生贄というと すごく血なまぐさい感じを連想しますが・・・
ティカル遺跡の2号神殿からにあった この絵をみると・・・・・・・。
なんか あまりに稚拙すぎて逆に笑えませんでしょうか(笑)


なんか 小学生の落書きみたいじゃないですか・・・・・。

で、次に これはどうでしょう・・・

工事現場みたいですね・・・。

ガァーーーッッ!って音が
聞こえてきそうです。

生贄の人は気持ちよく寝すぎて
死んでいるのに気がついてないの?



では これはどうでしょう・・・・。
ちょっと進化してるでしょ・・・・。
マヤ文明っぽいタッチになってきた



でもやっぱりよくみるとコミカルだ。
お腹から血の柱がはえています。
上に乗ってる鳥も愛嬌がある。
心臓をたべているのであろうか・・・。

で、また生贄の顔が間抜けにみえる。
これ一応 手足縛られていますね。

あと・・・・一番下にはかわいい
キャラクターがいる。ケロたん?

うーん・・・・・・。
みればみるほどチャーミング
残虐な感じがしませんね。


で、最後に・・・・。おっなんかすごく マヤっぽいぞ。
これまでのものが 落書きのように見えてきますよね・・・・。


でも実はこれもよくよくみると笑えます。
心臓を取り出している神官のオシリの下にいる人の表情がツボ!


★過去記事はこちら★

人気blogランキング
↑あなたの愛のクリックだけでANNAは癒されます。
AD
え?まだやるの?・・・誰もついてきてへんで・・・
もーええやん・・・・。

いや・・キリが悪い!やるなら最後まで ということで
今日で暦話は終了します。

今までの ツォルキンやハアブ暦は今日はでてきません。
忘れていただいて結構です!
あれは52年しか刻めないものなので 実際時代を特定するには不向きです。

で 今日は 長暦です。これきわめて単純です。数学の世界!

実はマヤの暦は 
紀元前3114年8月11日が初日!
そこから バカみたいに 1日ずつ数えるのが 長暦!!
でも それだと すごいケタになるので こういう考え方でまとめる。

長暦1

1日(1キン)
20 キ  ン=20日(1ウィナル)=1ヶ月
18ウィナル=360日(1トゥン)=約1年
20ト ゥ ン=7200日(1カトゥン)=約20年
20カ ト ゥン=144000日(1バクトゥン)=約400年
20バクトゥン=2880000日(1ピクトゥン)=約8000年

きた・・・また20進法だよ・・・・。
なんで マヤが20進法かわかる?
手の指と 足の指を足すと 20だからだぜ・・・・。
とっても自然なはっそうでそ・・・(笑)

長暦2

ちなみに 上記のように書けば 2002年 4月5日

ちなみに本日2004年 5月22日は 12. 19. 12. 05. 10. なのだ
(12バクトゥン19カトゥン12トゥン05ウィナル10キン)

ANNAは数学が得意なわけではない!
便利な暦のサイトがあるのよん→ ここでやってみて♪

ちなみに ずっと以前にもこのBLOGで書きましたが
13バクトゥンで人類は滅びます
西暦に直すと 2012年12月23日でございます。

★過去記事はこちら★

人気blogランキング
↑あなたの愛のクリックだけでANNAは癒されます。
AD
昨日からのエントリーに続いております。 マヤ暦の書き方・・。
今日は2回目の ハアブの書き方です。
マニアックすぎて だれもついてこれないかも・・・(爆)

さてさて 昨日のツォルキン暦は260日で1年ですが
今日の ハアブ暦は365日で1年と数える
とても私たちに親しみのある暦です。
この暦は ツォルキン暦と併記して応用し使います。

下記のように・・・
ハアブ1
1カーバン 0ポップ  2エツナブ 1ポップ   3カワク 2ポップ

の右横についてるのが ハアブ暦です。
ハアブは20進法(0から19まで)で 次に進みます。

ハアブ2
左側は キッブまで行くと 次は カバーンに戻ります
右側は ポップ19まで行くと 次の月のウオに進むんです。

頭いたいですか??

昨日も書いたように マヤの1ヶ月は20日なんです。
その月が 18あるわけです。
で 20×18=360日・・・・・・足りないじゃん・・・・・

あとの5日は 19番目の月 ウェヤブとよばれ
不吉な5日間とされました。

では最後に 19個の月の文字を 記しておきます。
ハアブ3
ポプ→ウオ→シプ→ソッツ→セック→シュル→ヤシュキン→
モル→チェン→ヤシュ→サック→ケフ→マック→カンキン→
ムアン→パシュ→カヤブ→クムク→ウェヤブ(5日の月)


★過去記事はこちら★
AD
今日は マヤ文字の読み方について・・・。
といっても シロートがマヤ文字を読もうなんてまぁ 無理な話ですが・・・
簡単に読めるものもあります。それは数字です!

しかし年代を 西暦で書いてくれていればわかりやすいですが
マヤの暦はちと 複雑。

以前にもご紹介しましたマヤの暦について 」とあわせて読んでいただけると
よりいっそうわかりやすいと思いますが 本日はツォルキン暦!

ツォルキン暦とは 1年を260日で計算する暦

なのです。

すごく乱暴な説明をしますと 1週間が13日あると思ってください。
そいでもって 1つの月が20日あると思ってください。
その組み合わせによって 表記されます。

マヤ暦

カーバン→エツナブ→カワク→アハウ→イミシュ→イック→
アクバル→
カン→チクチャン→キミ→マニク→ラマト→ムルク→
オック→チュエン→
エブ→ベン→イシュ→メン→キッブ→


13日(週)は 棒と点であらわされます。見れば規則がわかりますね。
棒=5 点=1で足していけば 数字がわかると思います。

で20日分の日がタコのような右側の文字です。
数字の部分は13までしかないので 14の代わりに1に戻っております。
20種類の絵が終われば 21日目は また始めの絵に戻ります。
このように 組み合わせがかわってくるわけです。

そいでもって 組み合わせが260通り
なので 260日=1年 と計算しているわけです。

おもしろいでしょ

★過去記事はこちら★
アイーン♪

誰が見ても
この画像にアフレコするならば
これがぴったりではないだろうか。

しかし残念!
こいつは球技をやっているのであって
変なおじさんではありません。
球技も命がけ、負けたら生贄ですから。

並行する2つの壁の間でゴム製のボールを手を使わずに腰や足なんかを使ってゴールするというもの、マヤの遺跡ではほとんど全部といっていいほど球戯場があります。

関連エントリー
◆10/30 痛いぞ・・・生贄(マヤ文明の生贄と球技について)
◆12/7 説明されてもわからない遺跡もある(球戯場です・・え?)
さて スペイン人がユカタン半島を征服し
原住民達から文化を奪っていきました。
マヤ文字も例外ではありません。
なので 現在もマヤ文字は完全に解読されているわけではないのだ。

キリスト教を布教させるためにやってきた修道士の1人、ティエゴ・デ・ランダは、数千の偶像、数百の土器、数十の石碑や祭壇を破壊するだけでは満足せず、書物の内容は嘘と悪魔的な迷信にほかならないと、巨大な焚き火のなかに貴重なマヤの写本を投げ込むよう命令した。 この破壊行為によって貴重なマヤ文明の資料は極端に少なくなってしまったのだ。

まじで愚か者です
i Que tonto ! ケ トント

いつの時代にもおるよね・・こういうドアホ

しかし奇跡的に 破壊を免れたものが・・
全て燃やされたはずの写本だが、現在4冊だけ残されているのだ。
『ドレスデン絵文書』『ペレシアヌス絵文書』『マドリード絵文書』『グロリア絵文書』となずけられています。

▲画像は 「ドレスデンコーデックス」より▲
さて 昨日紹介した
ポポル・ヴフ
キチェ族語で ポポル=共同
ヴフ=本を意味します。

旧約聖書の「創世記」によく似た天地創造から始まり、
スペイン人によって国家が
崩壊するまでを書いた聖典。
この聖典は グァテマラにあるチチカステナンゴという村にあるサント・トマス教会の一角から18世紀になって発見されました。

スペイン人によってキリスト教に改宗させられ、文化も言葉も奪われた マヤの民 キチェ族。このままでは自分たちの民族文化や遺産は消滅してしまうと危機感を持った数人が、ラテン語を習得した後に 逆にそのラテン語で民族の伝説や歴史を書き記しました。それは命がけの秘密の作業だったに違いありません。そしてその人たちは本を完成させ、サント・トマス教会に隠したというわけです。
グァテマラの高地で 今も生きるマヤの末裔キチェ族
キチェ族は 何世代も語り継いできた神話を持っている。
これがポポル・ヴフです。

内容は大きく別けると3部構成になっており、
第一部 世界の創造と大洪水の話
第二部 二代にわたる双子の英雄と死の世界との物語
第三部 キチェー族の歴史
    (トウモロコシから作られた4人の人間の話、数度にわた
     王国の英雄についての話)

なんか 聖書ににてますね。不思議です。
南米で栄えたインカ文明にも 中米で栄えたマヤ文明にも 洪水伝説ってあるわけです。ヨーロッパ人がアメリカ大陸を見つけるずーーと前に作られた神話でしょ。不思議ですよね 同じってのが・・。

アメリカ大陸の人々は シベリアと陸続きだった氷河期に ベーリング海峡を渡ったモンゴロイドらしいが、だからそういう伝説も移動した?

しかし洪水伝説は 氷河期の終了による海面上昇と、関係があるのだとか以前聞いたことがあるし・・・詳しい人 ヘルプです。
マヤの暦 第2回目でございます。
さて第一回目に書きましたが、
マヤは1ヶ月を20日で計算しました。

マヤ文明は20進法を使ってたんです。
私たちは10進法で数えますよね。
10で位があがります。
今日の画像はマヤの暦
カレンダーラウンドです。
クリックすると拡大できる。

この3つの歯車が1日ずつゴリっと矢印の方向に動くと考えてください。その接している部分がその日の暦になるという考え方なんです。

2重の歯車がありますね。小さな歯車は13日で1周し、外側の歯車は20日で1周します。ということは 全く同じ組み合わせは 260日に1回です。これがツォルキン暦(1年を260日で計算する暦)です。

右の歯車は ハアブ暦(365日を1年とカウントする暦)です。
3つの歯車が全く同じものをさすのは18980日に1回!すなはち 52年に1回です。
これは少し 前回にも触れたました。

しかし ハアブ暦とツァルキン暦で歴史を記録すると 52年に一回おんなじ暦が来てしまったら 時代の判別が困難ですよね。
そこで もう一つ 長暦というのがマヤにはあります。
紀元前3114年8月11日からの日数を数えるというとんでもない暦です。

1日(1キン)
20キン=20日(1ウィナル)=1ヶ月
18ウィナル=360日(1トゥン)=約1年
20トゥン=7200日(1カトゥン)=約20年
20カトゥン=144000日(1バクトゥン)=約400年
20バクトゥン=2880000日(1ピクトゥン)=約8000年


強烈に長い暦です。

じゃぁ 今日はマヤの長暦で 何日?
答→12.19.11.12.18 
(12バクトゥン19カトゥン11トゥン12ウィナル18キン)


しかし マヤ人は13バクトゥンで世界は滅びると考えていました。
それを西暦に直すと・・・・・・。

2012年12月23日

・・え”・・(゚д゚ )・・・・あと8年じゃん・・・。_| ̄|○

人気blogランキング
↑あなたの愛のクリックだけでANNAは癒されます。
今日の画像をご覧ください!これはカンクンから日帰りでいける非常に大きな遺跡
「チチェン・イツァ」という遺跡のシンボルともいうべきピラミッドでございます。
実はこのピラミッドには暦が仕込まれておるのでございます。

?Que? ケ (何それぇ?)

実はこのピラミッドは4方に91段ずつの階段があります。
4×91=364 最後の一番上の頂上を 1と数えて 365!!!

なぁ━━━━(゚○゚)━━━━んとぉ! 

偶然じゃないですよ。マヤ人は非常に天文学が優れていました。そんなこんなで暦の考え方も個性的!

実は マヤ人はハアブ暦(1年365日)ツァオルキン暦(1年260日)を組み合わせてつかっていたんです。

ハアブ暦は まず新年は 冬至の日からはじまります。太陽のが一番短い日か年の初めの日というわけです。でもって 1ヶ月は20日で数えますので18ヶ月 残り5日は太陽の力が一番衰える不吉な日 とされました。

で、 今一度 ピラミッドの画像をみてください。ピラミッドは9つの基壇が積み上げられている形ですよね。それを階段で2つに分けられている。
そこで 9段×2=18ヶ月!

うぉ━━━━(゚○゚)━━━━!なるほど 

あとですね。まだありますピラミッドマジック・・・。

実はハアブ暦(1年365日)ツァオルキン暦(1年260日)が それぞれ互いにリセットされるのは 52年に1度です!52年という周期はマヤでは非常に重要で この周期で石碑を建てるんです。

このピラミッドの基壇には四角い凹みのような模様があるが 1面に 52個あるのだ。

カレンダ━━━━(゚○゚)━━━━なんだ このピラミッド 

すげぇーーーー!!!!!!! 少し感動してくれた?