出会い

テーマ:

 今日は北九州に「TOIEIC必勝法」の最後の講義に参りました。来年度からは他の活動をするため土曜の講義は今日でおしまいです。生徒の数は少なかったし、毎週新幹線で通うのも大変でしたが、皆さん一生懸命勉強してくれたので結構楽しみました。

 それに、途中でいろいろな出会いがあるのでこれも楽しみでした。

 今日は新幹線の中で、小さな男の子と大きな荷物を持った妊婦さんに会いました。2才くらいの男の子はとてもかわいらしくて僕の方を見てニッコリ微笑みました。(イラクのクウェート侵攻の時、助けてあげた松下さんの奥さんとお子さんを思い出しました。)

 それで、新幹線を降りた時、何とか重そうな荷物を持ってあげることは出来ないと思いその母子を見ていました。妊婦さんは、大きな荷物を置いてカメラを取り出しました。話すきっかけができたので、「写真を撮りましょうか?」と言うと、「子供が、新幹線が大好きなので写真を撮ってあげる。」との答えでした。そこで、子供さんの手を引いてあげて、お母さんが写真を撮る間待っていました。小さな手がしっかりと僕の手を握ってくれました。お母さんが写真を撮り終わった時、「僕、大学で教えています。荷物が大きいので出口のところまで、お持ちしましょう。」と言うと「有難うございます。」と快く僕の申し出を受けてくれたので、お手伝いすることが出来ました。

 その後、講義の時間に遅れていることに気がついて、教室まで走りました。蒸し暑かったので、汗をいっぱいかいたけど、何かさわやかな気持ちでした。


山口実

AD

 日清食品の安藤百福会長が逝去されました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070106k0000m040167000c.html
 チキンラーメンには受験生時代大変お世話になりましたし、彼のストーリーをビジネス英語の講義で使わせて貰ったこともあるので、謹んでご冥福をお祈りします。合掌。
 「食を通じて世の中の役に立つ」と言う企業理念とカップラーメンのアイデアや日清食品(日清製粉とは全く関係ない)と言うネーミングが会社を世界一の即席めんメーカーに押し上げたと思います。さすがに創業者はスゴイ!
 即席めんは主食にはなりえませんが、被災時には大変活躍しています。

 私は大学時代、海外遊学の資金稼ぎのためにお歳暮配りをした時、物凄く寒い夜にお客さんが出してくれた即席めんの味と暖かさ、極寒のカナダでクレーム処理を行った時にメンバーと一緒に食べた即席めんの味、それにイラク人質時代に差し入れで食べた賞味期限切れの即席めんの味、今でも覚えています。


山口実

 
 

AD

 今日のチャリティー・コンサートは多くの方の出席を得て、意義深い素敵なコンサートでした。

古い教会の施設をそのまま使ったので、ピアノは古いし、音響装置もないに等しい状態でしたが、そこはそれプロのシンガーとピアニスト。正に、上手は道具を選ばずでした。

 会場に来られた美しい人々。体調の悪い、私と家内に素晴らしいパワーを与えてくれました。

 また、このような素敵なチャリティーコンサートがやれたら良いと強く思いました。


山口実

AD

今日は、下記のレクチャー&コンサートに行ってきます。また、どんな出会いがあるかとても楽しみです。


                                   記


 生き方も選べず、権利も自由も何もなく、抑圧されたなかで労働するしかなかった黒人たちの生活の中で生まれた黒人霊歌は、彼らの魂の叫びそのものです。黒人霊歌研究の第一人者、小川洋司氏の解説により、国内ではこの分野で圧倒的な実績を誇るICU(国際基督教大学)OGC合唱団の哀切きわまる歌唱を交えながら黒人霊歌の深い世界を紹介します。


 日時 2006年10月28日(土)14:00開演
 会場 iichiko 音の泉ホール (大分市)
 出演 講師 小川洋司(ICU3期生)
    演奏 ICU OGC合唱団 (指揮:長谷川朝雄 ICU1期生)
 演目 Deep River
   Nobody knows the Trouble I've Seen 他
 料金 一般 2,000円   学生 1,000円
 主催 黒人霊歌レクチャー・コンサート実行委員会
(TEL 090-5723-7057) 

素晴らしいレース

テーマ:

 菊花賞、とても興奮しました。それにしても、凄いですね、ソングオブウィンドの差し足。私は武豊ファンなので、毎レース応援しているのですが、先行逃げ切り戦法を取ったのは初めて見ました。本当にExciting! しかも、差し切ったので武幸四郎騎手で、馬の名前もソングオブウィンド。一陣の風のように、ゴールインしました。

 幸四郎君本当におめでとう!やはり、努力は報われます。ガッツポーズが似合ってましたよ。


山口実

必然の偶然

テーマ:

 今日キャンパス内で二人の先生に思いながら歩いていると、その先生達にばったり会いました。
 一人はジャズ好きのK助教授で、山下洋輔さんのお友達。学生の部室を訪れた後、学術研究室の前を歩いていて、K先生に挨拶をしようと足を止めたら、K先生が玄関から出て来られました。
 もう一人は、大学のシンポジウム関係者O教授。T先生の講義のお話が出来たら良いなあと思いながら、歩いていたら、向こうから歩いて来られるのはO教授。自己紹介をして、シンポジウムの話などしていたら、前職の時の同じ部門の親しい先輩にOさん(苗字が同じ)と大学の同級生と言うことも分かりました。

 そして、早速Oさんの消息を前職の会社に務めている大のジャズファンの親友に電話で聞きました。親友は、休暇を取ってニュージーランドに出発する直前でした。その親友がO氏の会社の名前と携帯電話の番号を知っていました。電話しましたが、生憎不在。
 しかし、1時間後に、そのO先輩から電話がかかり、事情を説明したら「今T氏は目の前にいるよ。」と言われて愕然。

でも、後から考えるとこれは自分が一生懸命頑張っているから、神様が与えてくれた必然なのだろうと思います。

難しいことをGive Upせず頑張ること。そして一期一会を大切にすること。これらを再度肝に銘じようと思いました。


山口実

http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20061008/col_____sha_____002.shtml

いつもの通り、東京新聞の週の初めに考えるを紹介します。

世の中や報道の流れに押し流されず、自分の頭で考え、バランスの良い行動を取ることが、大きな力の源になると考えます。


山口実

 「アンケートで『ちょいワルオヤジ』という言葉について、78.1%が『知っている』と回答。『どういう知識やノウハウを持っているか 』(複数回答)との質問には、『お酒』が68.7%でトップ。『レストラン・バー』(61.2%)『海外経験』(37.8%)『音楽』(37.2%)などが上位を占め、幅広い教養があるイメージが強いことが分かった。」そうです。5年前までは資格十分だったようですが、今は音楽だけで、「ちょい良い親父」かなあ? 山口実

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061007k0000m020117000c.html

チョイ悪親父 3

一期一会

テーマ:

今日の昼に無事福岡へ帰って参りました。

でも、その足で小倉に英語を教えに行ったので、ちょっと疲れました。

一昨日は、35年来の親友のお家に泊めて貰い痛飲しました。

一昨日、昨日と物産の本社を訪れたくさんの友達や先輩や上司に会うことが出来ました。

また、昨日は尊敬する三井物産戦略研究所の寺島実郎所長にもお会いし、新刊の本とサインまで頂けました。感激!

所員の方々にミラクルバナナの支援もして頂けそうです。

昨日は大介プロデューサーとお会いできたし、大学の同窓会評議員会で懐かしい人々に会え、夜はjazz birdでミヨママや角松ファンのjaikoさんにも会って、誕生祝をして貰ったので、とってもハッピーなBirthdayでした。

明日は昨年同様、和白でのJリーグサッカースクールの手伝いに行きます。私は子供担当のリーダー役です。子供達のSmileが疲れを癒してくれることでしょう。

コツコツやっていれば、優しさの輪(和)が拡がります。

山口実


優しさの輪

テーマ:

 今日は直方に行ってきました。以前からご紹介しているもち吉さんのお店に国連ハビタット福岡事務所の募金箱を置いて貰えることになりました。まず、mainの10店舗位に置いて頂きますが、反響が大きければもっと増やして頂こうと考えています。

 それから、今お手伝いしているアジア英語学会国際大会で、もち吉さんにブースを借りて頂き、おせんべいを提供頂く事と、もち吉さんの紹介だけでなく、国連ハビタット福岡事務所の紹介もさせて頂く事を了解頂きました。

 帰りにもち団子村の写真を撮ってくるつもりでしたが、感激して忘れてしまいました。なので、以前も紹介した「もち団子村」の絵はホームページをご参照下さい。http://www.mochikichi.co.jp/index.html

 優しさの輪が、どんどん広がれば良いと思います。


山口実