楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

1セット取りました。
ベテランががんばりました。
でも、なんかスッキリしません。
いいのかなあ? これで……


8位という結果はよかったと思いますが、全日本以外も見ている男子バレーファンには課題が多いと思えたのでは。
日本開催でなければ、8位以内が決まった時点で、若手にチャンスをあげたいところでしたが、実際は逆にベテランに頼ることになりました。
これから先は目の前の結果を求めるのではなく、どういうメンバー、どういうバレーで五輪を狙いたいのか、常に考えたバレーをして欲しいと思います。


植田監督はベテラン大好きみたいですが、この世界バレーでも世代交代がうまくいかず、ピークを超えたベテランに頼って失速したチームがあったような気がします。
優勝したブラジルも年齢的に見て、この大会がギリギリピークの最後なのかも知れません。
若い力が育ってきているチームもあるので、これからどういう勢力図になっていくのか……
日本もそういった今後の伸びが期待されるチームの仲間入りしたいところですが……

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今、やっと録画を見終わりました。
うーん、よくなかった。
2セットまではともかく、3セットからガタガタ。
セルビアやロシアほど、どうしようもない相手ではないのに、今日のフランスはよくなかったのに。
メンバーチェンジも効果的ではありませんでした。


明日はまたロシア。
ロシアとって、どうなんだろう?
どう戦えばいいんだろう?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまた阿部さんの話ですみません。
東海大のファンだし阿部さんのファンなので、どうしても気になってしまって。
セルビア戦でまたまたセンターを使えなかったこと……
なんか変だなあって、ずっと引っかかっています。
確かに阿部さんは、センターを使うのが得意なセッターではないけれど、東海大でも東レでもユニバでも、使えていないということはなかったと思います。
なぜ、今の全日本でセンターが使えないのか?

バレーな日々の日本のセンター攻撃は怖い! という記事を読んで、セルビア戦のことは少し納得できました。

日本のセンタープレーヤーの攻撃に恐れをなしたセルビア速攻封じのサーブの連続で攻撃を封じられました。

やはり、プレー経験者は違いますね。
私自身はバレーができないんで、ファン目線でしか見られないんです。

それから、カナさんのこの記事 読んで、秋季リーグの東海大を思い出して……

1セット目からだけどみんなチャンスカットみじけーよ。
サーブで前に落とされたときもパス全部みじけー。
きっちり返せよー(´0`)

東海大もリーグ途中まで、セッターへの返球が短くてコンビが上手くいかないことが多かったかなと。
197センチの王さんは、高いボールには強くても、短いボールは上手く処理できないようで。
筑波との1回目の対戦のときも、やっぱり菅さんの方が安定しているよねって思って。当たり前なんだけど。
王さんの持ち味は高さなのに、短いボールじゃ高さが活かせませんよね。

短いボールでコンビが上手く使えないのは阿部さんも同じなのかと……
阿部さんのトスにリズムが感じられないのは、精神的な問題だけではないのかも?

録画見て確認したわけではないので、見当違いかも知れないけど……


Aカットっていうけれど、その中でも、ここに欲しいっていうポイントがありますよね。
もちろん、強いサーブやスパイクをポイントに返せとは言わないけれど、チャンスボールはそこに確実に返して欲しい。
阿部さんと朝長さんでは、そのポイントの高さが違いますよね。何センチくらい違うのかなあ?
それを意識して返してもらえたらと……
難しいことだとは思うけど、難しいことをクリアしていかないと、日本は勝てないと思います。
植田監督も、スパイクのスピードが何秒とか計っていたけれど、トスの高さは測ってくれたかなあ?

セッターは、どんなボールでもいいトスにすることを心がけて欲しいのですが、高度なコンビバレーを実現するためには、返球の精度も重要かなって思いました。

先日、kekoさんと昔話(笑)をしました。
阿部さんが大型セッターというけれど、丸山さん(日本鋼管)も大型セッターだったとか、御嶽さん(富士フィルム)も大型だったけど手首が柔らかかったから低いボールに強かったとか聞いて。

古川-笠間の鋼管コンビのクイックは本当にすごかったと意見が一致して。(笑)
阿部さんも朝長さんも、まだまだ技術をみがいて欲しいと思いました。

関東大学1部は、けっこう強いサーブを打つ選手が多いんですよ。
世界バレーほどではないにしても(笑)Vリーグよりは思い切り狙ってくる選手が多いです。
秋季リーグ見ていたら、強いジャンプサーブはキッチリ返せるのに、ゆるいサーブが短い返球になることが多くって。
なんでかなあ? と思ったのですが、たぶん、強いサーブに備えてかまえているからなんでしょうね。
そのへんの切り替えが上手くできるかどうかが、名レシーバーの分かれ目でしょうか?

全日本がチャンスボールの処理にもたつくのを見て川合さんが、
「チャンスボールは全日本でも高校生でもチャンスボール」というようなことを言っていましたね。
正にその通り。
川合さんも時にはいいことをいいますね。
というか、今回の解説ではあまり暴走してないかな?(笑)
アナウンサーの方が気になりますね。???な感じで。

いれとけサーブとか、チャンスボールからの攻撃とか、簡単すぎるからあまり練習しないのでしょうか?
でも、そんなところでミスすると、取れるはずの得点を逃しちゃうし、ムードが悪くなりますよね。

残り2試合で、どれだけ修正できるかわからないけれど、来年に向けて課題がたくさん見つかってよかったと思いたいですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

よいプレーもあったのですが、続かず……


でも、セルビア・モンテネグロよりポーランドの方がいいバレーをしているのではないかと思ったら、やっぱり勝っちゃいましたね。
セルビア・モンテネグロはピークを過ぎたチーム?


日本も1セットは取りたかったですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kumioさんのとこに、すばらしい記事があります。
みなさん、見に行ってくださいね。こちら です。


ファンがこんなにがんばっているんだから、協会もVチームも、もっとがんばらなきゃ!!


中垣内さんもね、解説の合間にプレミアリーグのこと、ちょっとでも話さなきゃ。
「堺の選手が3人出ていて、監督としては嬉しいですね」だけじゃ、ダメでしょう。 (笑)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

アフリカ勢ということで、エジプトみたいなチームかと思いましたが、かなり違いましたね。
ミスが少なくて日本は苦戦しました。
第5セットはかなり崩れましたが……日本にとってはラッキーでしたね。
山本さん大活躍でした。
188センチ68キロにはびっくり。高校生みたいですね。


目標のベスト8が決まってよかったです。
この後はかなりキビシイ相手との対戦が続きますが、前向きになれるような試合内容・放送をお願いします。
無理な盛り上げや、聞いていて恥ずかしくなるようなアナウンスはなしにしてください。
TBSさん、大丈夫かなあ? 心配……

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

実は12人から柴田さんが外れた時点で、スタメンセッターは朝長さんなのではないかと思いました。
阿部さんのトスを活かすためには柴田さんは必要ではないかと……
まあ、植田監督はそういう考え方はしないのだろうけれど。


アタッカーを活かすためのセッター、セッターを活かすためのアタッカー、いつも考えてしまう問題です。
でも、ほとんどの人の頭にあるのは前者「アタッカーを活かすためのセッター」なんでしょうね。
でも、伝説のセッター古川さん(笑)や宇佐美さんのような個性的なセッターには「セッターを活かすためのアタッカー」も必要なのでは?
ただ、この2人のようなアタッカーを選ぶセッターは、全日本では使いづらい。
阿部さんがそうならないことを願います。(笑)


東レと違ったトスを上げるには時間が必要だと思うし、試合数をこなさないと……
でも、世界バレーは「経験を積む」ための大会ではないですよね。
勝負です。(笑)
だから、出番が少なくてもしかたないのですが……
この大会で、何かつかんでほしいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

植田全日本のスタート時に外国人コーチの話がポシャリましたが、その後はもう考えていないのでしょうか?
どうして今頃そんな話をするかというと、世界バレーは絶好の機会じゃないでしょうか?
こんなにたくさん、外国のトップバレーボーラーが日本に来ているのですから。
私は今のところ外国人監督についは慎重に考えた方がいいと思いますが、コーチならすぐにでも来て欲しいです。


どんなコーチ?
現役引退したばかりのヨーロッパで活躍したMBがいいんじゃないでしょうか?
全日本が一番強化しなくてはならないのはブロックではないかと思うので。
アジアで勝つ方法は、日本人だけでもなんとかなるでしょう。
けれど、ヨーロッパのバレーとどう戦うか、それにはヨーロッパの知恵も必要なのでは。

前に候補に挙がったような監督として実績のある人でなくていいんです。
ヨーロッパの攻撃とブロックについて、実践的な指導ができる、手本を見せられるコーチに来て欲しいです。
今回の世界バレーを最後に引退する選手もいるでしょうし、来日していない選手についても情報を得ることはできると思います。
植田監督にそのような余裕はないでしょうから、ヨーロッパバレーに詳しい人にヘッドハンティング(?)を依頼して欲しいです。
こんなチャンス、そうないですよ。


ヨーロッパのプロ選手は引退したらどうするんでしょうか?
監督やコーチを目指す人も少なくないですよね。
日本チームのコーチも悪くないなって思う選手もいるんじゃないでしょうか? どうかなあ?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。