Slow & Simple Life

好きな音楽、映画、本、アート、お料理などなど。
日常から離れてゆったりされたい方に・・・。大人の時間をご一緒に。


テーマ:

聴いて感動して涙がでそうになりました。


Fourplayの「Espirt De Four」というアルバムです。


メンバーは

Bob James (keys)

Chuck Loeb (g)

Nathan East (b)

Harvey Mason (ds)


1曲目の「December Dream」をラジオでたまたま聴いて、心奪われ、CDを即購入しました。


音楽だけ聴いたら「あれ?Pat Methenyに似ている!」と思いました。Fourplayってこんなんだっけ?っと思って調べたら、ギターがChuck Loebにかわったのね。


December Dreamを、外で太陽の光に満たされながら聴いたら涙でました。美しすぎて。

なんて優しい音。ギターとピアノがきらきらと絡み合って、合間のスキャットや盛り上がり方も抜群。激しいのよりソフトなのが好きな私としては(何の話?)、こんな包み込まれるような感じにされるとうっとりですね。


1,2,7曲は、Pat Mehtenyの曲って言われても信じるくらい Patサウンドです。それも、私が好きなアルバム、Secret StoryやLette From Homeの中の曲たちに似ている。


フュージョンやスムーズジャズ系って私にはイージーリスニングでBGMなので、印象に残らなかったりするのですが、このアルバムの曲は真剣に聴きたくなる。


7曲目も、メロディーがはっきりしていて好き。最後のフェイドアウトするところでエレキギターの音が少し聴こえてくるのですが、もっと聴きたい~と思ってしまった。もったいない使い方というか贅沢な曲の作り方だなぁ。


最後の曲は女性ヴォーカルのバラードで、最初聴いたとき、(綺麗な声、でもなんかこの曲だけ浮いているけど。でも締めくくりとしは悪くないか)と思ったら、松田聖子さんだったのですね。


この春はこれを聴きながらドライブしたい。


Esprit De Four/Heads Up



にほんブログ村


音楽 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


少し前の写真。年に1回、この景色が見られる場所に行きます。

山と海、港が同時に見られるこの景色が好き。


昨日は仕事帰りに、「Jasumine」(Keith Jarrett&Charlie Haden)を聴いていました。


Jasmine/Ecm Records

Amazon.co.jp


「成熟すると、いやこの言い方はやめておこう、、多くの経験を積むと演奏はシンプルになる」(キース・ジャレット)


ベースとピアノだけの、静かな静かなアルバムです。疲れた心にすっと優しく入ってきます。1曲目を聴いて涙が出そうになりました。歳とともにすぐに涙もろくなるっていうのはよく聞きますがまさしくです。

TV、バラエティによく出ている離婚された女医さんが番組中によく泣いていますが、彼女の気持ちがよくわかります。


私は、4曲目の「One Day I'll Fly Away」が気に入りました。この曲、一番メロディがはっきりしています。後はイージーリスニング。際立ったメロディーはないのですが、どれもしっとり美しい。


最後の曲もいいな。「Don't Ever Leave Me」 3分弱と短い曲ですが、しめくくりにいい。では、おやすみなさい、っていいたくなります。


今、これを書いているのは朝ですけれど。このアルバムは夜、愛する人と聴くのが一番ですね。では。




音楽 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっと昨日年賀状書き終わったー。裏も表もほぼ手書きなので、時間かかるのなんの。

じゃあ、ぜんぶパソコンで作ったらいいやんって話ですが、書道やってる私としてはそれは嫌だ。


なんだか疲れてしまって、掃除する気力がない・・・(ただの言い訳)


掃除する時に良さそうなBGMは?ってことで

ジャズピアニスト、上原ひろみさんのデビューアルバム「Another Mind」のご紹介。ベースがアンソニー・ジャクソン、ギターはデヴィッド・フュージンスキーです。


このアルバムの1曲目の「XYZ」がEL&Pのタルカス風だってことで、プログレ好きおやじの間で話題になっていたので聴いてみました。ふむふむ、確かに。プログレっぽい曲ですねぇ。


2,3曲目はフュージョン。ギターやSaxがメインのところもあって、ピアノが裏方になるところも。チック・コリア風だったり、色んな要素が入っています。綺麗なメロディーや抒情的な感じはあまりなく、左手をがんがんに叩きながら右手を高速で弾いたり、テクニック前面押し出しのパワフルな演奏です。タイトル曲のAnother Mind、綺麗な音階風の箇所が出て来て聴きごたえあります。


ジャズピアノを聴いたことなくて、初めてこれを聴いたならば、えーっ?うるさい~っ、メロディーよくわからない、何これ?て思ってしまうかも。クラシックで言えば、ストラヴィンスキー風というか。古いジャズピアノトリオがスタンダードをゆったりと弾いているのとは全然違います。


でも、迫力あってやっぱり上手いですねぇ。プログレ好きの私としては、十分楽しめました。


アナザー・マインド/上原ひろみ


今回は、期間限定で XYZをご紹介。(数日たったら消しますね。すみません) ココ でどうぞ

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

数日前、メインで使っているDELLのデスクトップPCが突然動かなくなりあせりました。

オークション落札直前でよりによってフリーズするなんてっ!


同時進行で色々なソフトを起動しすぎたせいだと思うのですが、いつもなら再起動したら大丈夫なのに、その時はそれでもだめ。

私はPCにパスワードをかけているのですが、パスワードを入力する画面までは出てくれるのにそれから全く動かなくなってしまいました。


7年半使っているのでついにご臨終か・・・と思ったのですが、いつも冷静で(?)すぐには諦めない私。電源を入れ直し、暗い画面の時にF8キーを押し続けてセーフモードで起動。なんとかWindowsの画面は出たけれど、やっぱり動かない。あーあ、ついに駄目かガーン。去年の夏にデータをバックアップした後してなかったなぁ。この1年で新しく知り合った方のメールアドレス、写真、音楽データ全て失うことになるなとしょんぼりして、とりあえず起動しなおしたら・・・何故か戻った~っ!! (一時は開き直ってもうこの際ネットするのを1ヶ月くらいやめようかと思った。まあ、そういう月があってもいいかなとは今でも思っていますが)

でも人生にトラブルはつきものですね。さまざまな機械の故障から、仕事でのトラブル、変な人との遭遇、別れ、離婚、病気、リストラ、倒産(話暗くなってきたっ)・・・でもって、そういう不測の事態が起こった時に、いかに対処するかが問題なわけで、仕事でもそうだけれど、危機管理能力というか万が一を想定して日頃からの準備なり精神力を養うなりも大事だし、ずるいかもしれないけれど逃げ道を作っておくなり、一つの考え方に固執せずに、こちらが駄目ならこちらがあるさ、みたいな柔軟性、しなやかな感性、良い意味での"いい加減さ"がこれからの時代必要かと、たかがマシントラブルなのに、大袈裟なことを朝から考えていたのでした。



話は全然変わりますが、最近聴いたアルバムで良かった曲。


Herbie Hncockの「IMAGINE PROJECT

ジェフ・ベック、デイヴ・マシューズ、デレック・トラックス、チャカ・カーン、アヌーシュカ・シャンカール、ティナリウェン、インディア・アリー、フアネス、ウェイン・ショーター、マーカス・ミラー、リオーネル・ルエケといった豪華ミュージシャンが参加しています。


Herbie Hancockのピアノ、さすがですね。今回は全体的に非常に控えめに弾いていますが、歌と歌の合間のさりげない音やフレーズが美しくはっとさせられます。


1曲目のIMAGINEのイントロから引き込まれました。静から動へと流れるような編曲も素晴らしい。ジェフ・ベックがちょろっとギターを弾いているのですが、出来ればもっと弾いて欲しかったかな。


イマジン・プロジェクト/ハービー・ハンコック


曲UPは終了いたしました。聴いてくださった方ありがとうございました。



暑い日が続きますが、どうか皆様ご自愛なさって、極暑を乗り切られますように・・・。

そして、楽しい夏を過ごされますように。


では、いつかまた。


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は爽やかでしたね。潮風が優しくカーテンをゆらし、潮騒の音、海の匂いが間もなくやってくる盛夏を感じさせてくれました。こんな日は、シーツを洗濯して、窓を磨いた後、お気に入りの音楽をかけながら軽いブランチの用意。昼からワインでもいいな。


沖縄料理のタコライス(Taco-Rice)作りました。(タコは入ってません)

あっさりしていてあっという間に食べられます。ヘルシーです。


Slow & Simple Life


☆材料(2人分)☆

ごはん 豚ひき肉 120g  たまねぎ 1/2個  トマト 1/3個  レタス 3枚

かいわれ大根、にんにく、カシューナッツ プロセスチーズ 適量

A(粉末コンソメ 小さじ1  ホールトマト 30g  粉末とうがらし、オレガノ、ナツメグ、塩こしょう 少々)


☆作り方☆

1. たまねぎとにんにくはみじん切り、トマトとチーズはさいのめ、レタスはざく切り、カイワレ大根は1/2に切り、カシューナッツは砕く。

2. 強火のフライパンに油をひき、にんにくとたまねぎを炒め、豚ひき肉を加え炒める。調味料Aを加えて5分ほど炒める。

3. 器にごはんを盛り、レタス・トマト・カシューナッツ・チーズ・カイワレ大根をのせる。



夏に聴くのにぴったりの音楽、と言えば「ブラジル音楽」でしょう。

今回ご紹介するのは、「ブラジルの声」と呼ばれるMPB(Música Popular Brasileira ブラジルポピュラー界)では有名なMilon Nascimento(ミルトン・ナシメント) 国境を超え多くのミュージシャンに影響を与えている方です。


ミルトン・ナシメント


1942年リオデジャネイロ生まれ。1969年にメジャー・デビュー。ウェイン・ショーターやサラ・ヴォーンと共演し、1990年にはポール・サイモンの『リズム・オブ・ザ・セインツ』に参加。

1991年のアルバム『TXAI』は、ビルボード誌のワールドミュージック・チャートで1位を獲得。

1998年には、アルバム『NASCIMENTO』で、グラミー賞のワールドミュージック部門を獲得。

2008年、ジョビン・トリオ(アントニオ・カルロス・ジョビンの息子パウロ・ジョビンが率いるグループ)との連名によるアルバム『NOVAS BOSSAS』発表。(Wikipediaより)


パット・メセニー大ファンの方なら誰でも知っている人です。だって『ANGELUS』にパットが参加しているのですが、まさにメセニーサウンドになっていますから。


94年のアルバム『ANGELUS』には、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、、パット・メセニー、ジェームス・テイラー、ピーター・ガブリエルといった豪華なメンバーが参加。


このアルバムは4年前から時折聴いており、聴くたびに開放的な爽やかな気分になりますね。

中でも、ジェームス・テイラーと共演の「Only A Dream In RIO」やビートルズの「Hello Goodbye」、Patと共演している「Vera Cruz」、Pat Methney、Herbie Hancock、Ron Carter、Jack Dejohnette、Rovertinho Silvaと共演している「Novena」がお気に入り。


今回は、「Only A Dream In Rio」と「Vera Cruz」をご紹介。

家に居ながらにして、ブラジルの風を一緒に感じちゃいましょう。


Angelus/Milton Nascimento

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
都会の喧騒から逃れ、郊外のイタリアンで食事をし、ほろ酔い気分でホテルのバーへ。
ガラス張りのバーの扉を開け、スツールに滑り込む。
「いらっしゃいませ」 バーテンダーの低めの声が心地いい。うす暗い照明、窓から見えるのは遠くに海、そしてきらめく夜景。上質な空間の中、あなたの隣でカクテルを飲む。
BGMは、静かでロマンチックなピアノ・・・

「私の好きな曲、Stella by Starlightよ。」
「素敵な曲だね。僕たちにぴったりだ。」

言葉はいらない。あなたの隣でこうして静かに同じ時間を共有しているだけでしあわせ。
次の曲もピアノ曲。感傷的でゆるかな調べに身を・・・ん?

?この曲なんかに似ている・・・えっとえっと、アントニオ猪木が何故か浮かんでくるんですけど。

甘い気分に浸っていたら、どこからか「いのきっ、ボンバイエ、ボンバイエ!」の大合唱が
Telkens weer

この曲って、似てる・・・(´ノω・。) ボンバイエの曲に。私のロマンチックな気分を返して~。


曲は澤野工房レーベル、オランダのジャズピアニスト JOS VAN BEEST TRIOの「SWINGIN' SFOTLY」というアルバムから。
(前半のストーリーはフィクションです。←わかってるって)

ボンバイエに"似てる"と言えばこれも思い出した!
Santanaのアルバム「SuperNatural」の中の「El Farol」って曲です。
うーん、この曲たちってFly Me To The Moonっぽいですね。心地よいコード進行とも言える。
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近聴いたアルバムで、大のオススメがジャズ・トランペッターのクリス・ボッティのボストン・シンフォニー・ホールでのライブアルバム。
Slow & Simple Life

ボストン・ポップス・オーケストラをバックに、StingエアロスミスのSteven TylerYo-Yo MaJosh GrobanJohn Mayerといった豪華メンバーをゲストに迎え、それはそれはゴージャスで大人のための素敵なライブになっています。


DVDでは、曲数がなんと39曲! クリスのミュートトランペットももちろんですが、サイドメンの黒人の人たちが上手い!ゲストも素晴らしいしもう言うことなし。Steven Tylerは、「Cryin' 」と名曲「Smile」を歌っています。

私の大好きなStingのShape Of My Heart も聴けるしもう最高。 クリス、相変わらず素敵だなぁ。スーツが決まっていて・・・あなた、かっこ良すぎドキドキ


このDVDは、友人が勤めている事務所のとあるセミナールームで観たのですが、100インチの大画面&BOSEのスピーカーで堪能。臨場感たっぷり。その後車の中でも観て、別の場所でも観て、合計3回も観てしまった。


一番、鳥肌もんだったのは、Yo-Yo Maとの「Cinema Paradiso

ニュー・シネマ・パラダイスです。Yo-Yo Maのチェロの音色はビロードのよう。この曲を聴くと、胸がしめつけられるようになるので嫌なんですが、クリスの甘い甘い音色とチェロの音色にうっとり&釘付け。ほとんどフリーズしたまま観てしまいました。

Chris Botti in Boston [CD+DVD]

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

T-Sqareのとっておきのバラード、「Forgotten Saga」がどうしても聴きたくてCDラックをあさっていたら、このCDの中に入っていることを発見。




なんじゃこりゃ?・・・と思ったら昔自分が作ったCDでした。にま~ しっとりしたバラード系のフュージョン、ジャズの曲ばかり集めてジャケットも自分で作って(多分wordで作った)・・・昔は、ヒマ マメだったんだな~。ぽけ~


好きな人と、それらしき場所(例えば海辺のリゾートホテルとか)で「それなりのシチュエーション」の時になんかに聴けたらいいなあってとんでもない妄想をしながら作ったアルバム。実際聴いたかって?う~ん・・・ううっ・・・


「それなりのシチュエーション」の時のBGMはこだわっておりました。TVなんかついていたらがっくりです。せっかくいいムードなのに、後ろで大阪弁で「なんでやねん!」「アホか」とか「いち、にぃ、しゃぁ~ん!」とか聴こえてきたら萎えます。(あっ、萎えますっていうのは男性だけの表現?)

ほんとはね、BGMはあなたの甘い吐息だけでいいのハート


今回自分で作ったこのアルバムの中から4曲ご紹介。

Forgotten Saga (T-Square)

Here, There And Everywhere (George Benson)

Pure Thoughts (Makoto Ozone)

Over The Rainbow (Chet Baker)


Forgotten Sagaは死ぬほど好きだった曲。途中のピアノがどうしても弾きたくてスコア譜まで買いました。当時周りにフュージョンやってる人がいなかったので演奏できずだったけれど。

これ聴くと泣くので聴きたくない。今回も久し振りに聴いて泣きました。

一人で聴けない・・・お願い、一緒に聴いて。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:


オケの練習からの帰り道、ピンクに染まる空が綺麗だったので家に着いたら急いで屋上のバルコニーにあがって西の空を見上げておりました。


アメリカン・ドリームス/チャーリー・ヘイデン with マイケル・ブレッカー


前回の記事でちらっと紹介したチャーリー・ヘイデンの「American Dreams」 こういう夕暮時にぴったりです。ジャケットの写真もそんな感じだし。


マイケル・ブレッカー、ブラッド・メルドーという贅沢なメンバーを従えたヘイデンのバラード・アルバムです。

曲はパット・メセニー、キース・ジャレット、デイブ・グルーシン、メルドー、オーネット・コールマン、ドン・セベスキー、ヴィンス・メンドーサ、などなど。ベースにサックスとピアノがからみあい、贅沢にストリングスも従え甘く優しい調べにうっとり。


今回は、Travelsをオリジナルのパット・メセニー盤と並べて紹介します。聞き比べてみてね。ギターorサックス、どちらがお好みかな。どちらもゆったりとしていて聴いていたら、夜行列車か夜行バスに乗って西の方に旅したくなるような曲です。(なんで西って? 夕日に向って旅したいから)

あと America the Beautiful とドン・セベスキーの美しい曲 Bittersweetもご紹介。


疲れたあなたの心も体も癒せてあげたらいいのになぁ。


曲目(カッコの中は作曲者です)

01 American Dreams (Charlie Haden)

02 Travels (Pat Metheny&Lyle Mays)

03 No Lonely Nights(Keith Jarrett)

04 It Might Be You (Alan and Marilyn Bergman, Dave Grusin)

05 Prism (Keith Jarrett)

06 America the Beautiful (Katharine Lee Bates, Samuel Augustus Ward)

07 Nightfall (Chalie Haden)

08 Ron's Place (Brad Mehldau)

09 Bittersweet (Don Sebesky)

10 Young and Foolis (Arnold B. Horwitt, Albert Hague)

11 Bird Food (Ornette Coleman)

12 Sotto Voce (Vince Mendoza)

13 Love Like Ours (Alan and Marilyn Bergman, Dave Grusin)

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

JAZZ永遠の初心者の私は、何を聴いていいのかわからない時とりあえず「定番・名盤」と言われているものに手を出してみる。(安易) 


聴いて(TrumpetとSaxが対位法的に絡んでむにゃむにゃ)や(強烈なヴァイヴレーションを伴ったemotionalなplayだなあ、うんうん)や(素晴らしいインタープレイ)だとか(和声展開を巧みに施しているなあ)


・・・・なんてことは思うわけがなく(みんな聴きながらそんなこと思ってんのかなぁ)、ただ(この曲CMで知ってる~)とか(これのどこがいいのかさっぱりわからへん)とか(ふーん・・・・)とか小学生並の感想しか浮かばない・・・・(-_-;)


でもこういった名盤たちは何回か聴いて終わりっていうような邦楽のヒットアルバムとは違って、時々また聴きたいな~と思わせる何かを持っていたりするのよね。


JAZZはよくわかんない、って時々言われるけれど(特に女性)、私は音楽なんて「わかる、わからない」で聴いたことがない。(前衛書道と一緒) 別に難しいとか思ったこともなく(演奏するのは難しそうだけれど(>_<)) ただ何も考えずに聴く。名盤って言われていても自分の好みじゃない音楽も一杯あるし。色々聴いてみてああ、いいなあって曲に少しでも出会えたら私はしあわせ。


私が手を出してみたJAZZ定番の何枚か。


Somethin’ Else/Cannonball Adderley


JAZZのCDとりあえず1枚買ってみたいって方用。マイルス・デイヴィスの「枯葉」が入っている。ミュート・トランペットやっぱりいいいいいい~っ!

ゲッツ/ジルベルト/スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト


「イパネマの娘」はここからヒット。

「おしゃれなカフェ」でかかっている甘ったるいボサノヴァは大嫌いだけれどこのアルバムは好き。文句なく心地良い (最近どこ行っても店でボサノヴァがかかっているのでだんだん腹立ってくる私ってやっぱりあまのじゃく)

クール・ストラッティン/ソニー・クラーク

あまりに有名なこのジャケット。友達が言うのはこれ、CD屋で「女の子を口説くためのアルバム」(なんじゃそりゃ)ってポップ付きで置いてあったらしいけれどちょっと違うかも・・・。ピアノが結構土臭く正直言って女性好みというかおっさん好みと思うのですが。つまりこれぞジャズって感じなんだろうな。JAZZ聴いたことない彼女にこれをいきなり聴かせても口説けないと思いますのであしからず(多分)

ブリージン/ジョージ・ベンソン


あっ、これJAZZというよりフュージョン?まあ、いいや。この中ではレオン・ラッセルの「マスカレード」歌っているのよ。彼の声好き。(感想はそれだけかいっ)



Time Out/Dave Brubeck Quartet

前も紹介したけれど、5拍子の名曲「Take Five」が入っている。これってクラシック並みの変拍子をジャズでしたらどうなるかな~ってことで実験的に作ったアルバムらしい。
日本ではCMに使われたから余計有名になったんだろうな。

A Day in the Life/Wes Montgomery

オーケストラを使っていてイージーリスニングジャズと言われている。エリノア・リグビー等ポピュラーな曲を軽い感じで弾いていてこれは聴きやすいね。A Day In The Lifeもまったりと仕上がっていて、これからの季節、ドライブのお共にいいかも。(車の中で彼女に「なんだか古くさそうなギター」って言われたとしても私はしりません)

**************************************************************************************************
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。