アーティスト角松敏生

テーマ:

色々考えたけれど、なかなか適当な賞賛の言葉が見つかりません。要するに、超一流の生演奏を追求する音楽アーティスト角松敏生の真骨頂と言うか、25年間の集大成のコンサートだったと思います。
 Billyは最高のエンタテーナーの一人だと思うけれど、角松敏生は最高のアーティストだと思います。僕はあの場にいられたことを本当に幸せに思うし、my mixiは勿論、学生諸君や世界中の友達に聴衆として見て欲しかったです。
 角松敏生は確実に進化し続けています。今回自身でもこのことに触れ、昔の思い出話を疲労してくれました。何ヶ月か前、ふとさんのKADOMATSU WEB SITEや僕のブログで、昔の曲のファンと真剣に議論し、最後は僕に対する誹謗中傷の部類になって結構傷ついたけど、今回僕は角松ちゃんの理解者の一人であると自負したし、彼をもっとずっとサポートして行こうと思いました。会場におられた方の殆どが同じ気持ちだと思います。
 それから、僕には良くわかるけれど、角松ちゃんは一見強面で、ファンに対して時々過激な(!?笑)発言もするけれど、とても優しいファン思いのアーティストです。そうでなければあんな素晴らしいミュージシャンを集めたツアーを敢行は出来ません。また、角松ちゃんの共演ミュージシャンに対する気の遣い方は、私達の模範となるものです。
 だから、敢えて言いたい、現在の角松敏生を批判するファンには「Liveを聴いてから言え!」とそして「角松敏生をあれだけその気にさせてみろ。」と。
 経済的な話は敢えてしないが、あんなもったいないLiveは他にはありません。ドラムズ・パーカッション3人(江口信夫、大儀見元、 田中倫明)、キーボード・ピアノ(小林信吾、森敏行、 友成義弘) も3人、ソリストの歌手(チアキ、凡子) が2人もバックコーラスで歌い、踊りもノリノリで披露してくれました。それに何、あの今剛さんのギター。感動!感動!の連続。
ベーシストの松原秀樹さんも素晴らしかった。超贅沢以外の何物でもない!
 あのキーボード・ピアノの演奏で歌えたら、実力のあるアーティストなら超ベストのパーフォーマンスするぜ。やっぱり。
 角松ちゃん&チアキちゃん、それにチアキちゃん&凡子ちゃんのデュエットも素晴らしかったです。涙が止まりませんでした。やあ、超一流の音楽と言うのは素晴らしいもんだ。納得、納得で、まだ余韻の冷めないmax&博多のElvisであります。
 もちろん、audienceの皆さんも素晴らしかったです。I loveyou! 


山口実

AD

今日の演奏も素晴らしかったです。
特に今日は大入り満員だったので、特に気合が入っていたように感じました。角松ミュージックはやはり確実に進化しています。
 北九州でTOEICの講座を終えた後、駆けつけたので晩御飯も摂っていなかったけれど、空腹も感じず物凄いパワーのやりとりが出来たと思います。
3回も泣いちまいました。
 会場で踊り続けていたので、興奮状態が続いているので、また明日ゆっくり報告します。
 しゃかりのカンナリさんと千秋さんにも会えたし、CDまで頂いて満足!満足!お二人とも正の波動を持ったとても優しい人。楽屋の前で、千秋さん、千秋さんと騒いでいたら、学生さんたちに「今日の先生は違う。」と言われました。
 音楽がこの世の中を救うと言う気持ちが更に強固になりました。角松ちゃんの音楽も千秋さんの美しい歌も、本当に人の心を癒すと思います。いやあ、本当に素晴らしい。


山口実

AD

ALL IS VANITY

テーマ:

 ミラクルバナナのシネマート六本木での上映初日の様子がとても気になります。まだ、ファンの方達や関係者からの報告は入って来ていません。
 ところで、ふとさんの角松ファンの掲示板(http://www.futo.com/bbs/c-board.cgi?cmd=tre;id=kws )が落ち着いて来たようです。昨日角松マスターのアルバム”ALL IS VANITY”に関する書き込みがあってとても懐かしく思いました。


 1991年の4月、イラク人質から解放されてようやく体調が戻ってきた頃、拉致されていた時には感じなかった恐怖心に苛まれて(多分湾岸戦争の空爆が始まって5日後に私達が、拉致されていたダムが完全に破壊されたと聞いたせいもあるのでしょう)、新宿で毎日飲んだくれていました。何日目かの夜に、クラブのママさんが「有名なミュージシャンの角松敏生さんが『山口さんを紹介して欲しい』とおっしゃってます。」と話しかけて来られました。

 私は1981年からの10年間は、ロスアンジェルス・クウェートと殆ど海外にいたので、残念ながら角松さんのことを全く知りませんでした。でも、ママに「いいですよ。」と応えると、綺麗な顔をしたスリムな青年が来ました。「”ALL IS VANITY” は湾岸戦争のことを思って作った。」とかいろんな話をした後、意気投合して彼が”WHAT IS WOMAN?”を弾き語りで歌ってくれました。(僕はその時彼の才能についての知識が全くなかったので、「お返し」と言って、イタリアのカンツォーネを歌いました。今考えても、顔から火が出るほど恥ずかしく思います。)

 その後も何度か同じクラブで会い、飲み、語り合いましたが、その年の5(だったと思う)にツアーが始まり、最初の市川市民会館のコンサートに招待されました。当時私は市川に住んでいたので、何か縁のようなものを感じました。

 そのコンサートで彼が舞台から語りかけてくれました。「今日は大切な友達が来てくれています。彼は湾岸危機の時イラクで人質でした。『後で楽屋に来てくださいね。』」客席は若い女性が多かったので、恥ずかしかったけれどとても嬉しかったです。

 コンサートに浸り、こんなに素晴らしいアーティストを知らなかったことを恥ずかしく思いながら、一方で彼に偶然会えて、その場所にいる「一期一会」に感謝しました。

 "DISTANCE”が流れた時、多くの女性が涙を流していました。私もこの歌の詩には思い入れるものがあったので、思わず自分も涙ぐんでしまいました。

 

 他にもいろいろな思い出があるのですが、現実に帰ると「"ALL IS VANITY"の良い楽曲が、現実的には演奏出来ないなんて!」。これが、福岡でストリート・ミュージシャンを手弁当で支援する原点となりました。若いミュージシャンを守る組織の構築は当面頓挫していますが、大学での新しい試みなどで、ミュージシャンの権利が守られるようにコツコツ支援して行きたいと考えています。

 頑張るぞ!


山口実

アーテイスト角松敏生

テーマ:

 忙しくしている内に、角松ちゃんのファンサイトが荒れていました。

http://www.futo.com/bbs/c-board.cgi?cmd=;id=kws

(このブログも一時荒れかけたことがありますが、まあ不毛な議論は止めにしたいと思います。)

 さて、ファンサイトでは角松ちゃんが過去の楽曲をあまり歌わない(or 演奏しない)ことに対する批判が多いように思えたので、私なりの考察を加えておきます。凍結前の楽曲の著作権は、確か以前所属していた事務所が持っているはずです。自分が作った楽曲を歌い、演奏するのに、著作権料を払うとか、自分の自由に使えないとか言うのは、アーティストとすれば断腸の思いでしょう。角松ちゃんは自己弁護しないだろうから、そこのところを慮ってあげないと、ファンとして誤解を重ねてしまうと考えます。もちろん他の要因もあると思いますが、私はこのことが一番の理由だと考えています。

 まあ、僕としては角松ちゃんがそのような試練をバネにして、大きく飛躍し、進化してくれているので、ただそれを見守っているだけなのですが、一方で私の領域で、彼の素晴らしい才能を理解してくれる人々をコツコツと増やしてあげたいと思っています。

 スケールの違いはあれ、本物のアーティストの側に暮らしていて、角松ちゃんの気持ちがより良く分かって来たような気がします。


山口実

Prayer

テーマ:

梅雨明けと同時に、角松ちゃんのアルバム「Prayer」が発売になりました。

今、そのアルバムを聞きながらこの記事を書いています。

落ち着いた彼の歌声と千秋さんの透き通った歌声、そして素晴らしいInstrumentsの演奏。暑さがどこかへ吹き飛んで行きます。

今日は、熱中症になったおばあちゃんを背負って運んであげました。

そしたら、角松ちゃんと電話でちょっと話す事が出来ました。嬉しい!

でも、夜にチャッピーが緊急入院の一報が入りました。悲しいーーー。

嬉しいことと悲しい事が交互に来て、丁度スカッとしない空のようだけれど、僕は角松ちゃんのアルバムを聞きながら、Smile。

これも彼のPrayerのお蔭。You made it. ありがとう。アイシテル!


山口実

 角松ちゃんの25周年記念コンサートがいよいよ今夜横浜アリーナで行われます。角松ちゃんを始めとしたミュージシャンの皆さんは、連日のリハーサルを終えて準備万端。青木智仁さんの急逝を乗り越えて、皆の記憶に残る素晴らしいコンサートにしてくれることを確信しています。

 私は残念ながら仕事でコンサート会場には行けませんが、遠く博多の地で祝杯を挙げながら、大成功をお祈りしてます。

 千秋ちゃんにとっても、1万人を越える聴衆の前で歌うのは初めての体験かも知れませんが、素晴らしいSmileと声と立姿を皆さんの前で披露してください。平常心で、自然に歌って会場に来られた皆さんを魅了してください。

 角松ちゃん、万感の思いを込めたコンサート。本当に素晴らしいです。

 We have always been and will always be with you!

山口実

 今竹中真君とうしじまあおいのコンサートから帰ったところです。ご来場頂いた皆さん、本当に有難うございました。

 またまた、悲しいニュースです。今朝、あおいのジャズ仲間のベーシストから角松ちゃんの長年のパートナー、ベーシストの青木智仁さんが急逝されたと言う連絡がありました。

 角松ちゃんの気持ちを考えるとただ言葉を失ってしまいます。智仁さんのご冥福を祈るばかりです。

 神様はどうして大切な人を奪って、傍に置きたがるのでしょう。今は、本当に悲しい。楽屋でお見かけした、あの渋い智仁さんの姿をもう見る事が出来ないなんて、まだ信じられません。49歳はいくら考えても若過ぎます。合掌


山口実


Smlie & Miracle Banana

テーマ:

続けて角松ちゃん関連、

彼のオフィシャルサイトに下記の情報が出ていました。

これで、映画「ミラクルバナナ」上映に対する支援の為の私たちの国際組織への働きかけがどんどん進み、大学での6月のミラクルプロジェクトも活況を呈することでしょう。角松ファンにとっても、錦織ファンにとっても、とても嬉しいことですね。


25周年記念シングル『Smile』が5月10日(水)に発売決定!
映画「ミラクルバナナ」の主題歌でもある「Smile」は沖縄のグループ「しゃかり」のVo.千秋さんとのデュエット・ソング。25周年を記念して、初回盤には豪華特典もあり!

25周年記念シングル
「Smile」 / 角松敏生 with 千秋
発売日:2006年5月10日(水)
DVD付初回限定盤:BVCR-19967/8 \1575(税込)
通常盤:BVCR-19070 \1260(税込)


<収録曲>
1. Smile
2. 青い水から
3. RAIN MAN TOSHIKI KADOMATSU Performance 2005“THE PAST & THEN”
Tripod: live version from NAKANO SUNPLAZA on 2005.12.16
4. Smile(movie version)
5. Smile(instrumental)
6. Smile(for male version)
7. Smile(for female version)

初回限定盤
a) 「SMILE」ビデオクリップ収録のDVD付
b) プレミアムキャンペーン第1弾応募券封入
c) アルバム連動特典応募券封入
d) スペシャルパッケージ仕様」


出来るだけ多くの皆さんがSmileを聞かれ、映画「ミラクルバナナ」をご覧になることを心からお薦めします。もちろん、お友達やお知り合いにもお薦め下さいね。


スマイル・ミラクルバナナ勝手支援連会長山口実

Happy Smile

“THE いんすと旅情”

テーマ:

 昨夜ZEPP FUKUOKAで行われたTOMOHITO AOKI presents TOSHIKI KADOMATSU EXTRA TOURに就いて下記の通り報告します。


メンバー

ギター 角松敏生

ベース 青木智仁(座長)

ギター 小倉泰治

サックス 本田雅人

キーボード 梶原

パーカッション 田中倫明

ドラム  則竹裕之


曲目

1. See Line

2. Street Beat

3. Snow Express

4. Sunset of Micro Beach

5. Forgive Me (Double Face 青木智仁)

6. Who knows (田中倫明)

7. AGHARTAへの道

8. アマヌサの海(featuring本田雅人)

9. K2 (本田雅人)

10. 流氷

11. The Visitor

12. NH-CA’s Strutting’

アンコール OSHI-TAO-SHITAI"KAORI ASO" (MEMORIES OF DUSSELDORF)

モア・アンコール IZUMO


私のコメント:

いやあ。良かった。

前日に疲れと喉から来た熱が38℃を越えてどうなることかと思いましたが、コンサートを聴いているうちに見も心も穏やかになって、後で角松ちゃんにもパワーをあげられたと確信しています。

角松ちゃんの歌はアマヌサの海の最後とモア・アンコールのIZUMOだけだったし、ファンが立ったのは最後の数曲だったけれど、いつものコンサートとは違った意味でとても良かった。

本多雅人さんのサックスと則武裕之さんのドラムのせいか、とてもJAZZYな演奏で大人っぽい良い雰囲気でした。一人ひとりのMusicianの演奏が最高で、さすが音に拘る角松ちゃんの面目躍如のライヴでした。角松ちゃんの素晴らしいギター演奏も含めて、本当に最高!

本田さんのサックスが随所にちりばめられていましたが、アマヌサの海やK2(KちゃんのMCがオヤジっぽくてなんだったけど。笑い)のサックスの音には泣けました。行って本当に良かった。

 ライヴに来られたファンの皆さんとも何人かお話しましたが、喉の調子が悪かったのと旅の疲れから、いつもの元気で優しい「博多のElvis」をお見せできなかったのが心残りです。ごめんなさい。

 角松ちゃんにはずっと元気で皆に良い音楽を聞かせて貰いたいと心から思います。煮詰まって、無理をしないように。君だけの体ではないのだから。

 

山口実

P.S.昨夜は満足して早く眠りました。パリの娘の写真にサインも貰えたし。

マスターのサイン入り色紙