素晴らしい講演と対談でした。
平和をつくる力のあるSW学院大学のサテライトキャンパスに相応しいイベントで、心から感動しました。
第一部 考古学者大塚初重さんの「人は苦境に陥った時こと真価が問われる。」
第二部 五木寛之さんの「強い生き方弱い生き方」
第三部 トークセッション「弱き者の生き方」

 私達への生き方に対する助言に溢れていました。大塚さんも五木さんも勇ましくはないけれど、死に直面する経験を通して、真に強く優しい人々であることが良く分り、たくさんのパワーを頂きました。大塚さんは80歳とは全く思えない気に溢れた人。対照的に、五木さんは淡々と生きている感じなのですが、その中に生きるパワーに満ちた人。僕はどちらかと言うと大塚さんタイプだと思うのですが、どちらもとても好きです。
 そして奇遇ですが、僕とお二人とはNHKのラジオ深夜便で繋がっているようです。
 第一部で、大塚さんがお話してくれた、寿山丸で経験した、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を思わせる壮絶な体験。大塚さんは戦友の分まで、必死で生きておられるのだとそのパワーの源が分ったような気がしました。その後の苦労も面白可笑しく話して頂き、前向きに生きることの大切さを再確認しました。
 第二部で、五木さんが話してくださった生き方は、好対照なのですが、いろいろな啓示に満ち溢れていました。
 五木さんは戦争体験から何でも否定的に考えるそうです。「でも何とかなる。そして、上手く行った時の喜びが大きい。」
 また、五木さんは「自分の生きてきた道(歴史)を思い出し語ることが大切で、これが明日への希望に繋がる。」とおっしゃいました。それから、敗戦後の辛いことを思い出したくないので、「ちょっとした楽しい思い出」にオレンジ色の光を見出し、気持ちを和らげること、生きていること自体に価値があること、などを語って下さいました。
 黒木瞳さんの名付け親としての裏話や、「愛の水中花」の作詞を大塚さんがとても羨ましがっていたのもとても印象的でした。それに、五木さんが私と同じく「呼吸法」を健康の秘訣とされていることを知り、親近感を覚えました。
 お二人のお話を聞き、お姿を見ていて、私もお二人のように年を取りたいと思いました。経験した苦労は、お二人の何十分の一かも知れませんが、優しい心とパワーは共通するところがあると思いました。
 それから五木さんが、「自分は日一日変わっているのだから、3年、10年、30年後に読む本は、自分にとっては全く違う本である。」と本の再読を勧められました。僕も五木さんの本をもう一度読んでみようと思います。
 とても心地よい午後でした。


山口実

AD
Record Chinaの報道で下記の大げさな題の記事を見つけました。
「ディズニー模倣を超えた!大胆すぎる新たなニセモノが登場―吉林省長春市(Record China)」
http://newsflash.nifty.com/news/ta/ta__rcdc_20070510010.htm
 長春と言えば、10数年前北京からハルピンへ向かう飛行機が雷雨のため、長春で緊急着陸したことがあります。結局3時間くらい待たされたのですが、やる事がないので空港内をうろついていたら、陳列ケースの中に黒い細長い干物を見つけて、「何かなあ?」といぶかっていると、「鹿のオチ○チ○で、角よりずっと効果がある精力剤で、ここしか(鹿?)ない」と売店のおじさんと私の通訳が力んで言いました。そこで「さすがに長い春を楽しむ町の、チン列ケース。」と感心したを覚えています。
 さて、中国の知的財産の侵害は目を覆うものがありますし、中国当局も適正な対策を講じることが不可欠だと考えますが、この記事のペンキで縞を描いた馬に関しては、「彼らの対応こそ中国の知的所有権保護に関する根本的な問題を象徴するものと言えるかもしれない。」と無理に結論付けなくても、「一目で本物じゃないとわかるけど、子供が楽しんだから別にいい」のではないでしょうか。
 皆さんはどう考えますか?
まあ、別に議論することもない、たわいない話なんですけれどね。(笑)
AD

ホンマかいな?!

テーマ:

イラク:駐留米軍が分離壁 シーア派、スンニ派居住地に」
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070424k0000m030081000c.html
 その場凌ぎの応急措置は、国の分裂を深めると思います。ここは外国軍が撤退して、国の将来をイラク国民の手に委ねるのが最良の策です。
 外国軍が、国を分断するなど、もってのほかです。


山口実

AD

まず隗より始めよ!

テーマ:

毎日インタラクテイブに「余録:クラスター爆弾」と言う記事が掲載されています。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070225k0000m070100000c.html
 「爆弾をつくるのは神ではなく人間なのだから、人間が製造・使用を禁じればいい。その簡単なことが難しいのは、安く効率的な殺傷兵器が良い兵器という発想の非人道性に鈍感だからだろう。」
 一方で、チェイニー米国副大統領はオーストラリアで「イランのような国が核保有国になるのは重大な誤りだ」として、軍事行動も含めて「あらゆる選択肢を引き続き検討している」と言う。
http://www.asahi.com/international/update/0224/022.html
 暴力を排除するのに、暴力を使うということが間違っているのはパレスチナやアフガンやイラクを見れば明らかなことです。核兵器も、クラスター爆弾も、劣化ウラン弾もまず米国自らが廃止に動くべきでしょう。そうでなければ、説得力はありません。
 多分イスラム諸国の多くの人々が、米国のような国が核兵器やクラスター爆弾や劣化ウラン弾を保有するのは重大な誤りだ」と考えているのではないでしょうか


山口実

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20070208/mng_____kok_____002.shtml

是非読みたいですね。
「すべての内容について徹底的に討論して修正を重ね、共通の歴史認識に基づく一つの文章に練り上げた。両論併記も、あえて避けた。」と言う点も素晴らしい。
 問題を解決できるのは、やはり対話です。日中も同じ作業がなされることを切望します。
 それにしても、今回の「掃討作戦」で、イラクの無辜の市民が何人犠牲になることでしょう。心が痛みます。国家テロのばら撒きは憎しみを増幅するだけです。


山口実

CHUNICHI WEB PRESSに「実体なき言葉の怖さ 分かりやすいものほど疑いたい」と言う題の作家田口ランディさんの意見が掲載されています。ご覧下さい。http://www.tokyo-np.co.jp/kokoro/

 先日来私のブログが独断と偏見に満ちていると言うコメントを頂きましたが、私は出来るだけ私と同じ意見を持った方のお話や記事を選んで皆さんに紹介しています。まあ、それらは、私が一人で選ぶしか方法がないで、その点はご理解願いたいと考えます。そして、私がお話していることが偏見であると断定される方も自分自身の心に手を当てて考えて頂きたいと思います。巷で多数意見と言われることに反対したからと言って、「独断と偏見」と断ずるのは、文字通り独断と偏見であると考えます。時々若者を代表しているかのような論調で、勇ましいことを書き込む方がいますが、私はそれが「結局自分の首を絞めることになるのだ」と繰り返し申し上げています。また、コメントに大しては、問題点をしっかり指摘していますし、疑問にも出来る限りお答えしていますから、「逃げている」と言う批判もあたりません。    私達は、今の世の中で「実体のない言葉」に弄ばれて「分かったつもり」になってはいけないと思います。国のリーダーに無批判に追従することは、裸の王様をまた一人作ることになります。対話と言うのは、ただの気持ちの良いキャッチボールではなく、真摯なものであるべきだと考えます。時には、言い争いになることがあるかもしれません。しかし、お互い様の気持ちがあれば、誹謗中傷で終わることはないでしょう。「人のふり見て我がふり直せ。」私も肝に銘じておきます。

山口実