掲題の講演会に関して、下記の通りご案内申し上げます。

              記

消せるものか沖縄戦「集団自決」
―沖縄県民大会11万人参加が意味するもの―


 文部科学省が来年度の高校歴史教科書の検定において、沖縄戦での「集団自決」(強制集団死)の日本軍強制の記述を削除させたことに対し、沖縄県民は9月29日、11万6000人の結集の下に県民大会を開催し、政府文部科学省に抗議し、検定意見撤回と日本軍強制の記述復活を求めました。
 文部科学省があえて歴史をねじ曲げウソを教えさせようとした意図は何だったのか、それは、「集団自決」「スパイなどとして住民虐殺」などの事実を消し去り、日本軍の名誉を回復し、戦争のできる国づくりを進めていくための地ならしではなかったでしょうか?
 今回、この教科書検定問題と、問題になっている沖縄戦の「集団自決」(強制集団死)の実態、そして今日の米軍基地をはじめ沖縄と日本をめぐる問題について、琉球大学教授であり、政府文部科学省への抗議行動で中心的に活躍されている高嶋伸欣さんをお招きして、福岡で講演をしていただくことになりました。ぜひ、多くの方の御参加をお願いします。

日時:2007年12月2日(日)
    13:20~ ビデオ上映  14:00~ 講演

場所:チクモクビル7階ホール
    福岡市中央区天神3丁目10-27 (KBC前)
    地図:http://www.k3.dion.ne.jp/~kikaku-g/photo/map.gif
    西鉄福岡駅より徒歩15分
    地下鉄天神駅より徒歩10分
    西鉄バス那の津口バス停より徒歩3分
    ※お車の方は近隣の有料駐車場をご利用下さい

講師:高嶋伸欣(たかしま・のぶよし)さん
    琉球大学教育学部教授
   「沖縄戦の歴史歪曲を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会」   共同代表 沖縄平和ネットワーク代表世話人

 1993年筑波大学附属高校での授業を元に執筆した「高校現代社会」教科書(一橋出版)が、教科書検定で不合格処分を受ける。同年6月横浜地裁に処分取り消しをもとめ、第二の教科書訴訟を提訴。琉球大学の教員を中心とした沖縄・地域版教科書を作成中である。
 1980年代初期から何度もマレーシアに通い、日本軍の中国系住民に対する無差別大量虐殺を調査してこられた。

参加費:一般800円/高校生300円/中学生以下無料

主催:12・2高嶋伸欣さん講演会実行委員会
 賛同団体:NGO「人権・正義と平和連帯フォーラム」
      ふくおか自由学校
      アフガン・イラク戦争を阻止する実行委員会
      子どもを戦場に送らない!9条の会・ふくおか
      女たちのデモ実行委員会
      核・ウラン兵器廃絶キャンペーン福岡(11/10現在)

呼びかけ:沖縄とむすぶ市民行動・福岡
   〒813-0042 福岡市東区舞松原5-27-25 おかもと小児科クリニック 気付
   TEL:090-1364-2261(木下)
   E-mail:okimusu@fukuoka.nifty.jp
AD

「人生、100歳からが本番」

テーマ:

私が尊敬する曻地三郎先生(しいのみ学園・園長 医学・文学・哲学・教育学博士)の掲題の記事が西日本新聞に掲載されています。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20070810/20070810_016.shtml
 「生涯現役」は曻地三郎先生や日野原重明先生のためにある言葉ですね。曻地先生は8月16日で、101歳になられるそうで、「私は百一歳児。九十九歳までは助走期間で、百歳から本番なんです。」とおっしゃっておられます。120歳を目標にしている私にも、大変Encouragingな言葉です。
 101歳にして、約一ヶ月の世界一周講演旅行。「助走期間」半ばの私達も負けてはいられませんね。


山口実

AD

コンプライアンス?

テーマ:

「週のはじめに考える 地球時代の処世訓」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2007072202034699.html


コンプライアンス 【compliance】
〔命令に従う意〕
(1)法令遵守。特に,企業活動において社会規範に反することなく,公正・公平に業務遂行することをいう。
(2)服薬遵守。処方された薬剤を指示に従って服用すること。
三省堂提供「デイリー 新語辞典」より


 企業が社会規範を守り、公正・公平に業務を遂行することは、昔の日本の創業者には当然のことだったと思いますが、法令遵守が英語で叫ばれるようになってからは、企業に因る犯罪化も欧米化したと言うことなのでしょうね。
 親が子供の鑑にならず、国や企業のリーダーが、国民や部下の鑑にならない世の中から早く脱却したいものです。


山口実

AD

http://newsflash.nifty.com/news/te/te__jcast_7613.htm

 掲題の記事がJ-Cast Newsに掲載されています。とても悲しいことですが、これが現実なのでしょう。

 「学校では、担任教師たちが、生徒ひとりひとりとじっくり話し合う時間をつくることが大切だ。導入が進むスクールカウンセラーやいじめの有無の調査ではなく、身近な存在として生徒の心配事に耳を傾けるだけでも気付くことがあるはずだ。親は、自分の子に限ってうつ状態などとは無縁だ、という思い込みを捨てる必要がある。だれでも陥ってしまう可能性があると知り、やはり会話を重ねるべきだ。国へは、中学生対策としてだけでなく「こころの安全週間」を創設し、自殺防止や周囲のうつ状態の人に気付くよう啓発することを求めている。全国で毎年行われている交通安全週間並みに一時期に集中的に関心を高めようとするものだ。」

 新教育三法が可決されて、教師達がその対応に追われたら、生徒ひとりひとりとじっくり話す時間は更に減ってしまうのではないでしょうか。

 また、生徒がそうであるなら、教師も親も同様に『うつ状態』である可能性が高いと危惧します。引きこもらないで、時間をかけて前向きに話し合うことが問題の解決に繋がる最善の方法であると考えます。そのためには、競争重視の教育や上からの押し付け教育を排して、優しい余裕のある心を育む文化や芸術の教育に力を入れることが寛容と考えます。


山口実


「マータイさん:自伝『へこたれない』の出版記念会」
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/env/news/20070502k0000m040084000c.html
 毎日インタラクティブに上記の記事が掲載されています。
 最近私は苦しいことがあるといつも「別に死ぬわけじゃあなし。」と思うことにしています。問題がある方が闘志が湧いてきます。
 「マータイさんは昭和女子大(東京都世田谷区、人見楷子理事長)の創立87周年記念式で講演し、生徒や学生たちに『満開の桜のように、一生懸命生きてください』と呼びかけた。」そうです。僕は、このブログの読者の皆さん全てにそう呼びかけると同時に、「継続は力なり。」と言うことを付け加えたいと考えます。


山口実

これはホンマに怖い!

テーマ:

「12社で300項目、数千件 電力不正総点検で報告」
http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007033090212922.html
「原発不祥事:地元は怒り、あきれ、ため息
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070331k0000m040142000c.html
 間違ったら危険な原子力発電所、間違ったら隠せば安全なのか?間違った歴史を明らかにすることが自虐的なら、隠すことが正しいのか?
 教育再生が必要なのは、それを唱える大人に対してではなかろうか。


山口実

「本物の愛国心とは何か」

テーマ:

 本日の西日本新聞のコラム「潮流」にロナルド・ドーア(英ロンドン大学政治経済学院名誉客員)氏のエッセイが掲載されています。その副題は「ナショナリズムの波に乗り政権維持」でした。

 その中に、私が日頃から訴えている話が幾つかありました。

「『強く出ること』『毅然とした市政を崩さないこと』『毅然とした姿勢を崩さないこと』だけを是とする、自己主張的なナショナリズムは小人のナショナリズムである。君子の愛国心ちは違う。」

「 英国のナショナリズムを鼓舞して、翌年の選挙に大勝したサッチャー氏をみて、ホンモノの愛国心は何か、英国人としての私は、英国の何を誇りにしていいか、英国という国に対する帰属意識を感じさせている要素は何なのかと自問・反省させられた。 結局、BBCや高級紙などのジャーナリズムの質や、国家医療制度など、社会格差の拡大を防止する諸福祉制度だ。それが私のわずかなる愛国心の根拠だという結論に至った。 外国人の私が感心して、日本人だったら、誇りに思うだろうことは、いっぱいある。文学、美術、工芸や、思いやりを重んじる人間関係など。しして、協力を基調として、株主も経営者も一般従業員をあまり搾取しようとしない企業形態を築いてきたことも。 そのような企業形態が最近、アメリカ型企業形態へ移行しつつある。先日の参画合併簡易化の決定が、その以降を促進するに違いない。外交面ではナショナリズムを貫徹しながら、そのような決定をする安倍政権にどこか矛盾を感じないだろうか。」

 私達日本人にとって、偏狭なナショナリズムに捉われず、もう少し大らかな気持ちを取り戻して、自然を愛し、芸術を愛し、お互いに助け合う平和な農耕民族の精神に回帰することが、日本人としての誇りや自信を取り戻す唯一の方法であろうと考えます。


山口実

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20070213/20070213_023.shtml

水さえあれば飢えは何とか凌げます(昔、10日間ハンガーストライキをしたことがあります)が、夜の寒さが心配でした。救命ボートは浸水していたと言うし、まずは生還されて良かったです。本当に良かった。良かった。
 それにしても、ひき逃げだの、当て逃げだのどうなっているのでしょうね、この世の中は。

「博士の愛した数式」

テーマ:

昨夜、掲題の映画のDVDを観ました。
http://hakase-movie.com/
 さすがに小泉堯史監督の作品らしく映像の美しい、素晴らしい映画でした。皆さんも是非ご覧下さい。
 何より、出てくる言葉がとても綺麗で、小川洋子さんの原作も是非読んでみたいと思いました。
 主演の博士役の寺尾聰さんは、お父様の宇野重吉さんに姿形がさらに似て来ましたが、円熟味をました演技は宇野さんの演技に勝るとも劣らない、名優のものと言えるでしょう。彼の野球の上手いことや数に強いことにも感激しました。
 シングルマザー役の僕が大好きな深津絵里さん、子役の可愛い斉藤隆成君の演技も素晴らしかったし、案内役の吉岡秀隆君も自然な語り口で「Always 三丁目の夕日」よりずっと良いと思いました。それから、博士の義姉役の浅丘ルリ子は本当に美しかったです。
 子供達も数学をあのように教えられると面白くて堪らなくなるのではないでしょうか。

 「直線は目に見えない永遠の真実。心で見れば、時間は流れない。大事なのはこの今ではありませんか。」
「失うものはもう何もない。ただあるがままを受け入れ、自然に、自然にまかせきって、一時一時を生き抜こうと思う。」
「一つぶの砂に一つの世界を見
 一輪の野の花に一つの天国を身、
 手のひらに無限を乗せ
 一時のうちに永遠を感じる ウィリアム・ブレイク」


山口実 



久しぶりの再会

テーマ:

大学時代の同級生に35年ぶりに会いました。連絡は取り合っていたのですが、会うのは卒業以来でした。彼は僕より2歳年上なので、地方から上京した僕にいろんなアドバイスをしてくれました。睡眠薬自殺を図った後生き延びて、多量に飲んだ睡眠薬の影響でふらふら道を歩いている僕を三鷹中央病院まで、救急車で運んでくれたのも彼です。
 本当に久しぶりの再会でしたけれど、直ぐ大学時代に戻って打ち解けました。午後9時半に会って、食事をしながらお話をして気がついたら0時半を過ぎていました。
 彼は学校の先生ですが、社会貢献活動もやっている一本筋の通った人です。その彼が、「山口は大学の時と変わっていないな。一本筋が通っていて、全くぶれていない。」と言ってくれたのは、とても嬉しかったです。お互いに経験を積んで更に優しくなっていました。どんなに長い間会わなくても、旧友は旧友で本当に分かり合える存在です。二人で出会いの大切さや相互扶助の大切さを語り合って、とても良い一時でした。
 僕は海外転勤が多く長かったので、10年ぶりとか20年ぶりとか言う再会も多いのですが、皆さんは如何ですか?


山口実