生命の輝きを取り戻す 心理セラピスト 澤田 准

生命の輝きを取り戻す 心理セラピスト 澤田 准

Body, mind, spirit のホーリスティックアプローチから
あなたの心と体、ハートを元気にする 心理セラピスト juneのブログ

みなさん、こんにちは♪

 

先日は朝の7時から、アメリカの先生と繋がってお勉強タイムでした。

 

不思議なもので、スケジュールがタイトめになった途端に、

 

朝のグループコンサルの開始時間が1時間早まって、

 

余裕を感じられる時間配分になっていきました。

 

こういうのを神の配慮、シンクロニシティというのでしょうね♪

 

 

 

 

さて、今日も先月のブリッジングイヤーコース、セラピストクラスのご報告です。

 

 

4月のセラピストクラスでは、

 

ポリベーガル理論を学ぶ

 

第2回リソース構築

 

 

の学びをさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

ポリベーガル理論:脳神経系のしくみを知って、心と体をつなぐ

 

 

今や、心とボディの世界では必須のポリベーガル理論。

BYCでは、このポリベーガル理論をベースにした講座が開けるようになることを目標としています。

 

 

まずは、私がいつも一般の方々に向けて、作成した講座をさせていただきました。

 

 

普段は、できるだけわかりやすく、あまり専門用語を使わずに、

興味を持ってもらえるように、趣向を凝らした講座。

 

 

それなりに「面白い、なるほど〜」という感想がいつもは多かったのですが、

 

 

 

今回はセラピストクラスで、ある程度、ポリベーガル理論の本を読まれている方が多かったので、

 

つい、つい、、ディープなお話に。(笑 なったみたいです)

 

 

 

 

 

また私自身が発達性トラウマの学びを深めていることから、

 

愛着やコミュニケーションの視点から

 

ポリベーガル理論を読み解いたお話を

 

後日フォローアップとして音声でシェアさせていただいたりもしました。

 

 

 

ポリベーガル理論は、本当に人類に必須の英知

 

 

たった数回の講座では伝えきれないのですが、

 

それでもみなさんの受け取り力のおかげで、下記のような感想をいただけました♡

 

ありがたや〜。

 

 

 

 
ニコニコポリヴェーガル理論の学びを深めていくごとに、昔の自分の症状を、再び理解し直してあげることが出来ています。

 

 

 ウインク自律神経の動きを学んでから、 自分の状態を自然と観察するようになりました。 今まで「調子が悪くなった(気分が上がらない)どうしよう」と焦って責めてたのですが、 「背側気味だからホームベースに戻れるようなことをしよう」と思うようになり、 お茶を飲んだり、外に出たり、入浴したり、 とにかくなにか「動き」を入れるようにしました。 

 

そうするとだんだん「人と喋りたくない、頭ぐるぐる、無気力」から「自然と喋れて、頭に余白ができる、気分も戻ってきた」状態に変化するのがわかりました。

 わたしは暇さえあればスマホを触ってしまうのですが、スマホをじーっといじってるときは、長時間やると、どんどん背側気味になることに気づきました。私にとってスマホを一旦置くというのは結構きつい作業ですが、背側気味になってきたら、スマホを置くようにもしました。 (これはじーっと画面を見つめて、脳幹が緊張して、背側気味になるのかもですね) まだまだ気づき始めですが、 しっかり体感で覚えていきたいなーと思います🎶調整のコツをもっとつかみたいです

 

爆  笑みなさま、今回も一緒に学べて楽しかったです! 私は去年、一般向けを受講していて今年はセラピスト向けで2回目の受講になりますが、今回はかなりよく理解出来ました! 去年の一般向けを受講した際は、それまでポリヴェーガルを大好きで私はよく学んでいたからまだついていけたかな?というくらいハイレベルだと感じました!笑 内容が濃いのは個人的には大好きなのですが😊💕 そして 昨年、ひと通りブリッジングイヤークラスを受講したのもあり、今回のポリヴェーガル講座で様々なことが繋がってきてより深い理解に繋がっています。 准ちゃんのたくさんの学び、深い理解を有難いなと思いながら聞いてました。

 

 

おねがい准さん、みなさま、今回もありがとうございました。 自分の体調の波からポリヴェーガル理論に興味を持ち、本を読んだりしていたのですが、今回の講座でぐっと理解が深まりました。 はじめての方の脳の仕組みのお話が知らないことが多くて、凄くためになりました。

 

 体からのアプローチももっと学びたいなと思いました。 ここからは日常生活で学びを実践して気づいたことです。 今日、背側気味になったとき、 しばらく歌を歌ってみました。 すると気分が上がってきて落ちきらずに済みました。

 

 また、講座後に個人セッションがありました。 私は今までセラピーを成功させなきゃ!認知のシフトをしなきゃ!と プレッシャーを感じながらセッションをしていました。

 ですが1回目の講座やその後の准さんの在り方を見て、成功させるよりも大切なことがあると気付き、 クライアントさんとの繋がりの方を意識してセッションしました。 そうしたら、初めてのクライアントさんでしたが、空間が暖かく、 幸せな時間でした。 このことを准さんにお伝えしたところ、

 「そのままのSさんできっとセッションされ、 そのままの相手を受容する、 ただ一緒にいて同じ時間を過ごす、そんなことだけで、 調整され、これでいいんだ、大丈夫なんだとクライアントさんが感じることがあります。 Sさんが感じた温かさは、きっと相手も感じて協働調整になっていたと思いますよ〜」

と言ってもらい、協働調整ってこんな感じかぁ、と理解が深まりました。

 

 

ウインク准さん、フォローアップのための音声まで!いたれりつくせり、ありがとうございます!! 私も、推薦本をいくつか購入し、絶賛読解中です。難しいっす。んがっ、少しずつ頭が整理されていく感じもあります。

みなさんの感想シェアも、自分の復習になって、より頭の整理ができてうれしかったです。ありがとうございます💕 「うん、そうだった、そうだった」と、頷きながら思い出しながら拝読しました!

 

 

 

 

 

 

 

第2回リソース構築

 

この第2回の講座は、私の中でも特に大切にしていること。

 

それは、『神経系のベースを整えながら、

身体の居心地を整え、心を『今、ここ』に戻ってこれるベース』です。

 

私たちがどんなに癒しを求めていても、このベースが整っていないと、

 

思っていたような効果が出ないばかりか、

エネルギーも消耗しがちに。

 

 

 

やせ細った土地に、

いくら種をまいても育たないように、

 

 

固くパサパサになった大地に水をまいても、

すぐに乾いてしまうように、

 

 

水溜まりは根を腐らせやすいように、

 

 

 

 

私たちの心や神経系もエネルギーがない状態や、

 

すぐ溢れてしまうような、

いっぱいいっぱいで余裕がない状態では

 

うけいれる土台が整っていないため、

 

 

 いくらセラピーセッションをしても、

 

苦しくなったり、

無意識の抵抗を強めてしまうのです。

 

 

 

 

 

ふかふかとした柔らかい土壌が微生物を育て、

栄養が行き渡りやすくなるように、

 

 

私たちの心もふかふかと柔らかくするために、

 

自律神経系の調整が必要で、

 

散歩をしたり、空や雲を眺めたり、好きなテレビを見て笑ったり、身体を動かしたり、

アロマを嗅いで、ゆっくりとリラックスしていく必要があるんですね。

 

ただ何もしないでぼっとする、睡眠もしっかりとることも大切ですね。

 

 

 

 

そしてそして、それはセラピストにも言えることで、

 

セラピスト自身も

 

リソースフルな状態であること

 

グラウディングしていること

 

マインドフルな気づきであること

 

 

は、クライアントさんとともに

安全な航海をするには必須なんですね。

 

 

 

 

わたしは、もともとは、

グラウディングもできてなかったタイプ。

 

複雑性トラウマでエンパスでもあったことから、

 

ものすごーく

気にしいで、細かいことが気になり、

 

境界線もあいまいだったので、

無意識に相手の気持ちに持っていかれていたこともしばしばでした。

(相手のイライラに持ってかれて、自分もイライラし始めるとか、、、)

 

 

 

癒されても、そうした精神的、神経的な土台は脆弱だったため、

 

長年ピラティスやヨガ、筋トレ、散歩などを通して

意識的にコアを鍛えたりしています。

(といっても楽しみながらですよ〜)(そしてこの楽しみながらだとっても大事だと感じています)

 

 

身体のセンタリングやグラウディングを通して、

 

セラピストのエネルギーが、

 

本来の健康的で気楽な光(愛)を放つこと(=セルフ)

 

セッションでは、居心地の良いホールド感を作り出してくれるのです。

 

 

 

 

 

 

神経系の調整力をつけるのにおすすめの本

 

*「安心のタネ」の育て方

 

*オトナ女子のおうちセルフケア

 

 

自分の状態を知ることができる本

 

*「今ここ」神経系エクササイズ

 

 

神経系のアプローチを知る本

自律神経系のクセに取り組む!

*「いごこち」神経系アプローチ

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note でふたりの日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

心理カウンセラー・セラピストの澤田 准 です。

 

 

早いもので、もう5月の半ばですね。

 

風が強かったり、晴天だったり、雨が降ったりと、この頃は天気も大忙し〜!

 

そんな時は、天気と波長を合わせつつも、

 

ほっと一息、お気に入りの場所で、あったかい飲み物を飲んだりしながら、

自分の心の奥にある、なんにも影響を受けていない部分に意識を向けるとホッと緩んできますよ〜

(そんな部分があると思ってやると、ちゃんとあります~)

 

 

さて、今日は

ちょっと遅くなってしまったけれど、4月のBYCアドバンスクラスのご報告です。

 

 

メモアドバンスクラス*実践編】は、BYCで1年間学んできたことを実践的かつ体験的に学んでいくクラスです。

身体心理のアプローチやパーツアプローチを実践的に学びながら、症例研究やデモセッション、ペアワークやトライアッドを通して、セラピストとしての筋力をつけていきます。

 

 

 

4月のアドバンスクラスでは、『人前で話すのが苦手』という女性の症例研究をさせていただきました。

 

 

(ご本人の許可を得て症例にしております)

 

 

 

【人前で話すのが苦手】50代女性

 

急に自己紹介をしなくていけなくなって、心臓が異常なくらいにドキドキ。

ペットボトルの水を飲む手も震えるくらいのドキドキになってしまう。

(詳細は省略します)

 

 

症例研究では、実際のセッションのスクリプトを見ながら、クライアントさんの中で何が起こっているのかを観察し、セラピーの中身を深く理解していきます。

 

 

 

このセッションでは、

  • 自分を眺めたり、相手の視点に立ったりするワーク
  • 神経系の反応をBody Focusing Release で少しずつ解放しながら、でてきたエネルギーを循環させることで、未完了の防衛反応が完了
  • 本質のエネルギーが出てきたので、それをBody Focusing Releaseで広げて体現化していったのでした。

 

 

セラピーの最後には『自分の伝えたいことを大きな声で言いたい、楽しみな感じ』が出ていらしゃって、

4ヶ月後の実際の場面では、『人前で話すの気にならなかったし、ナチュラルな感じでいい感じだった』と教えてくれました。

 

 

 

セッションの難しいところは、

 

クライアントさんの健康度、神経系の状態、症状に合わせてセッションをしていくということ。

 

 

表面的には同じような悩みだったとしても、

 

クライアントさんの心理的、神経的な状態やその健康度が違うと、同じようなアプローチが上手くいくとは限らないのです。

 

 

 

だからこんなセッションもあるよと知っていただくことで、

 

セラピストの直感や経験の足しにしていただければと思っております。

 

 

 

 

そして一緒に学びあえる仲間がいることに、心の底から感謝して。

 

わたしの伝えたい、分かち合いたいという情熱を受け取っていただける人たちがいることが祝福です。

 

 

 

 

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note でふたりの日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは♪

心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

 

5月のGWも終わり、ゆっくり休めましたでしょうか?

 

今日は雨が降っていて、とても寒く感じますね。

 

みなさんのお住いの地域はいかがでしょうか?

 

 

今日は『家族の負の遺産を引き継がない』というお話をしたいと思います。

 

 

 

家族から受け継がれるものには、いろいろあると思います。

 

 

愛情、絆、優しさ、眼差し、自信、勇気、、、などの好ましいものから、

 

 

(ネガティブな)考え方や態度、思い込み、信念、感情、といったものまで、

 

それは世代を超えて、無意識下で受け継がれてきたものがあります。

 

 

 

それは目に見えないもので、

 

けれど当たり前のように感じていた、、

 

自分ではどうしようもないと感じていたもの。

 

 

けれど私たちは気付いた人からそれを手放し、(相続しない!)

 

自分の世代で終わらせ、次の世代にも引き継がないという選択をすることができます。

 

 

 

 

相手の感情のケアをしない

 

 

例えば、相手の感情をケアするということ。

(下記の例は、特定のクライアントさんを例にしているわけではなく、感情的なDVや共依存がある家庭に起こりやすい感情や思いを書いています)

 

父親が激昂して、その怒りを母にぶつけるという態度。

それを母親が(自分が悪いと思って)相手の感情をケアすること。

 

そんな母親をかわいそうだと思って、娘や息子が母親の感情のケアをすること。

 

幼い頃に、そうした感情的なDVを見て育ってきた子供にとって、

 

きっと

 

母を助けてあげたい

救ってあげたい

幸せにしてあげたい

 

そんな悲痛な思いが強く残り、

 

自分だけが幸せになってはいけない

まずはお母さんが幸せになって欲しいじゃないと自分は幸せになれない)

 

そんな思いを持つことが多いように感じます。

 

 

そんな子供の純真な母親への愛を、

 

(自分に力がないと思っている)母親は頼り、

 

 

次第に自分の辛い気持ちをはけ口のように語りはじめ、

 

子どもはそんな話を聞きたくない、嫌だ、と思っているのに、

母の気持ちを聞かないことは、母をないがしろにしているようで罪悪感が出て、

 

話を聞く、慰める。

 

子供である自分が親のような感じだった、、、そんな感覚を覚える人も多いかもしれません。

 

こうした負のスパイラルが起きていることがよくあります。

 

 

 

 

 

神経系の”調整不全”を引き継がない

 

これを神経系的に言うと、

サバイバルの神経系(激昂する、怒り、愚痴)を自分でなんとかすることができずに、人のせいにして、自分の神経系をなだめようとしている行為です。

 

私たちは、幼い頃に、怒りや不安、恐れ、または体の不快感といったものを親になだめてもらうことで調整することを学んでいきます。これを協働調整といいます。

 

こうした経験が少ないと、自分の中に怒りや不安、恐れといった不快な感情をホールドする器が育っていないため、他己調整といって、人のせいにして相手を責めたり、(自分には解決する力がないと思って)人に寄りかかりすぎたりと、人で自分の不快感を調整をしようとしてしまうのです。

 

もしこうしたことがあなた自身やあなたの周りで起こっているとき、『これは神経系の調整不全なんだ』と知ることは、とても大きなステップです。

 

大人のあなたが、あなたのこころで起こっていることに気づき、あなたの優しさを届け、自分の感情を自分でケアすることを学んでいくことで、私たちは自分の心身を調整する力(自己調整)を身につけていくことができます。

 

自己調整力を身につけることは、あなたを幸せにする最初のステップになります。

 

 

 

私たちは、こうした母親や父親、家族の生き方、(神経系の)調整不全を受け継がなくていいのです。

 

私たちは自分の心身を調整する力を身につけながら、自分の生き方を選ぶことができます。

 

 

体の不快感、感情の混乱を調整する参考に〜

 

 

 

 

 

自分の気持ちを大切に扱う

 

自分の心身を調整する力、自己調整力をつけるには、まず自分の気持ちを大切に扱うことから始まります。

 

 

あなたの今までの、、、いつもの、、、

 

私が頑張れば、(うまく回る)、、』

私さえ我慢すれば、(穏便に済ませられる)、、』というような、

 

自分を置き去りにした生き方(癖)から、

 

 


ほんとは、どんな気持ちで、どうしたかったんだろう? どうされたかったんだろう?

 

(頭の思いでなく、ハートの奥からの、体の芯からの、魂からの、、)自分の気持ちをすくい上げ、

 

 

自分の気持ちを大切に扱い始めると、

 

相手に(見えないものに)明け渡してしまった力が、少しずつ自分に戻ってきます。

 

 

メモあなたがあなた自身の心のケアを始めて、自分の心地よさや気楽さ、居心地の良い感じ、リラックスや安心を取り入れていくごとに、あなたらしさやパワーを感じるようになってきます。わたしはわたしでいいんだ〜という感覚が増してくるようになります。

 

 

 

トラブルを避けようとして、

 

穏便に済ませようとして、

 

それしか方法がないような気がして、

 

言いたいことを我慢して、

 

自分を犠牲にしてきた生き方から、

 

 

あなたの気持ちを明るみにして、あなたを大切に生きることは、

 

あなたが主体となって自分の人生を生きる生き方に少しずつシフトし始めるということ。

 

 

 

それは今までやってきたことがなかったから怖いかもしれないし、心細いかもしれません。

 

 

だから少しずつ、少しずつ、小さなことからでいいので、

 

今まで遠慮してたことや我慢していたことを

 

自分にしてあげることを許してあげてくださいね。

 

 

笑うことや楽しむこと、リラックスできることを自分に差し出してくださいね。

 

 

 

もうあなたは誰かのために生きるのではなくて、自分のために生きてよくて、

 

家族の負の遺産を引き継がなくてよくて、

 

もう幸せになっていいよ、楽になっていいよと

 

自分自身を縛っていた紐を自ら外していいのです。

 

 

 

そして相手(親や家族)の機嫌や態度は相手のもので、その責任を取らなくていいのです。

 

あなたが悪いのではなくて、無意識であれ、意識的であれ、それも相手の選択なのです。

 

 

 

メモ自分の感情は自分のもの。相手の感情は相手のもの。 

私たちは自分の感情を自分でケアをすることができるように、相手も自分の感情のケアをすることができます。

 

相手(の気持ちや考え、行動)を変えることは最終的にはその人にしかできなくて、その決定権はその人に委ねられています。

だからその不毛なエネルギーの浪費を相手に注ぐのはやめて、自分を大切にすることに注いでみよう!

 

 

 

 

 

 

癒しとは選択肢が増えること

 

あなたがあなたの気持ちを大切に扱いだすと、あなたの本当の気持ちが表れてきます。

 

 

そこには、あなたの『NO、嫌だ』という気持ちが表れてくるかもしれません。

 

その『 NO、いやだ』をあなた自身が聞き入れて、

 

あなたの本当に望んでいることを知り、受け入れていくと、

 

今までとは違ったプロセスが生まれてきます。

 

 

 

そこからがスタートで、

 

じゃあ、どうしよう

どう生きたい?

どうしたら、その方向に進んでいけるだろう

 

 

と、その声との対話をして初めて、

 

新たな選択肢が生まれ、

 

 

行動することで初めて、

 

今までとは違った生き方を選ぶことができるようになっていきます。

 

 

それは、両親や家族と少し「心の距離をとる」ことかも知らないし、

 

「自分の無理ない範囲で、自分が快くできることをしよう」と決めることかもしれないし、

 

もしかしたら、「親とは違う人生を歩む」ことかもしれません。

 

 

いずれにせよ、あなたの心がしっくりくる形をその時々で模索しながら、歩んでいっていいのです。

 

 

 

 

癒しとは、あなたの内側で選択肢が増えることでもあります。

 

 

今まで抜け出せない、そうするしかないと思っていたところから、(一択)

 

ひょいっと軽やかに、自分の心地よさを取り入れながら、



違った見方、感じ方が加わり、

 

幾つかの選択肢から、あなたを軸に選んで行動ができるということ。(多数)
 

 

 

人のケアをすることをやめ、

 

自分を大切に生き、自らを幸せにして生きることで

 

内なるパワーが戻り、

 

本来のあなたらしさが輝くようになるのです♪

 

 

 

 

 

 

神経系の調整力をつけるのにおすすめの本

 

*「安心のタネ」の育て方

 

*オトナ女子のうちセルフケア

 

 

自分の状態を知ることができる本

 

*「今ここ」神経系エクササイズ

 

 

神経系のアプローチを知る本

自律神経系のクセに取り組む!

*「いごこち」神経系アプローチ

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note でふたりの日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、こんにちは♪

心理カウンセラー・セラピストの澤田 准です。

 

 

4月も半ばが過ぎ、

晴れ渡る空、青々とした緑が美しい季節になりましたね。

 

私の住む町はとても静かな住宅街なのですが、

目の前には山があり、少し歩くと瀬戸内の穏やかな小さな湾を見ることができます。

 

この地域にはたくさんの木々があるので、

鳥の声を聞くことができ、

 

私のリソースにもなっています。

(鳥の鳴き声は、私たちの脳神経系に安全の合図として伝わりやすいので、ホッとしたり朗らかな気持ちになりやすくなります)

 

 

 

 

 

 

定期的にセッションを受けてくださっているクライアントさんに

 

2週間ぶりに、3週間ぶりに、1ヶ月ぶりに会うときに、

 

 

 

なんとなく雰囲気が変わり、

 

表情や眼差しに優しさが加わり、

 

落ち着いた感じや朗らかさ、明るさが出てきたりするのを見るのは、本当にとても嬉しく感じます。

 

 

 

 

クライアントさんの最近の言葉で、

 

 

予期不安がほとんどなくなった

 

大丈夫を積みかさねている感じ

 

だいぶ落ち着いてきた  

 

普通の思考に戻ってきた

 

 

と話してくださり、

 

 

そうしたことばを聞くと、本当に良かったな〜と思います。

 

 

 

また

 

おかげさまで、、

 

セッションが道標となっている

 

と言ってくださる事も。

 

 

 

 

しかしながら

 

いつも感じるのは、"私は何もしていない" ということ。

 

 

だってセッションのない期間に皆さんが成し遂げていることを思えば、

 

私はほんとに何もしていない、、、とそう思うのですね。

(もちろん調整やトラウマの解放などのお手伝いはします♪)

 

 

 

 

セッション後にも

生活や人生は続き、人と出会い、話をし、いろんなことが起こる中で、

 

 

 

調子を崩した時も

 

一人一人の人が自分で考え、

 

時には、身近な誰か(の言葉)に助けられながら

 

 

なんとか乗り越えていく

 

 

そんなプロセスを見ていると、

 

 

私ができたことは本当に少なく、

 

その人の生きる力が引き出されていっただけなんだと感じます。

 

 

 

 

セッションでできることは、

 

自律神経系の調整やトラウマの解放や完了、心理教育を通して、

 

その方がその人らしく生きる方向性を指ししめすだけで、

 

 

 

 

 

クライアントさんの内側から湧いてきた、、

 

(あんなに嫌がっていた自分の身体だけど)

自分の身体をいたわってあげたい

 

(相手も尊いけれど)

自分も尊い生命であること

 

(相手を楽しませるだけを考えるのでなく)

自分も楽しんでできることを、する

 

 

 

といった思いや気づきに、

日々の生活の中で実践し腑に落としながら生きる姿を見ると

ほんとにすごいな〜と感心してしまうのです。

 

 

 

そして、その方の素直さや純真さに

 

大いなる風が吹いていくのか、、、

 

 

 

木やが花々が一気に芽吹いたり、花咲かせたりするときのように、

 

 

数ヶ月の間に

 

大きく変化する姿を見させていただくときがあります。

 

 

 

 

そんな話を仲の良い心理セラピストの友人に話したら、

 

 

 

セラピストって、

個を超えた大いなる力が働くようにサポートしているのだと思う。

 

 

そんな風に言ってくれ、

 

そうか、そうか、なるほど〜という気持ちになったのでした。

 

 

 

 

 

セラピスト

 

調整やトラウマの解放や完了を通して

(そして心理教育などもだけど)

 

 

その人の中にある”本質”や ”生きる力”が導き出され

 

そうした何か、

 

大いなるものが働く余地(スペース)を作り出しているのかもしれない。

 

 

 

そんな風に感じたのでした。

 

 

 

だからセラピストもびっくりするような奇跡が起こったり、

 

その人をトラウマの渦から引き出すような気づきや言葉が降りてきて、

 

落ち着いてくる、、

 

 

そんなことが起きてくるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

私の時もそうだったと思います。

 

 

 

 

そう思うと、

 

セラピストが「何かをする」っていうのはとてもおこがましくて、

 

「何かをする」というのを手放してもいいのかもしれないと思ったりします。

 

 

 

そして、セラピストとして

 

『何かをする』を手放すのが、もしかしたら一番難しい 笑

 

 

 

 

でも

 

その人の中の大いなる力が働くとき、

 

それを意図せずとも それは起こり、

 

 

私なんかのちっぽけな意図なんかよりも 

 

はるかに大きなものが

 

その人たちにはあり、

(もちろん私にもあり)

 

 

それが起こるのを垣間見る時、

 

 

 

 

 

セラピストやクライアントという枠の中ではなく、

 

 

人として、

 

その存在を尊重し、祝福された

 

生命と生命が出逢う、、

 

 

そんな場の中で、起こるものなのだと思うのです。

 

 

 

 

だから、私は、セラピストとしてではなく、

 

ただ人として、その人の痛みとともに在り、

 

 

その人の前に

 

存在していたいなと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

神経系の調整力をつけるのにおすすめの本

 

*「安心のタネ」の育て方

 

*オトナ女子のおうちセルフケア

 

 

自分の状態を知ることができる本

 

*「今ここ」神経系エクササイズ

 

 

神経系のアプローチを知る本

自律神経系のクセに取り組む!

*「いごこち」神経系アプローチ

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note でふたりの日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安が強い方、恐怖がある方、また強迫観念や行為がある方には、

 

まずは、神経系の調整を先にさせていただいています。

 

 

こうした症状がある方の背景には、往々にしてトラウマ(発達性トラウマも含む)があるのですが、

 

神経系が整っていない段階でそうしたトラウマにアプローチすると、負担が多くなってしまうのですね。

 

ですので神経系を調整(心地よい感覚、安心感を育むなども含みます)し、

 

 

何が神経系のトリガーになっているのかを見ていきながら

 

少しずつアプローチしていきます。

 

image

 

 

 

 

調整されていると、トラウマから出て来る体の防衛反応(ドキドキ、ぞわぞわなど)を乗り越えやすくなります。

 

例えば、調整力がついてくると、

 

体から出てくる防衛反応(固まる、動かなくなる、ぞわぞわする、イライラ、ムカムカ、気持ち悪い感じ、違和感)を

 

気づきを持って見ることができるようになってきます。

 

すると嫌な感覚にひきづられなくなるんですね。

 

 

 

今までは、体の感覚すべてを違和感で気持ち悪くて、恐怖の対象として感じていたかもしれませんが、

 

恐怖と体の反応を分けてみていくことができるようになります。

 

ただ感覚として「かたくなる、熱くなる、もぞもぞする、ぞわぞわする」という感覚として、

 

圧倒されずに気づきとともに見ることができるようになると、

 

 

身体は自然と調整力を取り戻し、

 

神経系の高ぶりを乗り越え、副交感神経系の落ち着きの方に戻ったり、

 

フリーズして固まってしまった神経系から、呼吸や、何かしらの動きの衝動が出て、それを完了し、

落ち着きの方へと戻っていきます。

(これらが神経系に残るトラウマエネルギーの解放や完了を意味します)

 

恐れが、こうしたプロセスを踏むのを拒ませているのですね。

(これは、信頼おけるセラピストとの介入があると、安心の中行われていきやすくなります)

 

 

 

 

少しずつ、そしていつの間にか楽になっていく、、、という状態を目指しているのですが、

 

そのためにはまずは内側の神経系の土台を整えることがとても大事なのです。

 

神経系の土台が整ってくると、恐れたり、圧倒されずに感じることができる幅も広がっていきます。


 

 

 

 安心の根をはる

 

最初の段階、神経系の調整、土台作りがとても時間がかかり、あまり進んでいないように見えてしまうかもしれません。

 

そんな時には「本当に良くなっているのか」と不安になってしまうかもしれませんね。

 

種を植えて、芽が出てくるまでには、根がしっかりと張っていく時間が必要なように、

 

見えないところで、じわじわとあなたの中のエネルギーを蓄えてくれています。

 

ぜひそのことを信じて、自分に安心の根を張る時間をあげてくださいね。

 

 

もちろんセッションでは、調整だけではなくて、圧倒されない程度の不快な感覚やネガティブな感情を見ていきます。

 

調整と解放を通して、癒しの土台を整えているんですね。

 

 

 

 

 

セッションの合間に...

 

そして、セッションとセッションの合間にはぜひ

 

ご自身が心が和むことを取り入れることをしてみてくださいね。

 

(気が乗ればで大丈夫です♪)

 

 

空を見ると和む、、、ある音楽を聴くと和む、、、

 

どんなことでも大丈夫です。

一瞬でもあれ、今和んだな、緩んだな、というのを感じられたら、OKです。

 

 

いろいろ発見もあるかもしれませんね。

 

 

自分がどんなことが好きで、どんなことをしたら和むのか、

 

自分を知り、それを自分に与えることは、

 

自分に息(生命力)を吹き込む瞬間です。

 

生命エネルギーが動きだす瞬間と言ってもいいかもしれません。


 

 

編み物や

 

大人の塗り絵もいいと思います。

 

黙々とできる作業は、神経系を調整してくれやすいですし、

 

終わった後に作品ができますので、達成感、満足感も出てきやすいと思います。

 

 

アートに触れることは、私たちの感性をとても高め、色を通して、自分を表現することができます。

 

 

 

 

 

安心の場所(ホームベース)に戻ることを覚える

 

 

セッションの始めでも、お家での和む練習も、何をしているかというと、

 

自分の居心地の良いホームベースのようなところに戻ることを神経系に学んでもらっているのです。

 

 

少し活性して体の違和感や不安感が出たりした時に、

 

そこの部分に手を置いて、深呼吸をしてみたりする、、

 

 

また低覚醒モードで動きたくない、、、ネガティブな考えが浮かぶ、、、そんな時も

 

お気に入りの音楽を聴いたり、鼻歌を歌ったりしてる、、

 

 

 

そうして、不快な感覚が緩んできた、落ち着いてきた、、、そんな調整の繰り返しが

 

(不快な感覚を気にして、そこに居すぎててしまう癖を調整し)神経系の戻る力を育ててくれます。

 

 

トラウマがあったり、不安が強すぎると、

 

不快な感覚を気にしすぎて、ついそこの神経系に居すぎてしまう傾向があり、

 

さらに不安感や恐れが強くなるというふうになってしまうことがあります。

 

 

そしてこの調整力をつけるときに、

 

調整力をつけている』と思ってやってみてくださいね。

 

 

当たり前のようですが、

 

もしこれを気を紛らわしている、、、という気持ちでやると、

 

抵抗のようになり、頭の片隅にその不安や恐れがいる感覚が続いてしまいます。

 

こうした意識の持ち方も大切なのですね。


 

こちらの記事も参考に♪

 

 

 

 

 

 

 

パーツ(あなたの一部分)としてみていく


 

あなたの不安や恐怖が、今、どんなに生活の全般に関わっていたとしても、

 

それはあなたの一部で、全体ではないのですね。

 

最初はちょっと難しいかもしれません。

 

 

でも少しずつ調整力が付いてくると、

 

その不快な感覚を『不安ちゃん』『恐怖ちゃん』『ぞわぞわちゃん』と名付けて、

 

あ、今その「ぞわぞわちゃんがやってきたな」と、ちょっと俯瞰して見れることができるようになってくるかもしれません。

 

 

 

 

不安ちゃんは何が嫌なのかな、、

 

どんなことが起こることを心配しているのかな?

 

 

幼い小さな子を気にかけるように、見ることができるようになってくると、

 

自分の内側との対話ができるようになってきます。

 

 

圧倒されるのではなく、その部分を自分の大切な一部と迎え入れ、お話ができるようになると、

 

自分を深く理解し、自分とのつながりを感じ、暖かな関係性を築く一歩となります。

 

 

 

 

トラウマに取り組む

 

感情の感じる幅も広がり、自分を俯瞰してみる視点や心地よい感覚にもアクセスできるようになってきたら、

 

症状を生み出しているトラウマのエネルギー(不安、恐れ、怒りといったもの)を少しずつ

 

解放したり、完了させていきます。

 

 

それは地震や水害といった大きな災害トラウマだけでなく、

 

幼少期に辛いことから生き残る術として身につけた、おなじみの神経系のくせ、

 

固まってしまう癖、落ち着かなくなってしまう癖、

 

言葉を飲み込む癖、怒りを抑えてしまう癖、、、そんなのも含まれています。

 

そうした内に溜まったエネルギーを完了させることで変化が起こってきます。

 

 

 

 

自分の心を学ぶ・心理教育

 

 

今自分の心身の状態をどのようであるかを知るとともに、

 

人間関係において不安が強い人の多くは、

 

人の感情のケアをしすぎる、自分の責任のように感じてしまう人が多いように見受けられてます。

(これは愛着トラウマによるものが多いように感じます)

 

 

ですのでバウンダリー(境界線)や投影という心の中で起こっていることを学び実践することは、

 

不安の種を減らすことになります。

 

 

セッションを通してバウンダリーやお互いを尊重し合う関係性を体験とともに学んでいくことで、

私は大丈夫という感覚が積み重なっていきます。

 

 

 

 

セッションでは、このような調整トラウマエネルギーの解放・完了心理教育を通して、

 

生きる力を引き出し、自分にくつろぎ、心地よく生きることのお手伝いをしています。

 

 

 

 

 

神経系の調整力をつけるのにおすすめの本

 

*「安心のタネ」の育て方

 

*オトナ女子のうちセルフケア

 

 

自分の状態を知ることができる本

 

*「今ここ」神経系エクササイズ

 

 

 

 

■ あなたの心を育てる


 

 

■ 自分への愛を育てる7つの智慧

 

 

 

<< ふたりの日常 >>

 

note でふたりの日常や私のことをゆる〜く語っています♪

 

心理セラピストとしてではない、等身大のわたしの言葉で

書かれた好評のエッセイです。

よかったらフォローしてみてくださいね。

 

夫婦25 年♡二人の日常

 

 

 

 

■ 個人セッションへのお問い合わせ

 

セッションの内容を知りたい方はこちら→♡♡♡

セッションのお申し込み・お問い合わせは、こちらからどうぞ☆☆☆


  セッションは完全予約制となっております。
  ご希望のご予約時間を第3希望まで記入してフォームをお送りくださいませ。

 

 *お客様の声

 *心理セラピストsawada june のプロフィール

 *Pure heart Pure Light セラピールームの特徴

 *sawada juneセッションの特徴:あなたの生命の輝きを取り戻すセッション