福岡 | 親子関係の悩みはカウンセリングで修復! | カウンセラーマリア

このブログでは親子関係悩みを持っている人たちへ向けた、親子関係を修復する方法やその考え方についてお届けしていきます。
親子関係や子育てに関するカウンセリングはぜひマリアまで。


テーマ:
長年親子関係でお悩みの方には、是非参考に読んでいただきたい新常識構築の記事です。
なぜかというと、あなたは思い違いをしていることで、親子の関係が一向によくなっていかない、もしくは悪化させてしまっている可能性があるからです。

思い込みからの交流で気持ちがズレてしまったままだと、徒労するばかりで未来に希望が見えず、諦めモードになり愚痴だけが増し、更にネガティブ波動となり、その波動は家族の人生全体に影響していきます。

こんにちは。親子関係修復(絡まった関係性の糸を紐解く)愛情カウンセラーのマリアです。
この記事にご訪問くださりありがとうございます。

今は、時代の大きな変換期でもあります。古い価値観のままでは親子の交流は通用しなくなってきています。
親子関係を改善していくためには、1度時間をしっかりとってと自分の価値観の棚卸しをして編集し更新することをオススメします。

親子関係からの自分の人生を紐解き流れを好転させたい人は、人生を変えるきっかけになると思います。親子関係改善に興味のある方は、じっくり読まれてみてください。


ハートの手作りおにぎりです。

無知から起こる現象


今の親子の状態を改善していくために必須となる、人間の脳のしくみ心のしくみ、人間関係のしくみは、義務教育では習いません。

益々いろんなものが発展していく中で、これから必要になっていくことは、自分との付き合い方、人との付き合い方が重要になっていきます。

今の世は人と交流しなくても、情報や物は手に入りますが、それでは自己認識の世界に陥りやすく、偏った考え方になり自己中心的になります。
人との付き合い方、もしくは自分との付き合い方がわからなく病んでいる人が多いです。
もっとこれからも増えていくことでしょう。

さて、あなたに質問します。
あなたは自分自身の心と上手く付き合っていますか?
自己対話がうまくいっていますか?

自分を卑下したり、けなしたり、いじめたりしていませんか?

自分の心とも上手く付き合えていないのなら、人の心とも上手く付き合えていないことでしょう。

人間関係を改善したいなら、まずは自分の心と向き合うことが必須です。
これまでの現象の中に隠れている自分を悩ます要因、価値観や思い込み、自分にどんな言葉をかけているのか?己の状態をしり、生きやすい価値観や生き方に修正していくことです。

みんな己のしていることに気付いていないから、人間関係が改善できていないように思います。

己が見えてないから、昔の価値観を押し付けたり、自分の我を通したりします。
私もそんな経験を沢山してきました。

そんな私が完璧にできているかというと、まだ修練途中ですが、気付いたことは発信していくことが変化の波をつくるために大切だと思っています。

だれかが、発信していかないと気付きにくい部分でもあるからです。

人間関係が上手くいかないのは、時代背景が違うことで、お互いの価値観がズレていたり、ある経験を元に自分の思考の罠にはまり、思い込んでいるからです。

10年間、人の相談を受け人を見ての見解です。

価値観を例えるなら、三輪車しか乗れなかった子が、大きくなるにつれて補助輪は邪魔になりますよね。外しますよね。あなたもスムーズに人生が生きれない価値観を外していないのかもしれません。

時代背景を例えるなら、昔は親に聞かれたくなくてコソコソと電話していましたが、今は携帯電話の普及で自分の部屋で堂々と思い切り話せます。反対に子供の様子はわかりにくくなりました。

昔は私も彼と電話で話すのに苦労しました。

何が言いたいのかというと、昔の常識や必要とされる価値観は変わってきてるということです。

人は、なぜ自分の望む理想の人生を歩めないのか?その障害となっているものとは何だと思われますか?・・・・・

こちらの記事も是非参考にお読みください。「恐れ、恨み、嫉み、トラウマ(記憶)心の門番の転換法」

さて、人は知らないことは、認識できないことをご存知でしょうか?

例えば、コップを見たことがない人にとっては、コップは水を飲むためのものだと認識していないと(教えてもらっていないと)、コップの使い方がわからないものです。

このように、脳が認識しないものは、反応しないのです。人間は認識を基盤に動いているということです。
人間は五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)で感じたものを脳が勝手に判断し私たちは反応しています。ここで大きな思い込みをしてしまう可能性があるのです。

脳は真実ではなく五感から感じたものの一部分で、その人を○○な人だと判断してしまうのです。それで人間関係が複雑に絡まっていきます。

その絡みを紐解いていくには、脳と心の作用に気付き、自分の思い違いから固定観念になっているのは何なのかを知ることです。
その固定観念は自分に幸せをもたらしているのか?自分の心の棚卸しをすることです。


認識の違いは、人それぞれの体験や記憶であり、それを元に五感が感じたこで思考が意味付けし反応しています。

例えば、失敗はいけないと教えられ認識していると、失敗したことに対してくやみます。そして、嘘つく人をサイテーというレッテルを貼ります。
失敗は経験と認識している人は、それをバネに飛躍します。失敗した人を見ても批判じゃなく勇気つけます。

その反応の違いとは、認識の違いです。何度もいいますが認識とは、過去に教えられたことや過去に体験したことです。

教えられたこととは、親や学校などで植えつけられた悪いこと良いこと、もしくは正しいこと正しくないこと、常識と非常識という認識です。

もう一つは脳が作用しています。知らない事に対しては、判断がわからず脳が混乱を起こします。そして大丈夫だろうかと疑いはじめます。
そんなことを自分や人に無意識的にやっているのです。

では、親子関係を改善していくために、この時代だからこそ必要となる3つステップについてお話していきます。順番もとても大事なポイントです。

一つ目は、意識改革です


最初に取り組むところは意識改革です。手法を学ぶのではなく自分の意識状態を知り棚卸ししていくことです。
これまでと同じように、うまくいかない思考、あいつが悪いという意識のままだと、思考の土台が根本が変わっていないので、何をやっても同じ思いになります。色メガネを外さない限り景色が同じに見えてしまいます。
意識とは、自分の中にある自分の中の正しさ正義です。

例えば、お母さんはこうあるべき!という確固たる思いがあれば、そうなっていない母親に対して批判し、自分が今幸せでないのは母親のせい!恨みになっていきます。

母親も一人の人間だし、未熟な人間なのですが、母親はこうあらねばという気ぐるみを着せます。
また、母親も母親だからという気ぐるみを着てます。

その人を母親という部分だけを見て固定しないことです。
反対の立場だと、自分のことを1部で判断されたら嫌ですよね。


ある『運と風水』の専門家の方がこんなことを言われています。
運気が下がる人は、
1. 常識で考える人
2. 型にはまっている人
3. 自分を変えられない人

もし、子供が嘘をついたとき、あなたはどんな反応をしてますか?やみくもに𠮟っていませんか?
嘘をつくことは悪いことと思いがちですが、なぜ嘘をついたのか?子供の環境に意識を向けることの方が大事です。自分の気持ちが報われないと子供は自分のことを判ってくれないと諦めモードとなりコミュニケーションを避けだします。

嘘をついた背景には寂しかったから、心配して関心をもってほしかったから・・・
嘘の影に本心が隠れています。

正しさより、子供の言葉の裏にある本当の気持ちを重視してあげてください。

本音は、感情の層よりもやや下にあるので、残念ながら、初心者の方は、なかなか自力で見つけることが難しいものです。

私もある人間を知るためのグループ研修に行った時に、ある人のワガママ行為を見て、最初は最低な人だと思っていましたが、その人の育った環境を知ると、親との背景が見え可哀相な人だと感じ寄り添いたい気持ちになりました。この経験が
背景を知ることの大切さをまなびました。

ここに気付くのにお金がかかりましたが、大きなものを得られました。

このように、親子関係が上手くいかない1番の要因は、生きてきた環境の違いです。
今は時代背景が大幅に変わっている最中なので、子供たちは親の昔の価値観に沿うことに反発します。

反対に、親が怖くて逆らえずに自分を抑えて自己逃避している子供もいます。

例えば、昔は携帯ゲームなどなかったので、携帯でゲームをすることに対して反感が出てきます。しかし今の子供たちは、スマホでゲームは、TVで宣伝しているし、友達もしていると自然としたくなります。しだしたら夢中に成り止められなくなるものです。それが人間の心理です。

意識を変えてみると、ゲームが得意な子は、それが特技となりゲームの開発者になっていく可能性が高いし、そこを認めてあげたら自尊心が高まりますよ。

実は夢中になれることは、素晴らしいことです。命のエネルギーが高まるからです。
今の時代は熱中できるものがない人が多いですよね。これでは生きる意欲が湧いてきません。

育った環境で、あれダメ、これダメと言われると意欲がなくなってエネルギーが低下していきます。好奇心が奪われていきます。

子供を心配してのことなのでしょうが、大事なことは子供を心配するのではまく、熱中できることを褒めたりして、夢中になっているものをいかに人生に生かせるかに意識を向けてください。ここでも現象の見方の意識改革が大事です。

意識改革が必要なケース2は、過去に人から言われたことで、思い込んでいる場合があります。トラウマと呼ばれていたりします。

私の事例を話すと、高校生の時、友達を作るのに積極的になって友達になりたい人に声をかけ友達になってもらったと喜んでいたら、私がトイレにいっていたときに、「あいつ生意気だよね!」とその友達が言っているのを聞いて、ものすごいショックを受け、それから初対面の人に対して、恐怖心がわき声をかけれなくなった時期がありました。

同じ悲しみをしたくないという脳の防衛反応から、本来は積極的だった私は消極的になって違う自分を演じました。
人の言葉が信じられなくなり、好きになってもらえないという思い込みを強めて人を避けていたから孤独なときがありました。

人の二面性を見たので人と付き合うのが怖かったし、人にどう思われているのかが気になってそれが恋愛にも影響していました。自分で墓穴を掘って恋愛も上手くいきませんでした。

そんな自分や生き方をなんとか変えたかったけど、当時は、そんなこと教えてくれる人もいませんでした。
人間関係のしくみを教えてくれる人もいなかったし、親は共働きで、親も自分のことで精一杯で自分の欲求しか言ってきませんでした。

あ~今考えると、もったいない!!貴重な青春時代を楽しめなかった。

後に、いろんな逆境がきっかけとなり、心や人生について探求し、心のしくみを学び知り得たことで、私は大きな勘違いをしていたことに気づけたことで心が軽くなったし、トレーニングを受け本来の自分らしさを取り戻すことができました。

今は自分のやりたい事、自分の役目をみつけ、自分の体験や学んできたことをクライアントさんに伝えはじめ、今では多くのクライアントさんたちの人生も変わっています。

人生が180度変わって、イキイキライフをおくり若返った人、自分に自信がなくて恋愛が上手くいかなかった人が、理想の相手から求婚されて結婚した人はかなりいます。親からの支配で生きることが苦しかった人が、親を教育してスムーズに結婚が決まった人、夫婦の危機を乗り越えて自分らしい生き方で楽しんでいる人、モテモテになりスポンサーがつき本を出版した人、お店の看板娘になり収入が増えた人など。

ある意味私のこれまでの壮絶な体験は、脳のしくみと心のしくみ、自分や人間関係のしくみ出来事のしくみを、伝えるという役目の覚醒するために必要だったのでしょうね。
人は腑に落ち確信してないことは、行動できないこともわかりました。
私はいろんな最悪な経験をし人生を好転させたことが、人に勇気を希望を与える要因となり導く力になっています。

私が声を大にして言いたいことは、危機のときは意識改革、自己成長できるチャンスです。

冒頭にリンクした記事でも言っていますが、人は衝撃を受け、何でこんな事が起こるのだろう?と痛みを感じたときに、意識が他人事から自分事になり、自分のコアな部分に向かうスイッチが入り本気で考え行動し始めるのです。

私も以前こんな経験もあります。昔はタバコを吸っていて止めたいと思ってもなかなか止めれなかったのですが、大腸癌の手術をしたとき、たまたま背中に麻酔が入らなくて手術後3日間、激痛に苦しみました。かなり辛かった。

痛みが落ち着いて動けるようになったとき、タバコも病気の要因かなと思い、こんな痛いめには、もう二度とあいたくないという思いでタバコをきっぱり止めれました。

このように人は、痛みや感動をしないと、本気にならないのです。

嫌な感情は、自分を覚醒させるための起爆剤なのです

今、公開されている映画「ドクターストレンジ」オススの映画です。

主人公の名医が、突然の自分の意図しないアクシデントにより、全てを無くし、どん底に落ちていくなかで、探求し希望をみつけ踏み込み自分の能力を開花していきます。

映画の中では、魔術になっていますが、人間がもっている能力であると私は思っています。
私も、意図しない逆境から自分のやるべきことに目覚めた、そんな一人です(笑)

この映画の主人公同様に、自分の中に潜む能力が開花するのは簡単なことではありません。
私も熱心にサポートしてくれる専門家についてトレーニングしていくうちに徐々に変化していきました。

今も日々意識して気をつけていますが誰しも、意識の揺さぶりは起こるので、その振り子現象を乗り越えるために、自分のお尻にカツをいれて導いてくれるメンターをもつといいですね。

人はチェックされていると思うと行動します。そうやって今の自分からに引き上げてもらうと徒労が少なくてすみます。それに気づいた時が、取り組むタイミングですね。

1925年にノーベル文学賞も受賞しているジョージ・バーナード・ショーの言葉です。
「人は常に、現在の自分がこうなのは自分の置かれた環境のせいだとする。
私は環境など信じない。この世で成功する人は、自ら自分の望む環境を探す人であり、もし見つけられなければ自分でそれを作り出す人である」

過去の記憶からの反応するのではなく未来を創造(作り出す)していくこと、これが最大の意識改革です。


決断しトライを始めたら小さな成功体験を積んでいくと、脳からドーパミンホルモンが出てきて、意識がどんどん前向きになっていきます。

またそれを、人と分かち合うことで幸せホルモンのセロトニンが出て、心のバランスが整いやすくなります。

是非、意識改革して自分自身を癒しながら家族との関係性を明るくしていきましょう。

二つ目は、意識が変わり始めたら、実践が大切です。
意識が変わっただけでは、事は動いていきませんからね。

二つ目は言葉改革です


実践していくにも、脳のしくみを理解しておくことが大事であり、しくみを知っていると行動しやすくなります。

私たちの行動を司っているのは、言葉とイメージです。言葉は左脳であり、イメージは右脳です。

この言葉とイメージが、自分の脳を動かしています。
私のクライアントさんには、体を使って、それを体感してもらいます。

体感すると他人事ではなく自分事として確信できるので実践がスムーズになりやすいのです。

また言葉は意識の方向転換もしてくれます。
そして言葉には、自分を勇気ずけ生かす力にもなります。

反対に諸刃の剣となることもあるので取り扱い要注意です。

言葉で脳の方向性が変わるので、この認識をまず、しっかり持ちましょう。
無責任に発していては、人や自分を不幸に導きます。


自分も自分との自己対話をしていることを忘れずに意識しましょう。

言葉によって物事の捉え方も変わっていきます。
自分の機嫌をいかにとっていくのか?こことっても大事です。

私は、あいだみつおさんの言葉を見たり、偉人の言葉を、いつも見えるところに置いたり、愛ある成功者の音声を聞いたりして意識を前向きにする努力は惜しみません。

言葉には、人の心に変化を生み出すパワーがあります!
だからこそ、今より豊かになりたければ、言葉のチカラを磨いていくことです。

「私にできるかな?」ではなく、「私にもできそう」と言葉を変えて意識を高めていきましょう。

また、同じように向上心を高めたい人たちと交流して、自分自身の意識を保つ努力もしています。これはすごくいいですよ。輪の中にはいると自然とそうなっていきます。波動共鳴の法則ですね。そんなコミュニティーつくりにもエネルギーを注いでいます。

時にネガティブな意識が出てくるときも勿論あります。そんな時は人間だからそんな時もあるよな!と受け入れ、自分の波動を変えるために仲間に聞いてもらって嫌な気持ちに執着しないようにしています。

言葉とも連動しているのが、表情です!言葉は気をつけていても、表情が暗かったり、声のトーンが低かったりしたら、相手は、言葉よりそこを見て判断しますから。自分もどんどん暗くなっていきます。

ここも実践しながら習慣化できるまでトレーニングしていくことが変化をもとめるなら大事です。

三つ目は行動改革です


幸せとは、何かを手に入れてなるではなく、その手に入れるまでのプロセスが宝物です。
プロセスを通じてゆるぎない自信になっていくのです。

リスクをとって先に進もうとする人じゃないと、物事は開けていきません。

私事の予断なのですが、私は子供を亡くし、感情と脳が麻痺し、脳の防衛反応が反応し、頭で考えることができなくなって、魂が抜けたように動けなくなってしまった時期があります。

あ~もう私は無理、再起不能なのかなと、そんな一見ピンチな時、こんな心の声がきたのです。
「今は未来をみるのではなく、今をなんとかすることが大事だ」そんな事が心に浮かんだとき、動かなきゃじゃなくて、自然と動け、これだ!と思ったことに出会いリスクをとって動きだしたんです。それは心配ではなく自分が変わる喜びで動いてました。

そのリスクをかけたトライが、今の活動に連動しているんです。宇宙って人間って、奥が深いです。無駄なことなど何もないですね。

どんな悪い状態でも、あなたが諦めなかったら、解決策は必ずあります。
問題だと思うことを見ないようにしていても解決はしない。
勇気をだして気持ちを前に向けて目線を上にあげ、あなたの中の深い部分で感じたことを信頼し動いていたら、道なき雑草地にも道ができてくることでしょう。

私が継続セッションのクライアントさんに実践していることは、意識改革と習慣を変えることです。そのために自分の中にあるパターンを分析していきます。

そして、改善するために邪魔になっている価値観を棚卸し価値観を編集し書き換えていきます。

今までの思い込みや現象の捉え方をレクチャーし、人間のしくみ脳のしくみ心のしくみ人間関係のしくみなど必要な心理学も交えて教えています。

いきなり難しいことは、人はできないので、今の日常から応用するために、お話を聞いて、簡単にできることを提案し、できたという小さな成功体感を積んでいきます。

このような行動を地道にしていくのです。習慣は3ヶ月ほど繰り返さないと中々定着できないと言われています。

この内容を読むだけでも、認識が少し変わる方もおられると思います。
自分一人で、でできる人は、どんどん行動されてください。

一人では無理かもと思われる方は、お手伝いします。ご希望の方はお問い合わせください。
30分無料電話相談を利用して、何が本当の問題なのか?その問題の根本原因になっているのかを一緒に見つけていきます。

是非、自分の人生です。後悔のない人生へと創造していきましょう。

以前の記事でも書きましたが、昔の母は、私の部屋の窓をトンカチで割るほどの恐ろしい母で母から夜逃げしたこともありましたが、今ではこんなお茶目な母になりました。これが本当の母の本質なんだと思います。
時々は、お互いにカチンとくるときもありますが、一緒に旅行したり、父の介護を支えあえながしています。

人生では、理解不可能ないろんなことがありますが、ちょっと見方を変えてみると心の糸がほどけ違った付き合い方もできることも可能です。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

専門的なことを、人に頼ることは、弱さではありません。協力してほしいと言える人は、自分を受け入れることができる自分を愛する人であり、更に人に応援されて、人生を大きく開花していく最強な方なのです。

p.s.

期間限定で30分完全無料の電話カウンセリングを実施しております。
親子関係でお悩みの方は今すぐ下記のページをご覧ください。

http://ameblo.jp/oyako-torauma-care/entry-11881488703.html

p.p.s.

親子関係を好転させ、
より良い人生を送る秘訣を知りたい方は
こちらの記事をチェックしてみてください。

http://ameblo.jp/oyako-torauma-care/entry-11936188617.html

これまでに、親からの夜逃げ、離婚、13歳の娘の死の逆境を
強運に転じ自分の2度のガンから奇跡の生還した、心の智慧
心理学、脳科学を使った自分でできるプチワークなどを
無料でお届けしています!

今なら”体とストレスの反応シート”と”バースデーパーソナリティシート”をもれなくプレゼントいたします!



動画が見えにくい時はこちらを
https://www.youtube.com/watch?v=svtFjaV2NmI

ご登録はこちらをクリックください
https://beast-ex.jp/fx4757/1

これまでの親子関係に関する関連記事です


恐れ、恨み、嫉み、トラウマ(記憶)心の門番の転換法

あなたの心の門番が、あなたを1番苦しめている!

毒親だと、認知症になりやすい?


親子関係がもたらすストレス脳を幸せ脳へ!

母親と娘の関係で悩んでいるあなたへ・・・<

親子関係の悪化連鎖から脱皮するための心得
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。