楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

昨日、ミドル使用率について書いていて、今日放送される東亜学園vs東福岡を思い出しました。
東福岡はミドル使用率の低いチームではないのですが、この試合はサイド中心の攻撃でした。


両チームのスタメンは、春高バレーEXPRESS2014 に掲載されている通りだったと思います。

高校はポジションをCセンター、Lレフト、Rライトと表記することが多いです。


東亜学園のスタメン、ミドルの大竹くん(202)武藤くん(188)は高さがあるのですが、他の4人は180以下です。
確かに、真ん中から攻めるより、両サイドから攻める方がいいですね。
東京都の予選などでは、もともとサイト中心のチームが多いので「いつもと違う」と感じることはなかったのですが、東福岡は攻撃のバリエーションが多いですよね。
ですから、対戦相手によって、パターンを変えることもできたのだと思います。


東福岡に限らず、攻撃の組み立てを変えてくるチームはあります。
それは、監督の指示の場合もあるでしょうけれど、選手自身が判断することもあるそうです。
ちょっと前に、日本の選手は自分で考えることができないという話がありましたが、高校大学では考えている選手も少なくないと思いますよ。
話がそれました。(笑)


ミドルの打数という観点から見ると、東亜学園はポジションミドルの大竹くんがクイックだけでなく、ライトからもバックセンターからも打つので、かなり多いです。
高さで勝負できるのが大竹くんと1年の武藤くんだけだということを考えると、当然の選択と思います。


東福岡もサイドで高さがあるのは金子くんだけなので、ミドルの菰方くんがバックセンターからも打ちます。
大竹くんがバックアタックを打つところは何度も見ていますが、菰方くんは初めて見たので「わあ!」となったのですが、実況も解説もスルーしちゃってました。
この試合では1回しか打たなかったと思いますが、星城との試合ではかなり打ってました。


決定力のある選手が少ない場合は、ミドルもクイックだけなんて言ってられません。
プレミアはそんなことないからミドルの打数が少なくなるのだと思いますが、高校大学ではエースだったミドルが少なくないのですから、イロイロ見せてもらえると楽しいのですが、ダメですか?


堺の松本さんとか、東レの富松さんとか、JTの町野さんとか、サントリーの鈴木さんとか……年齢的に無理ですか?(笑)
若い選手では誰でしょうね?
合成の山近さんとか、サントリーの塩田さんとか、ジェイテクトの袴谷さんとか?


出耒田さんがOPとミドルで話題になりましたけれど、高校大学ではポジション複数って普通ですよね。
試合の途中で、ケガ人が出たとか、調子が上がらないとかで、ポジションかわる選手もいるくらいですから。


プレミアでも、面白いことしてくれるチーム、出てこないでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、ツイッターでも話題になっていました。


プレミアについて、下記の記事にまとめられています。


Vプレミアリーグ20日終了時点でのミドルたち


ミドルを多く使っている順は下記だそうです。


1 堺 2 サントリー 3 ジェイテクト 4 東レ 5 合成 6 FC東京 7 パナソニック 8 JT


アタック決定率にミドルの名前が沢山並ぶチャレンジとの違いは…外国人選手以外の理由が思い付かなくて悔しい。


とあり、助っ人打数も紹介されています。
多く使っている順は下記だそうです。


1 JT 2 堺 3 FC東京 4 合成 5 ジェイテクト 6 東レ 7 パナソニック 8 サントリー


サントリーは助っ人が離脱しているし、パナソニックはOPじゃないので単純な比較はできませんが……
助っ人1位のJTミドルは8位、助っ人2位の堺ミドルは1位と、対照的なのが面白いですね。


チャレンジとの違いは、外国人選手の有無だけでなく、日本人サイドの決定力にもよると思うのですが、どうでしょう?
プレミアのサイドは、高校大学のトップチームでエースだった選手が多いので、その分ミドルにしわ寄せが……
サイドのパイプが増えたことで、それ以前よりさらにミドルの打数が減ったような気がします。


今季チャレンジは全然見ていないので、それはどなたかにお任せするとして、観戦の多い大学を見てみることにします。
関東の大学は帳票が公開されていないので、アタック決定率等の個人成績しかわかりません。


2013年秋季リーグ 関東1部男子 個人成績(最終)


アタック決定率
1 小宮雄一郎(日体3年/#19)63.9%
2 高橋拓也(専修2年/#13)60.2
3 田井中勇貴(日体4年/#9)56.2
4 濱松啓陽(早稲田3年/#7)54.3
5 山田脩造(日体3年/#20)53.2
6 柳田将洋(慶應3年/#9)53.0
7 七里幸洋(早大4年/#3)51.2
8 久原翼(東海1年/#31)50.4
9 廣瀬優希(順大3年/#12)50.0
9 鎌田将人(明治4年/#3)50.0
11 長友優磨(専修4年/#1)49.8
12 加藤弘道(学芸4年/#5)49.1
13 岡田拓巳(慶應4年/#1)49.0
14 鶴田大樹(東海4年/#1)48.9
15 専田和也(早稲田3年/#9)48.4


アタック決定率ベスト15入りのポジション別人数は以下です。

MB 6人 1,2,3,4,9,9
WS 5人 6,8,12,14,15
OP 4人 5,7,11,13


3つのポジション、人数的にはあまりかわりませんが、上位はミドルが占めています。


大学別アタック決定率ベスト15入りの人数 ()内は秋季順位


2人 日体(3)
1人 早稲田(1) 明治(2) 順大(5) 専修(9)
0人 慶應(4) 東海(6) 筑波(7) 中大(8) 駒大(10) 学芸(11) 武大(12)


ベスト15入り選手がいる大学が上位に多いですけれど、必然なのか偶然なのか、これだけではわかりませんね。
プレミアとはかなり違う傾向にありますが、データが少ないので正確な比較にはなりません。


慶應はOPに偏っているのではなく、OPとWSの2枚が同じくらい。
パナソニックに近いでしょうか?

筑波はOP中心、最もプレミアに近い傾向と思います。
ミドルも多い堺タイプなのか、ミドルが少ないJTタイプなのかはわかりませんが、中間くらいでしょうか?

大学や高校の試合も、もっと記録が公開されると、違いを認識したり、改善点を考える上で役に立つと思うのですが……
大学などは各チームでデータを取っていると思いますが、そこからどんなものが導き出されているのでしょうか?


みなさんは、ミドル使用率と決定率から、どんなことを考えましたか?


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

期待の大型選手というと、伏見くん・出耒田くんの名前が挙がることが多いですね。
東海大四が春高の出場ということで、札幌第一の出耒田くんを代々木で見ることはできません。
静岡は2/7に決まりますが、伏見くんの清水商はどうでしょうか?
2人が注目されているのは、ユースメンバーだということもありますが、ネットや雑誌で取り上げられているからでしょうか?


年末の東西対抗で2人のプレーを見ました。
といっても、出耒田くんはスタメンじゃなかったから、少ししか見られませんでした。
なので、出耒田くんの印象はあまりないですね。
2年生で東西に選ばれるだけでもすごいことですが。
選抜では2人ともセンターに入りますが、東軍のセンター対角は伏見くんと霞ヶ浦の新田くん(3年)でした。
新田くんもチームではエースです。


伏見くんは確かに高いし、横幅もあるので、センターに立つとすごく存在感があります。
西軍は大きい選手が少なかったので、東軍の高いブロックには苦労していました。
東西対抗のメンバーはこちら に書きました。
感想も書こうと思っていたのに、まだでした。すみません。
個人的には、伏見くん・出耒田くんだけでなく、その上の大学生にも期待しています。
大型選手、高さのある選手という観点からピックアップして2人と並べてみますと、こんな感じ。
身長・最高到達点は違う数字が掲載されていることもありますので、ご参考までに。


伏見大和 清水商高2年 206 340 MB WS
出耒田敬 札幌一高2年 198 340 MB WS


新田幸典 霞ヶ浦高3年→中央大 194 345 MB WS
川口翔太郎 大阪産業大1年 194 351 MB WS
安永拓弥 東海大1年 192 341 MB
筧本翔昂 東亜大3年 198 343 MB


あまり注目されていないようのですが……(笑)
春高でまた注目を集める選手が出てくることを期待しつつ、大学の春季リーグも楽しみです。
といっても、関東の選手以外はナカナカ見ることができません。
関東・関西・中国方面のみなさん、見ておいて損はないですよ。
きっと、プレミアや全日本で活躍する選手になると思います。
4月からの予定に、大学リーグ観戦と書き込んでおきましょう。(笑)


以下、プレミアリーグ登録のMBを若手中心にピックアップしてみました。
比較してみてください。
最高到達点は、ちょっと怪しいと思うのですが。(笑)


日高裕次郎 日本体育大4年→NEC 188 348
横田一義 大阪商業大4年→堺 192 345
相澤寿 東レ 193 350
白澤健児 パナソニック 194 345
富松崇彰 東レ 191 350
鈴木寛史 サントリー 199 350
枩田優介 パナソニック 200 355
山村宏太 サントリー 205 346
松本慶彦 堺 193 358


若い選手たちは、今後、サイド(WS)になるのかセンター(MB)になるのかわかりませんが、最後にセンター(MB)をピックアップしたので、テーマもそうしました。
大型選手をセンター(MB)にすることが多いことは問題とも言われますが、若いうちは両方できた方がいいですよね。
若くなくても?(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。