友人から下記の案内を頂きました。

平和や民主主義は、誰の為のものなのでしょう。

もう一度良く考えるきっかけにしたいものです。

山口実


                         記



   映画【消えた鎮守の森】上映&井原勝介岩国市長講演

とき●9月1日【土】13時30分開場

① 14時より映画上映「2006岩国住民投票の記録」(29分)(消えた鎮守の森)(80分)西山監督挨拶 
② 16時 井原勝介市長講演 
③ 意見交流会・渡辺ひろ子さん(平和といのちをみつめる会)

ところ●福岡市健康づくりセンター「あいれふ」9階 大研修室
   福岡市中央区舞鶴2-5-1 電話 092-712-2662
 (少年科学文化会館の隣)地下鉄赤坂駅徒歩5分
   交通アクセス地図 http://www.kenkou-fukuoka.or.jp/airef/access/access.htm

   ● 参加費 1000円
●主催「へこたれるな!岩国クン」福岡応援団
「連絡先」●ふくおか自由学校(092-562-3979)
     ●NGO「人権・正義と平和連帯フォーラム」(092-621-6211)
     【映画の問い合わせ】092-942-7406 n-aitaro@nifuty.com

*西山正啓(記録映画作家)
「ゆたんざ沖縄」「梅香里」「しがらきから吹いてくる風」 「朝の時間」「ぬちどぅ魂の声」「水俣わが故郷」など作品多数。
*井原勝助(いはらかつすけ)
山口県岩国市長。2006年3月、米軍再編による神奈川県厚木基地から 「米空母艦載機部隊」の移駐受け入れの是非を問う住民投票を実施。
全国的に注目される。結果は投票率58%、受入反対が87%を占めた。 同年4月、町村合併後に行われた新市長選でも圧倒的な支持を得て再選。 主権在民、住民自治、地方自治への関心を高めた。
*渡辺ひろ子(わたなべひろこ)
   航空自衛隊築城基地がある福岡県築上町在住。在日米軍再編に伴う日米共同 訓練に反対する市民団体「築城基地への訓練移転、日米共有化・海兵隊基地化に反対する会」代表。

 住民投票を経験したからこそ気づいたことがある。この国の政治は平気で約束を破る。
非協力の自治体に対して法律をつくってまでしてあからさまにイジメる。―
― なりふりかまわず強引に進められる米軍再編。あなたは米軍再編によって苦しめられている地域住民の声を聞いたことがありますか?―

 住民投票から一年、新市庁舎建設への補助金カット、愛宕山ニュータウン開発造成地の米軍住宅転用問題など、岩国市に次々と押し寄せる無理難題。見えてきた米軍再編のからくり。


●映画「消えた鎮守の森」解説

 2月8日横須賀市議会が「原子力空母配備の是非を問う住民投票条例案」を 31対10で否決した。その原子力空母艦載機59機の受入れ是非について 住民投票を実施したのが山口県岩国市。戦後60年国の政策を従順に受入れ 米軍基地と共存してきた筈の人々が住民投票で“もうこれ以上の基地強化は イヤだ!”と堰を切ったように意志表示したのです。それから一年、住民 投票時に全国から殺到したマスコミの喧騒がウソのような静けさの岩国で 今何が起きているのか。

●基地騒音から逃れ、広葉樹と竹林に覆われたなだらかな愛宕山丘陵に “終のマイホーム”を求めた人々がいる。なだらかな丘陵の頂きには 由緒ある愛宕神社が祀られ鎮守の森が里山に暮らす人々の心を癒していた。
 毎年春になると桜の満開の下で繰り広げられる奉納子ども相撲大会の 歓声が里山に響き渡っていた。その鎮守の森が開発によって削られる ことになった。

「悲願の沖合移設、そのための愛宕山開発」
 この10年間、岩国市民はこう思いつづけてきた。米海兵隊航空基地 滑走路を沖合に出すことで戦闘機騒音は軽減され、沖合移設工事に よって街の経済は潤う。その埋立て土砂を取るために愛宕山を削るのは 仕方がない、と。完成の暁には“東京の田園調布”を凌ぐニュータウンが 出来るのだから、とも。

 元々「愛宕山地域開発」は米海兵隊岩国基地滑走路を沖合に移設する拡張 工事の埋立て用土砂を確保するために始めた公共事業だ。山口県と岩国市の 負担割合が2対1、総事業費は851億円。その内のおよそ400億円は 埋め立て用土砂を国(旧防衛施設庁)に売って賄い、残りの451億円は土砂採取跡地に山口県住宅供給公社が新住宅市街地開発法によって「夢の ようなニュータウン」を造成し、その販売代金で収支を合わせるという ものだった。

 沖合埋立て用の土砂搬出事業は2007年3月に完了した。ところが基地拡張の目的を達成した途端、山口県は岩国市に対し開発事業の中止、共同 事業の解消、区分所有することで事業の単独清算を迫っている。赤字は 山口県と岩国市が2対1の割合で損失補償する。負担額は県が167億円、 岩国市が84億円とされている。県の狙いは赤字を解消するため跡地を 国に売るというもの。一方国(防衛省)は土地を取得した後、有力な
 選択肢の中に米軍住宅建設があると、はっきり宣言している。これは 明らかに米軍再編以前に仕組まれていたシナリオだ。そう疑われても仕方がない。

 住民投票から一年、沖合移設のからくりがはっきりと見えてきた。 そして今、岩国市は国・県によるあの手この手の策略とイジメにあっている。 一つは現在建設中の新市庁舎への補助金カット。国は米軍再編推進特措法を つくってまで非協力の自治体、特に岩国市と沖縄名護市には交付金を支給 しないのだという。これは言うことを聞かない自治体はこうなるのだというあからさまな見せしめである。

 もう一つは1月30日に突然発表された愛宕山開発地域を米軍住宅に転用 するというものだ。もしあなたの家のすぐ目の前にフェンスが張られ、 “治外法権”同然の米軍住宅が建てられたら、と想像してほしい。周辺住民、土地を提供した人たちが怒るのは当たり前だ。

●庭先に造成地のフェンスが広がる家の主婦が「あ・た・ご・や・ま」
 パズルを解くため積極的に自治会活動をはじめた。彼女は騒音軽減の ためなら愛宕山開発も仕方がない、と造成工事に同意した一人だ。しかし 工事が始まるとダイナマイトの振動で育児に悩まされ、砂ぼこりで洗濯物も外に干せないなど生活環境の激変で愛宕山開発に疑問を抱くようになった。
 そしてその疑問符は次第に沖合移設と米軍再編のからくりへと向かうようになった。

 「戦闘機騒音の軽減」「悲願の滑走路沖合い移設」「土砂埋め立て」「愛宕山ニュータウン造成」「売れない宅地」「住民負債」 「国が買い取り」「米軍に提供」「米軍住宅建設」。

 彼女は家族を守るために始めた活動なのだと言う。
 それが自治会活動、住民投票へとつながっていった。

●住民投票を経験したからこそ気づいたことがある。見えてきたことがある。
 この国の政府は約束を平気で破る。非協力の自治体をあからさまにイジメる。
 住民説明会で自治会役員の主婦は問う。本来は学級担任の山口センセイが 止めなければいけないのに、どうしてニチベイ教頭と一緒になって 岩国くんをイジメるの?

 普段はおだやかな自治会長さんが申入れの席で言う。この国の首相は美しい 国づくりというけど、有刺鉄線が張られ、米軍住宅が建てられた地域を 美しいと思いますか?

 国の言うことを信じて素直に従ってきた岩国の人たちが本気で怒っている。
 住民投票後の岩国の住民感情はこの国の民主主義のあり方を試す強烈なリトマス試験紙だ。それをいちばん良く知っているのは「消えた鎮守の森」なのかも知れない。へこたれるな岩国くん! 
   西山正啓(ドキュメンタリー映画作家)  

AD

 新潟県中越沖地震からの地域住民の方々の復興を祈りながら、下記お願い申し上げます。  


                                     記  


 新潟県中越沖地震の支援について関連情報を調べてみました。お手数ですが、これをお読み頂き、コピーしていただいて結構ですので、多くの方のご理解を得られるよう、働きかけてください。  まず、ボランティアに個人で向かわれる方は『必ず』事前に現地のボランティアセンターへお問い合わせください。正確な情報を得るならばそれが一番ですし、どこで何をすれば良いかも指示を得られることと思います。  そして県外の方は、あまりに遠方よりこられる交通費などを考えた場合、100円とかでも構いません。その分を義捐金として寄付することも立派な貢献です。現地で汗を出さないことを恥じないでください。汗水流した労働により得た収入を支払うことも、立派な貢献です。  7/19現在、新潟県災害救援ボランティア本部では、救援物資を受け付けておりません。消費期限のある生ものなどは特にご遠慮ください。その分を義捐金として提供されたほうが、助かるとのことです。  あと、現地への移動は公共交通機関が望ましいともありました。土日など集中してクルマでこられた場合、現地の復旧作業の妨げとなる場合もあります。皆さんのご理解を願います。 ●新潟県災害救援ボランティア本部 http://www.fukushiniigata.or.jp/activity/volunteer/saigai3.html 当面の間8:30~22:00の開設とします。 電話 025-281-5551 新潟県新潟市中央区上所2丁目2番2号 (新潟ユニゾンプラザ3階)新潟県社会福祉協議会内 ●新潟県災害ボランティア活動連絡協議会 http://www.tatunet.ddo.jp/saigai/ ◆柏崎市災害ボランティアセンター(柏崎市社会福祉協議会) http://www.syakyou.jp/ ・電話:0257-22-1411 ◆刈羽村災害ボランティアセンター http://www.vill.kariwa.niigata.jp/7.16jisin/7.16jisin.htm ・電話:0257-45-2316 ◆出雲崎町災害ボランティアセンター(出雲崎町社会福祉協議会) ・電話:0258-41-7133 ★新潟県中越沖地震関連情報ブログ http://rescuenow7.cocolog-nifty.com/rescuenow/ ★新潟県中越地震関連情報 http://rescuenow.cocolog-nifty.com/jishin_1023/ ボランティア活動に係る寄付金受入れ口座 第四銀行県庁支店 普通 1133636 社会福祉法人 新潟県社会福祉協議会 事務局長 大口弘人(おおぐちひろと) ー以上ー

AD

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007060602022136.html

約六万人の利用者に不便が生じないことを祈るばかりです。

私達に必要なのは戦後レジームからの脱却ではなくて、不正が平気で行われる世の中からの脱却ではないでしょうか。


山口実


AD

灯台下暗し!

「社説:立てこもり事件 ふがいなかった警察の対応」
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20070519k0000m070171000c.html
 毎日インタラクティブに掲題の社説が掲載されています。
この問題は十分検証がなされないといけないと思いますが、日本も拳銃に因る凶悪犯罪が増加していることは確かで、警察の治安や犯罪防止の力に問題があることは明らかと言えるでしょう。
 私は決して戦前の特高警察のような警察組織が幅を効かす世の中を望んでいませんが、国内の治安や犯罪検挙・防止の能力を充実させる方が、日米安保強化の為の海外派兵より遥かに重要のように考えます。
 私は拉致を含むテロも、警察力の問題だと考えます。米軍の肩代わりの海外派兵はテロ防止策と言うより、テロ奨励策のようにも思えます。足下が暗ければ、国の安定は望めません。
 私達国民は仮想の危機に振り回される前に、現実の問題の解決策を良く考えなければなりません。


山口実

少し古いのですが、4月24日付けの西日本新聞に「福岡ジャズシーンに注目! 大型ライブハウスが続々」と言う記事が掲載されていたのを西日本新聞のWebsiteで見つけました。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/tenjin/deep_tenjin/20070424/20070424_001.shtml
その中に、我がmixiであり、また九州プロミュージシャン協会員(つまりあおいの仲間)である木下恒夫さん(ドラマー)の意見が出ています。
「ニューコンボにも出演する福岡市在住のドラマー木下恒治さん(47)は『活気が出て喜ばしいことですが、地元のミュージシャンも使える施設であってほしいですね』と新しいライブハウスに注文する。この点、ゲイツセブン、ビルボードとも『そういう機会を積極的に設けていきます。』」
 この記事の中に「そもそも福岡は、プロのジャズ奏者が少ない地域。高度経済成長期に中産階級が多かったせいか、グランドピアノを持つ家庭に育った若者の中からジャズを目指す人が出てきた半面、ベースとドラム奏者が少ないのがネックになった。」と言う記事がありますが、少し異論があります。まず、プロのジャズ奏者が少ないと言うのは、何を持って少ないと言っているのかはっきりしていません。(私はジャズ奏者が少ないとは思いません。)確かにベース奏者が少ないと言うのは事実のようですが、それは東京とて同じだと思います。また、東京に出た全国選りすぐりのベース奏者たちはもちろん頑張っていますが、待遇面で決して恵まれているとは思えません。
 一方、ニューコンボやバックステージのような福岡の老舗のジャズ・クラブのオーナーはジャズミュージシャンを育てることにも力を入れています。以前「地域の自立と活性化」(4月29日の書き込みをご参照)と言うブログ記事を書きましたが、音楽も地域密着型でなければ、持続可能性は低いと考えます。福岡ブルーノートの轍を踏まないためには、地元の素晴らしいジャズミュージシャン達の活躍の場を基本としたジャズクラブの運営、また彼らに続く地元のミュージシャンの育成やファンの創生に尽力しなければならないと考えます。
 また、音楽は文化であり、教育ですから、そのことを念頭に置いた行政の適切な支援も切望されます。
まあ、でも老舗のジャズバーが種々の理由で閉店して中で、新しいクラブが福岡の熱いジャズを更に熱くする永続的な場になれば素晴らしいことだと考えます。
(添付は、昨年7月23日の朝日新聞朝刊の「九州ジャズの熱帯」と言う記事です。)


山口実


朝日新聞2006.7.23朝刊(B)

朝日新聞2006.7.23朝刊(A) 

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kyushu/20070429/20070429_007.shtml
 今日もたくさんの人が有田を訪れているのでしょうね。
良い物産とパブリシティーがあれば人は集まって来てくれると言うことですね。
 僕は、東京より人が少なく大らかな田舎の良さを満喫している方なので、この時期はご遠慮申し上げますがーーー。

ところで、東京都知事が、宮崎県知事に「傲慢」と指摘されて、「田舎者が偉そうなことを言うな。」といきり立っていました。田舎のどこが悪いのか聞いてみたいと思いました。


山口実


5月中旬の講演の原稿を書こうと思ったのですが、別でちょっと理不尽なことがあって、その気になりません。なので、全然違う話題について日記を書きます。

今日のサンデープロジェクトの特集で、米国のMLB(Major League Baseball) やNHL(National Hockey League) のオーナーにインタビューしている中で、ヒューストン・アストロズのオーナーが「どうして親会社の宣伝をしないのか?」と質問されて、「MLBのチームのオーナーになることは、地方の首長や政治家になると同じように、地域社会に貢献すると言うとても名誉な仕事だからです。」と言う主旨の答えをしていました。どこやらの政治屋さんたちやオーナーさん達に聞かせたい言葉でした。
 Wifeの用事で出かけたので、途中までしか見ませんでしたが、その後は浦和レッズの地域密着型の経営に就いて、特集していたようです。地域の自立を叫ぶ私でさえ、数年で駄目になるのではないかと危惧したJ1リーグが今も頑張っているのは、地域に根ざしたファンサービスや経営哲学の下でチームを運営しているからです。浦和レッズしかり、鹿島アントラーズしかり、ジュビロ磐田しかり、もちろんその他の地域のチームもしかりです。そして、地域のサポーターの支援の強さとチームの充実振りが正比例しているようです。
 僕は、行く先々その地域の人々に独立することを説いています。例えば、スマトラ島の独立とか、九州の独立とか。これは、直ぐ政治的に独立すると言うよりも、地域の精神的、経済的独立を説いています。
僕が九州に来て最初に手がけた三井物産の「焼酎ルネサンスプロジェクト」も、九州の活性化と地方の良さの宣伝を狙ったものです。芋焼酎と言う素晴らしい品物があったので、それが可能になりました。最初は反対も多く大変でしたが、ちょっとした発想の転換とパブリシティー(広報)の活用が大きな力を生みました。もちろん、大都市は市場としてとても重要であることを否定しませんが、中央を見て、その指示を仰いだり、その資金を口をあけて待つと言うのでは、いつまで経っても地域活性化は望めません。
地方自治体も国の金を当てにして大きな箱(建物)や施設を作るのではなくて、地域の物産を振興し、しっかり内容のあるソフトを発信出来る組織の構築にもっと力を尽くすべきであると考えます。例えば、MLBのミニッツ・ゲート・パークの建設費用200億円の内、地方自治体の負担は150億円と言っていました。この日本では考えられないような負担額も、MLBの試合やその他のイベントで経済的にも精神的にも地域に大きく貢献し、意義深い投資になると考えます。
このことは、企業活動や音楽や他の芸術についても同様だと考えます。そして、地方の自立は、私達個人の自立とも通じるものがあります。国が与えたり、命令したりするのではなく、地方や個人が自立することで、国は活性化され栄えます。それが、本当の民主主義であろうと思量します。

三日ほど殆ど眠っていなかったのですが、昨日は久しぶりに良く眠りました。

気候も良いので、大学まで自転車で通っています。

さて、掲題の記事が西日本新聞に掲載されています。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/20070411/20070411_001.shtml
日本の醸造・蒸留技術は世界に冠たるものがあります。また、焼酎ルネッサンスを立ち上げ、芋焼酎の全国ブランド化に関わった者として、とても興味があります。 この講座が地域を活性化させる大きな力になることを切望します。

山口実

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070326k0000m040128000c.html

 掲題の記事が毎日インタラクティブに掲載されています。
先の日記で、私が「地震が怖い」と言った大きな理由の一つに予知不能と言う点があります。
 予知が出来れば、当然何らかの予防が可能なのですが、地震の場合はそれを予め防ぐことは出来ません。もちろん、家具や家屋の倒壊による二次的な災害を小さくすることは出来ますが、地震自体を止めることは出来ません。
 特に、阪神大震災や福岡西方沖地震や今回の能登沖地震のように、「未知の断層」で発生した地震に就いては、市民は想像だにしていませんでしたら、その恐怖たるや想像を超えるものがあります。
 怖いのは確かなのですが、今の報道のようにただ恐怖を煽っているだけでは、起きた時に有効な手立ては講じられません。
 日本は自然資源に恵まれない、一方で地震や台風のような自然災害が多く発生します。見方によれば大変不幸なことですが、私はこれはそういう状況に置かれた私達に「周囲や近隣諸国と仲良く助け合うように」と言う、超自然の力の教えだと考えるようにしています。
 自然災害が起きた時必要なのは対立ではありません。互助の精神です。それも自己満足の助け合いではなく、相手の立場に立った支援が不可欠なのです。起きることは防げないけれども、起きた時に直ぐ有効かつ迅速に助け合えるコミュニティーや人間関係の日頃からの構築が肝要だと考えます。 

山口実

大学の先輩で、日頃から親しくさせて頂いている朝日新聞西部本社代表の植田義浩さんから、下記のご案内を頂きましたのでお知らせします。僕は毎週土曜日に北九州に英語の講義に行っているので、今週の土曜日に覗いてみようと思っています。北九州周辺にお住みの皆さんはお出かけ下さい。

               記

各位

原田脩遺作展のご案内

原田脩さんは画業一筋に生きた無名の画家です。
小倉高校時代は美術部に所属し、卒業以来ずっと、独学で絵に打ち込んできました。
物欲や名誉欲にまったく縁のない人で、暇があれば下駄履きのまま日本中どこへでもスケッチブックを下げて出かけました。酒を愛し、旅に生きた絵描きでした。既成の権威を嫌い、画壇や公募展に背を向けて、京都の小さな画廊で23年にわたって毎年作品を発表し続けてきました。祇園のお茶屋さんの女将がすっかり原田ファンになって、大作家の作品と並べて原田さんの絵をお茶屋にかけてくれる、そんなこともありました。
 3年前、旅先で倒れ、2年半に及ぶ闘病生活をおくりました。本人は最後まで、回復を信じ個展を再開するつもりでしたが、昨年3月、画業もこれからという時期に60歳で亡くなりました。後には150点にのぼる油絵と、膨大なスケッチが残されました。
 原田さんの生き方に共鳴した多くの仲間や飲み友達の中から、この作品を一度全部並べて展覧会をしたいとの声が出てきました。かつての小倉高校の美術部時代の仲間と同級生たちが自発的に集まって実行委員会を組織し、展覧会実現に向けて動き始めました。
 とはいっても、全員がこうした大規模な展覧会を企画・実施した経験はありません。まったくの手探り状態からスタートしました。会場探しから、額縁の借り入れやポスター作り、展示用のイーゼルに至るまで、すべてが手作りの展覧会になりました。
 途中から、いっそ画集を作ってしまおうと、ほぼ全作品を集めてカメラ撮影し(これも仲間のカメラマンが、借りてきたデジタルカメラで写しました)、自分たちで編集しました。
 経費ゼロでスタートし、手弁当でやるつもりが、画集製作となったため、皆さんに協賛を呼びかけました。200人に及ぶ友人や原田さんの絵の愛好者が協賛金を送ってくれました。
 こうして、何とか画集も315日には出来上がり、323日から41日まで小倉リバーウォークの中の3会場で遺作展が開催されます。もちろん入場は無料です。
 一人でも多くの方に原田さんの絵を見ていただきたく、ご案内申し上げます。


          2007321
           原田脩遺作展実行委員会
              委員長  植田  義浩