートチューブは1度起きて…など、細かな違いが存在するようです。チェーンステーは一緒みたいですが。

http://www.giant.co.jp/giant13/bike_datail.php?p_id=00000147#geometry
http://www.giant.co.jp/giant13/bike_datail.php?p_id=00000049#geometry

個人的にはPACEのヘッドアングルが、サイズごとにXSから一番大きいMLまで段階的に1度ずつ起きるのに対して、EscapeはSからMだけ0.5度刻みなのが面白いなと思いました。

ビルダーさんや設計者の意図が見え隠れするんでしょうねぇ…。
私はそのへん、まだぜんぜん分かりません。

いくら頑張ってクロスバイクにロードバイクっぽい部品を組んだところで、ロードバイクにはならないんでしょう。私の場合は、気持よく舗装路を走れればそれで良い。

さて、そんなことはさておき「ロードバイクっぽく」します。

手元にあるフレームを用い、乗車姿勢を気軽に変えられて疲れにくく、運動性能にすぐれ快適な乗り心地を実現したい。

まとめると、

・ドロップハンドル化
・カーボンフォークにしてみる
・10sロードコンポへの載せ替え

つまりロードバイクっぽい。


作業内容は基本的に「ネジをゆるめて部品を外し、つけるだけ」。

変なことはしてません。
ドロハン化とコンポ載せ替えはネタにするようなこともなく、すんなり完了。
ドロップハンドル化に興味がある方はこのへんの記事群をどうぞ。
参考になるかはわかりません…。
http://ameblo.jp/top34/theme-10050557375.html



ちょっと苦労?したのは最初にとりかかったフォーク交換。

ヤフオクで完成車外しという無印カーボンフォークを買いました。
パナチタンPOSフレーム付属品?だったそうで。アルミコラム。

カーボン製品に狂喜乱舞したあと、下玉押しを流用すべく純正フォークからばらします。

エスケープは人気車種だけあってドロップ化の事例も多く、ググるとたくさん出てきます。
大いに参考にさせて頂きました。


本来なら下玉押し外しは専用工具がありますが、持ってませんし頻繁に使わないので買う気も起きず。
カッターナイフをあてがって外す方法を試みます。

んで、こう。

下玉押しとフォークの間っぽいところにカッターの刃をあてがって、プラハンで叩いてみます。
うんとこしょ、どっこいしょ。

下玉押しは抜けません。
うんとこしょ、どっこいしょ。

根気よく続けてみます。



刃がこぼれました。
固着しているのでしょうか。

それでも下玉押しは抜けません。
この方法じゃダメなのかな?

ところで、こぼれた刃先は勢い良くどこかへ吹き飛んで行きます。
メガネかけるなり、眼を保護をして作業すべきですね。


仕方がないので童話「おおきなかぶ」を参考に、ダメ元で普通の金属ヘッドの玄能(トンカチ)に持ち替え、ガンガン殴ります。衝撃力アップだ。
戦争は数だよ兄貴。

うんとこしょ、どっこいしょ。

カーン...カーン...カーン...




おお、あっさりズレたぞ。
「力ずく」の「力不足だ」った模様です。

あとは、ステアリングコラムをぐるりと一周して刃を入れ…



ポロリもあるよ。

とれました。
歪みもないようです。ふぅ。

さて、買ってきたフォークに差し込んで、木片をあてがって叩きこみ。
傷にならないよう、されど浮かないようにやんわり圧入。

今回のフォークはアルミコラムなので乱暴な仕事でも破損の心配が少ないです。
フォーククラウン部分とエンドもアルミ。
ブレード部分のみがカーボンのよう。

扱いに変に気を使うことがありません。



ついたですよ。

で、あとは買ったり頂いたりした部品をゴソゴソと組付け…。

完成。


ハンドル周りはほとんど頂き物。感謝です。
芯々380mmのFSAドロップハンドルに、80mmのステム。

個人的にはダンシング時に押さえが効かないので、ハンドル幅狭いか?と感じます。
420、400、380と試し(うち400と380は同形状)、今のところ最もしっくり来るハンドル幅は芯々400mmのようです。

ハンドルを後ろに引っ張る乗り方ならいいんだけど…。

そのうち巻くつもりでバーテープはまだ。
ワイヤー類はごっちゃごちゃ。ありもの。

RD、FD、Fブレーキは105を購入。
なるほど、SORAより高負荷かけてる最中にも変速する気がする。

ブレーキは後ろだけEscapeの純正ミニVにシマノの船をつけてタイオガのVブレーキ用シューつけています。

そのまま57STIで引いておりますが、フロントの105キャリパーより引きは軽く、よく効く感じがします。

105のキャリパーは握ればジャックナイフ起こせるくらい効くけど、ちゃんと握る必要あり。
どちらも街乗りでは十分な制動力を発揮しています。

長い下り坂ではタイオガシューがちょっとフェードする?みたい。そういう時は前を使う。
乗ってて喉乾くので、MASONにつけてたドリンクホルダーを一つ移植。

買ったフォークのコラムが短かく、ハンドルが低い。
ちょっと低すぎなのでステムでどうにかするつもり。

そういえば上の画像ではシルバーのシートクランプがついておりますが、盗まれそうで怖いので六角レンチのモノにかえました。


このまえ私は六角レンチのクランプごとサドル盗まれましたが。
追加の盗難対策もするべきですね…。

シートクランプの色が黒になったので、dixnaシートポストとフレームとの一体感のようなものが出た気がします。






この自転車、完成したのは去年の11月です。
その後しばらく通学などに使っています。

26インチMTBのMASONと比べ直進安定性が高く、フラつかない。
速度の維持もし易い?ようで真っ直ぐ進むのが楽。

一方、ゼロ発進時の加速がもったりしている感じがします。
上り坂や発進時なんかの20km/hくらいまで、MASONのグイグイ進む感じは薄い。

700Cホイールと26インチホイールの差かなぁと思っていますが、フレームジオメトリー?ステム?ハンドル幅?フレーム材質?ホイールの性能?フォーク?とか、いろいろ勘ぐりながら乗るの、楽しいです。

クランクだけ105に交換したいなぁと思っておりますが、当分先でしょう。



いっそTNIのフレームでも買って部品移植したら、立派なロードバイクになるなぁ…。
あはは。

何枚かの画像はまたFlickrにあげました。
http://www.flickr.com/photos/neviak_koht/sets/72157639996352205/

ではんまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちわ。

クロスバイクの中古フレームセットを頂いたので組みました。


細々した部品は頂きものや余り物。
今回はとりあえず乗れるようにするためにフラットバーで組みました。


でも、そろそろ本格的なロードバイク乗りたいなぁ…ってちょっと思い始めています。
700Cのフレームですが、ホイールが無いので買いました。
将来ロードフレームを手に入れても使えるWH-RS21。

ロープロファイルのリムの方が見た目が好きなのです。
色はシルバー。

探したら1万2000円くらいが底値みたい。
ヘタするとR501より安いようで…。


さて、こまけー部品がわんさかありますが、とりあえずタイヤ組んでフレームに付けてしまおう。
当分は街乗り仕様なので、タイヤはPanaracerのCATEGORY S2。

いつものように、タイヤの裏にぽんぽんとベビーパウダーをまぶしまして…



タイヤにはめて、グニグニ揉んでチューブの噛み込みを防止。


んで、できたリアホイールにスプロケをつけます。



別にいらない気もしますが、フリーにグリスを塗ったくり…



スプロケはかつてMasonに使ってたスラムの9s。
スペーサー無しで固定できたのでそのまま付けてましたが、後でガタが出たのでスペーサーいります。
付属の1.85mmは厚すぎてロックナットが掛からなかったので、1mmが必要っぽい。


ついでなのでフォークを抜いてヘッド周りの点検もしておきます。
錆びたりはしてないようです。



車輪をフレームにはめてみる。



なるほど、こんなかんじになるのな。

自転車が立ったところでクランクを付けます。

もともとBBがはまってるので、クランクはつけるだけ。


クランクは以前オークションで落として使ってなかった謎の175mmダブル。
別段軽くはないですが、1500円でした。

反対側のクランクもつけたら、ハンドルをつけます。



ステムはですね、池袋のY's Roadでずーっと安売りにされてるMTB用130mm。



コラム側の固定に臼を使う、あまり見ないタイプのステムです。
パッケージによればフォークコラムを痛めない構造らしいですが、臼の角の面取りがなされておらず、コラムをカジリそう…。

ただし、まさかの300円。

RDは先日Masonから外したDeoreLXを一時的につけました。
FDは頂き物の105。トリプル用。

(組み立て中の写真を撮り忘れたので完成後です)


んで、前だけブレーキが無いので…


これまたMasonのあまりのVブレーキをつけました。

ブーツないけどまぁいいや。

んで、ワイヤーを張ります。
(一部画像ではもうついちゃってますが)



チェーン張って、ペダル付けて…



以前ママチャリに使おうとしてたオデッセイ。
最近気づきましたが蓄光仕様らしく、暗がりで光ります。

そんなこんなで、カンセー。

サドル周りはとりあえずMasonから引っこ抜いてきました。
径が一緒だと便利ですね。



そうそう、FDがロード用なので、変速系はちょっと強引です。



右のシフターはRDとセットのDeoreLXですが、左シフターはそうもいきません。
FDがロード用なので、本当はロード用シフターを用意せねばならんのですが…



スラムのフロント用3速グリップシフトです。
3速用とは言うものの、実態はフリクション仕様と言って差し支えありません。

細かいラッチをひねってワイヤーを調整するので、なんでも引けます。

ただし、ラッチの間隔が大きめ?っぽい。
11速のRDとか引けるかは不明。





この仕様で9.3kgくらい。

フロントフォークが1.2kgもあるらしいので、ロード用カーボンフォークに替えると8kg代。
余談ですがEscape Airなんか純正で9kg切ってるらしいですね。


今回はフラットバー仕様ですが、ほんとはドロップバーで組むつもりでした。
急ぎで1台組む必要に迫られたので、手持ち部品で組んだ結果がこの姿。

シフター、RD、FD、チェーンと徐々に部品が揃ってきたので、近いうちにドロップハンドル仕様になります。

…もうTNIあたりのロードフレーム買えってな。
あはは。

ではまた

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。