掲題の写真展&講演会に就いて、ご案内します。

私たちが真剣に考えなければならない、日本の平和国際貢献の最も重要な課題の一つであると思います。


                  記


「悲しみに満ちたイラクを歩き続けている

湾岸戦争、経済制裁、イラク戦争。

破壊され、荘園が漂い、血が流された大地。

結果ウランに汚染され、暴力が支配する。

人々は傷つき、苦しみ、恐怖に怯えていた。

子どもたちは白血病や癌で『殺され』ゆく。

しかし、そこには私たちと変わらぬ夢や希望をあった。

そんな、写真の中の子どもたちと『出会って』欲しい。」

(豊田直巳さんからのメッセージ)


1)写真展「戦火の子どもたち」

日時:10月23日(火)~10月28日(日) 9:00~19:00

場所:福岡市健康づくりセンター「あいれふ」1階(長浜交差点の少年科学文化会館の隣です。)


2)講演会「戦火の子どもたちと日本」

日時:10月27日(土)14:00~16:30

場所:本願寺福岡会館3階(黒門交差点、米国領事館隣)


後援:

福岡県/福岡県教育委員会/福岡市/福岡市教育委員会/福岡県教職員組合/福岡市教職員組合/

九州朝日放送/TVQ九州放送/RKB毎日放送/西日本新聞社/朝日新聞社/毎日新聞社/読売新聞西部本社


主催 豊田直巳写真展・講演会実行委員会 代表/石村善治


協賛団体

核・ウラン兵器廃絶キャンペーン福岡/ We Love 9条市民ネットワーク/
JCJ(
日本ジャーナリスト会議)福岡支部/ 沖縄とむすぶ市民行動・福岡/
NGO「人権・正義と平和連帯フォーラム/ PP21ふくおか自由学校/
念仏者九条の会・福岡/ たんぽぽとりで/戦争への道に反対する真宗者の会/
カトリック福岡正義と平和協議会/ 明日のアジアにかける橋・九州/
子どもを戦場に送らない!9条の会・ふくおか/ 婦人民主クラブ全国協議会福岡支部/
くまのみの会 /日本聖公会九州教区宣教区/日本キリスト教婦人矯風会福岡支部/
福岡地方バブテスト連合社会委員会/アムネスティ・インターナショナル福岡グループ /
核戦争防止福岡県医師・歯科医師の会/日本基督教団九州教区福岡地区社会部/
福岡県民主医療機関連合会/福岡YWCA 9条の会/福岡県保険医協会/
非核の政府を求める福岡県の会/福岡市原爆被害者の会/福岡県原爆被害者団体協議会


お問合わせ:青柳(あおやぎ)092-621-6211 y-aoyagi@r8.dion.ne.jp

   
**『戦火の子どもたち』豊田直巳福岡写真展 は入場無料で 協賛カンパにご協力ください。
今回の会場は、入場料が徴収できず物品販売も不可のため、協賛カンパだけが何よりの頼りです。どうぞ御協力下さい。
『戦火の子どもたち』豊田直巳福岡写真展  協賛カンパ個人一口1000円より、何口でも)(団体 任意)    
   カンパ郵便振込口座名 豊田直巳「戦火の子どもたち」
   口座番号 01760-1-134363     
 *その際、名前の公表の「可」・「否」を記入して下さい。

** チラシ配布、ポスター掲示、マスコミ向け広報、口コミ、その他宣伝・広報にご協力ください。
** 本写真展の開催期間中、会場で搬入・展示・受付・会場係などのスタッフをしてくださるボランティアを募集しています。

AD

本日19:30からの「日本の、これから」にVTR出演します。 以前にもお知らせしましたように、東京からビデオ・クルーが来て長時間撮影してくれましたが、放送は編集されて数分になると考えています。  

憲法改定派を論破する自信は十分あったのですが、今回は討論の良いきっかけになれたらと考えています。まあ、編集がどうなっているのか気になるところですが・・・。  

何れにしても、湾岸危機に際しての私の言い分は「憲法9条と日本の平和主義が、イラク占領下での私の食糧集めを可能にし、邦人の飢えを凌ぐことが出来た。」「憲法9条に従わず、外務大臣が『自衛隊を送ることを検討する。』と言う声明を出したために、イラクで人質となった。」と言うものです。

 また、私は活憲論者ですから、日本国憲法を活かすことで、日本が国際平和に十分貢献できるものと確信しています。憲法改定が日本でも国際社会でもなく、米国の軍事費削減に寄与するだけであることをしっかり認識せねば、この国の将来は危ういと考えます。


山口実

AD

有権者の責任

テーマ:

「週のはじめに考える 権力の重さと怖さ」 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2007081202040545.html 「いまは青空も光り輝く雲も容易には見えない時代ですが、坂道は逆戻りするのではなく、進歩を信じて上り続けたいものです。  そのためには未来を政治家に一任するわけにはゆきません。  それだけに今度の参院選を一時の“祭り”や“禊(みそ)ぎ”に終わらせてはなりません。不安や怒りを持続しながら政治家と政治を厳しく監視し、コントロールしてゆくのは最終権力者である有権者の責任です。」  

一昨日政界の裏話をした時に、皆で相槌を打った内容と同じです。私達国民一人ひとりが頭を使って、この国を救おうではありませんか。


山口実

AD

選挙の力

テーマ:

「参院『改憲派』、3分の2を割る 3年後の発議に壁」
http://www.asahi.com/politics/update/0806/TKY200708060367.html

 油断は出来ませんが、国民が選挙権を行使すれば、国の向かう方向を修整できます。残り40%強の国民も来るべき衆議院議員選挙では、選挙権を行使することを切望します。

山口実


P.S.以下の記事も掲載されています。
「衆参『憲法審査会』の立ち上げ先送り 民主が反対」
http://www.asahi.com/politics/update/0807/TKY200708070395.html
「集団的自衛権:安保懇報告棚上げへ 法制化に慎重論」
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/20070805k0000m010109000c.html

昨日「ガイサンシーとその姉妹たち」と言う映画を西南コミュニティーセンターで見ることが出来ました。上映に関わられた皆さんのご尽力に深謝します。

http://www.cine.co.jp/gaishanxi/
 戦争と言う究極の暴力の下で、欲望のなすがままに行われた許し難い暴力を如何にしても正当化することは出来ません。またその歴史的事実を真摯に反省することが、戦後からの脱却に繋がるのではないかと考えました。

バランスの壊れた世の中を正すもの、それは日本国憲法の精神ではないでしょうか。初心忘るるべからず。愚かな行為を繰り返してならないとつくづく考える今日この頃です。

「カフェで、寄席で平和語る 9条支持草の根ジワリ」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007071102031388.html


 年金や政治資金問題で、憲法改定の問題が希薄となっているように危惧しますが、憲法問題は国民の安全だけでなく、国民の台所も直撃する問題です。選挙を一面的に考えるのではなく、多面的に考えて投票行動を取りたいものです。また、国民の投票権が日本の民主主義を守る唯一の手段であることを肝に銘じて、選良に投票したいものです。


山口実

 

「F22Aの情報提供要求 首相、米大統領に」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20070706/20070706_010.shtml
「専守防衛のたが緩めるな 防衛白書」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/20070707/20070707_001.shtml

 保安官助手志願の「ボクちゃん」と本当に私達は行方を共にすべきなのだろうか?防衛費がさらに巨大化すれば、年金どころの騒ぎでなくなります。国民は10兆円、20兆円の防衛費を負担する覚悟が出来ているのでしょうか。
 軍事費を教育費に当てている国々も20を越えています。日本は平和憲法の理想に向かって、再度踏み出す必要があるのではないでしょうか。


山口実

筑紫哲也さん休養

テーマ:

ニュースキャスターの内唯一の良識派と思われる筑紫哲也さんが、今日のニュース23で「初期の肺がん治療のために休養する。癌は治療可能なもので、当分の間治療に専念して復帰する。」とおっしゃっていました。
 大変残念ですが、完治して出来るだけ早く復帰されるよう、心からお祈り申し上げます。


山口実

講演会

テーマ:

昨日の長谷川初範さんの出会いの興奮が覚めやらぬ中、今日は福岡通訳協会で「対立を超えて、相互の力を」と言う表題の講演をしました。
 いろいろなことをお話したいのですが、時間も限られているので、自分の経験を通した「お互い様の助け合い」と「憲法の活かし方」と「ソフトパワー」に就いて語りました。

レジュメは次の通りです。

1.はじめに・・・今日本が進もうとしている道
a)なぜ今「改憲」「海外派兵」「日米安保強化」が必要なのか。
b)なぜアジア諸国との対立を煽るのか。従軍慰安婦・南京大虐 
 殺事件を否定さえする政治家達。

c)武器輸出規制緩和推進に見る軍需産業強化(政界・財界の動き)
d)争乱で苦しむのは婦女子(パレスチナ・湾岸危機・インドネシア大暴動など。)
e)お互い様の助け合いの心・・・戦争・天変地異・環境破壊

2.活動の原点:湾岸危機の際の在クウェート日本大使館篭城と人質生活
a)食糧集め(飢えた子供達・少年や年寄りばかりのイラク兵)
b)外務省の対応(現地の声聞かず、米国偏重)
c)婦女子を残して逃げようと言う男達。「恥を知れ」
d)人質生活(食べ物がない)
e)恐怖を逃れる術(婦女子や仲間を助ける心。自己犠牲。出会い。)

2.最近の国際貢献活動
a)イラク攻撃反対(新聞記事)
・情報の操作 or 自粛
b)インド洋津波の被災児支援(新聞記事)
c)国連ハビタットの支援・・・街づくり
d)キャンパスサポート西南・コミュニティーの大切さ、輪は広がる
e)音楽(Jazz他)・芸術
f)地域の活性化 芋焼酎・もち吉・講演

3.中国との対立に就いて
a)重要なことは中国との対話のテーブルに着くこと
b)暴動報道などの誇張と一面性
c)負の外交カードを切るな。(歴史認識・・・傷口に塩)
d)拉致問題は中国の協力無しでは解決出来ない。
e)尖閣列島のガス田・・・採算が合わない。
f)中国が破綻したとき日本がどのような影響を受けるのか。
g)地域社会の大切さ まず、隣国との友好を!

4.中東問題
a)武力では解決出来ない。イラクの外国軍の即時撤退 テロ活動家の埋没
b)イラク戦争とサダムフセイン
・誰がこの「怪物」作ったか
・イライラ戦争
・石油利権(原油価格)・・・コストUS$2~3
・イラクの特殊事情 スンニー・シーア・クルド
・なぜ死刑を急いだのか・・・殉教者サダム
c)イランに対する攻撃
更なる対立と原油高を生む。
d)イスラエル・パレスチナ問題 二重基準の悲劇

5.平和憲法をどう活かしてきたか(15分)
a)平和憲法の活かし方
b)憲法改定が生むもの
  日米安保強化・・・経済的負担・・・海外派兵の肩代わり・・・徴兵・・・増税
c)独自の平和外交を・国際的孤立からの脱出
  ・湾岸戦争のトラウマの嘘
・ソフトパワーの活用。医療・教育・環境保護・建設や経済面十分貢献が出来る(戦後60年を無駄にしてはならない)
  ・自衛隊の費用対効果(軍を動かす膨大な経費)
  ・米国偏重の外交を止めよ。ブッシュと心中するな。米国の要求は、軍事の負担だけ。日本の国益には適わない。

6.結論(女性の活躍)
 今私達に必要なのは対立ではありません。国内外で言葉を尽くして対話することです。環境問題や人権問題や医療の問題など、差し迫った問題を相互の力を合わせて解決することです。そのためには優しい女性の活躍が不可欠なのです。
 政界や経済界を含めたあらゆる分野で、高い意識を持った女性の活躍を切望します。私たち男性は一歩退き、女性の皆さんのアドバイザーになります。それが硬直化した今の世の中を変える最善の方法だと考えます。


 .思ったよりat homeな会合で、もう脱線しまくり。ほかでは聞けない面白い講演になったと思います。それにパワーは出しまくりで、疲れたらしく帰って食事を早めにして今まで眠っていました。(笑)