楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

私は、国体少年や関東大学リーグを観戦していました。
今は、そっちの方に関心が向いているのも事実ですが、そうでなくても、イタリアまでは行かれませんから。(笑)
私はただのファンですから、自分が見たいものを見ればいいのですけれど……


下記の記事を読んで、イロイロ考えさせられました。


アッサーゴの片隅で


4年に一度の開催のこの世界選手権を
実際に会場で観戦した日本人指導者は
アメリカで研修中の中垣内氏、
パナソニックパンサーズの真保コーチの2人しかいなかった。
現時点での世界の潮流をこの目で確かめる
日本から来ていないことが問題ではないかと思うのだ。
国体や大学リーグと重なっているのは分かる。
世界選手権の時期は数年前に発表されているのだから、
国内の試合期をずらせばいいのだし、
この時期に試合のないVの監督やコーチ、
選手がどうして実際観戦しに行かないのかを訝しく思う。
JVAを批判するより、世界トップレベルの試合を肌で感じることが先なのではないかと
感じたのだ。


言われてみれば、国体少年や関東大学リーグの会場で、大学やVの監督や関係者を多数見かけまた。
みなさん、イタリアには行かなかったんですね。


プレミアなんて、よい外国人に恵まれたチームが優勝するのかも知れないと思ったりします。
パナソニックが、それだけではないことを見せてくれたような気もしますが。
Vの監督やコーチは、自分のチームにとってベストの外国人選手を探しに、イタリアに行った方がよかったのかも知れません。
でも、現実には、そうではないのですね。


外国選手より、国内の高校生・大学生の方を、自分の目で見たいということですか?
世界のバレーを生で見ることよりも、優秀な学生を確保することの方が優先されているということでしょうか?
単に、予算の問題ですか?(笑)


テーマは「監督」にしてみました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

紹介した記事からリンクされている指導者にむいてるポジションは? を読んで。


面白いと思ったのですが、ちょっと疑問を持っちゃいました。
ポジションって、いつのポジションなのでしょう?
楊監督はセンターもやっていたし。
初めからリベロだった選手が少ないことは、まあ当然としても、ポジション変わった選手って、意外と多いような気がします。


ときどき「○○以外は全部できる」という話を聞くことがあります。
「リベロ以外は全部できる」とか「セッター以外は全部できる」とか「センター以外は全部できる」とか、順大あたりにいそうだし(笑)高校生だったらいますよね。
でも「サイド以外は全部できる」って選手は、思い当たりませんね。
サイドは、ポジションの基本のような気がします。
「○○以外」なしで「全部できる」という選手もいるのかなあ?
まあ、できないことはないとしても、ある程度見られるレベルで。(笑)
昔話ですが、175くらいの選手が高校時代はセンターもやっていたと言っていました。春高に出たレベルの高校で。
まだリベロができる前でしたが、セッターやレシーバーもやっていましたから、もちろんサイドもやっていたのだと思います。
高校から社会人にかけて、全部のポジションをやった感じでしょうか。


考えてみれば、多くの選手がサイドからスタートしているような気がします。
バレー始めたときから、リベロだったり、セッターだったり、センターだったりする選手ってどれくらいいるのでしょうか?
高校からバレー始めたような選手は、いきなりセンターだったりするのかも知れませんが、小学校でいきなりセンターは……センターにいても意味が違うような。
サイドの中で、背の高い子をセンターにしたり、パスの上手い子をセッターにしたり、バレー上手いけれど小さい子をリベロにしたりするのかなあ?


そういう意味で、多くのポジションを経験した人が指導者に向いているような気がしますが、実際に名将と言われる方は、そうでもなかったり。
まあ、理屈は理屈ということでしょうね。(笑)


個人的には、プレミアの監督を見ても、あまり意味がないような気がします。
そもそも、プレミアの監督の多くが指導者に向いているのかどうか、疑問だったりするので。(笑)
プレミア監督=指導者じゃないような気もするので。


高校・大学の監督について、誰か調べてくれると嬉しいのですが。
というか、知っている範囲で書き出したい誘惑に駆られていますが、そんなことにはまったら、他のことができなくなりそう。(笑)


でも、ちょっとだけ。
センター出身の監督と言ったら、森田さん(日体大)春田さん(松下)を思い出します。
春田さんが監督になるとは思わなかったけれど。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

監督の出身ポジション という記事を読んで。


高校・大学バレーファンが考えると、イロイロ違いがあったりします。(笑)


バレーボールでは監督によって主にスタメンの選定で選手起用に明確に差が出るわけはないと思う。
同じチームの監督を誰がやってもその選手起用に大きな差はでてこないはず。
バレーボールとして、どんな方向を目指すかは別として。


プレミアの監督は、そうなのかも知れないなあと思います。
高校は、スタメンと控ではレベルに差があることが多いので、そもそも選択肢が少ないですよね。
そういう意味では、大学が一番「監督によって主にスタメンの選定で選手起用に明確に差が出る」のではないかと思います。
特に、選手層が厚いとか、人数が多いとか、そういう大学ですね。
東海・順大・中大・武大あたりは、監督を交換したら、全然違うスタメンになりそう。
想像してみると面白いかも。(笑)


以下の件は、私も感じていました。


それはセッター出身の監督は自分のチームのセッターを固定しきれないのではないかという仮説。


加えて、セッター出身の監督は、未完成でも大型のセッターを使いたがるような気がします。
「自分も、もう少し大きかったら」という思いがあるのかも知れないし(笑)「自分が育ててやろう」という気持ちがあるのだろうと思ったり。
逆にアタッカー出身の監督は、打ちやすいトスを上げてくれるセッターが好きかも。

コメントに「セッター出身の監督がアタッカーをセッターに上手く育てている」とありますが、これも同じようなことでしょうか。
セッターとして活躍した東海大四の桜田監督も「アタッカーをセッターに育てる」と言っていましたし。


以下の件は、「自分大好きかどうか」ということかも知れませんね。(笑)


あまり背の高くない監督はスーパーエースを中心としたチーム作り、背の大きい監督が緻密なバレーを志向することが多いように思う。


自分がやってきたバレーを監督としてやろうとする方と、正反対のバレーを志向する方がいるような気がします。
小さい監督さんの大型チームに対する想いみたいなものを、感じることはありますが。
ただ、監督さんも考え方が変わるので……プレミアの監督さんは、そんなに長くやらないので、変化を見て取ることは難しいのですが、高校や大学の監督さんは、以前と変わったと思うことがあります。


バレーについて考えると、面白くって、ついはまってしまいます。
他に書きたいことも、たくさんあるのに。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。