日本とフランスの違い

テーマ:

「仏大統領に右派サルコジ氏(52) 得票53.06%」
http://www.asahi.com/international/update/0507/TKY200705070001.html

サルコジ氏がフランス大統領に選ばれました。
これがフランス国民にとって賢い選択かどうかは、これからのサルコジ氏の政策を注視しなければなりませんが、今回の大統領選挙では
1)経済の閉塞感
2)移民政策の問題
3)女性大統領に対する抵抗
4)選挙運動の組織力
などがサルコジ氏に有利に働いたと思われます。
 朝日のニュースでは大差と言っていますが、±3%ですから僅差と言った方が正しいかも知れません。
 注目すべきは83.97%と言う高い投票率であり、失政があればいつでも声を上げると言う民衆の力ではないでしょうか。また、米国ブッシュ政権に対するアプローチの仕方も注目ですね。ブレア首相や安倍首相のような擦り寄り方をすれば、フランスで大問題になることは明らかですから。
 さて、日本政府は、今まで中国に接近してきたサルコジ氏にどうアプローチをかけるのでしょう。


山口実

AD

東京新聞ホームページの「週のはじめに考える」をご一読下さい。

http://www.asahi.com/international/update/0903/002.html

間違った歴史を繰り返すのでは余りにも能がありません。

私達国民も基礎を学習しなければ、この国の将来は暗いもの

になるでしょう。


山口実

P.S.西日本新聞の今日の社説もご一読下さい。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/

新しい首相に求められているのは、抽象的な美辞麗句では

なく、国民が納得し安心できる具体的なヴィジョンと方策だと

考えます。


AD

人間力

テーマ:


 危機に際して、個々の人間力が試されます。

そして、その人間力は日頃の努力の積み重ねによって蓄積されものです。

人間力を高める為に私達が留意すべき要件は

)勉強不足にならないこと

)自分の頭で考えること

)独立心を持つこと

)自信を持つこと

)自信過剰にならないこと

)想像力不足に陥らぬこと

)思いやりを忘れぬこと

)自己無責任を諌めること(事なかれ主義にならぬこと)

)長いものに巻かれぬこと(トラの威を借りぬこと)、などです。


 当たり前のようで、自分の胸に手を当て考えてみると実行するには不安な部分もあるでしょう。

 国のリーダーと目される人々にも「え!」と思うことがままあるので無理もないのですが、一般的に私達日本人に欠けているのは、この人間力だと思います。

 一方で、個々の人間力を補うものが、組織力です。私の経験から言うと、一般的に個々の人間力では日本人はユダヤ人、中国人、パレスチナ人、インド人等より優れているとは言いがたいと思います。しかし、組織力を発揮すれば、それを充分補う事が出来ます。

そして、強い組織力を発揮するための要件は、
)上のものが責任逃れをせぬこと
)メンバーが自己中心的にならぬこと(助け合うこと)

)組織の理念と長中期の目標を共有すること

4)他の組織を公正に評価し、敬って活用し合うこと
等です。 本当は強いリーダーシップと言いたい所ですが、それを求めるのは今の日本では酷かもしれません。考えるに、今の世の中(理不尽な北朝鮮の指導部は全く問題外ですが)、上記の要件が蔑ろにされる傾向が強いです。
 

 要するに、危機に際してパニックに陥ったり、過剰反応を起こしたりしないためには、上記の人間力とそれを補う組織力を付けるよう日々研鑽する事が肝要だと思います。


山口実

AD

今日の東京新聞に掲題の社説が掲載されています。

 小学校での英語教育が世論に推されて、揺るがぬ流れとなっていること、一方で日本語の衰退も含めたいろいろな問題があることを指摘しています。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20060611/col_____sha_____001.shtml

 この問題は大変難しい問題で、一朝一夕には出来ません。母国語を考えれば、それがコミュニケーションの道具として毎日毎日繰り返して使われ、自然に身についたことに気付くでしょう。英語も同じように繰り返し使われなければ、上達はしません。

 以前も書き込んだと思いますが、小さい頃から英語に親しみ、英語をコミュニケーションの道具として、国際ビジネスに関わり、今大学で英語を教えているものとして、この問題を再度考えたいと思います。

A)基礎をしっかり学ぶこと。

 何年英語を勉強しても、上達しないのは基礎がしっかりしていないからです。

 では、その基礎とは何でしょう。

1)発音の基礎

 英語と日本語の発音の違いは明らかですから、その違いを早い段階で正確に学ぶことが不可欠で す。

2)聴く力

  発音の基礎がしっかりして、早くClearに音読できるようになれば、聴く力は飛躍的に伸びます。

 また、日頃からNatural Speedの英語を繰り返し聴いて慣れることも必要でしょう。

3)感性と想像力も、外国語を身につけるためには不可欠です。

4) 基礎文法の知識


  文章の構造が違うわけですから、その基礎的な知識は必要です。


B)言葉を学ぶ目的をしっかり持つこと


C)好奇心を持ち、知識を蓄積する意欲を持つこと

いろいろな物に興味を持ち、いろいろな知識の引き出しを持っていれば、それが日本語で得た知識でも、当然英語にも使えます。

今の教育体制では、上記のことが中学校で十分教えられていません。従い、小学校で教えるのは、更に困難であると危惧せざるを得ません。まずは、これらを教えられる先生や親の教育から始めるのが先ではないかと思量します。

時間が掛かるとは思いますが、私はそうしたことをカリキュラム化して、教えたいと考えています。

山口実