雷とジャック

テーマ:

 ジャックはとにかく雷が嫌い!

物凄く遠い所でなっていても気がつくくらい

「ゴロゴロ」ってなるとまず落ち着きがなくなり

息が早くなる!それもかなり!!

抱きしめて「ジャック平気だよ!」って言っても

うわのそら・・・・

いつもはクールで落ち着いているのに雷だけは

もう全然ダメ!昨日も雷が鳴り出した途端

「ハァーハァーハァー」って感じで騒ぎ出した。

寝る時になっても全然落ち着かないので

一緒に寝たけど、それでもよだれを出しながら落ち着かない

かなりの時間ジタバタしていたがようやく雷が去ったら落ち着いた!

そんなジャックを横目で見ていたバッキー!いつもは自分が大騒ぎして

怒られているのに、その時ばかりはメチャメチャ冷静な顔で

「ジャックはうるさいな~~~、眠れないから静かにしてもらいたいよ!」って

言ってるみたいでした。。。。

AD

優等生

テーマ:

jack&moka

ジャックが家に来て丁度4年が過ぎました。

家に来た時は猫3匹、犬2匹でした。(びび、ちっち、ローラ、未恩、インディー)

インディーは結構ヤンチャざかり、ローラもまだまだイケイケでそこにプチバセを

飼えるかな~~~って不安も少しありましたが、プチバセはどうしても飼って見たい犬種

だったので家にくることになりました。

 

さてプチバセってその頃はとってもマイナーな犬種!それまでに町で見た事はなく

ドックショーの会場で何度か見たっきり・・・・・・どんな性格?どの様に飼ったら良いの?

とか全く判らず・・・・・まして専門書など無い!!

今までローラ、インディーを飼ってきた経験?からなんとかなるだろう!って事で

普通に育てました。ローラは知らんふり、インディーも相手にせずいましたが

ジャックは素直にドンドン大きくなってきました。

いろんな場面に慣らすため人ごみの中に連れて行ったり、沢山の犬がいる所に

連れて行ったり・・・・・・でももっと驚くかと思っていても全然・・・われ関せずって

感じで堂々としていました。ジャックが末っ子だった時期は一年弱その時期も別に

ローラ・インディーに甘えることなくいました。次の年の5月にアルバートが来てからは

アルバートの躾け係りになりました(別になれって言ったわけではないのですが)

ドックランに行ってはアルバートに付きっ切りで面倒を見ていました

アルバートに攻撃にあっても上手く遊んでいました。アルバートははじめての

テリアだったので飼い主はかなり気合が入って上手く協調性の取れた子に

なって欲しいと身構えていましたが、ジャックのおかげで殆ど手がかからないで

良い子になってくれました。チャールズがきた時もジャックは躾け係り!

これまた初めての超小型犬を上手く躾けてくれました。。。

それから躾け係りはチャールズに譲った?様ですが昨年暮にガブリエルが

来た時はよ~~~し躾けは任せろ!!って感じで楽しい遊びを教えるのが

ジャック!厳しい躾けをしてるのがチャールズって感じで手分けをしながら

やっています。だからガブリエルはチャールズは怖くてしょうがないのですが

ジャックの事は大好きでいつも遊んでもらっています。

 

ジャックが来てから家の生活が完全犬中心になり、休みの日は

必ず犬と遊びに行くっていう生活になりました。

もう既にその時には犬のホームページを立ち上げていましたので

プチバセのページって探してみたら、なんと!ジャックと両親が

同じ男の子を発見!!!!東京の方だったので早速連絡をとり

会う事に・・・・・それがモカちゃんでした。それから色々なプチに

会う事が出来ました。。。それもジャックのおかげ!

そしてプチバセが今では4頭!!!!

ジャックがとんでもない子だったらプチバセはもう飼わないって

なっていたことでしょう!そしてこんなに犬が増えなかった事でしょう!

これからも素直で皆の見本になるように元気でいて欲しいです

AD