掲題の定期演奏会のご案内を致します。生徒さんたちの素晴らしい演奏は、バークリー音楽大学の竹中真教授や私の折り紙つきです。是非ご来場ください。 山口実

                   記


吹奏楽コンクール九州大会出場記念
西南学院中学校吹奏楽部第5回定期演奏会 Bravo Brass

第一部 シンフォニック・ステージ
   *音楽祭のプレリュード *憧れの街 *民衆を導く自由の女神
   *ロマネスク *クリスマスキャロル・ファンタジー
第二部 マーチ&ポップス・ステージ(ゲスト・ステージ)
   *ミュージカル「ウィキッド」他

日時:2007年12月22日(土) 開場14:30 開演15:00

場所:西南中学校・高等学校チャペル
   (早良区百道浜1丁目1番1号 TEL:092-841-1317)

入場無料

指揮:中村信一郎・三好直英

司会:中西久美

特別ゲスト:オリタ ノボッタ

主催/西南学院中学校吹奏楽部
共済/西南学院中学校吹奏楽部保護者会
AD

博多のプロミュージシャン達が贈る博多ジャズコンサート。ヴォーカルはボビー江頭とうしじまあおいです。うしじまあおいのJazzはもちろん、エガちゃんの60’sのポップスヴォーカルもTalk最高。
ミュージシャンは人気者揃いですので、お早めに博多ジャズコンサート事務局にご予約下さい。


山口実             

                             記


日時:平成19年12月16日(日曜日)
   18時開場 18:30開演

場所:NTT夢天神ホール
   福岡市中央区天神2-5-35(岩田屋本館7F)
   TEL:(092)-781-8888 (10:00~18:00)
   http://www.nttud.co.jp/amenity/yume/ #
入場料:前売り券:\3,000
      当日券:\3,500
        学割:\2,000

出演者:
Tp/山野哲正、松本典之・Ts/新田治生・Tb/永石郁雄・Gt/赤崎進・Pf/川添英子・Bs/土井信雄・Dr/木下恒治・Vo/うしじまあおい・ボビー江頭・コンサートマスター&As/親川徹夫
ミュージック・ディレクター/永石郁雄


お問い合わせ先:博多ジャズコンサート事務局
(株式会社 翼 企画内)福岡市南区老司1丁目17-13
電話092-566-0559 FAX092-566-0580

AD

歌う大運動会

テーマ:

昨日は、Wifeと「ピーターVS池畑慎之介」に行く予定でチケットも手配していたのですが、結局「『みんなで歌う日本の歌』の会まつり 歌う大運動会」に参加して来ました。
 会場が少年科学文化会館ホールと言うこともあり、「最初の1時間だけ」と顔を出しましたが、敬愛する小畑先生とピアニストの塚本美樹さんから急遽「司会をやって下さい。」と頼まれ、「ピーター」はWifeに任せてお手伝いを続けました。司会と歌とでとても忙しくて5時間があっと言う間に過ぎてしまいました。
 この歌う大運動会は「明治・大正・昭和と日本人の人間形成に大きな役割を果たしてきた日本の童謡と唱歌を愛唱し、永く保存すると共に、その復活を兼ねて、昭和57年(1992年)より活動を続けて来た」小幡正子先生率いる「『みんなで歌う日本の歌』の会」のおまつりで今回で31回になります。
 今年は、子供たちも参加したので、とても和やかで且つ素敵な会だったと思います。
 私が参加するのは2回目ですが、一昨年Wifeの支援で飛び入りしたのが最初です。昨年も、「是非」と小畑先生から誘われたのですが、胃液の逆流に因る咽喉の炎症(プチ喉頭がん騒ぎ)で、参加出来ませんでした。なので、今年は司会と共に、多くの曲を舞台で合唱して、昨年の雪辱を成し遂げたと言えるでしょう。
 おまけに私の歌のファンになって下さった方が何人もいて、来年の出演も約束してしまいました。(81歳の方に追っかけになって頂きました。笑)
 参加者のシニアの方々も歌がお上手で、お元気で驚きましたし、子ども達が嬉々としていたので、とても幸せな気分になれました。
 田楽座や歌う大運動会のような日本の民芸を大切にする活動が活発に行われることは、日本の人々の自信と元気を取り戻す大きな助けになると改めて感じました。


第一部
虫の声
つき
どんぐりころころ
菊の花
木の葉のオフね
おうま
もみじ

第二部
村祭りサンバ(踊りつき)
谷間のともしび
バラが咲いた
希望のささやき
五月の歌
とんぼのめがね
赤い花 白い花
野ばら
故郷を離るる歌
忘れな草をあなたに
千の風になって
四季の歌
浜辺の歌
おお牧場はみどり
ビリーブ
みどりのそよ風
ローレライ
旅愁
月影ほのかに
涙くんさよなら
博多人形に寄せて
わたしはだれでしょう(演技つき)
落葉松(からまつ)
三つの汽車の歌
十五夜、お月さん
赤とんぼ
かあさんの歌
雪の降る町を
早春賦
背くらべ
たなばたさま
夏の思い出
この道
荒城の月

第三部
喜びも悲しみも幾年月
椰子の実
故郷
箱根八里
鯉のぼり
夏は来ぬ
我は生みの子

星の界(よ)
今日の日はさようなら
(全51曲)


山口実

AD


これからの子どもプラザが目指すもの
新垣勉さん

 

昨日は、西南学院大学子育て支援フォーラム「これからの子どもプラザが目指すもの」に行って参りました。
懇意にさせて頂いている先生の基調講演や知人を含めたパネルディスカッションと、大好きな新垣勉さんのおしゃべりコンサートがあったのでとても楽しみにして西南コミュニティーセンターに参りました。
 早良区に子どもプラザが出来て、福岡市7区全てに子どもプラザが設立されたとの事とても喜ばしいことです。

第一部での「西南スタイル子どもプラザ」では、憧れの奈良江先生がパワーポイントが使えないハプニングにも拘わらず、子どもプラザの重要性を明快に説明されました。
①遊び場の確保。(物が豊富になって、家の中では子どもが遊ぶスペースがない。怪我が心配。母親の)
②母親の育児不安の解消。(初めての育児は大変。)
③子供同士で遊び、いろいろな価値観を学ぶ。(少子化で、家では多くの子どもと遊ぶことは出来ない)
④母親の過干渉を減らす。(家事が便利になって、手余り現象が生じた。)
⑤母親の会話不足によるストレス解消。(幼い子どもと二人では、会話が出来ない。)
⑥ボランティアの学生から、母親が遊びの方法を覚える。学生も子どもに触れ、優しい心を養える。
⑦母親が年齢・経験などいろいろな人と会うことで、違う考え方を学び、いろいろな場面での対応が可能となる。
⑧安全に遊べる。
等々。
(パワーポイントが使えれば、具体的なお話も聞けたと思います。)

 第2部のパネルディスカッション「これからの子どもプラザが目指すもの」では、濱砂圭子さんがその豊富な経験から活発な提案をされていました。
行政はまだ始めたばかりと言うことで、「これから」を強調していましたが・・・。
 濱砂さんは、母親、運営、社会、行政の問題を指摘されていました。時間の関係から十分お聴きすることは出来なかったのですが、母親のコミュニケーション能力の低下、無知(赤ちゃんの初期検診の母親だけが来る場合があると)、無個性の問題や行政・運営団体の子どもプラザの運営に関しての”No Judgment・No Program”の問題やコーディネーターの必要性の指摘には共感しました。

 第3部はお待ちかね新垣勉さんの「おしゃべりコンサート」
ウィットに富んだお話と共に、アンコールも含めて9曲をじっくり聴かせて頂きました。
最初は少し声が硬い感じがしましたが、3曲目位からは最高のテノールでした。
①バッハのアベマリア
②マンマ(カンツォーネ)
③彼女に告げてよ(カンツォーネ)
④夏の思い出
⑤竹田の子守唄
⑥シャボン玉(作詞は野口雨情。生まれた実子の早世の直後に書かれたものだそうで、こんなに情感のこもったシャボン玉を聴いたのは初めてでした。)
⑦私と小鳥と鈴と・・・・みんなちがって、みんないい(NHKみんなのうた 金子みすゞさんの歌詞ご参照)

私が両手をひろげても
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、地面を速く走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

⑧白百合の花が咲く頃(作詞・作曲はBOOMの宮沢和史さん)「愛と平和への祈りを込めた歌です。
⑨アンコール アメージング・グレース

 全て素晴らしい歌でしたが、⑦曲目と8曲目の歌は自分でも是非歌って見たい歌です。
東京から帰ったばかりのあおいも第3部に駆けつけて、新垣さんの歌を楽しみました。
 170人を越える聴衆はお母様方や子どもプラザ関係の方が多かったのですが、こんな素晴らしい歌を学生諸君にも是非聴いて欲しいと思いました。西南コミュニティーセンターで素晴らしいイベントが続くことを祈ります。


山口実

KOIKAさんのコンサート

テーマ:

 一昨日KOKIAさんと言う不思議な癒しの力を持ったArtist(所謂シンガー・ソングライター)のコンサートに招かれて、行って参りました。  KOKIA(本名亜紀子)さんのお母様が私の親しい知人(S金属の元幹部)のお友達と言うことで、私との面談を手配して頂きました。  

 残念ながら、お母様は所用でいらっしゃらなかったのですが とても良いコンサートでした。余り予備知識や先入観を持たずに聴いたのですが、結局2度「ありがとう」と「ぬくもり」を聴いて泣いてしまいました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/KOKIA http://www.kokia.com/profile/index.html  

 不思議な声をしているのですが、音程もしっかりしていて 歌詞や楽曲やトークがとても良いと思いました。お姉さまが三井物産のふれあいコンサートの主役で、バイオリニストの恭子さんと言うことで、「さすがに!」と言うところです。  香港やヨーロッパでも活躍しているとの事、その意味でもとても興味深いArtistです。  また、サイン会に殆どの観客が集まり、整然と列を作って待っていたのには驚きました。(もちろん、私も並びました。)

 サイン会で少し、後から5分ほど本人とお話しました。そして彼女のマネージャーさんとお話したら、(昨日元応援団長の立山君を連れて午前2時まで飲んでいた)「ギタリストの梶原順さんの昔の相棒のマネージャーをしていたので、彼を良く知っている。」とおっしゃっていました。It's a small world after all♪

 また、人脈が広がって、いろいろな展開が可能になると期待しています。


山口実

台風の直撃は免れたようです。

テーマ:

 と言うことで、明日のコンサート&レクチャーは大丈夫開催致します。台風で行楽を諦めた方々も、心を癒しに来て下さいな。もちろん、台風がこれ以上被害を増やさぬように、心から祈っています。最後にもう一度宣伝致します。

 昨日の角松ちゃんの講義でも強調されていた「本物を聞き分け、見分ける力」を皆で身につけられるよう、コツコツ音楽イベントや文化イベントの開催を手がけたいと考えています。今回の「和みのコンサート&レクチャー開催は、その大きな第一歩です。皆さんのご支援を心から感謝いたします。


山口実

「和(なご)みのコンサート&レクチャー」

今私達が一番必要としているのは 和みです
~自然との調和、心の和み、そして人の和~

世界的な大学の町、そして、あの松坂・岡島のレッドソックスの本拠地ボストンから和の心を伝える国際的なプロジャズピアニスト竹中真(バークリー音楽大学教授)氏を迎え、心を癒す一流プロの音と歌を皆さんにお贈りします。同時に、福岡が誇る新進気鋭のりっきー足立氏による平和学(「平和」を科学する)のお話(レクチャー)も相和して。
この素晴しいコンサート&レクチャーに是非ご来場下さい。

                 記

日時:7月15日(日) 午後3時開場、午後3時半開演
会場:西南学院大学内、西南コミュニティー・センター
   (車でのご来場は、ご遠慮下さい。)
   地図は、下記のホームページをご参照下さい。
   http://www.seinan-gu.ac.jp/access/access.html
   http://www.seinan-gu.ac.jp/sisetsu/index.html
   西南コミュニティーセンターは、東キャンパスの南東の角にあります。
出演&講演者:
☆足立力也(コスタリカ研究家・平和塾主宰)
☆竹中真(Piano)、小牧良平(Base) & 木下恒治(Drum)
☆うしじまあおい(特別ゲストVocal)
入場料:生徒・学生1000円、大人2000円
主催:明日のアジアにかける橋九州
共催:西南学院大学宗教局(西南学院には癒しと平和を作る力がある。)
協力:キャンパスサポート西南
内容:アメージング・グレース、竹田の子守唄、ともしび、夏の思い出、
What a wonderful world、People等(但し、曲目は変更の可能性あり。)
チケット申し込み先:キャンパスサポート西南 担当 山口実
電話092-823-3576 携帯090-4486-3264 e-mail max0908@nifty.com
関連ホームページ:
足立力也: http://www.adachirikiya.com/
竹中真:  http://takenakajazz.web.infoseek.co.jp/index_jap.htm
木下恒治: http://www.adachirikiya.com/
うしじまあおい: http://homepage3.nifty.com/flora-aoi/

音楽と祈りがこの世を救う!

テーマ:

昨日の夜から、ずっと皆さんにお知らせをしています。
どうしてこんなに頑張るのか?
1)皆さんに一流の音楽を楽しんで頂きたい事。
2)コミュニティーの人々に素晴らしいイベントを気軽に楽しんで頂きたい事。
3)皆さんに良い音楽で心を癒して頂きたい事。
4)地域を盛り上げたいこと。
5)学生さん達に耳を鍛えて貰いたい事。
6)世の中を和ませたいこと。
7)同様のイベントを継続させるために、最初の音楽イベント会場を皆さんで一杯にしたいこと。
8)皆さんを元気にしたいこと。等等

是非、是非、会場にお越し下さい。


山口実

涙で心が洗われる音楽。

テーマ:

大学は7月17日から学期末試験のようです。今回のコンサート&レクチャーの成功は地域の皆さんのご支援・ご来場に掛かっていると考えます。本当に心が和む素晴らしい音楽です。皆様お誘い併せの上多数ご来場下さい。今回の成功が、今後の音楽イベントの方向付けとなるでしょう。勿論、学生の皆さんも時間に余裕があれば是非ご来場下さい。心が癒されて、勉強が進むこと請け合いです。

和(なご)みのコンサート&レクチャー
今私達が一番必要としているのは
和みです~自然との調和、心の和み、そして人の和~

世界的な大学の町、そして、あの松坂・岡島のレッドソックスの本拠地ボストンから和の心を伝える国際的なプロジャズピアニスト竹中真(バークリー音楽大学教授)氏を迎え、心を癒す一流プロの音と歌を皆さんにお贈りします。同時に、福岡が誇る新進気鋭のりっきー足立氏による平和学(「平和」を科学する)のお話(レクチャー)も相和して。
この素晴しいコンサート&レクチャーに是非ご来場下さい。

            記

日時:7月15日(日) 午後3時開場、午後3時半開演
場所:西南学院大学内、西南コミュニティー・センター
   (車でのご来場は、ご遠慮下さい。)
出演&講演者:
☆足立力也(コスタリカ研究家・平和塾主宰)
☆竹中真(Piano)、小牧良平(Base) & 木下恒治(Drum)
☆うしじまあおい(特別ゲストVocal)
入場料:生徒・学生1000円、大人2000円
主催:明日のアジアにかける橋九州
共催:西南学院大学宗教局(西南学院には癒しと平和を作る力がある。)
協力:キャンパスサポート西南
内容:アメージング・グレース、竹田の子守唄、ともしび、夏の思い出、
What a wonderful world、People等(但し、曲目は変更の可能性あり。)
チケット申し込み先:明日のアジアにかける橋九州 山口実 e-mail max0908@nifty.com
関連ホームページ:足立力也:    http://www.adachirikiya.com/
竹中真:  http://takenakajazz.web.infoseek.co.jp/index_jap.htm
          木下恒治:    http://www.adachirikiya.com/
           うしじまあおい: http://homepage3.nifty.com/flora-aoi/


山口実

昨夜から今朝にかけて、本人より”何のManager” の僕の方が興奮して殆ど眠れませんでした。でも、僕が歌った訳ではないので、コンサートは無事終了しました。
 川谷和也さんの軽妙なナレーション、内田浩誠さんの重厚なピアノ演奏、うしじまあおいの成熟したヴォーカルと素晴らしい聴衆の皆さんの雰囲気が上手く調和して、とても心地よいひとときでした。 子供たちも静かに聴いていました。良い音楽を聴くことは、優しい心を育む力となると確信しています。 山口実


一部
My Favorite Things (私の好きなもの) サウンドオブミュージック
Cheek to Cheek(頬と頬を寄せて-アーヴィング・バーリング)グリーンマイル他
Somewhere Over the Rainbow(虹のかなたに-ハロルド・アーレン作曲) オズの魔法使い
The Summer Knows(おもいでの夏-ミシェール・ルグラン作曲)
So in Love (日曜映画劇場のエンディングテーマ-コール・ポーター作曲)

二部
Night and Day(夜も昼も-コール・ポーター)
Cheek to Cheek
Somewhere Over the Rainbow
The Summer Knows
So in Love
My Favorite Things

ブッチャー浅野さん

テーマ:

浅野さんご逝去の悲報が入って来ました。
2月にKJBでお会いしたばかりだったので、本当にショックです。
ご病気だと言う事は聞いていたのですがーーー。
マスターや梶原さんの心痛いかばかりかと察します。
少しでも気持ちが癒されるよう皆で、パワーを送りましょう。合掌!


葬儀の詳細は下記の通りです。

         記

通夜:4月22日(日)19:00~20:00
告別式:4月23日(月)12:00~13:00
喪主:浅野佳三恵様 浅野さんの奥様です。
式場:メモリアル・ホールさくら会堂
住所:川崎市宮前区土橋1-3-3
電話:044-855-2257
FAX:044-855-2257


山口実