Slow & Simple Life

好きな音楽、映画、本、アート、お料理などなど。
日常から離れてゆったりされたい方に・・・。大人の時間をご一緒に。


テーマ:

週末から昨日まで用事三昧でした。土曜日は、京都に一時帰宅していた兄と嵐山近辺をうろうろ。


日曜日はオケのヴァイオリンパートの人達とBBQ大会。それも雨の中で・・・。。雨なら中止になるかと思ったのに甘かった。テント張ってブルーシートを屋根として取り付け、コンロも4台用意と、大がかりな設営をし、おにぎりもみんなで40個以上作り、震えながら肉を食べました。何で風に飛ばされそうになりながら肉を食べないといけないのか・・・とインドア専門の私は心の中で(早く帰りたい・・・(=´;ω;`=))と一人泣いておりました。


昨日は、実家の母のお伴で奈良の吉野へ。またまた雨。私って低気圧女?


吉野は、下千本、中千本、上千本と分かれて、下からだんだんと咲いてくるのですが、下の桜は半分は散っていて、霧がかかってよく見えない。残念。


上千本の方に行くには、坂道を1時間以上歩かないといけないということで、雨なので断念しました。残念。


それにしても平日だと言うのにすごい人!観光バス240台だって。(日曜日は340台来たらしい)

吉野の桜を見るなら、朝一番とかでないともういやです。人を見に行っているみたい。

Slow & Simple Life


金峯山寺では、護摩供をしていましたが、目の前で見るとなかなかの迫力!


Slow & Simple Life

吉水神社です。

Slow & Simple Life

吉野の桜を見ると、西行を思い出しますね。



この春は君に別れの惜しきかな 花のゆくえを思ひ忘れて


吉野山やがて出でしと思う身を 花散りなばと人や待つらむ


願わくば花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

奈良では、「奈良市写真美術館 」に行って来ました。


Slow & Simple Life


奈良の写真を数多く残した写真家、入江泰吉の作品を中心に奈良で活躍する写真家の作品を見ることが出来ます。入口横にある池を眺めながら地下の展示室へ。建物は黒川紀章による設計。


Slow & Simple Life Slow & Simple Life

大和路の数々の素晴らしい作品を眺めてゆったりした気分に浸れました。


奈良で、彩華ラーメン 食べました。場所は奈良店。


相変わらず「B級グルメ万歳」です。最近、フレンチのコースやらカニやら高級食材を食べると、普段食べ慣れていないからか必ずお腹を壊すので、怖くて食べられない。旅館の晩御飯もだめ、量多すぎ。

ラーメンならお腹壊したことがないので、安心して食べられるのです。(私は一生B級グルメしか食べられないのか?Queenly


彩華ラーメンって場所によって味が違うのかなぁ。去年、奈良の別の場所で食べた時は、ぎとぎとしてあまり美味しくなかったので、もう彩華ラーメンは食べることないかもって思うくらいだったのに、奈良店のは美味しかった!

スープが濃くて私好み。芦屋店で食べた時も美味しかったけれど、なんか店に寄って味が違うような気がする・・・。


Slow & Simple Life


Pat MethenyのOrchestrion聴きました。


自動演奏の楽器ということですが、バンドでやっているのと同じように聴こえますね。


曲が覚えられない。コンサートで聴いても、これ何の曲だっけ?って全然わからないかも。それくらいメロディがはっきりしていない曲達なんです。Patがすごいってことはよくわかりました。でもあまり印象に残らないのよね~。ソロ・アルバムならSecret Storyのようなのがいいのだけれど、ああいうのはもう作らないのかなぁ。


一番いいなって思ったのが最後の曲。ああ、Patの音だぁって浸れる箇所が随所にちりばめられ、盛り上がり方もいい。ゆっくり目の曲より、早い曲の方が今回は好みだな

アルバムは、何度も聴いたらもっと好きになれそう。来週はもっと聴きこもう!

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の週末、冬の晴れた日に奈良に行って来ました。特に目的も決めずにあちこちうろうろして、夕暮れ時に訪れたのが平城京跡。日の入りに間に合った!


Slow & Simple Life
Slow & Simple Life


4月24日から平城遷都1300年祭 が始まるので、朱雀門の周りは工事中で入れない。

逆光なのでシルエットだけ。

Slow & Simple Life

Slow & Simple Life


風も強くてとても寒い日だったのですが、犬のように走り回って写真を撮っておりました。

散歩に来ていた、どこかのラブラドールレトリバーが私を呆れて見ていました。ブゥー


いつも思うのだけれど、京都と違って、他県から来にくいのか奈良は人が少ないのがいい。

正倉院展の時とか以外は、どこもすいていて広々感じられます。おすすめスポットも多いのですが、車でないと行きにくい、というのもあるのかな。最近は、京都ではなくもっぱら奈良がお気に入りです。


Slow & Simple Life Slow & Simple Life
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前から行きたかった、奈良にあるアートな公園「室生山上公園芸術の森 」に行って来ました。


名阪国道、針インターを降りくねくねとした山道を「室生寺」目指して進む。途中綺麗な渓谷もありお天気が良くて初夏の頃や初秋の頃ならさぞかしいい場所だろうな・・・と。(今日は小雨がぱらついて寒かった)

大阪からだと1時間半位かかるかな。


13km行ったところに、ありました。もと棚田のあった土地に、イスラエル出身の彫刻家ダニ・カラヴァン氏が制作した芸術作品が並んでいます。


Slow & Simple Life

広々したところに、白うずまきや段々重ねの塔、竹林に囲まれたらせん階段等の彫刻が自然と融合された空間を作り出しています。行く時季や見る場所、立つ位置によってさまざまな表情を見せてくれそう。

少し不便な所にあるからか、人もまばらで解放感が味わえるのもいい。


仕事のことも色んなわずらわしいことも全部忘れて、心をからっぽにしてぼぉっとするにはいいですね。


Slow & Simple Life Slow & Simple Life Slow & Simple Life Slow & Simple Life Slow & Simple Life Slow & Simple Life Slow & Simple Life Slow & Simple Life

帰りは、香芝インターの「神座」でラーメン食べました。相変わらず混んでいるなぁ、この店は。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前ですが、奈良に泊りがけで行って来ました。


Slow & Simple Life 以前から行きたかったのが 「秋篠寺(あきしのでら)

五木寛之氏が「百寺巡礼 奈良」の中で「宝石のような寺」と称したほどの小さいながらも魅力的なお寺です。


このお寺のことを知ったのはこのブログから。随分前にコメントで「risaさんにオススメの素敵なお寺が奈良にありますよ。芸術の神様が祭られているのです」って頂いてからいつか行こう行こうと思いつつ2年以上経ち、やっと行くことが出来ました。コメントを下さった方はもうブログをされていないのですが、ご紹介くださった方、ありがとうございました。

撮影禁止なので写真はないですが、この本堂の中に「伎芸天」という仏さまがいらっしゃいます。芸術の守護神ということでアーティストに密かな人気なのですが、実に穏やかな表情、ゆったりとした佇まい、ちょっとふくよかでぽこんとでたお腹が愛らしい。いつまでも側にいて見つめていたくなるような仏様でした。


Slow & Simple Life このお寺の魅力のもう一つがふかふかの絨毯のような苔

門を入ってしばらく行くと、本堂までの道にこのような美しい苔が敷き詰められたお庭を見ることが出来ます。


人も少なく大変落ち着くところでした。


でも、意外と若いカップルや女性が来ていました。最近若い女性の間で仏像ブームというのもうなずける。

次の日は早起きして、奈良公園を散歩。


Slow & Simple Life

昨年放映されたドラマ「鹿男あをによし」を見てから、早朝の奈良公園を一度散歩してみたかったのです。 


ひんやりとした空気を感じながら、清清しい気持ちで石畳の道を歩きました。



まだ薄暗い頃、五重塔を見ながら猿沢池の横を通り


Slow & Simple Life 鷺池の浮見堂まで。


いつ見ても瀟洒で落ち着いた佇まい。


奈良も京都も、観光客が少ない朝が好きだなぁ。



ちょうどその頃太陽が出てきました。

朝日を浴びる鹿たち

Slow & Simple Life
Slow & Simple Life

Slow & Simple Life

その後、ホテルに戻り朝食を食べてから奈良市内を少しうろうろして朱雀門を見て帰りました。


来年2010年4月24日~11月14日

平城京跡で「「平常遷都1300年祭り」(せんとくんがマスコットのイベント)が開かれるということで、このあたりはさぞ賑わうことでしょうね。

百寺巡礼 第1巻 (1) (講談社文庫 い 1-60)/五木 寛之



いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は何してたかって言いますと、録画していたドラマ『鹿男あをによし』を4作分、最終回まで一気に見ていました。普段ドラマはほとんど見ないのだけれど、これは1.好きな奈良がロケ地 2. 原作を読んだところ 3.主役の二人が好き というめずらしく3つも条件が重なったので見ていました。


奈良の名所がたくさん出てきたのが良かったなぁ。私がよく行く場所も!ロケ地に使われた場所の写真です。(以前載せた写真もありますがお気に入りの写真なので再びご紹介)


浮見堂・・・藤原先生 (綾瀬はるか)、堀田イトちゃん (多部未華子)の待ち合わせの場所 二人ともほんと可愛かったです。はるかちゃんのボケ具合が何ともGOOD!鹿に無視されるところとか。小川先生に抱きしめられて「そんなことされたら勘違いしちゃいますから!」ってあせって言ってたところも。

去年の夏のイベント、燈花会(とうかえ)の時の写真です。夕暮時は雰囲気がありますよ。



猿沢池・・・先生たちが待ち合わせて、重さんとマドンナが二人で会った場所。マドンナが座っていたベンチはこの側です。

奈良公園(燈花会にて)


また奈良に行きたくなりました。
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:


奈良で、お蕎麦を食べて来ました。

お店は、彼岸花が咲いている田んぼや竹林がそばにあり、近くには綺麗な池やハイキングコースがある非常にのどかなところにあります。風情のある一軒屋に入ると、骨董品等に囲まれたお部屋が4つ。それぞれ独立していてテーブルも広くお庭を見たりしながらまったりゆったりとお蕎麦やケーキ&コーヒーが頂けます。

お蕎麦+けんちん汁(素朴なお味でおいしい)セット1200円を頂きました。食後に水出し煎茶を出してくださいます。


鶴亀庵 」 奈良県生駒市高山町5654-2

奈良は京都とまた違った雰囲気で、大変落ち着きますね。関東の方はなかなか行かれる機会がないと思いますが、奈良にも足を運ばれては。夏には燈花会 (とうかえ)や春日大社の万燈籠といった奈良らしい幻想的なイベントもありますし。(私は関西観光推進委員会の人間かっ)


京都よりも観光客が断然少ないので(正倉院展の時は人多いですが)、ゆったりと静かにお寺巡りができます。まずは近鉄奈良駅(JRの駅からでも歩いていけますがちょっと遠いかな)降りてからの奈良公園(鹿と戯れましょう)、興福寺、春日大社、東大寺、ならまち散策コース。

あと、世界最古の木造建築物「法隆寺」や唐招提寺、慈光院コース。飛鳥めぐりコース、大台ケ原や大峰山といった秘境&十津川コース、長谷寺、室生寺、当麻寺等、花で有名なお寺めぐりなどなど。ススキで有名な曽爾高原もあるし。どれも私は行きました~。あっ、大峰山だけは行ったことないです。(女人禁制なので) 癒されるスポット、景色満載ですよ。


来週久し振りに九州方面に出張なのですが、また雨のようです(涙) 私が動くと雨がふる~っ。

こちらで仕事しているときは、かんかんでりの夏のような良い天気がずっと続いていたのに。



最近これを読みました。

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)/文藝春秋
¥853
Amazon.co.jp

ロシア語通訳者、米原万理さんの読書評。この方の本は以前に何冊か読み、その博識ぶりやエネルギッシュで知性教養好奇心に溢れた生き方に感銘し、これも読んでみた。
紹介されている本は、お仕事柄ロシアや東欧関係の本が多いが、それ以外も幅広く読んでいらっしゃってこの方の書評を読むとどれも読んでみたくなる(さっそく紹介されていた奥田英朗の「イン・ザ・プール」を読んだ)

癌関係の本を読み漁り、藁をもすがる・・・気持ちで色んな医者等を訪ねに行く様子はちょっとつらい。(昔私のバイブルのようによく読んだジャーナリストの千葉敦子さんの本を思い出した)


今度は、米原さんの本で一番人気の「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」を読む予定(出張に持っていきます。新幹線の中で読もおっと)


米原さん、もうこの世にいらっしゃらないってなんて、信じられない・・・・。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
奈良の燈花会(とうかえ)に行って来ました。




夕暮時(19時15分位です)を狙って行ったので、薄明かりの中の小金色の浮見堂と、青い鷺池 桃色の花が輝いて大変美しかったです。神秘的で懐かしくて温かいろくそくの灯りを静かに見つめると、誰もが優しい気持ちになれる古都奈良の夏だけのイベント。京都と違って奈良は観光客が少なめなのと広々しているのがいい。近鉄奈良駅からすぐのところです。来年はあなたもいかが?今年は海外からの観光客も多く見ました。

3年続けて私は訪れています。去年の記事はココ


8月5日(日)~14日(火) 19:00~21:45  HPはココ

優しい灯りに包まれて、古都奈良を一緒に歩きたいよ。

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:

奈良に用事があったついでに、法隆寺に寄ってみました。


関西にずっと住んでいながら、実は法隆寺に来るのは初めてかも。


奈良県生駒郡斑鳩町にあります。1993年に世界遺産に指定された、世界最古の木造建築。聖徳太子が創建に関わったと言われています(確証はないそうですが)。


お寺は思ったよりもすごく広く、イメージとしては、五重塔がぽつねんと建っているのを想像していのたですが(ほら、正岡子規の俳句「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」ってなーんか寂しい感じがするから)、実際は、金堂、西院、夢殿等全部ゆっくり回ってたら結構時間かかるかもって言うくらい広いです。

こちらは中門

(今回はカメラを持っていなかったので、携帯カメラでとりあえず撮影)

今回なんで法隆寺に寄ってみたくなったかと言うと、先月、法隆寺の修繕・解体の仕事をされた宮大工の棟梁、西岡常一さんの「木のいのち、木のこころ」という本を読んだところだったから。


一つのことを何年もかけて成し遂げてきた方の言葉は非常に重みがあり、久し振りに感動した本です。

「百論をひとつに止めるの器量なき者は慎み恐れて匠長の座を去れ」

「木組みは寸法で組まず、木の癖で組め」等

心に響く言葉がちりばめられていて、西岡氏の仕事への情熱、後継者への接し方、いにしえの文化を守るという大仕事への身がひきしまるような仕事ぶり・・・どれも心が洗われるような背筋がしゃんとなるような文章です。


西岡 常一

木のいのち木のこころ〈天〉


特に教育に携わるお仕事をされている方、子育て中のお母さんが読まれると参考になるかもしれませんね。

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと前ですが、奈良ホテルで朝食を頂いてきました。オムレツの美しいこと!朝からこのような優雅な朝食を頂くと、気持ちだけでもゆったりした気分になれますね。



奈良ホテル は、明治42年創業。檜造りの本館は、大変クラシカルです。朝食を頂いた部屋も素敵で、気分は「華麗なる一族」♪(き、きぶんだけです!すいませんすいません)


今日は、ハービー・ハンコックとマイケル・ブレッカーの「Directions in Music」を聴いておりました。渋いです!これぞオトナのジャズ。マイルス・デイヴィスとジョン・コルトレーンへのトリビュートアルバム。

HERBIE HANCOCK/MICHAEL BRECKER/ ROY HARGROVE
Directions in Music: Live at Massey Hall
personnel:
Herbie Hancock(piano) Micheal Brecker(tenor sax) Roy Hargrove(Trumpet) John Patitucci(bass) Brian Blade(drums)
2001年10月25日 トロント、マッセイ・ホールにて

1. The Sorcerer (Hancock)
2. The Poet (Hargrove)
3 So What/Impressions (Davis/Coltrane)
4 Misstery (Hancock-Brecker-Hangrovel)
5 Naima (Coltrane)
6 Transition (Coltrane)
7 My Ship (Weill-Gershwin)
8 D Trane (Brecker)

5曲目「Naima」では、マイケル・ブレッカーが7分以上も無伴奏ソロを吹いています。7曲目「My Ship」は大変美しいバラード曲。Royの落ち着いたトランペット、ハービーのバックのピアノに酔いしれよう。

いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。