楽しく考える男子バレー

男子バレーボールを中心に、思うこと考えることを楽しく書いていきたいです。


テーマ:

書きかけて、そのままでした。すみません。
改めて、こちらに書きます。
長文なので注意してください。


今年のインターハイで優勝した大塚高校がどんなチームなのか、記録から見てみました。
なぜ2006年と比較したかというと、この年しか記録がないからです。
準決勝から記録が掲載されることが多いようですが、なぜか2008の記録はありません。


2009個人成績はこちら から。(PDF)
2006個人成績はこちら から。(PDF)


月刊バレー9月号に、男子決勝を「データバレー」で分析した記事が掲載されていました。
「データバレー」とは比べ物になりませんが、この記録1枚からもイロイロなことがわかりますし、想像もできます。
(「データバレー」と今回参照している個人記録では、若干数字が違います)


まずは、スタメンの学年と身長。
高校バレーではセッター対角の役割が異なることが多いので、ポジションはL:レフトR:ライトC:センターと位置で表記しました。
ポイントゲッターは、2009も2006もレフトの選手です。


大塚2009 平均身長:181.3
|L①新井3年185 R⑦近藤2年171 C⑤親川3年183|
|C③土谷3年180 S②濱3年172  L④高岡2年191| リベロ⑨山本2年171


大塚2006 平均身長:173.5
|R⑦森嶋3年170 C③大薮3年173 L①下畑3年173|
|L④西脇3年182 C⑥長屋3年173 S②羽柴3年170| リベロ⑨川口3年173


これは、月刊バレー付録のインターハイガイドを参照しました。
2006は全員3年生、2009は3年が4人2年が3人。


平均身長は、2009の方が2006より7.8㎝も大きいです。
2006は、全国大会レベルとしては、かなり小さいチームでした。
平均だけでなく、チーム最長新選手も、2009は191の高岡くん、2006は182の西脇くんと、9㎝の差があります。


2006で特徴的なのは、センターの身長です。
サイドでU175という選手は珍しくありませんが、両センターがU175というのは珍しいです。
2009もセンターよりレフトが大きいのですが、センターも180以上です。
実際に誰がセンターブロックだったかはわかりませんが、他の選手も小さいので、ブロックではかなり不利だったと想像できます。
数字を見ても、2009が4セットで9ブロック、セット2.25に対し、2006は2セットで2ブロック、セット1.00です。


単純に考えれば、2009は優勝で2006がベスト4だった理由は、身長ということになると思いますが……
それでは、身長が大きくなければ勝てないということになってしまいますので、もう少し記録を見てみましょう。


2009決勝、大塚の相手は市立尼崎でした。
2006の相手は、八子くんのいた深谷です。
それぞれの対戦については後ほど考えてみることにして、まずは対戦相手を頭に入れつつ、2009と2006を比較してみました。


決勝は5セットマッチ、準決勝は3セットマッチのため、セット数は2009が4セット、2006が2セットなので、単純に数字で比較することはできません。
割合を出してみることにしました。


月刊バレーの記事に倣って、総得点中、アタック得点などが占める割合を見てみましょう。


アタック得点/総得点 相手のミス/総得点 相手のアタックミス/総得点
2009 78/103=75.7 16/103=15.5 12/103=11.7
2006 28/44 =63.6 13/44 =29.5 4/44 =9.1


2009決勝はアタック得点の占める割合が大きいということでしたが、2006は少し小さいですね。
では、何が大きいのでしょう?
相手のミスによる得点が、2006は2009の2倍近くあります。
相手からたくさんの得点をもらったにもかかわらず、勝てなかったということになります。
けれど、2009の決勝分析で指摘されていた相手のアタックミスについて見てみると、逆に2006の方が少ないです。
この問題は、大塚vs深谷を見るときに、また考えてみます。


次にアタック決定率・効果率を見てみます。

決定率は、決定/打数。
効果率は、(決定-ミス-被シャット)/打数。
(決定-ミス)/打数も計算してみました。


アタック 決定/打数  (決定-ミス)/打数 (決定-ミス-被シャット)/打数 決定率-効果率
2009 78/135=57.8 (78-6)/135=53.3 (78-6-2)/135=51.9 57.8-51.9=5.9
2006 28/62=45.2 (28-4)/62=38.7 (28-4-4)/62=32.3 45.2-32.3=12.9


いずれも2009の方が、かなり高い数字です。
月刊バレーの記事でも取り上げられていた、決定率と効果率の差も出してみました。


今度は個々のアタッカーについて見てみました。
個々のアタッカーの被シャットは記載されていないので、(決定-ミス)/打数で比較してみてください。
ミスがゼロの場合、決定率と同じになります。


2009  個人打数/チーム打数 個人決定数/チーム決定数 決定/打数 (決定-ミス)/打数
L 新井 52/135=38.5 24/78=30.8 24/52=46.2 (24-4)/52=38.5
L 高岡 17/135=12.6 9/78 =11.5 9/17 =52.9 (9-0)/17 =52.9
R 近藤 12/135=8.9 9/78 =11.5 9/12 =75.0 (9-0)/12 =75.0
C 土屋 31/135=23.0 21/78=26.9 21/31=67.7 (21-2)/31=61.3
C 親川 21/135=15.6 14/78=17.9 14/21=66.7 (14-0)/21=66.7


2006  個人打数/チーム打数 個人決定数/チーム決定数 決定/打数 (決定-ミス)/打数
L 下畑 26/62=41.9 11/28=39.9 11/26=42.3 (11-1)/26=38.5
L 西脇 18/62=29.0 11/28=39.9 11/18=61.1 (11-0)/18=61.1
R 森嶋 6/62 =9.7 4/28 =14.3 4/6 =66.7 (4-1)/6 =50.0
C 大薮 5/62 =8.1 1/28 =3.6 1/5 =20.0 (1-0)/5 =20.0
C 長屋 6/62 =9.7 1/28 =3.6 1/6 =16.7 (1-2)/6 =-16.7


2009で特徴的なのは、センターの打数の多さです。
OP的役割の新井くんに次いで打数が多いのは、センターの土屋くん、その次もセンターの親川くん。
これは、かなり珍しいケースだと思います。
決定数で見ると、新井くん24土屋くん21、ほとんどかわりません。
実際、テレビ観戦していて、土屋くんの方が決定数が多いのではないかと思ったほどです。
新井くんの対角レフト高岡くんの決定数は、土屋くんの半分以下です。


センターの活躍は、セッター濱くんのトスによるところも大きいと感じました。
これは試合を見たからこそわかることですね。
今回参照している個人成績からは、セッターの貢献度を判断することは難しいと思います。
そういう意味では、2006のセッター羽柴くんがどうだったのかは、あまり想像できません。


打数が少ない高岡くん・近藤くんですが、ともにスパイクミスはゼロ、決定率も高く、よい働きをしているという印象です。
新井くん・下畑くんの決定率が低いのは、打数が多く、マークがキツイからだと思いますが。


2006を見ると、両エースの打数が多いと感じますが、このチームとしては、これが普通なのでしょうか?
A票の山口監督のCoach Comment「大塚バレーが十分通用した」とMatch Comment「大塚も粘り強いレシーブから西脇の平行・下畑、森嶋らの切れ味鋭い時間差を決め、2セットとも接戦に持ち込んだ」を読むと、攻撃の内容としては悪くなかったという感じがします。
ただやはり、他の選手がもう少し打てれば、違った展開になっていたかも知れません。


レセプションを見てみましょう。


レセプション 成功/受数
2009 2006
Li 山本 18/20=90.0 Li 川口 2/5 =40.0
L 新井 0/0 = 0.0 L 下畑 12/15=80.0
L 高岡 14/29=48.3 L 西脇 7/15 =46.7
R 近藤 31/40=77.5 R 森嶋 4/5 =80.0
チーム 63/89=70.8 チーム 25/40=62.5


レセプション 個人受数/チーム受数
2009 2006
Li 山本 20/89=22.5 Li 川口 5/40 =12.5
L 新井 0/0 = 0.0 L 下畑 15/40=37.5
L 高岡 29/89=32.6 L 西脇 15/40=37.5
R 近藤 40/89=44.9 R 森嶋 5/40 =12.5


新井くんはゼロですから、位置としてはレフトでも、役割としてはOPということですね。
レシーブの中心はライトの近藤くん。
高校バレーでは、今でもこのスタイルが多いと思います。


2006は、レセプションもレフトの2人が多いですね。
この試合に限ってのことかどうかはわかりませんが。


2006より2009の数字がいいのは、2009の方がレセプションがよかったというよりは、市立尼崎より深谷の方がサーブがよかったからかも知れません。
深谷はジャンプサーブが多かったのではないかと思います。


ブロックやサーブについての記録もありますが、あまりに長くなってきたので、この辺で終わりにします。
たった1枚の記録でも、たくさんのことが想像できました。
2006の試合も見たかったと、強く感じました。


全体を見て感じたこと。
平均身長の低いチームが勝つためには、すべての選手が活躍しないと難しいのかも知れません。
2006大塚はいいチームだったと思いますが、アタックでもレセプションでも、下畑くん西脇くんの割合が大きいので、バランスという意味では、いまひとつだったかも知れません。
2009大塚は、レセプションに入らない新井くんと両センターがアタックを多く打ち、打数の少ないライトの近藤くんがレセプションを多く受け、それぞれが得意な分野でチームに貢献するカタチができていたのではないかと思います。


高校・大学の試合の個人成績を、もっと見たいと思いませんか?

Vリーグのようにリアルタイムでということは難しいと思いますが、インターハイのように大会終了後に一部分でも公開していただけると、ファンとしても嬉しいですし、競技者・指導者の方々にとっては、参考になるのではないかと思います。
高校・大学のトップチームが、どんなチームを作っているのか? どんな戦い方をしているのか?
私も知りたいと思いますし、多くの人に知ってもらいたいと思います。


この長々とした記事を読んでくださった方は、記録を見ることが好きな方だと思います。
ぜひ一緒に「記録を公開してください」と声を挙げていただけたらと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前の「大きくない選手たち」を見ていただくと、高校では、トップレベルの選手が大きいわけではないということがわかると思いますが……
その先はどうでしょう?


カテゴリー・ポジションと身長の関係について考えてみました。
どういう言葉を使ったらいいのか迷いましたが、これでイメージできるでしょうか?

カテゴリー・ポジションにおいて、普通これくらいはほしいという身長が基準身長、ギリギリこれくらいという身長が境界身長。


もちろん、これより大きい分には問題ないですし、小さいからダメというわけではないです。
そもそも実際に問題になるのは身長ではなく、指高&到達点なわけですから、身長は目安にすぎません。
けれど現実には、ここから大きく外れるような選手は、ナカナカ試合に出る機会が少ないのではないかと思います。


例えば、全日本だったらこれくらいでしょうか?


ポジション 基準身長/境界身長


MB 195/190 (理想を言えば200/195だと思いますが、現実的には)
山村205 枩田200 鈴木200 山本200 相澤195 松本193 安永192 富松191


WS 190/185 (理想を言えば195/190だと思いますが、現実的には)
石島197 今田196 北島195 千々木193 八子192 柴小屋192 越川189 福澤189 小川189 金子189 古田188 前田186 米山裕太185 米山達也183


S 185/180 (理想を言えば190/185だと思いますが、現実的には) 
阿部裕太191 高橋幸造188 大竹貴久184 宇佐美大輔183 岡本祥吾180 菅直哉178


大学上位チームは、-5cmくらいでしょうか? 

関東1部春季リーグスタメン選手を中心に記載。


ポジション 基準身長/境界身長

MB 190/185 
渡邉④順大201 橋本③武大197 椿山③筑波195 三田④日体195 長山③中大195 

安永②東海193 安野③日体192 塩田②東海191 内藤④中大190 間瀬④順大190 近④東海190 

篠村④筑波189 佐々木将人④明治187 田辺③明治187 岡村②中大187 

中島④法政186 平良①法政184 飯塚③武大182 鈴木③法政180


WS 185/180 
八子③東海193 千々木②中大193 伊藤②順大193 吉田③武大193 小林②日体193 

辰巳③中大190 白岩②中大189 村松④筑波189 古田④法政188 安井④筑波188 

星野①東海187 山本①日体187 金澤①法政187 高松④日体186 木村③明治186 清野③東海186 
田中②法政185 佐々木②筑波185 外山④武大184 関③明治184 富田④法政183 

廣本④明治182 中村④武大182 土屋④順大180 小澤②東海178


S.SR 180/175 
高橋②順大191 高橋駿②中大185 内山正平④武大185 今村④順大184 

深津旭弘④東海183 渡辺③順大181 冨田④筑波181 矢野①筑波177 尾形③法政176 

梅野②日体173 内田②明治173


関西の上位チームも身長的には大差ないでしょうか?
他の地域では、もう少し低いのかと思います。
全日本インカレで実際に見られるチームは少ないので、ナカナカ正確なところは把握できていません。

関東の2部以下についても、春季は観戦できなかったので、今年のメンバーがわかるチームは少ないです。
去年のメンバーや友人からの情報によると、2部も上記の範囲内の選手が多いようです。
ただ、範囲内の低いほうに寄っているとか、範囲以下でも活躍している選手が多いということはあると思います。
3部以下はさらに把握できていませんが、1部との差が大きくなっていくことは推測できますね。


Vリーグチームは、チームによって、この2つの間の範囲という感じでしょうか?


高校生が大学を選ぶ基準は、大学で試合に出られるかということだけではないと思いますが、各地のリーグで、どれくらいの選手が試合に出ているのかということは、知っておいたほうがいいと思います。


さらにその先の、Vリーグや全日本を目指したいと思うとき、ポジションと身長の問題を考える必要があると思います。
身長によって、選べるポジションが限定されてしまう、あるいは試合に出られるチームが限定されてしまうということは、残念なことです。
「必ずしも」ではないとしても、可能性が小さくなることは避けられません。


なんだか夢のない話だとは思いますし、こんなこと書くべきかどうか迷いましたが、現状は現状として……
そんな中で、壁を乗り越える選手が出てくれば嬉しいことですが。
一方で、体格にかかわらず、夢や目標が持てるように、何か道はないかと考えてしまいます。


高校バレー選手の身長が、以前より低くなっているのではないかということは、ときどき話題になりますね。
調べたわけではありませんが、そう感じている人は少ないないと思います。
U175のアタッカーは、私が春高バレーを見始めた頃でも、何人もいませんでした。
今の方が多いのではないかと思うくらいです。
身長が高い子どもが、他のスポーツを選んでいるということでしょうか?


バレーが、スポーツを始めようとする多くの子どもたちにとって魅力的なスポーツであるということも大切ですが……
現実に今、バレーをやっている選手たちにとって、バレーが魅力的なスポーツであるということも大切です。


体格の壁を低くする試みも必要だと思いますし、ピラミッドの頂点以外にも魅力があるということを知ってもらうことも必要だと思います。
全日本だけでなく、小学生から大学生まで。
プレミアだけでなく、チャレンジや他の社会人チームも。


多くのバレーの場が紹介され、イロイロなところでバレーができること、楽しめることを知ってもらいたいですね。
現状では、観客が来ることを想定していないような大会も少なくありませんし、大会やチームの情報も十分ではありません。
選手にとっても、ファンにとっても、自分にあったよりよい場所を見つけることが簡単ではないのだと思います。


バレーが多くの人から愛されるスポーツであるためには……何をすればいいのでしょうか?


話がそれたようでもありますが(笑)このところ、ずっと考え続けていることです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バレーにおいては、高さ、身長とか最高到達点が、大きな意味を持ちますけれど……
試合を見て、メンバー表の身長や最高到達点との間にギャップを感じることが少なくないですよね。
まあ、最高到達点は、その日の調子もあるのでしょうけれど。
現実問題として身長より重要な指高は、手を上げて立っててくれないと分かり難いし。(笑)


前から思っているのですが、身長などのデータ、もっと正確な公表はできないものでしょうか?
私たちファンだけの問題ではないと思います。
先日のテレビ放送でもNHKのアナウンサーが、おそらく間違っていると思われる数字に基づいて話を進めていました。
チームの顔にも掲載されている数字だったようですが、あれはミスプリ等多いですし。(笑)
雑誌は間違いがあっても訂正が難しいですけれど、Vリーグオフィシャルサイトは正しい数字を掲載していただけたらと思います。


参加チームの所属選手を見てみると、明らかに不自然な数字がありますよね。
チームから受け取ったデータをそのまま掲載しているのでしょうし、内容をチェックする必要性も感じないのでしょうけれど。
「過去1年以内に計測した正確な数字を提出すること」
という風にはできないものでしょうか?
身長等、サバヨミたい気持ちもわかりますが(笑)でもね。


正確な数字を出して欲しいのは、全日本等もです。
福澤さんの最高到達点が357だとかいう、自慢できる数字(笑)だけ発表するというのは、いかがなものでしょうか?
隠さなきゃならない理由があるのでしょうか?


植田監督になってから体力が向上したというのなら、全員のデータ出して欲しいですよね。
できれば高さだけでなく、イロイロな項目。
正確な数字が公表されるのは、高校生のブロック合宿くらいです。
高校生と全日本って、どれくらい違うの?
そういう興味にも応えて欲しいし、公表すれば、選手の意識も変わってくると思うのですが。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

合体ドン! に、ちゃサイド比較とちゃセンター比較が掲載されています。


前にも書きましたが、サバヨミが横行していますので(笑)個々の数字にはそれほど意味はないです。
傾向という観点で見ていただいた方がよいかと思います。
何度も書いていますが、身長が1cm2cm高いからといって、指高で逆転するケースは少なくないわけで。


チャレンジと大学が競り合うのは、身長の面から見ても納得ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

内定合流で、出場選手は増えると思いますが、とりあえず。


プレミアサイド比較(2008/09リーグ12/07現在の主な出場選手から)


202 オーリマン
201 山本隆弘
200 ダニエル
199 エンダキ
198 ボヨビッチ・レオナルド・直弘
197 フェリッペ・石島
195 今井・今田・北島・ゴメス
194 谷村・桑田
193 小川・神田
192 角田・柴小屋
191 福島
190 柴田・越川・西尾・甲斐・加藤・デニス
189 川村・盛重・松永・小川・金子
187 三上
186 越谷・マルコス・千葉・徳元・前田和樹
184 米山
183 高橋和人


こちらもサバヨミ多いような気がするのですが。(笑)
186から195の10cmの間に、ほとんどのサイドがいるわけですね。
若い世代に195以上のサイドがほとんどいません。
漠然と、日本のサイドは190前後と思っていましたが、その通りの結果です。(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結局、気になったので作ってしまいました。(笑)


プレミアセンター比較(2008/09リーグ12/07現在の主な出場選手から)


205 山村
200 枩田・伊藤・川浦・山本英之
199 鈴木寛史
198 田村
197 大角
195 小西・坂本・北川・鈴木健太
194 白澤・大角
193 森田・相澤・篠田・大道・町野
192 徳丸
191 富松・宮下
185 大嶋


先日の記事に「相手センターに好き放題にクイックを打たれるようでは高さ不足」と思っています。
と書きましたが、もちろん好き放題にクイックを打たれるのは、高さだけの問題ではありません。
ただ、高さが確保できれば、改善の可能性はあると思うので。


一方、国内の大会でブロックがいい選手は長身ではないという気がしていました。
赤字は現在ブロック5位までに入っているセンターです。3人とも下半分です。(笑)
(他の2人はフェリッペ・レオナルド)
現在1位は白澤さん、北川さん・富松さんは昨年・一昨年のブロック賞ですよね。


けれど、前にも書きましたが、これが国際大会とどうつながるのかという判断は難しいと思います。
問題だと思うのは、Vに外国人MBがいないことです。
ですから、Vで結果を出したMBが外国人MB相手に通用するか試す機会がないのです。


大学においても、長山さんより岡村さん、安永さんより塩田さんの方が、高さはありませんがブロックはいいと思います。
(安永さん・塩田さんは身長差1cmですが最高到達点はもっと差があります)
「なぜ、高さがあるのにブロック決定率がよくないのか?」という問題の答えを知っている方がいらっしゃいましたら……やっぱり、動きが遅いですか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

サイドに必要な高さ? なんてないことにして。(笑)


昨日、センターの表を作ったので、サイドも見てみましょう。


関東1部サイド比較(2008秋季リーグ・インカレ出場選手から)


200 馬
193 八子・伊藤・吉田
192 清水・千々木・袴谷
190 渋谷・辰巳・峯村
189 福澤・鈴木・村松
188 安井・長内・倉坂
187 古田
186 田中・高橋(悠)・浅野
185 高松・関・木村・佐々木・瀬戸口
184 松本・外山
183 米山・廣本・松田・福田・中村・樋渡・石川・永井
181 渡辺
180 土屋・長谷川
178 大木
174 和内
173 明石


馬さんは、たぶんサバヨミ。(笑)
それを抜かせば、上から下までの差は20cm。指高だと30cmくらいでしょうか。
183から193の11cmの間に、ほとんどのサイドがいるわけですね。
V-M-Sの松崎さん(東亜大)のインタビュー に「『スパイクの打てるリベロ』の如く」とありますが、ここから下のメンバーは、ほとんどそんな感じのサイドですね。

183グループも、このタイプの選手が多いかな?


センターも含めて、他にもサバヨミ選手がいると思います。
これは2008秋季リーグプログラムの身長です。
他のプログラムには違う身長を載せている選手もいます。(笑)


サイドでほとんど出ていなくても、参考までに入れている選手もいます。
春季や東日本のみ出た選手は他にもいるので、入れるべきか悩みます。
試合に出ていたのに入っていない選手がいましたら、お知らせいただけると助かります。
サイドは交代が多くて、ナカナカ把握できません。


この表とセンターの表が持つ意味を感じていただけたらと思います。
何か感じていただけたら、お知らせいただけると嬉しいです。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

前記事でも紹介したdhalmelさんの記事 を読んで、書こうと思いつつ書いていないことを思い出しました。


センターに必要な高さは? という内容です。


一言でいってしまえば「相手センターに好き放題にクイックを打たれるようでは高さ不足」と思っています。
つまりセンターに必要な高さは、どんなチームを相手にするかという問題なのではないでしょうか?


そう思うようになったのは、2005年に古いビデオを整理していて、1986世界選手権のアメリカ戦を見てからです。
予選リーグで、キライ選手がいたチャンピオンチームに日本は途中まで善戦しました。
引き離されたのは、アメリカがバック選手のクイックを多用し始めてからだったと思います。
日本のセンターは三橋さんと川合さんで、三橋さんがバック選手と向かい合いました。
バック選手は2メートル以上ありましたよね。
三橋さんは185くらいでしたか。
技術ではナンバー1と言われた伝説のセンターですけれど、バック選手のクイックを止められませんでした。
この後、全日本のセンターは大型でなくてはならなくなったのでは? と思いましたが、どうなんでしょう?
その後も三橋さんは、国内ではナンバー1センターだったと思います。
世界と日本の違いを感じました。

 
今でもプレミアリーグでブロック賞を取るセンターって、そんなに身長が高くないですよね。
大学リーグもそうです。
けれど、そのブロック賞選手が世界を相手にできるかというと、それは別の問題です。
よく海外へといいますが、センターは難しいですよね。
荒木さんはともかく、男子は……


話題の岡村さんですが、まず大学では問題ないでしょう。
中大がセンター余っている件は別として、高さ不足ということはないと思います。
プレミアは微妙ですね。
ユニバも大きいセンターにいい選手がいなければ、今年ではなく次くらいに候補に入るかなあ?
あまり大きくない選手がポジションを獲得する前提として「大きくていい選手がいなければ」という条件が付いてしまうことが、なんとも悲しいのですけれど、バレーという競技は。


では参考までに、以下の表を作ってみました。


関東1部センター比較(2008秋季リーグ・インカレ出場選手から)


197 橋本
195 三田・椿山・長山
192 安永
191 塩田・平野
189 篠村・内藤・白岩
188 日高・小野澤・間瀬・徳武・市川・田辺・原嶋
187 岡村・若月・佐々木
186 中島・小橋口


188前後が多いですね。
大きな選手がいないことに愕然としちゃいましたか?
でも、これが現実です。


試合に出ていない大きい選手もいるのですが、多くはないです。
関東2部や関東以外にも大きいセンターはいるので入れたかったのですが、誰が出ているのかわからないチームが多いので。
すみません。
ご存知の方は、表を作ってみていただけると嬉しいです。


プレミアは作ろうと思えばつくれるのですが。
チャレンジは、これからですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。