Slow & Simple Life

好きな音楽、映画、本、アート、お料理などなど。
日常から離れてゆったりされたい方に・・・。大人の時間をご一緒に。


テーマ:

Purple_Hazeさんが以前家に送ってくださったCDとDVD.


ムーディー・ブルースの「童夢」のことを記事に書いていらっしゃって、私が「聴いたことないので聴いてみますね」とコメントしたらすぐに送ってくださった。


ジョニ・ミッチェルの「Shadows&Light」は、パット・メセニーが共演しているってことで「是非聴いてみて!」って。


Led ZeppelinのDVDも、ずいぶん前で何がきっかけだったのか忘れたのだけれど「見てね!」って。




毎日、FBで「ファイ!」ってみんなを、そして自分を励まし続けてくださったなぁ。さびしいなぁ。


実感がわかない・・・。

ご家族が見ていらっしゃるのか、FBでPurpleさんのアイコンのところが「オンライン中」とか「3時間前にオンライン」って表示されることがあって、さっきも「オンライン中」になっていてどきっとしました。
ほら、まだPurpleさん、見てる! 亡くなったなんてうそだよね。って思ってしまう。


長くブログやSNSをしているとこういう寂しい思いをすることもあるんですね。想像できなかったです。


SNSしていると、つながっている感覚は楽しいけれど、それが失われた時の喪失感はSNSしていないより数倍も大きい。普段会えない友人たちが、「あっ、今オンラインしている」、とか記事アップしてくれたら「元気そうで良かった」とか手に取るようにわかるけれど、それがなくなったら本当に寂しいものですね。
SNSの短所を実感しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

1971~1976年の日本のロック、フォークなどのバンド、グループ一覧を見つけました。


下の画像をクリックしてください。

あいうえお順にバンド名、写真、活動年、メンバー、担当楽器等の一覧を見ることができます。


今は60代の人達なのかな。今も活躍されている方も多いでしょうね。

ブログの記事にもよく書いていますが、この世代に産まれたかったです。70年代は洋楽も邦楽も好きだし。

80年代の音楽はリアルタイムで聴いてきましたが、なんか70年代洋楽の方が聴いていて好きな曲が多い。


日本そのものが、高度経済成長期でとても活気がありましたよね。この頃学生だったら、もっと楽しかった(と思う)。



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

Live終わりました。


想像通り、たくさんの方が来られて盛況でした。座れない方がいて申し訳なかったです。(思った通り)

お客さんもとても盛り上げてくれて良かったです。


全然緊張しなかったですが、やっぱり練習通りにはいかないものですねぇ。

ハウリング等がおこるので、Vocalのエフェクターが使えなかったり、グランドピアノのふたがあけられなかったり、その他もろもろ。


↓こんな感じで、ピアノの上にタオルをかましてあるんです。見た目がかっこわるい~。


Slow & Simple Life



それから・・・・


メンバー紹介で、私だけスルーされましたQueenly

信じられません、あれだけ練習したのに。私自身もだし、みんなでも何度も何度も。


ブルースするから、ブルースの本まで買ってコードも覚えて、家で何度も練習してたのに。

一体、あれはなんだったんでしょう。


でね、メンバー紹介が始まったら、何故かキーボードの音はでないし。

あれは、PA担当が、キーボードの音だけ切ってたとしか思えない。ひどい。

(でも、私の紹介が仮にあったとしても、音はすぐに出なかったんですよね。複雑な気持ち・・・。)


あーっ、私の出番がもうすぐ~ってあせってたら、抜かされて、次の楽器の紹介にうつり

その後やっと音が出て、気づいてくれるかな?と思ったら、そのまま歌が始まり、終わっちゃいました。

で、それが最後の曲だったので、結局私はスルーされたまま。


他のメンバーも、言ってくれたらいいものを。


ひどいーーーー!


せっかく盛り上がって、最後楽しく終われると思ったのに、MC担当のせいで台無しです。

そのくらい、いいやんって思われるかもしれませんが、それ以外にも色々とここには書けないことがあって、今非常に落ち込んでいます。


ひどいよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:
デミグラスオムライスを作ってみたらば、めちゃくちゃ美味しかったので写真にとっといたよ。

$Slow & Simple Life


この間はバンドの練習でした。Liveでする曲順も決まり、あとは練習するのみ。

Vocalが、スティーヴィー・レイボーンをしたいって言い出す。
Leave My Girl Aloneをすることになった。

この間、1回だけ合わせてたけれど、この曲ってコード3つしかない!
AとDとEだけ。

で、後半はえんえんとだらだらソロを演奏しあう。

Liveでは、この曲でメンバー紹介をしようってことになった。
(また、そんな簡単に決めるしQueenly

私、ブルース初めてなんですけど。
ブルーズ?ブルース? それさえわからないようなレベルです。
渋いオルガンの音。綺麗な音じゃなく、ぎゃあっぎゃあ(?)って感じの音。

よっしゃ、ここは、一発、かっこいいアドリブを弾いてやろうじゃないですかっ (身の程知らず)

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ2週間位楽器を弾いていない。気分的に弾く気にならず。ヴァイオリンの弾き方、忘れてしまいそう。

だめだだめだ、そんなこと言っていてはっ。明日の午前中こそは絶対練習する!するったらする!


バンドの練習で新しい曲を2曲するのに、これまた全くやる気おこらず・・・。

明日の午前中は絶対練習する!するったらする!



そうそう、昨年末、スタジオで演奏したのをライン録りしてCDに入れてみました。

聴くのもおぞましい出来かと思いきや、さすがライン録り。風邪ひいて声が出なかったVo以外なかなかの出来で、スティーヴィーの私のピアノもいい感じやんっ。いつもはうるさくてしゃあないDsも、その日は徹夜飲み会明けで、吐きそうになって叩いていたので音が小さめで良かったな。(録音したのをネットにアップしてって声は完全無視です)


この間、Vocalがエフェクターを買いに行くっていうので、VoとGとDsとで仕事帰りに楽器屋さんに寄りました。


BOSS/Vocal Processor VE-20【smtb-ms】

¥24,800


を、Voが購入。効果のほどは今度の練習のお楽しみ。


それから、近くの、串カツメインの居酒屋さんで新年会。中年にもなると、酒の場の話題によく登場するのが「昔なつかしの○○」といったノスタルジー溢れる昔の話。どんなオーディオがあった、やらこんなレコード聴いた、やら。


私が「年末に32番街に行った」って話をすると、Gが「昔ダイガってレコード屋があった」って話から、しばらくローカル話題で盛り上がりました。


その後、Stairway To Heavenを誰がカヴァーしているか?って話に移り、TOTOのスティーヴ・ルカサーがFar Corporationというバンドでカヴァーしているレコードをメンバーの一人が持っているということで、それを借してもらって、mp3に落としてみました。


Far Corporationは、1986年のバンドで、Bobby Kimball(Vo)TOTO/ Robin Mcauly(Vo)MSG/ Steve Lukather(G)TOTO/ David Paich(Key)TOTO/ Simon Phillips(Dr)TOTO/ などのl豪華メンバーで結成されています。


A面の1曲目が「Stairway To Heaven」で、曲の前半は原曲にかなり忠実で、後半はポップで軽いノリになっています。

バンドでこの曲を練習した時に、イントロのリコーダーの部分を私はシンセの女性コーラスの音色を使って演奏していたのだけれど、この曲の音がまさしくこんな感じ。


TOTOのメンバーが多いので、A面の3曲目は、Hold The Lineにそっくりでした。


Stairway To Heaven、期間限定でアップします。(著作権のこともあるのですぐに消します、ごめんなさい)


ココ
からどうぞ。(プチプチいったり音あまり良くないです、ごめんなさい)


Division One/Far Corporation

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまたBandの曲が追加された。
どれだけ増やしたら気がすむのや~っ!はぁ??

こんな激しい曲歌って大丈夫なのか?って思うけれど、とても気持ち良く歌いやすいって・・・あれきた。

まあ、これはキーボードはめちゃくちゃ簡単なので、さっき1回練習してもう、いいかって。
問題は Lazy・・・(まだ言ってる)

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまたバンドの話で恐縮です。

数か月前は、まさか自分がキーボードをまた弾くことになるなんて夢にも思わなかったので、いやあ、人生何が起こるかわからないもんですね。とか、言いながら、たまにブログのコメでも「キーボード弾きたい」とかつぶやいていましたので、あながち「思いもよらなかったこと」でもないか。

以前も私記事に書きましたが、皆様も日頃からしたいことがあったら、○○したいって夢を持ったり、つぶやいていた方がいいですよ。そしたら、自然とそれが向こうからやってきたりするから・・・。

ヴォーカルの友人ですが、バンドなんて今さら嫌だとか何とか言いながら断っていたくせに、生演奏で歌うのがよほど気持ち良かったのか、あれもこれも歌いたい。楽器もしたい、とか言いだして、私を含め周りはあきれ気味。だから、前から「バンドしたら?」とか言ってたのに。

なんかしたい曲ある?って聞かれたので「Burnのキーボードはいつか弾いてみたい。」って言ってしまったのが、今思えば大きな間違いだったような。Burnに関しては無視され、こちらの意思全くおかまいなく曲が決定された模様。友人はもう大はりきりで、ブルースハープ(ハーモニカ)も買ったらしい。(下の動画の曲です)

この曲そう言えば、聴いたことないなあと思って、YouTubeで見たならば・・・・

えーーーーーっ、これを弾けってかっ!? リズム感ゼロの私にっ!?

ひえーーーーー叫び

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ わかりました。受けてたちましょう。(声が小さい。多分無理汗

それにしても、普段ヴァイオリンで、大変大人しく優雅に(?)クラシック曲を弾いている私が、こんなばりばりのハードロックの曲をするなんて誰も想像つかないだろうな。

年寄りにこんな激しい曲させるなんてQueenly

私の夏はまだ終わりそうにない。

いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:

めちゃくちゃ久しぶりにスタジオでキーボード弾きました。


Slow & Simple Life


スタジオでバンドの練習なんて何年ぶりだろう・・・。もうはるか彼方の昔以来。


前も記事で書いたRainbowとLed Zeppelinの曲を1曲ずつ。私、家でほとんど練習せずに参加したけれど、楽譜があったので何とか弾けた。


普段、アコースティックな世界にいるので、ロックの世界なんてすごく新鮮でした。ああ、懐かしいなぁ。

クラシックの世界とは全く違う感じ(当たり前)。


まあ、完全に遊びで参加したので、楽しかったです。

次は、この曲をするかも。泣きのギターがいいっ


いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

大昔、バンドでドラム&ヴォーカルをやっていたという、以前仕事でお世話になっていた人(今は友人)から、1回だけ、とある曲を歌いたいので、キーボード弾く?って誘われた。


その友人はめちゃくちゃ歌が上手いのだが、長年バンドからは遠ざかっていた、という理由で1曲だけしか歌わないそう(頑固な人なのだ)。

会社仲間の社会人バンドの人たちに何回も頼みこまれてやっとOKしたという。

バンドの人らもかなり上手いらしい。(まだその人らとは会ったことないけれど) 

ツインギターだって。きっと曲の後半は、ぎんぎんのソロ合戦になって、原曲とは違うことになりそうだな・・・。


うっわぁ、ロックのバンドなんて何年ぶりだろう。楽器を合わすって言っても、ここのところクラシックばっかりだったから、エレクトリック楽器と合わすなんてめちゃくちゃ久しぶりやぁ。


躊躇したのだけれど、1曲だけなら久しぶりにキーボード弾いてもいいかなぁ・・・。


イエスの「ラウンドアバウト」なら弾いたことあるよ、って言ったら「そんなんやらんっ!」って言われたブゥー


で、何やるの?って聞いたら


↓だって。この曲なら知ってる!キーがぴったりだそう。確かに声質似ている。


毎年必ず、新しいことことにチャレンジするようにしているのだけれど、今年はこれかな。誘われる内がハナってことで、何でもチャレンジしないとね!いくつになっても輝いていたいし。「歳だから」とか言いたくない。


いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、オケのチェロ弾きのお友達の家に遊びに行き、チェロのピアノ伴奏をして遊びました。15曲くらい次から次へと弾いて、何か弾いてって言うので、ショパンの幻想即興曲をちょこっとだけ弾いたりして久しぶりにピアノと戯れました。


ピアノを昔習っていた友達と話していて、バッハってインヴェンションやら平均率等の教本で結構練習した割には今全く弾けないよね・・・って話になり、Tonton Macouteのことを思い出しました。(そんなことを思い出す人は普通はいない)


兄が(勝手に)貸してくれた、ブリティッシュロックのトントン・マクート。名前だけ何となく知っているのは何故だろう。何故か懐かしい響き。大昔に聴いたのかもしれない。


ぼわんとした感じのキーフのジャケットが独特の雰囲気を醸し出している不思議なアルバム。2回位聴いたのだけれど、全然覚えられない曲・・・この人ら 売れようとか受けようとかは全くなく、「わたしらが好きなように演奏するからついてきたい人だけついてきたら?」といったスタンスですね。だからと言ってわかりにくいわけではなく、フルートやサックスがいい味出していて、牧歌的雰囲気の曲もあったり4ビートのちょっとおしゃれなジャズ風の曲もあったりなかなか面白い。全体的にくすんだ感じで、ああ、ブリティッシュだなあ~。


Tonton Macoute/Tonton Macoute


6曲目のNatural High Part1って曲を聴いていたら、突然懐かしいメロディーが!バッハのインヴェンション第13番イ短調じゃないですかっ。それまでの曲とは何のつながりもなく突然出てくるし。


昔さんざん練習したなあと、数十年以上前の楽譜を引っ張り出してきて、久しぶりに弾いてみました。

ピアノの先生に鉛筆でぐちゃぐちゃと書かれていますが、あまりに出来が悪い私に先生も相当いらいらしていたんだろうなあ・・という形跡が伺える(=´;3;`=)


Slow & Simple Life

インヴェンション、また練習してみようっと。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。