Slow & Simple Life

好きな音楽、映画、本、アート、お料理などなど。
日常から離れてゆったりされたい方に・・・。大人の時間をご一緒に。


テーマ:
ゲイリー・ムーア、ここ数年はバンドのレパートリー曲「Still Got The Blues」か、TVで「パリの散歩道」かの2曲しか聴いていなかったのですが、今朝、昔聴いた懐かしの曲を改めて聴いたら、しみじみと胸にせまってきて昔を思い出し、しばし現実逃避していました。

ゲイリー・ムーアを初めて聴いたのは30年近く前・・・?! その頃はEmpty Roomsがお気に入りの曲で、そればかり聴いていました。1980年代に来日した時も、大阪公演に行きました。昔過ぎてよく覚えていないのですが大阪フェスティバルホールだったかな。

ロック、それもギター曲が好きになったのは、ゲイリー・ムーアのお陰かもしれません。私にとっては思い入れの深いミュージシャンの一人です。

「ゲイリー・ムーアの曲、何が好き?」を募集中です。右のバナーに投票枠がありますのでお好きな曲があれば、教えてください。どうぞよろしくお願いします。

私の好きな曲の動画を下に並べてみました。

投票&コメントして下さった皆様、覗いて下さった皆様、ありがとうございます。
忘れていた曲も久しぶりに聴くことができました。
(投票は、期限なしで受け付けております。)


















AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

松本さんとコラボされたアルバム『Take Your Pick』がグラミー・最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞したラリー・カールトンがアルバム『Plays The Sound of Philadelphia』を携えて4月に来日するそうです。


日程

4月1日(金) ブルーノート名古屋

4月2日(土) ZEPP札幌

4月4日(月) Zepp Sendai

4月5日(火) 富山県民会館

4月6日(水) 大阪シアターブラーヴァ! 開場18:30、開演19:00 料金:\7,350(全席指定/税込)
4月8日(金)、4月9日(土)、4月10日(日)、4月11日(月)、4月12日(火) ブルーノート東京


メンバー

Larry Carlton(g)
Bill LaBounty (vo,key)
Barry Green(tb)
Mark Douthit(sax)
Mark Jordan(key,vo)
Travis Carlton(b)
Derico Watson(ds)
Casey Wasner(vo)


贅沢な夜になりそうですね。


大阪のシアターブラーヴァ!って行ったことがないのだけれどどんなんだろう。ブルーノートだったら絶対行っているのにな。ああ、大阪のブルーノートがなくなってしまったのがほんと悔しい。ジャズはお酒飲みながら聴きたい。


この間、たまたまラリー・カールトンの昔の曲を聴いていて、あれ?これってフュージョンというよりロックっぽいって思ったら、スティーブ・ルカサがギター弾いていました。


二人が1998年11月に大阪のブルーノートで演奏したライブアルバム『No Substitutions』です。

カールトンはルカサーの師匠なんですね。ルークのジャズ的な雰囲気の演奏は彼の影響だったんだっ(今頃知る私。遅すぎ)。


このアルバムには、ラリー・カールトンの78年の名盤『夜の彷徨』の中の『Room335』や『(It Was)Only Yesterday』やマイルス・デイヴィスの『All Blues』が入っています。


今日は、「(It Was) Only Yesterday」をご紹介。ココ で聴いてね。

非常にゆったりしたバラードです。

春の光がきらきらと反射している海沿いを彼女とドライブする時に聴くといいかもドキドキ


No Substitutions: Live in Osaka/Larry Carlton

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝から悲しいニュースが飛び込んできました。

Gary Mooreが休暇先のスペインで、昨日亡くなられたそうです。享年58歳。
BBCニュースより

好きなギタリストの一人でした。来日公演にも行きました。泣きのギターが聴ける彼のバラード曲が大好きで繰り返し繰り返し何度も聴いていました。昨日、バンドの練習でStill Got The Bluesを練習したところでした。私にとっては非常に想い出深いギタリストでした。私の青春がまた一つ終わった気分です。寂しいです。

彼のギターソロが、今日は余計心に染みいりますね。合掌。 



この曲も大好きでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
日曜日の晩に突然胃腸炎の風邪をひいてしまいました。(うつされたううっ・・・

突然ですよ、突然。それまですごく元気で、上機嫌で晩ご飯を食べた後に襲ってきました。昨日はふらふらしながら仕事にも行き、1時間位職場にいたのだけれど、「インフルエンザの可能性もあるので、すぐに帰って下さい。来ないで下さい。」と言われ、病院へ。胃腸炎風邪と言われる。

帰ってから、悪寒と熱が出てきて体の節々が痛い。お布団の中でうなぎのようにのたくる。熱をはかったら38度あるし。あまりにしんどくて、病院で処方された薬だけが頼り。カロナールって名前の薬(名前だけで効きそうな気がする)と、ブスコパン(ブスってあなたねぇ)ってふざけた名前の胃腸薬などを飲んでひたすら安静にする。

今朝起きたら、熱も下がって気分もまあまあになっていました。でも食欲ゼロ。食べ物のことを思い浮かべると吐きそうなくらい。お陰で1.2kgまた痩せました。

仕事は明日まで休みとっているので、なんだかずるしているみたい。子供の頃思い出すなあ。たいしてしんどくもないのに風邪ひいたとかいって学校さぼって家でだらだらしている気分。

風邪めったにひかないって記事に書いたとたん、ひくなんて。でも大したことなさそうです。良かった。2年ぶりの胃腸炎です。2年前東京行った時以来。なんだか2年ごとになるような。


音楽記事も書かなきゃってことで、この間はデヴィッド・ギルモアのソロアルバムを2枚聴きました。

いかにも!だったのが「狂気のプロフィール」ってアルバムの(このタイトル、変)最後から2曲目の「Let's Get Metaphysical」って曲。

最初っからだらだらギルモア節のギターです。



狂気のプロフィール/デヴィッド・ギルモア

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年、iPhoneを買った人が周りでもかなり多いのですが、見せてもらう度に欲しいなあと思う。(じゃあ、買えよ)って簡単にあーた、おっしゃいますが、今の携帯から乗り換えるつもりはない・・・と悩み中です。でもやっぱり欲しいなぁ(じゃあ、買えよ)

さきほど、ネット見ていたら iPhoneやiPadをギターアンプ&エフェクタに変える「AmpliTube iRig」というのがあるのを知りました。記事はココ

そして、そのiRigを使って演奏されている動画。すごいなぁ。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

夜中の雨風が、銀杏の葉を随分と落としてしまいました。


Slow & Simple Life Slow & Simple Life

今日のお昼は、友達に裏六甲にある素敵なお店に連れて行ってもらい、その後六甲山頂までドライブしました。詳しくはまた後日の記事で。


レコードを時々聴いているのですが、先日は、COLOSSEUM IIの3枚目のアルバム「War Dance」(1977年)を聴きました。


メンバーは

Gary Moore (G), Don Airey (Key), John Mole (B), Jon Hiseman (Dr)


メンバーを知らなければ、ギターがGary Mooreとはわからなかったかも。ブリティッシュジャズロックです。とにかく全員テクニシャンで、Garyもバリバリに弾いています。今、BandでGary Mooreのバラード曲を練習していますが、全然ちがーう。あの泣きのギターは、どこにも出てきません。Garyが若かりし頃は、こんなんだったのねぇ。

COLOSSEUM IIはフュージョンを目指していたようですが、これはロック色が濃いです。


1曲とても印象に残った曲があって、B面2曲目の「The Inquisition」という曲です。レコードで聴いたから、ちゃんと裏面ひっくり返しましたよ(めんどくさ)。


Gary Mooreのスパニッシュ・ギターがいいんだわぁ、これが。


War Dance/Colosseum II


私の好きな曲はこちらで聴けます。 → The Inquisition (War Danceより)



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

間もなく3連休も終わろうとしていますが、今日は良い天気に恵まれて、レジャーを満喫できた方も多いのでは。私?この3日間は、めずらしく全く楽器の練習予定がなく、ひたすら開放感に浸っていました。なんか嵐の前の静けさのよう。3日間、ヴァイオリンもピアノも一切触れずぽけ~ (あかんやんっ)。


昨日は六甲山をドライブしてきました。あいにく、天気は曇りのような晴れのような中途半端なお天気。


山頂は、六甲枝垂れ(しだれ)というのが出来ていました。昔は「回る十国展望台」っていうのがあったはず。今、六甲山では『芸術散歩2010』というイベントをやっていて、あちこちでアートが見られるようになっています。


そう言えば昔よく行っていた「六甲オリエンタルホテル」、3年前(2007年)に閉鎖され、今は跡形もなくなっていました。寂しい。泊ったこともあるし、大昔バーに飲みにだけ行ったり、なんかもしていたのに。バーから見える夜景が綺麗だったんですよね。


Slow & Simple Life

六甲枝垂れのカップル。いい感じドキドキ

 

Slow & Simple Life


バンドでGary Mooreの曲をするようになったので、この間、「Corridors of Power」を聴きました。1982年のGaryの出世作ですね。どの曲も懐かしい。 今になってまた改めてじっくり聴く機会がもてたのは嬉しい。

昔コンサートにも行きましたよ。ロックギターでこんなに美しいフレーズがあるんだって初めて思ったギタリストです。


コリドーズ・オブ・パワー/ゲイリー・ムーア


今回は、あまあまのバラード (今回は、というよりいつもやん) の

Always Gonna Love You と Falling In Love With You を コチラ  でどうぞ。 

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年最後の桜の記事を書いたのに、一昨日大阪に出る用事があってついでに造幣局の桜の通り抜けに寄ってみました。京阪天満橋駅で降りて、天満橋を渡って右方向にしばらく歩くと入口が出てきます。


混雑はしていたけれど、平日の3時頃だったのでなんとか写真を撮りながらも歩ける。

降り注ぐように咲いています。桜の種類がすごく多い。はなびらがみっしりつまった、ぼてぼてとした花が多いので、はかなげな「桜」のイメージではなく、艶やかです。

Slow & Simple Life

関西にずっと住んでいながら、造幣局の通り抜けに来たのは初めてだけれど、さすがに圧倒されました。

デジイチを持ってこなかったのが悔やまれる。でももう桜はお腹いっぱい。去年は京都の原谷苑の桜に圧倒され今年は造幣局の桜を堪能出来満足です。もう来年はいいです。ごちそうさまでした。


Slow & Simple Life Slow & Simple Life Slow & Simple Life


JEFF BECKの新しいアルバム「Emotion&Commotion」を聴きました。

エモーション・アンド・コモーション/ジェフ・ベック

1. CORPUS CHRISTI CAROL

2. HAMMERHEAD

3. NEVER ALONE

4. OVER THE RAINBOW

5. I PUT A SPELL ON YOU

6. SERENE

7. LILAC WINE

8. NESSUN DORMA

9. THERE'S NO OTHER ME

10. ELEGYU FOR DUNKIRK


BONUS TRACKS

11. POOR BOY

12. CRY ME RIVER


Over the Rainbow、誰も寝てはならぬ(NESSUN DORMA)、Cry Me A Riverといった有名曲や女性ヴォーカリスト3名をフューチャーしたのやらオーケストラをバックに弾いているのやら・・と、これは非常に聴きやすいアルバムだわ。


ROCKというより、フュージョン、イージーリスニング、クロスオーバー色が濃い。9曲目好きなんだけれど、最後の方でこれからギターが!ってところでしゅう~~ってフェイドアウトされたのはちょっとがっかり。でも本人曰く「ギター弾きまくり全開にするのではなく、他の人たちの居場所もちゃんと作ってあげる」ためらしい。余裕がウリのオトナの男らしい発言ね。「オレが、オレが」じゃなく、そういう控えめな態度の中年男性には若い女の子はほろっとなる(のでは)。


全体的にはほんわかな曲が多いですが、飽きさせない作りになっています。初めて聴いた時は、5曲目のJoss StoneをフューチャーしたI Put A Spell On Youが一番印象に残ったかな。女性ヴォーカルがかっこいい。


ベースのタルちゃん(Tal Wikenfeld)は、2,3,6,9曲目で参加しています。


JEFF BECKは昨年コンサートに行く前に色々聴いて改めてこの人のギターって美しいなあと思ったのだけれど、このアルバムを聴いてその美しさを再認識しました。


1曲だけupします。10曲目のELEGY FOR DUNKIRK

オリヴィア・セイフというオペラ歌手と共演している綺麗な曲。映画音楽みたい・・・と思ったら’07年に公開された英国の映画「つぐない」の曲だって。

新譜ということで期間限定。3日たったら消しますね。すみません。


貼り付け期間終了いたしました。聴いて下さった方ありがとうございましたありがとう。後はCD買って聴いてね~

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっぱり、桜は青空がお似合い。花が咲くのを邪魔するかのような花冷えもやっとあきらめたのか昨日今日は絶好のお花見日和でしたね。sakura03


昨日のお昼

大阪の靭(うつぼ)公園の桜。大阪は公園や緑が少ないので、周りのオフィス街の人たちの憩いの場となっています。この時期は、お昼はここでお弁当を食べる人がいっぱい。

ベンチでのんびりしているサラリーマンたちの顔がみーんなほんわかしている。大阪はもっと公園を作るべきなんじゃないかなぁ。と平日のお昼にここを歩くとよく思う。


Slow & Simple Life

今日は母と一緒にまったり散歩。

芦屋の「さくら通り」(茶屋之町) です。前に記事に書いた、食べログ兵庫スイーツランキング1位になった「プラン」もこの通りにあります。この近辺にかわいい店が多いしJR芦屋からも近いので今日も人がいっぱい。普段は静かなのにね。

Slow & Simple Life


3月は、寒く(季節外れの雪がよく降る)別れの季節なので苦手なのだけれど4月は好き。始まりの月だから。

気持ちを切り替えて頑張っていこう。最近またウォーキングを再開しました。今日は1万4千歩。


窓を開けて新しい風を入れ、深呼吸して前に向かって進んでいきたい。少しずつ少しずつ・・・。


ギタリスト、Vinnie Moore(ヴィニー・ムーア)の「Time Odyssey」から「April Sky」を。(これ数年前も紹介したけれど)

聴いたらすぐにわかると思いますが、J.S.Bachの「アリオーソ」と「G線上のアリア」をアレンジしています。エレクトリックギターのG線上のアリアもなかなか素敵。前半と後半は大人しく忠実にメロディーを弾いていますが、途中はちょっと炸裂してかっこいい。


Time Odyssey/Vinnie Moore


いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年、kossoffさんのところ で記事を拝見して、そこに貼り付けられていた2曲を聴き、「これはいいわぁっ~!」と即CDを購入したのが、オーストラリア出身の超絶技巧ギタリストのBrett Garsed(ブレット・ガースド)の「Big Sky」


最近聴いたらやっぱり良かった!

7月に購入して今頃聴くってどうゆーこと?って感じですが、実は買ってすぐに友人にあげてしまって(前も書いたが私はすぐに人にあげたり売ったりしてしまう)、そういうCDを買ったことさえ忘れていた・・・


で、こないだ友人に「すごくいいギターのCD見つけた!何故かうちの棚にあって・・・」って言われて

私「へー、誰誰?」

友人「えっ~っと、ブ、ブレット?なんちゃら」

私「はぁ? ブレッド?聞いたことないし。アメリカ人?イギリス人?」

友人「オーストラリアだって」

私「・・・・ひょっとしてそれ私があげたやつやーんっ!」


ってなことで、私はBretto Garsedって名前もCDをあげたことさえも忘れていました。(若年アルツではないだろうか?)


CD貸して貰って改めて聴いたけれど、いいねいいね。だから、どういいの?ってことなんですが、全部インストゥルメンタルでFusion系というか、ジェフ・ベック、ギルモア、アラン・ホーさん、ゲイリー・ムーアやなんかが好きな人におすすめですね。(つまり私の様な人におすすめ)


超絶技巧なんだけれど、メロディアスで抒情的なところもあって私好みです。

ビッグ・スカイ/ブレット・ガーズド

今回は、美しい「Friend Or Foe」と「Drowning」を


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。