間一髪!

テーマ:

「ベビーカー挟んだまま発車 山手線、4カ月男児が軽傷」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007052490194311.html
 気付いて、非常ボタンを押した乗客は冷静で偉い!なかなかとっさの判断は出来ないものです。日頃から非常ボタンの位置は確認していた方が良さそうですね。
 だけど母親はどこにいたのでしょう。おや?!
 そして乗客は?!
 僕は何度か挟まれそうになった人をドアをこじ開けて助けたことがありますが・・・。小さな子供さんを連れた女性を他の乗客が助けてあげることも、とても大切なことですよね。

山口実

AD

武器よさらば!

テーマ:

拳銃を使用した悲惨な事件が相次いでいます。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20070418k0000m030110000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20070418k0000m030083000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070418k0000m040068000c.html
 その背景は、まだ解明されていませんが、拳銃が直ぐに手に入る世の中の悲劇と言えます。
 日本は米国より銃規制がしっかりしていますが、あるグループの人々は1人4丁ずつ持っているとの話もありました。これで武器輸出の規制を解いたり、海外派兵がどんどん進めば、日本の社会にも武器が溢れて行くと危惧します。
 私達に必要なのは武器ではありません。思いやりと優しい心です。

山口実

AD

盲導犬リチャード

テーマ:

 
盲導犬リチャード 2


盲導犬リチャード


 夢見るこども会議でとても感激したことがあります。
 それは、夢みるこども基金から九州盲導犬協会に贈られた盲導犬のリチャード君がとても可愛くて(多分猫の臭いプンプンの僕にも)、顔をペロペロしてくれたことです。
 こども達も言っていたけれど、こんなに人を助けてくれる動物達を、人間はもっともっと大切にしなければなりませんね。
 リチャードに触発されて、アクロス福岡前で地図を片手に迷っていた、ニュージーランドの老夫婦の方と息子さんとお孫さんを福岡市民会館まで道案内してあげました。
 動物が範を示してくれる「優しさのリレー」から、私達も多くを学びたいと思います。


山口実


明日はわが身

テーマ:

最近私は、「優しさのリレー」や「思いやりと互助の精神」と共によく「明日はわが身」と」言う言葉を使います。
 特に勇ましいことを口にする人々や思いやりのない人々とお話する時に申し上げます。全ての人が年を取り、病気になり、何らかの自然災害に遭うことを避けることが出来ないと思うからです。
 そのような中で不可欠なのは地域社会の中の互助の精神だと考えます。私はクウェートで互助が不可欠な状況に置かれたことがありますので、身に沁みてそう思います。
 毎日インタラクティブの近々片々に丁度「明日はわが身」と言う記事が載っていましたので、紹介します。
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/kinji/


山口実

「駐日米大使:従軍慰安婦は『強制的な売春』」

掲題の記事が毎日インタラクティブの掲載されています。
証拠を焼却した日本軍とそれを良いことに、軍の強制はなかったと言い放つ政府・与党。
従軍慰安婦や日本軍兵士の証言は多くあり、これらを否定することはやはり歴史を改竄することになります。
未来志向であるべき私達が過去の間違いを引きずることは、得策ではありません。被害者や被害者の家族の心を更に傷つけ、塩を塗るような言動は厳に慎むべきだと考えます。

山口実

献血に行こう

テーマ:

僕は34ヶ月に一度400CCを献血に行くのですが、下記のニュースが掲載されているのを見つけました。
「献血:初の500万人割れ 若者離れ加速」
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070310k0000e040064000c.html
うちのWifeのように血の薄い人もいらっしゃるとは思いますが、十分人助けになりますし、血の濃い人は時々抜いたほうが新陳代謝の促進にも良いですから、特に若い皆さんは明日にでも献血に行って下さい。
「このままでは、将来、必要な献血量が確保できなくなる恐れもある。」そうなので、どうぞ
宜しく!


山口実

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070301k0000e040099000c.html

 「遮断機が下りているのに気付き、慌ててブレーキをかけたが止まりきれなかった」トレーラーに普通列車が衝突、脱線して51人が怪我をすると言う信じられないような事故です。トレーラーの運転手は居眠りでもしていたのでしょうか。
 先日のバス事故と言い、運転手が過酷な条件で労働を強いられているのではないかと思われる事故が続いています。安全と過当競争や金儲けは両立しないようです。
 こんな悲惨な事故が起きる中で、負傷者がお互いに助け合ったと言うニュースに救いを感じます。特に高校生たちの助け合いは、他の生徒達の模範となるでしょう。
 事故や天災の時だけでなく、日頃からお互い助け合うことを心がけたいですね。


山口実