楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

ユースも結果はチェックしていたのですが、書いていませんでした。


日本は2位で、世界ユース出場権を獲得しました。


JVAサイトは以下です。


第10回アジアユース男子選手権大会(U-18)


AVCサイトは以下です。


The 10th Asian Boys’ U18 Volleyball Championship


下記ブログに日本以外の結果等まとめられています。


第10回アジアユース男子バレー選手権最終順位&個人賞(日本2位) 2014-09-14


ユースは1次リーグ、韓国にフルセットで勝利したことが準優勝につながりました。
ここで負けていたら、ユースも5位以下で世界大会の切符を手に入れられなかった可能性が高いです。
逆に韓国はここで負けて最終的に6位、出場権を獲得できませんでした。
ユースとジュニアは、日韓が逆の結果で明暗を分けました。


それにしても、ユースはイランが強いですね。
6大会連続7度目の優勝ですか。


前回ユースにも出場した雄物川の鈴木くんがケガで出られなかったようなので、長身選手はいませんでした。
みんなが知っている選手は鈴木くんと金子くんくらいかも知れませんが、ほとんどがインターハイに出ていた選手です。
2年生は東京全中のときに中3だったので、中学から見ている選手もいます。
JOCで活躍した選手も多いのかな?


リベロが本職じゃないのはユースの伝統なのでしょうか?
今回は開智高校のサイド堀江くん183cm。


世界ユースでは、少しメンバーがかわるかもしれませんね。
セッターが2人半ですが、そのままでいくのかどうか……

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらも書いていませんでした。


1次リーグ戦1勝3敗で17-20位決定リーグ戦に回った日本は、3戦連続ストレート勝ちで、今大会17位でした。


詳細は下記で。


JVAサイトの試合結果


第13回世界ユース男子バレー選手権第8日結果(17-20位日本-ルワンダ) 2013-07-05


第13回世界ユース男子バレー選手権第9日結果(17-20位日本-アルジェリア) 2013-07-06


第13回世界ユース男子バレー選手権最終順位&個人賞(日本17位) 2013-07-08


月刊バレーボール8月号のスタ☆メンは、全日本ユース男子でした。
チームの様子が感じられて、面白かったです。


今回成績としては残念な結果でした。
初戦のチリ戦にストレート負けしたことが、大きかったんでしょうね。
月バレの記事にもありましたが……
高校生主体ということで練習期間が取れなかったこと、アジア以外の大型チームとの対戦経験がなかったことなどが課題ですが、これはユースとしては難しい問題なので、次のジュニアにつなげられたらと思います。


前回大会まで、世界大会出場はアジア2位までだったので、変更がなければアジア3位の日本は出場できなかったのですから、順位を期待できる状態ではなかったのかもしれません。
出場国が増えたことで、上位と下位の実力差はかなり大きいのかなあと感じました。
一方で、アジアの中国が2位、イランが4位、韓国が10位ですから、日本も戦い方次第では、もう少し上に行くチャンスはあるかもしれません。


今回は2次リーグ戦に進めなかったので、強豪国と対戦する機会は少なかったのですが、選手それぞれがアジアと世界の違いを感じ、課題を明確にできたようなので、今後に期待しています。
日本国内で、高さがあるとか、強力なジャンプサーブと思っても、世界では当たり前のレベルなのでしょうから、そこで勝負するためには何が必要なのか、考えて身につけていってもらえたらと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ユースは残念ながら1次リーグ戦1勝3敗の最下位で、17-20位決定リーグ戦に回りました。


1次リーグ戦のスタメンは、久原くん高橋くん秦くん石川くん小野寺くん大宅くんリベロ矢野くんでした。
順位決定リーグ初戦はスタメンを変更して、MBで交代出場していた鈴木くんをサイドスタメンに入れ、石川くんと永露くんのツーセッターだったようです。
ずいぶん大きいチームになりました。


詳細は下記で。


JVAサイトの試合結果


第13回世界ユース男子バレー選手権第7日結果(17-20位日本-チュニジア)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっとサボってる間に国際試合がイロイロと始まっています。
JVAサイトは下記です。


FIVBワールドリーグ2013


第13回世界ユース男子選手権大会(U-19)


2013東アジア地区男子選手権大会


第27回ユニバーシアード競技大会(2013/カザン)男子バレーボール競技


ユニバはまだリンクなし。7/6からで、もうロシアに着いているようですけれど。

遅ーい!(笑)


私も、週末にやっと、ワールドリーグ小牧の録画を見終わったので、十分遅ーいんですけれどね。
仕事じゃないんで。


FIVB など見た方が早いのですが、ナカナカ手が回らず、排球博客 さんにお世話になってます。


今ちょうど、ユースの試合だったので、第3セットはライスコ見ていたのですが……


日本 0(19-25 23-25 20-25)3 キューバ


でした。


中盤までは競っていたのですが、後半ミスが増えたのかなあ。
キューバのブロックが14で、日本は久原くんの1本だけでした。


ユースについてなど、また別記事で書きたいと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第13回世界ユース男子バレーボール選手権大会2013(U-19)

2013年6月27日(木)~7月7日(日)メキシコ


メンバーはこちら


今年はユースとジュニアの特徴がかなり違う感じで、面白いですね。


ユースはMB3人とも大きいのですが、高校での実績はあまりありません。
ジュニアは大きいMBがいませんが、みんな全国大会で上位に入ったキャリアのある選手です。
ジュニアはセッターも実績のある選手。
ユースは保険をかけつつもチャレンジ。
サイドについては、どちらもスケール大きい選手が見当たらないので、その発掘が課題でしょうか。


ちょっと偏りがキニナリますが、次のユニバでは、今の大学3・4年と今年のジュニアが一緒になりますし、その次には今年のユースとジュニアが合体してユニバになります。
順調に育てばの話ですが。


シニアは、さらに幅広い年代から選ばれますから、ユースジュニア世代の偏りは、それほど影響ないと思います。
ただ、この頃は、ユニバからシニアに進んで活躍する選手も少なくなってきていますから、強化のあり方には課題があるのかなあと。

ジュニアは世界大会が8月ですから、また少しメンバーがかわるのでしょうか。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

春高が3月のときは、12月に東西対抗、春高後の3月末にドリームマッチが行われていました。
最後の記録は下記です。


高体連サイト東西対抗2009(PDF)


学連サイト東西対抗戦2009年大会


2010全日本ジュニアオールスタードリームマッチのページ


東西対抗は大学同時開催だったので、学連さんが高校のメンバーや記録も一緒に掲載してくれていたのでしょうか?
ドリームマッチは関東で順番に開催だったようで、開催県の高体連にお任せしていたのでしょうか?
東西対抗は毎年土日だったので2004年から観戦しているのですが、ドリームマッチは年度末の平日だったので2回しか機会がありませんでした。


リンク先をみてもらえばわかるように、東西対抗は3年生中心で東西に分かれて、2日間同じ対戦。
ここからジュニア候補となった選手が多いと思います。


ドリームマッチは、年によって、出場チーム数が違いました。
最後の山梨は、高校選抜がスターとマックスの2チームに分かれて、全日本ユースと開催地選抜と対戦しました。
中学選抜もスターとマックスの2チームに分かれて、こちらは2日間同じ対戦。
初めて観戦したときは、全日本ユースと高校選抜の対戦のみで、中学生は両チームに何人か入り、サーブでちょっと出たくらいだったと思います。
ドリームマッチは、ユース強化のための大会なのかなあという印象で。


今の時期にドリームマッチが行われるようになったのは昨年からですが、今年も大枠は変わらないのでしょうか?
2年中心で1年をプラスして、地域・高校関係なく4チームに分けられるのでしょうか?
以前のように、ユースチームとしてではなく。


ここで活躍すると、2年は世界ユースメンバーに追加されるかも知れませんし、1年はその次のユース有力かも知れません。
そういう意味で、大事な大会ですよね。

大阪開催になったので、昨年も行かれなかったのですが……


今年のメンバーは決まっているけれど、まだどこにも掲載されていないのでしょうか?
掲載されるとしたら、高体連のサイト でしょうか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

書きかけでお休みしていたので(笑)掲載が遅くなりました。


準決勝
イラン 3(29-27 23-25 23-25 25-22 15-5)2 日本


3位決定戦 
日本 3(22-25 25-20 26-28 25-20 15-10)2 韓国


日本は3位でした。
イランにフルセットで負けたことは残念ですが、韓国にはフルセット勝ち、今回の経験が次につながると思います。

スタメンは、かわりません。


WS石川祐希 OP秦耕介 MB小野寺太志
MB高橋健太郎 S大宅真樹 WS久原翼 L髙澤和貴


下記のサイトに詳細が掲載されています。


JVA試合結果


第9回アジアユース男子バレー選手権第7日結果(準決勝日本-イラン) 2012-10-31


第9回アジアユース男子バレー選手権第8日結果(3-4位日本-韓国) 2012-11-01


イラン・中国・日本・韓国が、2013世界ユース選手権獲得しました。
ツイッターで世界大会出場は3つではないかと話題になっていましたけれど……
下記サイトでも4つになっているので、4つでいいのでしょうか?


2012 Asian Youth Boys Volleyball Championship


ナカナカ掲載されないと思っていたReportも出てました。


最終日のReport(PDF)


Teams ranking by skills が興味深いです。
シニアとは違うなあ……

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中国 3(25-18 25-19 25-21)0 日本


スタメンは、かわりません。


WS石川祐希 OP秦耕介 MB小野寺太志
MB高橋健太郎 S大宅真樹 WS久原翼 L髙澤和貴


途中交代で、吉野くん平田くん山崎くんも出たようです。


下記のサイトに詳細が掲載されています。


JVA試合結果


第9回アジアユース男子バレー選手権第5日結果(日本-中国) 2012-10-28


戦評によると、サーブとサーブレシーブに問題があったようです。
ナカナカ厳しい内容です。
ユースは相手のミスに助けられることも多いようですが、中国はそう簡単にはいかない相手だったようです。


次は10/30の準々決勝、チャイニーズタイペイと対戦します。
勝つとベスト4以上が決まり、2013世界ユース選手権獲得です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開幕してました。
第1日は日本の試合はなかったようです。


日本 3(24-26 25-19 25-13 25-11)1 インド


スタメンは、ほぼ予想通りでした。


WS石川祐希 OP秦耕介 MB小野寺太志
MB高橋健太郎 S大宅真樹 WS久原翼 L髙澤和貴


下記のサイトに詳細が掲載されています。


JVA試合結果


第9回アジアユース男子バレー選手権第2日結果(日本-インド) 2012-10-25


2012 Asian Youth Boys Volleyball Championship(Wikipedia)


インドに勝って、D組1位の可能性が高くなりました。
10月26日にトルクメニスタンと対戦。
10月27日からの順位決定予備戦では、B組のタイ・中国と対戦することになりそうですね。


Wikipediaに前回大会もリンクされていました。


2010 Asian Youth Boys Volleyball Championship(Wikipedia)


このときもメンバーはよかったと思いますが、コンディションのよくない選手がいて、中心選手がスタメンに入れない試合もあり……厳しかったようです。
グループ戦でインドに負けて、クウォーターファイナルで中国に負けて、5-8位決定戦にまわり、5位だったんですよね。
結果的に1位イラン2位中国でしたから、運もなかったけれど、グループ戦でインドに負けたことがひびきました。
なので、今回は初戦でインドに勝ってよかったです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末はまたお休みしていたので、掲載が遅くなりました。
10月24日(水)からアジアユース男子が始まります。
メンバーは別記事にしました。

今回のメンバーを見て、今までとは違うなあと感じました。


一番気になっていたのは、セッターです。
早生まれの高3までということで、セッターはチームでスタメンとして結果を出している選手が少ないので。
それでも今までは、春高で活躍した選手など予想がついたのですが……
春高時期が変更になったので、1月の春高でスタメンだったセッターが少なくて。


候補合宿に選ばれていた中では、駿台学園の椿くん(3年)星城の中根くん(2年)は春高などで見たことがあったのですが、最終的なメンバーには入らなかったんですね。
今回選ばれた龍くんは東福岡のスタメンセッターのようですが、大宅くんは大村工では3年生の山口くんがスタメンセッターなのでリベロをやっているようです。
東福岡と大村工のセッターですから実力はあるのだと思いますが、今までのユースセッターと比べると経験という面では足りないので、大会の中で進化していってもらえたらと思います。
前にも書きましたが、歴代ユースセッターの九州率が高い。(笑)


今回リベロの髙澤くんは、長野日大ではリベロではなく、エース峯村くんに次ぐポイントゲッターだったと思います。
ユースはアタッカーをリベロとして選ぶことが多いですね。
高校でアタッカーでも、その後リベロになる選手もいますから悪いことではないと思いますが、気になるのは、ユースでリベロをやって、その後リベロになった選手がいないのではないかということです。
もちろん、この先リベロになる選手が出てくるかも知れませんが、少なくともここ何年かは、ユースリベロからジュニア・ユニバのリベロになった選手がいません。
大学などでリベロをやっている選手もいないのでは?


セッターは、ユース・ジュニア・ユニバと、ある程度つながりが感じられますが、リベロはほとんどつながっていません。
今後、どういう方向で強化していくのでしょうか?


MB3人高橋くん小野寺くん鈴木くんは、高3高2中3と学年は違いますが、身長は同じ200!
こんなにそろうことは珍しいですよね。


この世代は、東亜学園の大竹くんなど、他にも長身選手が何人かいます。
大竹くんは国体でも活躍したようですが、1月の春高はベンチにも入っていなかったので、ちょっと出遅れた感じかも知れませんね。


小野寺くんは春高出てますし、高橋くんは米沢中央が全国大会に出られないのですが、去年の宇部国体に山形選抜で出ていました。
今年も出ていたのではないかと思います。
去年今年と私学全国大会でも見ましたが、日本の長身選手には珍しいタイプと思います。
バランスのいい体型で、米沢中央ではバックセンターからも打っていました。
大竹くんもMBとしてはパワーがある方だと思いまし、ハイセットも打てますよね。


鈴木くんは、先日テレビで紹介されたそうですね。川合さんが指導しているとか。
残念ながら見逃してしまいましたが。

この世代の長身MB争いは、この先も続きそうです。


今回の3人は、個人としては注目されていますが、中学高校の全国大会で上位に入ったわけではないので、これからの選手です。
ジュニアのMBは、身長は高くないけれど経験豊富な選手たちだったので、対照的ですね。
ユニバの頃には、今のユースとジュニアが一緒になって1つのチームを作ることになると思いますから、バランスがよくなるのではないかと思います。
今回のユース・ジュニアと、その候補になった選手たち、MBは意外と人材豊富で楽しみです。


WSはMBとは対照的です。
190以上は山﨑くんだけですが、チームのエース、ポイントゲッターとして中学高校の全国大会で上位に入った選手が多いです。
高さでは他国に及ばないと思いますが、技術キャリアでは十分戦えるのではないでしょうか?


久原くん吉野くん石川くんは、チームでサーブレシーブに入っていると思います。
山﨑くん平田くんはOPでしょうか?
吉野くん秦くんは高1のときから、トスが集中するチームの大黒柱です。
他のポジションは経験不足もあるかと思いますが、WSの選手たちが引っぱってくれるのではないかと期待しています。


こうして考えてみると、全然見たことがないのは鈴木くんと龍くんですね。
他の選手は、ちょっとは見てます。顔は覚えてない選手もいますが。
秦くんは東京なので、かなりたくさん見てます。(笑)


どういうスタメンになるのでしょうか? 楽しみですね。
イロイロな選手に経験を積ませることも大事なのですが、ジュニア同様上位4チームが世界大会出場ということですから、アジアを飛び出す経験を手に入れるためには、結果も必要なんですよね。


監督は今回から崇徳高校の本多監督に代わったんですね。
チームマネージャーはジュニアに続き朝日大学の井上監督、お疲れさまです。


龍くん小野寺くんは、すでに春高出場を決めていますが、ユース帰ってから春高予選という選手も多いですね。
そういう意味で、難しい面もあるのかも知れません。


バボChannetでユース・ジュニアの選手も紹介されています。


インターハイ男子2012 ~挫折と栄光の夏~


春高注目選手 男子編①


春高注目選手 男子編②

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。