澤田 准 生命の輝きを取り戻すセラピー

澤田 准 生命の輝きを取り戻すセラピー

Body, mind, spirit のホーリスティックアプローチから
あなたの心と体、ハートを元気にする身体心理セラピスト 澤田 准のブログ

みなさん、こんにちは♪

身体心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

 

 

 

さて、今日は手術を受ける人へというタイトルでのお話です。

 

 

 

 

手術を受ける

受ける時の生理的状態が大切

 

 

 

一般的に知られていないかもしれませんが、

 

『麻酔をすること(特に全身麻酔)』『手術や処置を受けること』は、

トラウマになる可能性があります。

 

もちろん全ての人がトラウマになるわけではありません。(安心してください♪)

手術を受けても、全然なんともない人もいます。

 

手術を受ける直前の神経系、つまり生理的状態がどのようであるかが

とっても大切なのです。

 

 

 

たとえば、

手術室の異空間さにたじろいで、

不安や孤独、死の恐れを感じていたり、

 

 

過覚醒で不安や恐れがいっぱいで、

ストレスホルモンのコルチゾールなどが出ている時に麻酔を打たれるのか、

 

 

 

それとも

先生や家族に大丈夫だよと励まされ、安心やつながりと愛を感じて、

(腹側迷走神経系がほどよく働いている状態)

 

 

自分のからだへの労いと気遣いとともに

 

「今から眠くなって、身体は眠らされるけど、

それは良い結果をもたらすためのプロセスのひとつなんだ」と、

 

身体にも心にも納得しながら受けるのとでは、

身体の反応や回復力、そしてトラウマになるかならないかは違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭ではなく身体がどうであるか

 

 

頭ではわかっていても、身体の生理状態は受け入れていないということはよくあります。

 

それは心拍数や脈拍、血圧、そんなところから身体はサインとして教えてくれます。

 

また落ち着かない感じ、緊張感がある、身体が固まっている感じ、表情が固い、

そんなことからも伝わってきます。

 

どうぞそんな時は、担当の先生や看護師さんとその気持ちを伝えたり、

コミュニケーションをとってみてくださいね。

 

実際の手術室を前もってみてみる、どんなプロセスを踏むのか、自分が感じる疑問や不安を聞いて解消しておくこともとっても大切です。(前もって不安を解消しておく)

 

 

ある意味、手術とは、身体や神経系からすれば、侵襲的なものです。

それがどんなに良くなるための行為だったとしても、自分の意思に反して麻酔を打たれ、動けなくなったところに身体にメスを入れられ(傷つけられ)る行為です。

 

 

 

自分のコントロールを超えたところで行われるからこそ、

 

 *前もって下見をする(見慣れておく)

 *手術中に音楽をかけてもらえるかどうか

 *安心できるものを持ち込んでも大丈夫か

 *担当医、執刀医、麻酔医、担当の看護師とコミュニケーションをとる

 *麻酔をするときに励ましてもらう、安心させてもらう

 *手術中の会話に気を付けてもらう

 

などをして事前にできるだけ状況を把握し、

ある程度コントロールできていると感じることがとても大事なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sさんの手術体験

 

 

今回クライアントであるSさんが足を怪我され、手術を受けることになりました。

「自律神経系的に何かすることはありませんか?」とご質問がありました。

( S さんに許可をとって掲載しております。S さん、快諾いただき、ありがとうございました)

 

 

その時に回答させていただいたのが下記になります。

 

 

 

 

できるだけ先生や看護婦さんとたくさんコミュニケーションをとって、
手術に対する不安を解消しておいてくださいね。
 
 手術室でも自分が安心したり、リラックスしたりできるように、
 音楽を流してもらえたりするのか、安心するような言葉をかけてもらいたい、
 そんなことも大切です。

 もし不安や怖さがある子(パーツ、インナーチャイルド)がいたら、

 ぜひその子とお話をしてみてくださいね。
 

「怖いけれど、痛いところを治してくれるためにしていること」

 そんなお話をして、落ち着きを感じられるのも大切です。

 

 

 

Sさんは全身麻酔ではなく、部分麻酔を選択され、手術後数日してからメッセージをくれました。
 

 

 

 

 

手術は准さんのアドバイスをいただいて本当によかったです!
 

麻酔科の女医さんにずっと手を握っててもらい、
有線で好きな音楽を選べるとのことだったのでクラシックをかけてもらい、
終始和やかな雰囲気でした。

 

最初は急に不安になり涙が出ましたが、そんな子も受け入れて
最後は足が手術されているのをカメラで見ていられるくらい余裕が持てました。
ありがとうざいました。

この入院でようやくゆっくり休めて、周りには悪いですが正直、

神様のプレゼントみたいにありがたく感じます。
 

山から日が昇るのを見られる病棟内の窓を教えてもらったりして、
リソースが増えました。

退院後の仕事を思うとまた活性してくるのですが、

自分でできる自律神経の調整をコツコツやろうと思います。
 

 


手術の前に先生や看護師さんとコミュニケーションを取られ、

自分自身からのサポートも含め、たくさんのサポートを得て、

手術という状況を乗り越えられたのを感じました。

 

本当に素晴らしいですね!

 

 

 


 

 

そして下記はFBに上がってきたストーリー。

 

エジプトの小児科の外科医。

これから手術に向かう子どもたちの緊張をほぐして面白く励ましてくれています。

 

子供たちは緊張のエネルギーを腕を動かしたり笑ったりして適度に流しています。

 

先生の腹側迷走神経系に同調しながら、子供たちも腹側になりながら

手術へと向かっていると感じられる動画です。

 

そんなサポートや心意気がとっても愛だな〜

 

こうしたサポートが小さな子どもたちの神経系を落ち着かせて、

前向きにとてもいい状態で手術に向かうことができる、、

 

そしてそれは術後の回復にも影響してくると感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から♡

 

 

 

■生きづらさの背景にあるもの

 

 

 

■幸せはあなたの内側から

① あなたが望む方向を向いていこう
② 本当の望みにたどり着く 

③ 幸せを根付かせていく

④ オーバーフォーカシングしない

⑤ 今ここが安住の地

                                                

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note で夫とのやりとりや私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦28 年♡二人の日常

 

 

■ 個人セッションのお問い合わせ

 

セッション内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申込・お問い合わせは、こちらからどうぞ→☆☆☆

 

セッションは完全予約制となっております。
ご希望の日時を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

身体心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

今日の高松は雨。

関東地方は雪が降ったみたいですね♪

 

光が射したり、雪が降り始めたり、

 

セッションでは不思議と良いタイミングでそうしたことが起こり、

なんだか天に祝福を受けている感じがします。

 

私はそんな瞬間がとても大好きなんですね♪

 

 

さて今日は、『癒し』や『自分との一体感』について書いてみました。

 

 

 

癒しの根源とは

 

 

 

(自分自身の反応に)気づき、(自分に)気づかれること

 

(自分自身の反応を)理解し、(自分に)理解されること

 

(自分自身の反応を)受容し、(自分に)受容されること

 

 そうしたスペースがあること

 

 

それらは癒しの根源であると感じます。

 

 

とってもシンプルですが、これがけっこう難しいのです。

 

 

たいてい私たちは自分の反応に乗っ取られているし、

 

その反応が自分自身だと思っているので、

 

俯瞰するということを難しくさせています。

 

 

 

 

また私たちの複雑になったこころと身体は、

 

自分の気持ちや本心を色々な防衛を駆使してとても上手に隠してくれるので、

 

ほんとの反応や感覚に気づきにくいかもしれませんね。

 

 

気持ちや感覚を抑え込んだり、感じないようにしたり、解離したり、、、

フリーズしたり、頑張ったり、、、

    

 

そしてそれらを私たちの身体は、ほぼ無意識にやってくれています。

 

 

けれどひとたび、身体に意識を向け、

 

そこに気づきと理解の眼差しを向けてみると、

 

 

身体はたくさんのサインを送ってくれています。

 

 

無意識に肩が上がっていたり、歯を食いしばっていたり、

 

足や股関節を固めていたり、背中をこわばらせていたり、

 

後頭部が重かったり、

 

力が抜けそうな感覚があったり、

 

触ると痛いほど耳が固まっていたり、

 

 

目袋に泣きたい感じがあったり、

 

 

 

 

それらは自分に何が起こっているのかを知る大切なサイン。

 

それらに気づき、受け止め(受容し)ていく、、

 

 

そのプロセスこそが私たちの身体との親密なつながりを作ってくれます。

 

それは自分との一体感を育んでくれます。

 

 

どんな時も私たちのそばにいて、痛みや傷つき、調整不全の名残りを覚えてくれている身体

(それらは親から受け継いでいるもの、人類のものもあるかもしれません)

 

 

 

私はいつもナイーブで傷つきやすさを持った部分と出会うたび(思い出すたび)

(そしてそれらが歪みひねくれていった部分と出会うたび)

 

あ〜、こんな感じだったな〜と懐かしく、愛おしくなります。

 

 

 

「もう、大丈夫」じゃなかったあの頃に、

 

今の私が感じている愛おしさが伝わるように。

 

 

気づき、理解、受容、スペースこそが癒しのベースで、

今ここに生きている私たちにとって、それらは身体を通して行われていきます。

 

 

 

触れる

 

 

 

そして(自分自身に)触れ、(自分自身に)触れられること

 

 

 

触れている手の意識、触れられている部分の意識、、、

 

わたし と 身体、、、

 

 

触れることは、

 

自分自身と身体とのコミュニケーションであり、

 

自分の生命との出会いであるなと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から♡

 

 

 

■生きづらさの背景にあるもの

 

 

 

■幸せはあなたの内側から

① あなたが望む方向を向いていこう
② 本当の望みにたどり着く 

③ 幸せを根付かせていく

④ オーバーフォーカシングしない

⑤ 今ここが安住の地

                                                

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note で夫とのやりとりや私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦28 年♡二人の日常

 

 

■ 個人セッションのお問い合わせ

 

セッション内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申込・お問い合わせは、こちらからどうぞ→☆☆☆

 

セッションは完全予約制となっております。
ご希望の日時を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

身体心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

 

今回はYさんのセッションの感想をご紹介させていただきますね。

(掲載を快諾いただき、ありがとうございます)

 

 

 

エンパスヒーラーでもあるYさん。

ご自身の繊細さ、エンパスすぎる体質がしんどくなってしまい、

日常に支障をきたすほどになってきて、

ヒーラーのお仕事もお休みするようになりました。

 

 

頭の中がぐるぐるして、何かいつも考えていて、

 

外に出ると緊張していて、

家に帰るとぐったりして横にならないといけないくらい。

 

友人でさえも会うだけでぐったりするようになり、

こうした身体の疲れから、引きこもりがちになっているそう。

 

他の方から30回以上のセッションを受けたけれど、

癒された感じはなく、常に頭がぐるぐるしているとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

心理教育

今自分に何が起こっているかを知る

 

 

 

 

まずは、Yさんの身体が心理的に、生理学的にどんな状態にあるかをお話させていただきました。

Yさんの身体は、いわゆる”サバイバル状態”にありました。

 

また過覚醒から低覚醒と切り替わる(過緊張→ぐったりダウン)ことを繰り返していて、精神と体力、エネルギーをすり減らしてしまっていました。

 

身体的な疲れや無力感で苦しくなると、セルフセラピーでなんとかしようと頑張っていらっしゃったのですが、それが逆に神経系を活性化させて症状を強くしているようでしたので、

 

 

1)当分はセルフワークをしないで、ふつうに生活をする

2)戻る力、調整力を養う

 

トラウマワークをしてトラウマが活性しすぎると、

 

エンパスの方は(自分のトラウマだけでなく)集合無意識の痛みにもつながりやすくなるので、

まずは自分のホームベース、戻る力を養っていくことを大切にすることを目標にしました。

 

 

 

 

 

ワーク・セラピー

心理教育の後は、身体に残っているトラウマが引き起こす不快感(フラッシュバック)を、BFRを使った調整をマインドフルに行うことによって、心身のホメオスタシスが出て、太陽神経叢にみなぎる生命力や大丈夫感、安定感感じられていきました。

 

数日後には、こんな感想を送ってくれました。

 

 

身体がだいぶ緩んできていて、逆に今までがすごく緊張していたことに気づきました。

 

胎児の頃からだと感じるので、よく今までこの緊張状態で、ずっと生きてこれたよなーと感じます。このまま行ったら、病気になるだろうなと感じるくらいでした。

 

自然やアロマ、温泉などでバランス取ってなんとかこれた感じです。

 

色んなことに感謝です。

 

 

 

 


 

もともとセラピーを受けていたご経験から、感情や感覚に気づき、感じたりするのは慣れていらっしゃっていました。

 

その後も継続セッションを申込まれ、グラウディング、センタリングをしながら、セラピーをさせていただきました。

 

 

 

*~*~*~*     *~*~*~*     *~*~*~*

 

この度は貴重な経験をありがとうございました!

4回のセッションですが、中身がギュッと詰まった宝物のような体験でした。

おかげさまで、仕事も少しずつ再開し始めました。

 

特に3回めの感じてはいけないパーツと対話したあとに、身体が緩み、グラウンディングやセンタリングができることで、たくさんの解放と自分への観察がしやすくなったと思いました。

また、自分が苦しんでいるパーツと同化しすぎていて、解放を妨げていたこともわかって良かったです。

初回から、身体の震えが出てきましたが、それは澤田さんのセンタリングなどの在り方から伝わってくるバイブレーションに引っ張ってもらったのだと思います。

 

苦しんでいたパーツと繋がることで、そのパーツが持っていたリソースにも繋がり、眠っていたリソースをこれから色々活かせていけそうで楽しみです!

 

緩んでみて、今までかなり緊張しながら生きてきたことに気づきました。しかしながら、そんな状態の私でも他者へのヒーリングでは、7割方爆睡へと導き、家族からは同じ空間にいると良く眠れると言われていたので、不思議なものだなーと思いました(◍•ᴗ•◍)

 

自分では対話が難しいと感じたパーツさんが出てきたら、またサポートをお願いします!

 


 

*~*~*~*     *~*~*~*     *~*~*~*

 

 

お仕事が再開できてよかったです。

 

エンパスやヒーラーの方には、(そしてもちろんセラピストも)

グラウンディングセンタリング感覚を養いながら、

 

エネルギー的なバウンダリーがしっかりあることが大切です。

(バウンダリーワークで、意識していくことが大切です)

 

幼少期にトラウマや不適切な養育によって情緒的なニグレクト(感情的に寄り添ってもらえない、慰めてもらえない、気遣ってもらえないなど)を経験したりすると、健全な自尊心自分を大切に思う気持ち)、自己意識が育まれないため、

バウンダリーが薄かったり、トラウマによって破損されている可能性があります。

 

そのような状態であると、

他者のエネルギーを不必要に吸い込んでしまったり、招き入れてしまったりもします。

 

 

ちなみにバウンダリーが薄い状態と、

悟りの”わたしは全て””繋がっている”とは、全く違う状態です。

 

 


自然で表すと分かりやすいかもしれません。

 

木が木として、どっしりと大地に根付き、土の中の栄養を吸い上げ、循環する能力がある木は、

多くの昆虫や鳥たちとつながり、協働して生きています。

 

 

 

 

 

陽射しから光合成をし、雨が降っても、必要な分は受け取り、

必要でない分は、流していく力があります。

 

 

 

 

それとは違ってバウンダリーが薄い状態は、

木が細く弱々しくなって、陽射しや雨、そういった環境にも影響を受けやすく、

日差しや雨に耐えられないくらいの体力で、地中から吸い上げる力も枯渇している状態です。

 

 

 

 

 

トラウマや発達性トラウマの影響を受けていたら、

根腐れしていたり、枯れ木のようになっている状態かもしれません。

 

 

 

 

 

バウンダリーがあって、

主体性を持った自分があること、

 

そうした自分で環境や他者と繋がっていけることおねがい

 

それこそが私たちの目指しているところです。

 

 

私がいて、大いなるわたしはこの地球すべてのものと繋がっている、

 

そうした精神性(スピリチュアリティ)に根ざしていて

 

多くの人が本来の可能性を広げて生きていけたら、いいですね。

 

 

私自身にもそう願っています♪

 

 

 

 

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から♡

 

 

 

■生きづらさの背景にあるもの

 

 

 

■幸せはあなたの内側から

① あなたが望む方向を向いていこう
② 本当の望みにたどり着く 

③ 幸せを根付かせていく

④ オーバーフォーカシングしない

⑤ 今ここが安住の地

                                                

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note で夫とのやりとりや私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦28 年♡二人の日常

 

 

■ 個人セッションのお問い合わせ

 

セッション内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申込・お問い合わせは、こちらからどうぞ→☆☆☆

 

セッションは完全予約制となっております。
ご希望の日時を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

身体心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

 

 

SEI™️(ソマティック・エクスペリエンシング・インターナショナル)が発行している

「ストレスへの対処」についての小冊子『I CAN !』の翻訳協力をさせていただきました。

 

 

http://i-mental-fitness.co.jp/3Revised%20JP%20Graphic-Novel-I-can-English.pdf

 

 

とても有益な冊子で119ページと長いですが、

イラストが多いのでとても分かりやすくてオススメです。

 

一気に読むのはとても大変なので、自分のペースで読みたいところから読まれてもいいと思います。

おすすめのページなどを下記にピックアップしたので、どうぞ良かったら、読んでみてくださいね。

(小さな携帯で読むよりも、パソコンやiPadなどで読む方が読みやすいかもしれません)

 

 

 

*ストレスとは何か P13

         どうすれはストレスに対処する力を強くするには? p18

 

*リソース p 22   

                                 リソースに気づくワーク p 24 

         身体の声を聞く     p 25

 

*緊急事態と私たちの神経系 p 27   

         オリエンテーションエクササイズ p38

         ストレスを解放するエクササイズ p44〜45

 

*トラウマとは p 46   

         安全を感じること P60

                 自己調整力を高める エクササイズ p61

 

*境界線とは p 64

         境界線を安定させるエクササイズ p68~70

 

 

*アクティブリスニング p80

 

*自分自身のニーズに責任を持つ p94

 

 

 

ストレスとリソースの章では、どうすればストレスに対処できるようになるのか、

自己調整、リソースの使い方などわかりやすく書かれています。

 

私は境界線の章の一部を担当させていただきました!

境界線エクササイズは、ほんとにとてもオススメです。

 

 

 

 

私たちが幸せに生きるためには、まずは自分のことを知ることから。

 

それは人間という哺乳類が発達させてきた脳や神経系のシステムはとても繊細で複雑です。

 

 

私たちが幸せに、自分らしく、

 

ストレスにも対応しながら、他者ともうまくやっていくには、

 

 

 

こうしたシステムを知り、

 

それらを自分に当てはめて、

 

自分の取扱い説明書のように理解すること。

 

 

 

自分の中で起きていること、

 

自律神経系の状態、

 

自分は、自分の体は、何をすると喜ぶのか、ほっとするのか、嫌なのか、、

 

自分の本当の気持ち、ニーズを理解する必要があります。

 

 

自分の身体の声に耳を澄ますことは、

あなたのなかの「ほんと」に気づいていくことでもあります。

 

あなたが自分に繋がれば繋がるほど、

あなたの身体は居心地が良くなっていきます。

 

 

この絵本はその初めの一歩となると思います♪

 

 

 

 



 

 

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から♡

 

 

 

■生きづらさの背景にあるもの

 

 

 

■幸せはあなたの内側から

① あなたが望む方向を向いていこう
② 本当の望みにたどり着く 

③ 幸せを根付かせていく

④ オーバーフォーカシングしない

⑤ 今ここが安住の地

                                                

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note で夫とのやりとりや私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦28 年♡二人の日常

 

 

■ 個人セッションのお問い合わせ

 

セッション内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申込・お問い合わせは、こちらからどうぞ→☆☆☆

 

セッションは完全予約制となっております。
ご希望の日時を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

身体心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

 

新しい年が明けましたね。

 

今日の高松は晴れていて、

空も青々としていて、気持ちの良い天気です。

 

皆様の空はいかがでしょうか?

 

 

今年は、始まりからいろいろありました。

 

家族の団欒や初詣中にニュースなどで、

または実際に揺れを感じてびっくりされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

テレビで現地の状況を見て不安になったり、悲しくなったり、怖くなったりするかもしれません。

それは自然の反応です。私たちには、相手に起こったことを無意識に共感する神経があります。

 

けれどあまりにも動揺している、衝撃が強く感じたら、どうぞテレビを消して、ゆったりと流れる雲を眺めたり、温かいお茶を飲んだりと、そのことから少し離れて、今ここのに戻って休む時間をとってみてください。

 

 

以前書いたこちらの記事もぜひご参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

またこうした時に自分と繋がり、自分に起こっているストレス反応を落ち着かせ、回復力を高めるツールをSE™️(ソマティック・エクスペリエンシング)からSCOPEをご紹介させていただきますね。

 

Slowdown, Connect to body, Orient, Pendulate, Engage の頭文字をとりSCOPEとなっています。

 

 

①スローダウン slowdown

 

足の感覚にゆっくり気がつきながら、ゆっくりと歩いてみます。踵がつく感じ、踵から爪先にいく感じ、足の指を感じて片方の足が前に動く感じなど、、ゆっくりと今ここの足の感覚に意識を向けます。

 

 

 

 

②身体とつながる connect to body

 

足首を交差させます。腕も交差させ、脇の下に手を入れます。頭は下げて、自然な呼吸を感じます。

この姿勢は、緊張した体を少しずつ落ち着かせていくのに役に立つと言われています。ゆったりと楽な呼吸に身を任せていくごとに、安心感が出てきて、力が抜けてくるかもしれません。

 

 

③周囲に気づく orient

 

ふんわりとした眼差しで、優しく周りをゆっくりと見回してみます。 

目に入ってくる色、形などをゆっくりと柔らかな眼差しで見ていきます。

見ていて目が和らぐもの、緩むものなど、心地よいと感じるものを見てみましょう。

心地よいと感じるものを見ると、身体は(身体のどこが)どんなふうになりますか?

 

 

④注意を行ったり来たりさせる pendulate

 

身体に緊張している部分があったら、そこにも気がついていきます。

そこに数秒いた後に、身体の緩んでいる部分に意識を向けていきます。

(大きなため息が出るかもしれませんね)

緊張しているところから緩んでいるところへ、緩んでいるところから緊張しているところへ、ゆっくりと行ったり来たりしてみます。

こうしたリズムは、わたしたちが持っている本来の生命のリズムを取り戻すサポートをしてくれます。

 

 

⑤繋がる engage

 

実際に誰かとお話しをしてみてもいいですし、今までの人生で自分の助けになった人、味方になってくれた人、優しくしてくれありがたいと感じてくれた人の存在を思い浮かべてもいいです。

 

私はスーパーマーケットの(全く知らない)店員さんとよく挨拶をするのですが、こうした知らない人とのやりとりでも私たちの心が温まることがよくあります。特にこういう時にはどうぞ誰かとお話ししてみてくださいね。

 

 

 

こうしたエクササイズを繰り返すごとに、心身ともにマインドフルになり、自然なリズムを取り戻してストレスからの回復力を高めてくれます。

 

 

 

Somatic Experiencing Internationalのサイトからダウンロードして掲載しております。

 

 

 

 

とってもシンプルなワークですが、意識を今ここに戻し、起こったことに圧倒されていた神経系にリズムを取り戻し、自分の身体とのつながりを取り戻し、環境とつながり、人と繋がって安心感を共有する助けとなってくれます。

 

 

 

 

能登半島地震で被災された皆様やそのご家族に心よりお見舞い申し上げます。

少しでも早く温かく落ち着いた環境になりますようにお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

ありのままのあなたが輝く

幸せはあなたの内側から♡

 

 

 

■生きづらさの背景にあるもの

 

 

 

■幸せはあなたの内側から

① あなたが望む方向を向いていこう
② 本当の望みにたどり着く 

③ 幸せを根付かせていく

④ オーバーフォーカシングしない

⑤ 今ここが安住の地

                                                

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note で夫とのやりとりや私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦28 年♡二人の日常

 

 

■ 個人セッションのお問い合わせ

 

セッション内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申込・お問い合わせは、こちらからどうぞ→☆☆☆

 

セッションは完全予約制となっております。
ご希望の日時を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション