優しさと元気のリレー

テーマ:


豊田直巳さんと一緒


 一昨日、このブログでもご紹介(9月17日)したフォトジャーナリスト豊田直巳さんの写真展と講演に行ってまいりました。

  写真展は「戦火の中の子どもたち」と言う名前ですので、写された人々の顔は悲しみ溢れていますし、怪我や病気で平常心で見ることのできないものもありました。 しかし、豊田さんはとてもポジティヴな方でした。今の私よりは何十倍も危険な場所に行かれ、いつも写真や講演会で世の中に訴えておられる姿を見たら、ぬくぬくと過ごしている私がへこたれてはいけないとつくづく反省しました。
 彼は講演の中で、マスメディアや日米政府などの流すアフガンやイラクやパレスチナなどに関する情報がいかに好い加減で歪められたものであるかを彼が経験をしたいろいろな例を示して、丁寧に説明して下さいました。そして、情報を検証し、自分の頭で考えることが如何に大切かを繰り返し説いてくれました。そこには勇ましさはなく、とても優しい心と思いやりだけでした。私がこのmixiや講演で日頃から訴えていることと共通する点が多くて、とても共感しましたし、感動しました。
 特に、アチェの津波被災現場で活躍する国連やNGOなどの全ての車に張られた"No Weapon"非武装のステッカーの写真と彼のお話は、平和を作る力は非武装しかないと言うことを明らかに示していました。
 また、インド洋やイラクでの自衛隊の活動がいかに無意味で、Costlyであるを教えてくれました。例えば、アフガンの戦争被災者支援として、自衛隊機を何機も飛ばして、何億円もかけ隣国のパキスタンへ運んだ三百数十枚のテントがパキスタン製であったこと、EUや国連などがパキスタンで調達して数千枚のテントをすでに運び入れているのを恥じて、こっそりと現地で在庫していた500枚をこっそりと追加したこと、イラクでの自衛隊の給水事業や学校修復事業が如何に無意味でCostly(現地調達の水の1000倍の費用、自衛隊が修復した壁の出来栄えがあまりにひどいので現地の人が塗りなおしたこと、550人送られた自衛隊の中のたった30人しか、サマワの駐屯地外で活動していなかったこと、自衛隊歓迎の垂れ幕の日本語は、日本人の某特派員が書いて誤訳であること、サマワからの感謝状も日本の依頼で出されたこと、自衛隊の安全確保のために現地の部族に大枚の税金が費やされたこと、そんな自衛隊の活動を現地の人は評価していないことなど)であるか、自衛隊の劣化ウラン弾の放射能汚染に対する防備が如何に無意味であるか(残留放射能の計測が不可能な計器を隊員が装備していたこと)などです。これは、私が日頃訴えている、「人道支援の面だけでなく、費用対効果も非常に低く、税金の無駄遣いそのもの」と言う考えを立証するものでした。
 豊田さんは私の経歴や考えに大変興味を持って下さって、講演会の合間や2次会でじっくりお話することが出来て、更に意気投合することができました。そして、先日ミヤンマーで亡くなられた長井さんが「優しくて、素晴らしい人」だと言うことが再確認できたこと、「必要なのは勇ましさではなく、優しさのリレー」と言う私の考えに120%賛成して下さったことなど、お金や権力がなくても同じ気持ちで一生懸命活動している人がいることを再確認出来て、本当に勇気づけられました。
 私と立ち位置や考え方に共通点が多く、講演後の約6時間があっという間に過ぎました。これで今日は、角松ちゃんにMaxパワーを上げられそうです。本当に有難いことです。(昨日はちょっと、二日酔い気味でしたが・・・。笑)
 もちろん、大学でも豊田さんの講演会を企画しますよ。乞うご期待!


山口実

AD

「『原爆投下しょうがない』 久間防衛相が講演」をNHKニュースを見て、ただ驚き怒っています。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007063001000274.html
 (米国の圧力で前言を翻したとは言え)米国のイラク攻撃を安倍内閣の中で唯一明確に「失敗」と批判した久間氏さえもが、米国に媚を売るリップサービスを行う現内閣は、米国の保安官助手米国益優先内閣と断定して間違いないでしょう。
 政治家が説明責任を果たさなくなって久しいですが、「言葉を尽くす」と言うのは、「リップサービス」や放言とは全く別のものです。 

 久間氏の講演は、言葉を尽くしたのではなくて、放言・暴言と言えるでしょう。私達国民はこんな破廉恥な放言を繰り返す政治家たちを許してはいけません。
 放言は弱い人を傷つけます。そのことを理解しない多くの閣僚の存在は、現内閣の限界と本質を如実に示していると思量します。いや、それとも「良識派」の久間氏がわざと放言したのでしょうか。
 今の日本の諸問題に気がつかない日本国民がいるとしたら本当に悲しいことです。


山口実

P.S.遅ればせながら,毎日イントラクティブに下記の記事が掲載されました。
「久間防衛相:原爆投下に関し『しょうがない』の発言」
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070701k0000m010052000c.html
願わくば、しっかりした論評を加えて欲しいものです。

AD

今週のアエラに掲題の記事が掲載されていました。ジャーナリストの志葉玲さんの書かれた記事ですが、皆さんに是非読んで頂きたいと思います。
 副題に「ひとりのイラク青年が現地の様子を発信し続けている。自身も拘束され、親族も殺された。復讐を思いとどまらせるのは、ひとりの日本人の存在だ。」と書かれています。
 この「ひとりの日本人」とは、イラクで一時人質になられた高遠菜穂子さん。彼女の優しさがイラク青年カシムさんの復讐心を包み込んだのです。
 僕がなぜ今日この日記を書いているかと言うと、ちょっと理不尽なことがあって約半年振りに頭に来て、(志葉玲さんと同じくイラク戦争に反対して自ら「人間の盾」となった)その怒りを抑えて貰おうと思って、K牧師の教会を訪れたからです。彼はとても冷静な方で、高遠さんたちの拉致の時も、イスラム宗教家の人脈を使って、彼らの解放の大きな力となられました。
 熱い僕は、そんな冷静な彼の活動に時々協力させて貰ってます。


山口実

AD

合掌。

テーマ:

長崎の伊藤市長が亡くなられました。ご冥福を心からお祈り申し上げます。合掌。
 そして平和を訴える首長の遺志が、蘇ることを祈ります。
 私は、こうした武器を使った暴力や政治的な暴力に対して、とても熱くなって批判しますが、私の尊敬する牧師さんは今日の大学のチャペルで、とても静かに語られました。そして「One Cupのワインを回し飲みをする」イエス・キリストのテーマに就いて触れられました。
 崩壊した関係を如何に修復するか、イースターウィークにじっくり考えたいと思います。 


山口実

イラクからの外国軍の撤退

テーマ:

「ビンラディンよ『アルカイダ暴走止めて』スンニ派訴え」
http://www.asahi.com/international/update/0407/TKY200704070220.html
「師オサマ・ビンラディンよ、責任をもってアルカイダの活動をただすべきだ」――。
イラクのスンニ派武装勢力「イラク・イスラム軍」に内戦の疲れが見えます。外国軍は可及的速やかにイラクを撤退し、国の治安をイラク国民の手に委ねるべきだと思います。
そうすれば、職業的テロリストの存在は浮かび上がって来ます。外国軍の存在が、イラクの内戦を複雑化しているのですから。

山口実

「非識字率、首都ワシントンDCで高い傾向と 米調査」

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200703200027.html

掲題の記事がCNN.co.jpに掲載されています。

このニュースによると全米の非識字率は21%とのことですが、英語の分らない人は50%近いとも言われています。

非識字率の高さは、格差の大きさの主因の一つと言えます。米国には移民を多く受け入れているので、日本(0.2)と単純に比較することは出来ませんが、このことが国内の貧困層を増し、内政の不安定要因となっていることは否定できないでしょう。

そんな中では、米国は世界の警察官を自称して莫大な戦費を遣うより、内政を充実させる方が重要と考えるのが自然ではないでしょうか。従い米国政府が、日本による「世界の防衛費」の「応分」の負担を求めてくるのは当然の成り行きとも言えます。

 一方で、識字率は高いものの、日本も多額の借金と数多くの内政問題を抱えています。日本政府が軍事による国際貢献より、平和的且つ費用対効果のある非軍事面での国際貢献を十分考え、実行することは日本国民ならず米国を含めた国際社会のためにもなると思量しますが、皆さんは如何お考えでしょう。

 また、少子化の中移民受け入れは日本にとっても大きな問題となるでしょう。ただ、受け入れを拒否するのではなく、受け入れの為のヴィジョンと制度を確立することも肝要であると考えます。


山口実

asahi.comに掲題の記事が掲載されています。
http://www.asahi.com/international/update/0127/017.html
 米国が同じことをやったら、その賠償金は天文学的な数字になるのではないでしょうか。
 事ほどさように、対立や武力・暴力による争いや間違った思い込みが莫大な代償を払う結果に繋がることを世界の人々が肝に銘じて、対話し、助け合う努力をしなければなりません。
 そのためにも私は微力ながら国連の地道な活動を支援し続けます。


山口実

イラクの悲劇

テーマ:

「イラク:バグダッド連続テロ 死者215人、負傷257人」
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20061125k0000m030097000c.html
 

 今のイラクの問題は、複雑になり過ぎて、簡単には解決できません。もつれた糸を一つ一つほぐすように、現存する多くの問題を解決していくしか方法がありません。
 

1)想像力の欠如
 一番の問題は、シーア派とスンニー派、それにクルド族(トルコのと関係も含む)、そして石油の利権、軍需産業の暗躍など、宗教、部族、利権問題が複雑に絡みあった国のたがを安易に外せばどうなるか、容易に想像出来たにも拘わらず、太平洋戦争後の日本の占領パターンを模範として占領政策を進めようとした、超大国の指導者の想像力の欠如がこの悲劇を生んだ一番の原因と思われます。それを支持した日本を含めた有志連合国やその国民にも大きな責任があると考えます。また、それが石油や軍需産業の利権のために意図的に行われたのであれば、最悪と言わざるを得ません。
 イラク問題を解決するためには、やはり「これを行えば、どんな結果が出るのか」という想像力が不可欠ですし、その想像力に基づいたVisionの再構築が不可欠だと考えます。
2)大国のエゴと石油利権
 イラク攻撃の大義名分たる独裁者サダム・フセインや大量破壊兵器の存在を創り出したのは何かと言うと私はイランのイスラム原理主義革命による湾岸の石油利権の喪失を恐れた大国(フセインを祭り上げたのは、米国であることは否定できない事実です)のエゴに因るところが大きいと考えます。この問題は大国のエゴを取り除かないと解決しません。
 大国のエゴは、まさとま君も指摘されるように、歴史的な問題でもあります。
3)軍需産業の利権
 石油利権の他に軍需産業の利権もこの戦争に大きく関わっています。今回の戦争と混乱でイラクは、所謂核兵器を除く、その他のあらゆる兵器(劣化ウラン兵器を含む)の実験場と化しています。儲けているのは、各国の軍需産業であり、指導者達はその資金に頼っているのが実情です。現時点では難しいでしょうが、武装解除と武器使用の禁止の努力が重要だろうと考えます。(今更言っても仕方がないのですが、これは湾岸戦争終了の際に可能だったのではないかと思量します。)
4)宗教対立
キリスト教とイスラム教の宗教対立、シーア派とスンニー派の対立が上記の利権問題を含めて複雑に絡まっています。それぞれの原理主義者が決めツケを行い、対立を深めそれぞれの国民や国際社会が、それに乗せられています。
お互い宗教の本来あるべき姿を冷静に考え、対立による武力の使用は憎しみと破壊しか生まないことを肝に銘じるべきです。
5)民族対立
 この地域では、クルド族の問題があります。また、歴史的に部族社会ですから部族間の対立多くありました。これが、利権と絡んでいるのですから、解決は容易ではありません。(私は、部族間の対立を収めるためにも、預言者モハメッドが生活の規範をコーランの書き記したのであろうと考えています。)
 民族対立を解消するためには、連邦国家の建設しか方法がないように思われます。
6)憎しみ
 イラン・イラク戦争、湾岸戦争、イラク戦争とその後の占領により、多くの人々が死にました。それに因る憎しみは増大しており、その憎しみは占領軍、特に米国軍に対するものとなっており、その鬱憤を晴らすために弱いものが犠牲になっている面が大きいと考えます。所謂プロのテロリストと憎しみに因り報復や抵抗を試みるものの区別がなくなっているのが、問題解決をより難しくさせているのです。
 私は、有志軍は一旦撤退すべきだと考えています。その上で、状況を見て国連軍の派遣を考えるべきだと思量します。手遅れの感も強いのですが、イラクの人々の手に国の行方を任せるべきです。
7)格差と貧困
 貧困が暴力を助長しているところがあります。イラン・イラク戦争前は中東で最高の外貨準備高を誇っていたイラクの人々が貧困に喘いでいます。その主たる原因は度重なる戦争です。莫大な戦費と再建費用が、本来富んでいるべき国民を貧困で苦しめているのです。

 ご存知の方も多いと考えますが、私は上記のことをイラク戦争の開戦前から考え、戦争回避を訴えていました。実際には、湾岸戦争以降同じ考えを持っており、世の中の人々に色々な形で訴えていました。
 対立が憎しみを生むことは容易に想像できます。武力の行使が破壊や憎しみの増幅を生みます。また、それに因る浪費が貧困を生み、紛争に輪をかけます。この地球に住む人間一人一人が、もう一度互助の精神に立ち戻って、非暴力平和主義を貫くべきだと考えます。その実現を難しくしているのは、私達の想像力の欠如と意志の弱さであることを肝に銘じるべきだと考えます。
 現状の責任の多くは、利権や権力に執着する一部の指導者達にありますが、その指導者たちを頂く私達にも十分責任はあります。イラクの現状が他人事でないことをしっかり認識することがこの問題の解決には不可欠です。


山口実

 「イラク戦争に反対したため外務省を不当に解雇されたとして、天木直人元駐レバノン大使(59)が、国に一万円の損害賠償を求めるなどした訴訟の判決で、名古屋地裁の内田計一裁判長は十日、『免官に違法な点はない』として請求を棄却した。自衛隊のイラク派遣差し止めを求めた訴えは『訴訟として不適法』と述べ、却下した。」
 私は、日本の議会制民主主義の根本は三権分立制度に支えられていると思うのですが、行政に立法や司法が媚びている状況が危惧される出来事が多いようです。
 天木さんが判決を前に発表した声明は、私達に訴えるものがあると考えますので、下記の通り紹介します。賛否は別にして、彼の言うことに就いて私達自身の頭で考えてみることが肝要であると思量します。

                                      

                      記


 「11月7日に行われた米国中間選挙の結果ブッシュ政権が敗北を喫した。それを受けてラムズフェルド国防長官が更迭された。米国国民がイラク戦争の間違いに気づいたのだ。あれほどイラク戦争の正しさを強調し続けたブッシュ大統領と、そのイラク戦争遂行の指揮をとったラムズフェルド国防長官が国民の審判に膝を屈した瞬間である。
 この歴史的な米国国民の審判の直後に名古屋地裁がイラク派兵違憲訴訟について判決を下すことになったのは神の配剤とも言うべき絶妙なタイミングである。原告の一人として運命的なものを感じる。
 3年半前、外交官人生をかけてイラク戦争に反対した私にとって、ブッシュ政権が米国国民の手で断罪された事はもとより感慨深いものがある。しかし私はそれでもブッシュ政権の敗北を素直に喜ぶ気にはなれない。選挙の敗北だけで免罪というわけには行かない。今日に至る3年半もの間にどれだけの人命が無為に失われていったことか。どれだけの悲しみと怒りと絶望が繰り返されたことか。いやその悲惨な状況はこの瞬間にも続いている。それどころか、イラク戦争の原因でもある中東紛争は国際政治から放置されたままだ。ガザにおけるイスラエルのパレスチナ人虐殺はもはや極限に達して久しく、なお見放されたままだ。
 私があの時イラク戦争に反対した最大の理由はまさしくこの米国のアラブ人に対する不正義であった。パレスチナ人を虐待し続けるイスラエルの非道であった。そしてそれらを放置する国際政治の欺瞞であった。
 強者の暴力を黙って見過ごすには私は官僚としてはあまりにナイーブであったかもしれない。弱者の悲鳴に耳をふさぐことの出来なかった私は外交官としてあまりに感情的であったかもしれない。しかし「力は正義である」と割り切るのが国際政治の現実であり、その現実を受け入れるのが優秀な外交官であるというのなら私は外交官失格を誇りに思う。今日まで私を支えてきたのはこの思いである。
 弱者の人権を守る最後の砦が「法の支配」であると我々は教えられてきた。多数の暴力から少数を守るのが立憲主義と学んできた。米国のイラク戦争に加担して自衛隊を戦
地に送った小泉前首相の権力の傲慢を政治は止めることが出来なかった。権力者小泉前首相は世論の声を聞こうとはしなかった。せめて「法の支配」に訴え、司法の良心を信じて起こしたイラク派兵違憲訴訟であった。
 その判決を私はこの目で、この耳で確かに見届け、聞き置こうと思う。

       2006.11.10
                 天木直人 」
山口実

 CNN.co.jpに掲題の記事が掲載されています。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200610140012.html

 米英のイラク攻撃が招いた悲劇だと言う事を多くの人が

気付いているのに、ブッシュ政権は未だ間違いに気付かない

のでしょうか。

 イラクのことはイラクの国民に任せて、外国軍は早急に

撤退すべきだと考えます。

 治安を回復するために、今は撤退すべきではないと

まことしやかな話をする人がいますが、それはマッチポンプ

の議論です、放火犯の消防士が、火をつけては消して歩いて

いる(振りをしながら、油を注いでいる)ようなものです。

 外国軍が撤退すれば、賢明なイラクの人々は戦いの

愚かさに気付いて、事態が収拾の方向に向かうでしょう。

 少なくともその機会をイラクの人々に与えるべきだと

考えます。


山口実