Slow & Simple Life

好きな音楽、映画、本、アート、お料理などなど。
日常から離れてゆったりされたい方に・・・。大人の時間をご一緒に。


テーマ:
来年、オケの定演でガーシュインのラプソディー・イン・ブルーをするかも。

やりたいなあと思っていた曲なので嬉しい。テンションあがる!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先週の某日は、オケの練習でした。




某中・高校の講堂を借りて練習。立派なホールだったのですが、その学校山の麓にあり、建物はコンクリート、暖房ほとんどなしだったので寒いのなんの!凍え死にそうになりながらの練習でした。

管楽器の人らはダウンジャケット等着てましたが、ヴァイオリンは襟がある服は着て弾けない。しょうがないのでカイロしてコートやひざ掛け巻いて、震えながら弾きました。

グリーグのピアノコンチェルトを練習したのですが、北欧のきーんとした曲の感じがこの寒い場所には合っているなあ、とまあそう思うしかないような寒さでした。は、はは・・(涙)

グリーグのピアノコンチェルト、ってどんな曲?って聞かれたら、ド音痴の私が冒頭の「チャチャチャ~、チャチャチャ、チャチャチャ~」って口ずさめば、「ああ~」ってわかってくれるような有名曲(冒頭だけ)ですね。

この曲は、ピアノのカデンツァがやたら多く、名人芸披露!みたいな本当にピアニストにとっては弾き甲斐のある曲かと思います。私も大好きな曲なので楽しみ!

グリーグのピアノ協奏曲イ短調作品16


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日の「題名のない音楽会 」で、プログレのことをとりあげるそうですよ、みなさんっ!(←誰?)


(司会・指揮:佐渡裕・司会:本間智恵(テレビ朝日アナウンサー) ゲスト:吉松隆(作曲家) ・山田五郎・マーティ・フリードマン・演奏:東京フィルハーモニー交響楽団)

曲は
K.エマーソン・吉松隆編曲「タルカス」冒頭
ロック版ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」
K.エマーソン・吉松隆編曲「タルカス」抜粋 M4:Kエマーソン・吉松隆編曲「タルカス」

ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」は、今度オケでも演奏する曲。楽しみ♪

この番組を見て、プログレって言葉を初めて知るクラシックファンもいるんだろうなぁ。これで、プログレに目覚めてEL&PのCDを買いに走る・・・なんてことはないか。
「わけわからん、うるさい、やっぱりロックってがさがさして嫌」・・・なんて感想をもつのかなぁ。

私の狭い世界、少ない経験からの話で申し訳ないのですが、ロックファンはクラシックも少しは聴くよって人は多いのですが、クラシックの楽器している人でロックを聴く人はごくわずか。というか、ほとんどお目にかかったことない。私が所属しているオケでも一人もいない(と思う、多分)。

何故かはわからない。特に女性では一人もいない。40~50代の男性では、クラシックやっていても、昔ロックバンドしていたって人には数名会ったことあるけれどね。

私は、人から言わせたら「いかにもヴァイオリン弾いてそう」に見えるらしく、およそロックが好きって感じじゃないので、ロック好きな人でも私とそういう会話にならないと思われているかもしれない。そんなら、明日から金髪にして、革のジャケット、黒のロングブーツ、でかいアクセサリー付けて、変な帽子でもかぶってみようか・・と、たまに思うのですが、そんなことして職を失いたくないし・・・。

プログレファンの弦楽器奏者、増えないかなー。特に、女性求む。(求人広告か?)
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

演奏会終わりました。来てくれた家族や友人に「感動して涙が出た」って言って貰えて嬉しかったなぁ。


この2週間位、頭の中はずっと演奏会の曲が流れていて、夜寝る前は(ああ、あの箇所がまだ弾けていない、明日は第1楽章のあそこと、第4楽章のあそこを集中的に練習しよう)って目標をたててから眠るのが日課になっていたり、昼間もえんえんと曲のことを考えていたり。一日中弾いていたこともあってグロッキー状態になったり。


管楽器が大失敗して(何故か自分ではなく)、お客さんが途中で半分以上帰ってしまう夢をみたり・・・これはあまりにリアルだったので夢の中で、(夢ですように!)と祈っていました。



今回、1曲目(23分)で、とある弦楽器奏者の女性が急に腹痛に襲われ、1ページめの途中からお腹を押さえたまま、前かがみになって全く弾けなくなるというアクシデントがありました。私は全然気付かずで、休憩時間に知ってびっくり。余程痛かったのだろうなと。


ゲネ(本番直前練習)の時、寒くって私もお腹も気分も悪くなってきたんですよね。それもよりによって、今から全楽章通しで練習しますって指揮者が言った直前。これ、本番になったらどうしようってあせっていて、3分くらい汗かきそうになりながら我慢していたら、とりあえずお昼の休憩時間まではもちこたえました。だから、ひとごとじゃなく。その彼女ですが、1曲目の後に病院で点滴を打ってもらって、夕方には家に戻ったみたい。本人からのメールでは大したことはなかったみたいで良かった。


あまりに曲が長く難しかったので、今まで一番練習した割には本番の感動がもひとつ。とにかく、失敗しないようにずっと張りつめた感じで弾くので疲れてきて、弾きながら(早く終わってくれ~っ)って思っていました。あの曲は、弾くよりお客さんとして聴いた方が絶対いいな。


でも、満席に近いお客さんと舞台の上の数百人の人達とで、感動をわかちあえる時間を過ごせたこと、幸せでした。また次の目標に向かってこつこつと練習する日が続きます。

たった数時間のために、どれだけ練習することか。でも、だからこそ感動出来るのですから、これからも地道に頑張ります。


やらないといけないことが山積みだけれど、とりあえず今日はゆっくり眠ろう。おつかれさまでした、わたし。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の記事、我ながらなんちゅうnegativeな記事かと。読んで下さった方、すいません。

オケの団内誌に今度載せる予定の、うちのパートの自己紹介文とりまとめ係を今しているのですが、好きな作曲家や演奏したい曲のアンケートに答えて貰ったりしていて、自分のも書かないとなあと思いつつ、さっきお風呂で、私がオケで演奏したい曲って何だろう・・・って考えていたのです。

チャイコの5番の夢は叶ったので、あとは、リヒャルトの曲(ツァルトゥストラはかく語りきやばらの騎士)とか、マーラーの5番、チャイコフスキーのコンチェルトとかあたりかなぁ。

私のオケデビューはショパンのピアノコンチェルト一番でした。これも大好きな曲だったので、早速夢が叶ってしまってるし。

以前記事に書いたエルガーのエニグマ変奏曲と、うーんうーん。意外と思いつかない。ブラームスは大好きだけれど、難しいのであまり弾きたいと思わなくって。あとは、ドヴォルザークの8番と9番「新世界より」、シベリウス2番、モーツァルトのレクイエム。

おお、思いつかないとかいいながら、どんどん浮かんできたっ。にま~

Yesつながりで、ストラヴィンスキーの「火の鳥」もいいな。
ボロディンの歌劇イーゴリ公もしたい。オペラの伴奏もいいな。

あっ、でも死ぬまでに絶対したい曲が、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲op.43」
これも以前記事に書いたなぁ。映画音楽やCMにもよく使われているからご存知の方も多いですよね。

初めてコンサートホールで生で聴いた時に、鳥肌がたった曲なので。今度は舞台で。
こうやって書くと、きっと叶うと思う。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

オケの本番が近づいてきました。今日の練習が終わってちょっと息抜き。

今度のメイン曲(何の曲かはちょっと内緒)の最終楽章は、ドラマチックでかっこいいので盛り上がること間違いなし。あとアンコール曲もむせびなくようなため息のように美しい弦の調べが聴かせどころの曲(これもちょっと内緒)をするのでこれも楽しみ。


最近は、毎朝5時台に起きて、イメージトレーニングのため曲を聴きながら、ウォーキング&軽いジョギングを1時間位する。今朝もひんやりとした空気が気持ちよくって細胞が生まれ変わっていくように感じた。


今回は、今までで一番多く友人たちが聴きに来てくれる予定なの。さきほど、毎回来てくださる昔の職場の女性から「りさちゃん、コンサート頑張って!今回はNさんと行くから」とのメールが届いた。


うっわー。Nさんってものすごく久しぶり。

20代の前半、私は英会話スクールに勤めていて毎日ネイティブの人に囲まれ変なブロークンイングリッシュを使いながら仕事していたのだけれど、その時年上の素敵な講師の方々がいていつも遊んで貰っていた。その一人が毎回演奏会に来て下さるSさん。彼女は今でも私の憧れの女性。そして、今回Sさんが当時私を可愛がってくださったNさんという講師の方と聴きに来てくださるそう。嬉しいっ。久しぶりにお会い出来る!頑張って弾かねばっ。


オケに入って良かったなあと最近つくづく思う。人に感動を与え、自分も感動出来るから。音の洪水に埋もれ、悲しいこともその時だけは忘れて没頭出来るから。



ところで、前々回の写真があまりに小さい!クリックしても大きならんってどういうこと?ブチッ!!と何人かに怒られたので、私の正面と横顔の写真を・・・・今度はクリックしたら大きくなるよ。













写真掲載は終了いたしました。見に来て下さった方有難うございます。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日たまたま、過去の私の記事を読んでいて、4年前の春にも、前回紹介したチャイコフスキー第5番のことを書いているのを発見。「夜桜とJazz Ballade」ってタイトルの記事です。ココ


この頃は今と違ってかなり熱心にブログをやっていたなぁ。でね、頂いたコメントへの私が書いた返事を読んでちょっとびっくり。


その内容というのが

「・・・(チャイ5の)ホルンのソロの後の弦楽器がメロディー奏でるところも素敵ですよね。弾いていても気持ちいいだろうなぁ、あの箇所。いつかフルオケでこの曲弾きたいものです。そうやって夢見ていたら叶うかな?


4年後に叶うとは!!(ただし来年の演奏会までに私が死んでいなければ(=´;ω;`=)) 

4年前はフルオケで弾けるなんて思いもしませんでした。でも、普段ぼけ~っとだらしなく過ごしていることも多い私ですが、これしたい!とか思ったら突然実行してしまったりするのです。


時々何もかもがどうでもよくなって、早く死んでしまいたいなあとか、どうせ死ぬのになんで生きてるんだろうとか思うこともあったりするわけですが(投げやりすぎ)、やっぱり生きている限り夢を持ち続けて叶えるべく努力せなあかんね。例えそれがなかなか実を結ばなかったり、無理めの願いでも。何年後かに叶うかもしれないんだもの。例え10年後でも20年後でも叶うかもしれないんだもの。あきらめたらだめよね。


だから今日もちょっとずつ前に進んでいこう。

これはフルオケではなく、弦楽合奏の時の写真です。後ろからの写真はめずらしい。


Slow & Simple Life

後ろからじゃ何が何だかわからんっ!って方に。















ちいさすぎよね。あせる

Slow & Simple Life

いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、チェロ弾きのお友達と夙川~苦楽園あたりをうろうろしました。


まずは夙川駅前の、地元の人お馴染のケーキ屋さん、エルベラン へ。ここでクッキーを買って、次にミッシェル・バッハ へ。以前ここのクッキー・ローゼというお花の形をしたクッキーを頂いたのですが、美味しくて一人ですぐに全部食べてしまった(だから太るんだってば)。


チョコレートが入っているクッキー以外は好きではないので食べないのに、ここのジャムがのっかっているクッキーがお気に入り。ここでしか買えないのですぐに売り切れます。今回は今週末に演奏会を控えているヴァイオリン弾きのお友達のお土産と母用に購入。


それから、苦楽園にあるオーガニック・カフェTuttiFrutti でランチ。


Slow & Simple Life

なんか普通そうなセットですが、ジャガイモのホットサラダが美味しかったし、パンも一見たいしたことなさそうに見えて実は美味。ごまがまぶしてあってバターなしでも十分いい味がしていました。さすが、パン激戦区。


ランチ後、地元のマダム達がよく行くケーズケベック というパン屋さんへ。そのあと彼女の家へと。楽しかったな。



来年オケで演奏する曲の一つに、チャイコフスキー交響曲第5番が決まった。やった~っドキドキ

この曲は憧れの曲でした。夢が叶うよ。なんかね、昔からこうなったらいいなって思うことが結構叶っていくの。いつもこうなりたいとか、こうしたいってことをイメージしたりすると叶いやすいっていうけれどまさしくそう。


早速、お風呂にipodを持ち込んで、チャイ5を聴きました。


チャイコフスキー:交響曲第5番/カラヤン(ヘルベルト・フォン)

甘美で官能的で優美で華やかな二楽章が大好き。「きたきたきたきた」って感じのお約束のメロディーです。ああ、いいわ。ホルンがゆったりとメロディーを奏で、チェロとオーボエが絡み合い、だんだん盛り上がってえくすたしぃ~。セクシィな気持ちになれるクラシック曲のひとつでは。
お風呂入りながら聴いたら余計のぼせそうなったよ。
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふぅ~、やっとオケの演奏会も終わり一息ついております。

今回の演奏会は、感動したなぁ。お客さんから「ブラボー」の声も頂きました。来ていただいた人達からも「感動した!」「泣いた」やら言って頂き、こちらも頑張って演奏した甲斐がありました。

前半の2曲は一番後ろで弾いたのですが、すきま風が入ってきて寒くてお腹痛くなりそうになるし、襟のリボンは外れそうになるし、ブラのストラップがずれてきて見えそうに(透けている袖のブラウスを着ていたので)で演奏に全然集中出来なかったのです。(”感動”した話を書くつもりが、何でブラの話にnayamu*

休憩時間にリボンを結び直し、トイレでブラのストラップもとり、万全の体制でメイン曲に臨みました!メイン曲では2ndトップの後ろで弾いたのでお客さんからも見える場所だしね。

今回初めて緊張しませんでした。それだけ練習頑張ったとも言えるかも。途中で何度か感動してうるっときそうに。

思えば、大人になってからバイオリンを始めてギーコギーコと世にも恐ろしい音を出していたのに、こうやって大曲の演奏に参加させて頂いているんだ・・・と思うと「我ながら、自分頑張ったなぁ」って思えてきて。

冬の演奏会なんて、迷惑!と思っていたのですが、今年をしめくくるにはふさわしいイベントで、心からほっこりできた日でした。

次回の演奏会では、伊福部昭の曲をします。伊福部昭と言えば「ゴジラ」の曲で有名ですよね。
「SF交響ファンタジー第1番」ってタイトルなんだと知りました。この曲を演奏するわけではないけれど、アンコールで弾きたいなぁ。でもしないよなぁ。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまたブログほったらかし。すみません。

この10日間、ほぼ毎日1時間ほどピアノの練習をしておりました。とあるボランティア活動のグループの会合で演奏を頼まれたのでその練習にいそしんでいたわけです。

最初は、ヴァイオリン弾いてって言われたのですが、冗談じゃない!あり得ない!ってことで、オケのコンマスに頼んで私はピアノ伴奏を担当することに。彼なら、アマチュア演奏家ながら、昔、佐渡裕さん指揮で、ヴィオッティのヴァイオリンコンチェルトをソリストとして弾いたことがあるという腕前なので、私の何百倍もうまいし。

人前で1人でヴァイオリンなんて絶対弾かない。一生弾かない。いやだいやだ。1年半前にオケのオーディションで弾いたのが生涯最後かも。いや、大袈裟じゃなく、ほんとに嫌なの。ヴァイオリンは苦手だ。

で、今日がその本番でした。途中、わたくし、間違えそうになりながらも何とか終えることができました。ピアノでも2曲、ソロで弾きました。Moon RiverとTo Love Againって曲(どちらも映画音楽です)。

はぁ、無事に済んでやれやれ。すごく喜んでもらえたので良かった!

で、聴いてくださっていた人から質問が出たのですが、「ヴァイオリンの調弦には何を使うのですか?昔は調子笛っていうのがあったのですが」

・・・・・調子笛?? 初めて知った。
Amazonにもありました。こんなんです。全ての楽器に使えるんですって。

TOMBO P-13E クロマチック調子笛/Eスケール


コンマスの方は、音叉を使っていました。

音叉 Tuning Fork No.312II A=442.0Hz


私が使っているのは、これ↓。YAMAHAのチューナーです。譜面台に置いたまま使ったりするので、手が当たったりしてもう何十回と落としたりしているのですが、それでも壊れない非常に頑丈なやつです。便利です。

YAMAHA TD12


3歳から弦楽器を習ってきた身内の何人かは、チューナー全くなしで調弦しているのですが、私には考えられない。
羨ましいというか腹立つ。Aの音さえ未だによくわからない私からしたら、音感がある人が羨ましくてしょうがないよ。恐ろしいほど音感のない私が楽器をすること自体根本的に間違っているような気がします。くま
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。