親子関係がうまくいかないことで・・・ | 福岡☆全国 | 親子関係の悩みはカウンセリングで修復! | カウンセラーマリア

福岡☆全国 | 親子関係の悩みはカウンセリングで修復! | カウンセラーマリア

このブログでは親子関係悩みを持っている人たちへ向けた、親子関係を修復する方法や、人生を好転するヒントをお届けしていきます。

1番身近で接触することが多く、気になる人間関係は、

親子の関係です。

親子の関係って切っても切れない縁なので、

その関係がうまくいかないと、

気になって心が落ち着かないものです。


さて、なぜ、心が落ち着かないかというと・・・

相手に対して理不尽な思いがあるからですよね。


では、

なぜ理不尽な思いが出てくるのでしょうか?


それは、
理想と現実のギャップからです。


子の立場でも親の立場でも、

相手に期待希望が大きいほど

不満や怒りが出てきます。


また、

自分を犠牲にして相手にしてあげたことが多いと、

報われない気持ち犠牲者意識が強くなります。


ご訪問くださりありがとうございます。


親子の悩みをきっかけに、

「我慢する、支配する、頑張る」

という生活スタイルから抜け出し、


「愛、喜び、信頼」

生活スタイルにシフトする



親子関係修復カウンセラー

マリアです。






親も子も、親子の関係性を紐解き改善

信頼を築き新たな再出発したい!

そんな悩み&願望をお持ちの方の

ライフチェンジサポートしています。


さて、あなたは、

幼少期の親子関係の在り方が、

あなたの人格の土台となっていることに、

お気付きでしょうか?



多くの方が、そのようなことを発信されていますので、

すでにお気付きの方もいると思います。



ただ、気が付いていても、

どうしたらよいの?

わからないという方が増えている現状だと思います。



ゆえに、

今回は親子関係がうまくいかないことについて、

いろんな角度から書いています。


記事を読みながら自分自身を内観してみてください。


自分にリンクする場合は、

自身の在り方を振り返り、

これまでの生き方や

コミュニケーションを見直し、

改善しアップデートしていきましょう。





親子関係は、自分を磨く貴重な存在です


いつも身近にいる親子関係がうまくいかないと、

友人、上司、恋人、夫婦など

人間関係にも共鳴してきますよね。





私自身内観を始めた頃は、

親の習慣が、転写されていることにびっくりしましたびっくり


私の場合、自分の態度や口の利き方が、

母親そのものだと気が付き愕然としました!


自分の状態に気が付いてない方もいらしゃるでしょうが、

あなたにも親から転写されているものが、

必ずあります。


例えば、

親が喧嘩して暴力をふるう姿を幼少期に見ている人は、

夫婦喧嘩するときに無意識に暴力がでてしまう。


または、夫婦喧嘩の反動で、

相手の顔色を伺い自分の欲求を抑え込んでしまう。



そして、人間関係は

うまくいかないものなんだと刷り込み思い込んでいきます。



親の価値観を何度も刷り込まれ、

何年も暮らしている内に、

それが当たり前だと勘違いしていきます。


その勘違いの価値観で、

人を判断し審判していきます。



自分では、自分のことは気付きにくく、

無意識にそうなっていることが多いです。

 
交流分析の創始者、


エリック・バーン博士が提唱する

「人生脚本」という考えは、

このブログでは何度も紹介していますが、

再度ご紹介します。



「人生脚本」


人は3歳から6歳までに、

同居する父親と母親の価値観の

ミックスを脳にインストールします。


両親の価値観がインストールされた状態で

幼稚園、小・中学校、そして社会へと出ていき、

価値観、人格、性格を確立していくのです。



つまり、

人生のスタートの時点で両親の価値観が

インストールされた状態になっているということです。



幼少時に、無意識のうちに

自分で自分の人生の脚本を

書いてしまっている状態です。


例えば、

失敗すると人生の敗者になるぞ!と言われて育つと・・・・

失敗することが怖くてチャレンジができなくなります。



違うパターンでは、

幼少期にお母さんが、

ぐうたらしていることが嫌だと強く思っていたら、

自分や友人のぐうたらを見ると許せくなりイラついたりします。



また、両親が幸せではなく、

いつも喧嘩している姿を見て嫌な思いをしていると、

結婚は辛いものだと脳にインストールされて、

結婚を望まなくなるケースもありますね。



または、

結婚生活がうまくいかないものだと思ってしまいます。



親から何度も言われた言葉から、

自分で自分に劣等感を植え付け、

自信が持てず、

自分らしい生き方が出来てない人もいます。



子供が陥りがちなパターン



これは親だけの問題だけでなく、

子供も親だから優しくするのが当たり前

という期待が大きければ大きいほど、

そうでない場合は親に対して不満が出てきます。



父親は、こうあるべき、

母親はこうあるべきという自分の中での

正義ルールができています。



そのルールを元に、考えや感情が出てきます。

また、

他人の親と比較して、不満に思ったりします。



この様な思いに執着してしまうと、

被害者意識を潜在意識に植え付け、

自分で苦しい人生を構築していきます。



かつてのマリアも

被害者意識の人生で不満ばかりを言ってました。

まだ、被害者意識になりそうなときも、たまにあります。



親と言っても、未熟な人間です。

教育を受けずに、子供が産まれたら、親というレッテルが貼られます。



相手に完璧を求めると必ず足らないところは出てきます。

それもまた、お互いが自己成長していくために必要なことでもあります。


実は親子とは、

お互いの心を磨く相手であり、

家庭は自己成長するためのレッスン場でもあります。




身近にいて圧をかける人が、

1番自分の状態を知るきっかけを与えてくれます。


そして、

その価値観の違いは、

その人が、人生に何が1番の優先順位になっているかで、

違ってきます。


優先順位1番とは、何を大切にしているかということです。



お金の管理が1番の人もいれば、

家族の調和が1番の人もいます。



その違いが、戦いモードとなりますね。



この様な人間の真理や、

心と脳のしくみを知らないままだと、

目先の現象だけに囚われてしまい、

自分の感情に支配され、

相手ばかりを責めてしまいます。



人を恨みネガティブな人生では、

自分の人生を台無しにしていきます。



早く、そのことに気が付き、

見直し改善して、

人生を有意義なものにしていきましょう。



願望を手に入れるにも、

目標達成のプロセスがあり、

順番通りにしていくことで、

ゴール到達が可能となります。



車に乗り目的地に向かうのに、

フロントガラスが汚れていると、

車は止まり事故にもあったりもします。






まずは、

フロントガラスの汚れ掃きキレイにすることで、

目的地に向け走れますよね。



人間の場合、

それは感情の処理をちゃんとすることです。



過去の消化しきれていない感情を、

時間をしっかりとり、

本気で何度も処理をしてあげる。



ここがちゃんと出来ていないと、

前には進めないのです。



感情について、もう少しお話しすると・・・・

人間だれしも、叩かれたら痛いです。



なにくそ!と感情的になります!

それは、自然なことです。



ただ、その後の

感情との付き合い方が大事なのです。



そのままでいるのか?

その感情をケアしてあげ、

さらに生かしていくと、人生は向上していきます。



そんな感情の処理の仕方を、

私達は教えられてきていません。


そこが1番の問題だと

マリアは思います。


私は、自分の逆境と、

お金と時間をかけ自己投資を15年したことで、

うまくいかない原因が明確にわかりました。



感情を上手く使っていく方法も得ました。



例えば、

フロントガラスをキレイにしたら、

目的地に行くためにハンドルを切ります。



これが、人間の場合、

言葉や意識です。



後は、正しい地図を見て

アクセルを踏み続けていくと、

目的に着きます。



このような順番で、

脱輪しないで進むために、

自動車の教習所の教官のように、

人生の道の教官として、

人に寄り添って指導しています。



ちょっと、視点をかえてみていくと・・・


あなたは、

いろんな父と母の奇跡がいくつも重なって

生まれた奇跡の存在です。




そう、いくつもの難関を経てこの世に出てきました。

あなたは、奇跡な存在なのです。



お母さんとお父さんが、

少しでもすれ違いが生じていたら、

あなたは誕生していません。



また、何千もの精子が、

やっと卵子にたどり着いたとしても、

卵子がその精子を受け入れないと受精しないらしいです。


母親があなたを選び受け入れたことで、

あなたが誕生しました。


あなたは、忘れていますが、

お互いがお互いを選んだ関係が親子でもあります。



相手を素直に受け入れることが

できないこともあるでしょうが・・・



その真理を知り、

自分の人生の意味を探求していくと、

自分や周りの人たちの関係性が紐解けてきます。


紐解けてくると、

見える景色が変わってきます。


見える世界が変わると

生き方が変わり

行動や言動も変わってきます。





自分を動かしている脳と心の仕組みを知ろう


実は人間の脳は万能ではありません!

そのことをまず知ってください。

脳も誤作動があるのです。



人間の脳は五感(視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚)

を通して判断したことを真実だと思い込んでいます。



思っていることが全て真実だとは

限らないということです。

脳にだまされないようにしましょうね。





この真ん中の円は、右の方の真ん中の円の方が大きく見えます。

が両方とも同じ大きさの円です。

脳が周りの環境で錯覚して判断してしまうのです。

判断していることが真実ではないことがあります。

脳の錯覚です。


そう!私たちが判断している

自分の脳も完璧ではないのです。




私は、このことを知ったときは、

かなり衝撃的でした!



見ているものが事実じゃなくて

脳にだまされているんだ!

ということを知ったとき、

びっくり仰天しました。

衝撃の事実です(笑)



いわゆる思い込みに気付いた瞬間です。


このことを知ったことで、

それから少しずつ、

物事の捉え方が変化してきました。


自分の見ているもの考えてることは、

一つの可能性なだけなのです。



それを決め付けてしまうと、

他の可能性を自分で遮断してしまいます。



瞬時に感じていることを鵜呑みにせずに、

いろんな見方ができるようになったことで、

相手の出している感情も、

本当の心だろうかと思うようになりました。



そうなることで、

相手に対して捉え方が変わっていきました。



もうひとつの心の例をご紹介いたします。


ここに二つの丸があります。どちらが気になりますか?




どちらの丸い形が気になりますか?


丸になっていない方が気になる方が多いのではないでしょうか?



人は不完全なこと

意識が向くからです。


また、完全じゃないといけない

という教育を受け、

そのような習慣化のトレーニングを学校でさせられているので、

欠乏を埋めれない自分は

ダメ人間だと考える訳です。



こちらの例では、

心理が働いています。

心のしくみです。



同じように欠けているところが、

気になってしまいます。



人の脳は強い感情と欠けている部分に反応します







ここで親子関係に置き換えてみると、

親の不完全な部分だけしか見えなくなり、

それで気分が悪くなる。


完全にしたいと思うから、

悩みの心をつくり、

そこに執着し、

親子の関係はうまくいかなくなっていきます。


完全に相手を変えようとすることは、

とても難儀なことです。


自分を変えることもままならないのに

他人を変えることは至難の業です。


その至難に立ち向かうには、かなりの



「メンタルのコントロール力」


「エネルギー」
が必要です。



相手を変えようと、

相手の行動に振り回る人生ではなく、

自分の軸とエネルギー管理を

強化していくことが大事です。


これからの新しい時代は、

常識重視、正しいか正しくないか、

勝ち負けという思考から脱皮していくことが、

幸せを手に入れる秘訣です。




自分と自分以外の人との現象に、

どう向き合きあっていくのか?

自分が幸せに生きれる秘訣にフォーカスしていくのか?


ここに、本気で取り組み、

自分自身を磨いていくと、

人生は劇的に変化していきます。



マリアが1番、

多くの方に伝えたい教えたいのは、

「自分も家族も救う心理学講座」です。


本気で人生を変えていきたい、

そんな方は、お問い合わせください。






感情の処理、

出来事の捉え方をチェンジしていくには、

一人では難しいテーマです。



無意識の領域を変えるには、

自分と向き合い、

脳の回路がかわるまで反復が必要です。



マリアも、

全てをクリアするのに時間がかかりました。



しかし、そのお陰で、

どのように感情と対処したらいのか?が、

しっかり身につけることができました。


できない、ムダと決め付けるのではなく、

人の力を借りながらでも

自分の未来を明るくするために、

チャレンジしていくことが大事です。


いつまでも、

恨みや被害者意識を持ち続けて

しまうと体も心も病んできます。



自分の子孫にも悪影響となり

負の連鎖につながってしまいます。



私もこのことに氣つくまでに、

いろんな親子関係がうまくいかない経験をしました。



過去に親から夜逃げをしたこともあります。


ゆえに感情が高ぶって、

処理できない辛さも知っています。



だからこそ、

人の心に寄り添えることが、

ありがたい私の強みだと思っています。


親子で~こうあるべき~という執着心のままでは、

親子関係は絶対にうまくいきません!




その執着心を外すために、

人間の脳と心の作用の仕組みや

上手く行くコミュニケーションなどのを学び知ること。


そして、思考(考え方)、

言葉、行動習慣を変えていく

トレーニングをすることで、

あなたの未来は、劇的に変わっていきます。

(但し本気で取り組むこと)



星取り組みたいと思ってはいるが、

いきなり継続的に飛び込むことに不安な方は、


期間限定で、開運リフトアップセラピー

親子問題を顔から紐解く開運リフトアップセラピー

体験セッションを行っています。


また、体験者の声も載せています。

https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventrylist.do?entry_ym=201905


参考ください。


リフトアップ体験セッション以外にも、

お悩みを聴きとり、プロファイリングし、

何が必要なのか?などをお伝えする

60分の体験セッションもあります。



最後のまとめ


親のことに意識をむけるより自分自身に意識を向けましょう.

親子関係をうまくいかないのは

イヤだと思ったときは、

一度自分の考え方を疑ってみましょう!


相手は鏡でもあります。

相手がしていることを、

自分もどこかでやっていたりします。


本人が気が付いてないだけだったりします。

共鳴の法則です。



自分に何かを気付かせるために、

人がきっかけを与えていたりします。


自分自身の物事の捉え方、

考え方に、

まずは意識を向けてみてください。



この現象は何を私に教えようとしているのか?

何が許せなかったのか?



何に反能するのか、まずは内観していくことです。


内観することで、

自己成長の種が見えてきます。

ただ、自分の思考習慣の中では、

気付きにくいので、

指導してもらうコーチ的存在をみつけてください。

そちらの方が効率がよく、結果が出やすいです。



これからの人生は、

自己責任の時代です。


国や親に期待するのではなく、

自分で身に着け手にいれていきましょう。



あなたのライフチェンジを

コーディネートいたします。


お気軽にお問い合わせください。



最後までお読みくださり誠にありがとうございます。



人に頼ることは、弱さではありません。

助けてと言える人は、

自分を受け入れることができ、

人に応援されて人生を大きく

開花していく最強な人なのです。





親子関係を好転させる秘訣&人生を幸運に変える秘訣
カウンセラーマリア公式無料メールマガジン


心理学、脳科学をもちいたセルフプチワーク7日間ステップメールを最初にお届けしています!

メルマガ登録いただくと、2つのPDFをプレゼントを差し上げます。

1つ目・・・
今の自分の状態を知るきっかけとなる”体とストレスの反応シート”&誕生日からみるあなたの気質”バースデーパーソナリティシート”PDF

2つ目・・・
思春期(10歳~20歳)子供が驚くほど変わる親の言葉・表情の出し方のヒント集PDFをプレゼントします


メルマガ登録プレゼントはこちらから
https://beast-ex.jp/fx4757/1


===============

本メールが定期的に届いていない場合、

送られているメールが

「迷惑フォルダ」に振り分けられている可能性があります。

↓を参照して

メールを確実に受信箱に届くようにフォルダの振り分け設定をお願いいたします。

 http://mail-wake.com

Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)
ご利用の方はこちらで設定方法が観覧できます。

⇒ https://support.apple.com/ja-jp/HT202315



親子関係の関連記事です


自分が毒親だと気付いたとき、どう対処したらよいのか

母親と娘、お互いの気持ちのズレの改善は早めの相談を!

親子関係の破綻は、ちょっとした心のズレから始まっていく

まさか!人生がこんなにも変化するとは!




ベル体験カウンセリング



あなたの親子関係開運を心よりお祈りいたします。



人気ブログランキング