一ノ瀬泰造写真展

テーマ:

 一ノ瀬さんは年齢も2つ違いと近く、ベトナム・カンボジア(私も一時赴任の可能性がありました)とイスラエルの違いはあれ、同じような時期に海外を単独行したことなど、とても好きなカメラマンです。そして、今回は同じころボクシングをやっておられたことを知り、更に親しみを覚えました。
 私も一つ間違えば、命を失ってもおかしくないと言う経験を何度もしました。特に’70年のイスラエルでは、ゲリラのロケット砲の弾が目の前に飛んで来て、不発で助かったこともあります。
 一ノ瀬さんの写真を観たりや手紙を読んでいると大変感慨深いものがありました。また、束の間の幸せを楽しむ兵士や子供たちの笑顔を撮った彼の写真には深い愛を感じました。
 悲惨な戦争を目の当たりにし、平和や生きることの大切さを身をもって体験した戦場カメラマン一ノ瀬泰造さんが、26歳と言う若さで神に召されたことを考えれば、未だに生きながらえている私はもっと頑張らねばならないと叱咤激励される思いでした。
 泰造さんのお母様や関係者のご尽力に心から感謝します。
 この写真展は12月9日までやっています。8日9日には写真の販売もあるようです。お近くの方は是非お出かけ下さい。(福岡からは一般道で2時間半、高速で1時間20分位かかりましたが、今回は妻がが往復運転してくれたので、私はナビゲーターだけで楽勝でした。)
http://taizotakeo.net/  


山口実

P.S.今年の春に書かれた泰造さんへの寄せ書きの中に、"So beautiful & sad. I wept. Thank you."(とても美しく、そして悲しい。私は泣いてしまいした。有難う)と言うメッセージを見つけて、不覚にも泣いてしまいました。一枚目に添付した写真展のポスターの写真「届いた手紙」(私が一番気に入った写真の一つです。)の夫婦の笑顔はとても美しい。でも夫の兵士の肩には、小銃が置かれています。とても悲しいです。
 私はこれからも「武器よ、さらば!」と言い続けていきます。


一ノ瀬泰造写真展①


一ノ瀬泰造写真展②


一ノ瀬泰造写真展③


AD

東京新聞の「筆洗」に下記の記事を見つけました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2007080902039743.html
 僕も麻生久美子さんの大ファンです。
 そして毎日インタラクティブみ「シネマの週末・この1本:夕凪の街 桜の国 新しい『原爆映画』の誕生」と言う映画評論を見つけました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/cinema/review/news/20070727dde018070049000c.html
 原作は漫画だそうですが、是非見たい作品ですね。
ホームページも見つけたので、ご覧下さい。(但し、表紙を開くと音楽が出ますので、会社や学校でご覧になる時ははお気をつけ下さい。」
http://www.yunagi-sakura.jp/


山口実

AD

 NHKスペシャル「核クライシス 第1集 都市を襲う核攻撃~地表爆発と高度爆発~」を見て、改めて戦慄がはしりました。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/070805.html
 核爆発の悲惨な被害を2度と繰り返してはなりません。この番組は、核廃絶が唯一の道であることを明示しています。

 私は今週末西新公民館で「まず隗より始めよ。」と言う講演を行うのですが、核クライシスを避ける方法も、米国政府が先頭に立って核廃絶を勧めることが不可欠です。そして、被爆国日本がその先導を務めることです。広島・長崎の原爆投下が、史上最大の悪行の一つであると言う認識の下に、日米が世界と力を合わせて核廃絶運動を推進しなければなりません。
 「核の抑止力」を唱える人々もいますが、使えないものは抑止力にはなりません。核はあってはならないものです。
 同様に他の放射能兵器も廃絶が不可欠です。


山口実

AD

「精神科医ら2百人増員、イラク駐留米兵のPTSD対策」
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200706150032.html
(尚、費用の日本円換算は41億円です。)
 更なる混乱を避けるために、外国軍が即時撤退するのが、イラク国民だけでなく、有志軍の兵士達のためでもあると考えます。


山口実

とても悲しい出来事

テーマ:
「反戦の母:シーハンさん引退宣言 米国の政治状況批判」

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20070530k0000e030034000c.html

愛情深い母親を絶望させる国。そしてその国にただひたすら追従する国々。

とても暗い気持ちになりました。

で、これで一日が終わっていたら絶望的な一日でしたが、午後に素晴らしい学生さんたちと会うことが出来たので救われました。友人や後輩を気遣う学生さん達。自分も力をたくさん貰いました。めげずにコツコツ努力を続けて行こうと意を強くしました。


山口実

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20070516k0000m010147000c.html

至極まともな見解ですが、今度は腰砕けにならないようお願いしたいですね。

それでも、国会では「イラク特措法:衆院で改正案可決 期限を2年間延長」。

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/20070516k0000m010074000c.html

今の政府に日本独自の外交は望めないようですね。


山口実



http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007051401000406.html

「人間の鎖」に就いて、沖縄の大切な友達から指摘がありました。私も、昨日ニュースで見て、感動しました。
 沖縄の人々が騒音に苦しみ、安全を脅かされている現状を私たち本土の人間はしっかり認識しなければなりません。そして安易に補助金をばら撒く行政のやり方を黙認するのではなくて、米軍基地の縮小・撤去を積極的に推進するよう訴えることが私たちに課せられた義務であると考えます。
 また、沖縄から飛び立つ米軍機がイラクやアフガンで民間人を多く殺戮していることもしっかり認識する必要があります。 一方で、日本政府は航空自衛隊の2年延長を進めているようです。
「イラク法案、委員会可決 航空自衛隊派遣を2年延長」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007051401000406.html
 国民に耳を傾けず、国民に十分な説明もなしに、米軍への加担を進めるやり方は、民主政治とは程遠いものと言わざるをえません。


山口実 

ICUの千葉真先生から下記のご案内を頂きました。先生方や学生諸君は是非お出かけ下さい。 山口実

                 記

国際基督教大学(ICU)の千葉です。皆さま、お元気にてよき春の日々をお過ごしのことと思います。
 国際基督教大学COEプログラムでは、リチャード・フォーク教授、坂本義和教授をお招きして、公開講演会(言語・英語)を以下のように開催いたします。
 フォーク教授と坂本教授は現代世界を代表する国際政治学者ですが、同時に平和研究へのコミットメントにおいても著しい貢献をなされている研究者です。9・11事件以後の平和と戦争のテーマについて語ってくださる予定です。
 ご都合よろしければ、ぜひご参加ください。また友人知人で関心のあ る方々がおられましたら、この情報をお知らせくださいますと幸いです。
 他のMLへの転送も歓迎いたします。
 ご案内にて。                        
   千葉 眞

国際基督教大学COEプログラム「広域平和研究」公開講演会
ICU COE Program: Comprehensive Peace Studies Open Lectures

言語:英語 Language: English

日時 2007年6月1日(金)午後1時30分~3時40分
Date:1:30PM to 3:40PM on June 1st(Fri.),2007
場所 国際基督教大学本部棟206室
Place: Room 206 of ICU Main building
 司会 毛利勝彦教授(国際基督教大学)
   Katsuhiko Mori (Professor, ICU)

挨拶 鈴木典比古学長(国際基督教大学)
President Norihiko Suzuki (ICU)

基調講演1 Keynote Lecture 1
  リチャード・フォーク教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
  Richard Falk (Professor, University of California, Santa Barbara)
  “Reflections on Terrorism and State Violence in the Early 21st Century”

基調講演2 Keynote Lecture 2
  坂本義和教授(東京大学名誉教授、国際基督教大学平和研究所顧問)
  Yoshikazu Sakamoto (Professor Emeritus, University of Tokyo,ICU PRI Adviser)
 “Peace Issues in the ‘Post-9.11’World”

コメント Comment
  テマリオ・リヴェラ教授(国際基督教大学)
  Temario Rivera (Professor, ICU)
  ランドール・ドイル教授(セントラルミシガン大学)
Randall Doyle (Professor, Central Michigan University)

討議 Open-Floor Discussion

#国際基督教大学構内には中央線JR武蔵境駅南口小田急バス2番乗り場から「国際基督教大学行」が運行しております。平日の昼頃は15分間隔くらいで出ております。所要時間は12分で料金は210円です。
タクシーですと所要時間10分で1000円程かかります。

*なお、以下のようなセッションも6月1日(金)と2日(土)には組まれております。
 ご都合よろしいければ、こちらにもご参加ください。

6月1日(金)June 1St.(Fri.)
Ist Session (A204): Chair: Takashi Kibe (ICU)
10:00-12:20
1 Lester Edwin J. Ruiz (New York Theological Seminary)
A Grand Theory as Cartography: Peace, Security, and
Conviviality”
2 Ryuichi Yamaoka (University of Open Air)
“What is the Problem with Anti-Grand Theory?”
Comment: Shin Chiba (ICU)
Discussion

2nd Session (A204): Chair: Shin Chiba (ICU)
16:00-18:20
1 Norio Suzuki (Aichi University)
“The Problem of Peace and War in Islam”
2 The speaker is not confirmed yet.

Comment: Edwin Lester J. Ruiz (New York Theological Seminary)
Discussion

6月2日(土)June 2nd(Sat.)
3rd Session (A204): Chair: Shin Chiba (ICU)
10:00-12:30
1 Yoichiro Murakami (ICU)
“The Concept of Toleration and Grand Theory”
2 Richard Falk (University of California, Santa Barbara)“Toward a Grand Theory of Peace”
Comment: Ryuichi Yamaoka (University of Open Air)
ー以上ー

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070504i214.htm?from=main2
読売新聞に掲題の記事が掲載されています。
イラクの安定は、イラク国民の手に委ねるべきです。
外国軍がいる限り今の混乱は続きます。特にイラク国民が全て的に見えてしまう米軍兵士と石油利権を追いかける米国政府は即刻撤退すべきだと考えます。
日本が中東で信頼を回復するためには、日本政府が米軍撤退への道筋を建てる位のことをしなければなりません。まあ、望み薄とは考えますがーーー。


山口実

P.S. CNNの記事の方がもう少し手厳しいです。(ただ、エンタテインメントで取り上げられているところは少し気になります。)

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200705040024.html