相手の痛みを思いやること

テーマ:

久しぶりにスポーツクラブで泳いでとても爽快な気分です。
 しかし、今朝の出来事はやはり心に引っかかっています。
 今日のサンデープロジェクトを見ました。怒りを通り越して、悲しくさえ思えました。
 能面の冷血女性評論家(失礼ながらいつも名前を忘ますーー魔界の人だからでしょう。)がまず「従軍慰安婦」と言う言葉にケチをつけましたた。従軍はなかったと言うわけです。
彼女は、「兵隊の相手をされた女性たちは本当に気の毒だと思う」と顔色も変えずに言いました。そして、「軍が強制的に関与した証拠はない。」とあの恐ろしい薄ら笑いを浮かべながら言い放ちました。これに対してサンプロのアホ司会者はそれに対する議論の時間を殆ど与えませんでした。
証拠が意図的に焼かれ、被害者の証言は信じず、被害者が年老いて亡くなって行けば、過去の間違いを隠蔽するのでしょうか。この問題は私達にとって決して愉快な問題ではありません。しかし、この問題を被害者の立場に立って真摯に反省し、負の歴史として記憶に刻んでおかなければ、国際舞台で主役を演ずることは出来ません。
「植民地や占領地の女性たちが意思に反して連れて行かれ、日本軍の将兵の相手をさせられたことは間違いない。」事実なのです。百歩譲って、それに直接手を貸したのが日本軍の意を汲んだ業者だとしても、被害者にとっては同じことですし、軍を威を借りた業者に植民地や占領地の女性たちが逆らえたはずもありません。ましてや、なんの強制もなく自分から進んで慰安婦となったとは考えようがありません。
 私のブログの心優しい読者の皆様には、ご自分の事として考えて頂きたいと思います。ご自分が「従軍慰安婦」だとして、「いやあれは業者がやったことで、日本軍がやったのではない。」と言われて納得ができるでしょうか。それも、しっかりした謝罪(1993年河野談話)の10数年あとで。
 今日の西日本新聞に「対応は河野談話を基本に 従軍慰安婦問題」と言う社説が掲載されていました。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/
独りよがりの内弁慶は、日本を国際社会から孤立させるだけです。
私が一生懸命支援しようとしている女性は、あんな冷血な人ではありません。もっと感情が細やかで、相手の痛みの分る優しい女性です。


山口実

AD

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20070302/20070302_017.shtml

今日の西日本新聞夕刊に掲題の記事を見付けました。
 以前から女性の社会進出に就いて書いてきましたが、この記事によれば、「下院(日本は衆院)または1院制議会に限れば、女性議員の比率が最も高かったのは前年と同じくルワンダで48・8%。次いでスウェーデン(47・3%)、コスタリカ(38・6%)と続いた。日本は前年の105位から6つ順位を上げ99位(9・4%)、中国は49位(20・3%)、米国は67位(16・3%)だった。」と言うことです。
 日本は189ヵ国中99位、米国も67位ですから、余り好位置にいるとは言えません。日米共にもっともっと女性が政界に進出すれば、戦争や対立がずっと減るのではないでしょうか。


山口実

AD

また、ぎりぎりで

テーマ:

1000Peace Womenの翻訳チェックを結局また期限ぎりぎりで始めました。でも今回は、慣れたので前回ほど苦労はなさそうです。
 世界には、現在の日本とは比べ物にならない程苦労して、女性の人権擁護や平和のために日夜活動している人々がいるのですね。日本の女性の皆さんも比較的恵まれた環境に埋没せず、もっと社会に出て活躍出来るよう、社会制度の充実に頑張って頂きたいと切望します。


山口実

AD

 「2008年の米大統領選挙における民主党候補の最新世論調査で、元大統領夫人で先の中間選挙で再選したヒラリー・クリントン上院議員が33%と最高の支持率を集めたことが分かった。CNNが実施した。 」「一方で、クリントン議員が大統領候補にふさわしくないと回答したのは27%。」

 前途多難かも知れませんが、ヒラリー・クリントン女史には頑張って欲しいですね。


山口実



掲題の記事が毎日インタラクティブに掲載されています。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061122k0000m040131000c.html

女性がもっと活躍できる社会を作ることが、日本が生き残る為の主要な命題の一つだと考えます。

その為のシステム作りが緊急且つ不可欠だと思量します。

それにして、世界で79位とは情けないですね。

山口実

掲題の記事が毎日インタラクティブに掲載されています。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061122k0000m040131000c.html

女性がもっと活躍できる社会を作ることが、日本が生き残る為の主要な命題の一つだと考えます。

その為のシステム作りが緊急且つ不可欠だと思量します。

それにして、世界で79位とは情けないですね。

山口実

掲題の記事がMSN毎日インタラクティブの今日の話題に掲載されています。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061026k0000m040076000c.html
「貧しい人は施しを求めていない。貧困は人為的に押し付けられたものだ。マイクロクレジットの目標は貧困の根絶で、融資さえ受けられない世界の3分の1の人々に当然の権利を与えることだ。」
 私の友人の片岡勝先生は「市民バンク」の代表として、女性の起業を支援しておられます。
http://www.p-alt.co.jp/bank/
 私は女性にもっともっと自分の正面に出て活躍して頂きたいと考えます。この世界を救えるのは、考える女性の皆さんだと確信しているからです。


山口実

掲題のニュースがCNNニュースに掲載されています。

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200610170004.html

男女別では、男性は「支持する」が40%、「反対する」が58%であるのに対し、女性は70%が「反対する」と回答し、「支持する」の28%を大幅に上回ったそうです。

米国では、女性の覚醒が顕著のようです。わが日本でも、女性に頑張って頂きたいと切望します。


山口実



女性の活躍

テーマ:

 今日は大学で部室廻りをしました。

 学外連携ホール活用のアイデアと希望を聴取し、企画・運用に生かすためです。殆ど飛び込みだったのですが、女子学生さん達が、結構真剣に聞いてくれて助かりました。

 最近私はお母さん方や若い女性の方々に、「私は女性のブレインになりますから、もっと積極的に世に出て活躍して下さい。」と申し上げています。男性社会は崩壊寸前ですから、この際女性にはどんどん活躍して頂きたいと考えています。

 まず、沖縄の糸数さんかな。


山口実

女性は強いですね。

http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006093090224441.html

政治の世界や実社会でももっともっと活躍して頂きたいです。

そう言う男性も頑張らねば。

まずは、2日未明(日本時間)の凱旋門レースでDeep Impactと武豊旗手に頑張って貰いたいです。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061001k0000m050084000c.html

でも、大勢押しかけたマスコミ関係者にはマナーを守って欲しいと思います。ヨーロッパでは競馬はとても上品なスポーツですからね。

We are waiting for the deepest impact!

山口実