バナナ出荷で栄えたカリブ海の町 プエルト・バリオス。

ANNAには実は リビングストーンに渡るために立ち寄っただけの町
グァテマラ・シティーからは バスで5時間なのだそうだ。
バスは 青空市場の出るストリートの近くに着くわけですが
その頃はもう日が傾いておりまして ただだだっ広い道路の両側に
ぽつん ぽつん と店がある・・そんなさびしい風景しか記憶にない。

プエルトバリオス

リビングストーンの町への定期連絡船が一日に2便あるようだけど
時間が合わないので 10人のりのボートに乗りました。

ちなみに 何時になったら出発というのではなく、いっぱい集まったら出発!
みたいな ノリでした(本当は時間表があるのかもしれないが・・わからん)

船に乗った頃には すでに真っ暗!風景はまったく楽しめず・・・
しかし すごい数の星の下 暗闇をすごい速度でつっぱしるボートもよい!
風も気持ちがいい!!!

・・・・と思ったのは・・・・・はじめだけ・・・・

はねる はねる ぬれる ぬれる ジャンピングボート!

これはなにかの アトラクション? 

大丈夫?転覆しないのこれ・・・・。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

もうね 海の上のフライングカーペットを30分乗っている感じです。 
さすがに さむいって!!!
降りる頃には カリブ海泳いだのかい!みたいな 濡れ様・・・。

このボート 後ろ2列に乗ってはいけません!!!
まぁ 思い出に 強烈に残りますけどね 

うん!後になればいい思い出
AD
世界で一番美しいといわれる湖アティトラン。
標高が1560m という場所にあります。
それを楽しみに パナハッチェルという町に足を伸ばす。
どんな景色が私を受け止めてくれるんだろう!!
泣くほどきれいだったら どうしよう・・・。

期待に胸を膨らませておりました。 しかし・・・

_| ̄|(   ) ..........._| ̄|(┯_┯) くるっ

このありさまだ

_| ̄|〇、;'.ゲフォッ
なんですか? ( ̄▽ ̄ i) ここは琵琶湖?

まぁ しょうがない 雨が降ったりやんだりだったし。。
なにも前知識なくついてくるDANNAは
「で?ここの見所はなんなんですか?」と聞いてくる。

えーーと・・うーーん。( ̄_ ̄|||)

    マヤの先住民の暮らしかな・・・?


でも これは本当です。
カラフルなウイピルを着た女性は本当に魅力的です。

★過去記事はこちら★
本日海外生活リンク集 2件追加!!
AD

グァテマラには イサバル湖という湖があるが、その湖とカリブ海を結ぶドゥルセ川のクルーズが結構おすすめなのである。
ドゥルセクルーズをするには グァテマラシティーからバスで5時間 リオドゥルセという町に行けばOKです。
ANNAは逆に カリブ海のリビングストーンという町からドゥルセ川を逆にさかのぼり リオドュルセまでボートチャーターで行きました。

この流域は水鳥の宝庫でエコジャングルなんですね。
乗り合いボートで遊覧するのもいいけど ここはボートを借り切っちゃって ボートを走らせよう!本当に爽快なんですよ。日本で味わえません!
鳥たちと一緒に並んで飛んでる感じなんです。
すごく感動できます。もし自分の子供がいたらば 絶対ここに連れてきたい!
また 蓮が川一面に広がっていたり 水上集落で暮らしているマヤ先住民族達の生活も見ることができます。

途中には
 アグア・カリアンテ(温泉)
も沸いてます。

で、一番笑えるのが
川には道路標識がない!

しかし いろんな場所には
このような手書きの標識が(爆)



★本日も海外生活リンク集を更新しました
AD
トラックバックステーションのテーマは温泉。
うーーん 私のBLOGには取り上げにくい。
温泉=日本の風情!って感じだけど 温泉は日本だけのものじゃない!

ラテンにもあるんだよぉ 温泉。

グァテマラの デゥルセ川にも 温泉
aguas termales
アグア テルマレス

が沸いています。

入ることはちょっとできなかったですが
ボートの上から手だけ入れてみると 

おぉーーー!お湯だ!!温泉だァ!!!



外国の温泉で一番知られるのはドイツとかですかね。ローマ遺跡には昔から温泉があったというのは知られていますが・・・

ANNAが外国で温泉を体験したのは トルコのパムッカレという場所でした。
結構ぬるめのお湯です。で水着を着る。ちょっと冬は無理かな・・。大自然スパって感じだった。温水プールに近いかな。
   この画像はパムッカレです ↑
このパムッカレの景観を見ながらお湯につかるのは至福です。

でも やっぱり裸で入りたいのが日本人の心情!
ヨーロッパ系は 裸混浴っていうのもあるようですぞ。

ラテン圏に温泉を探してみると あった!!!
コスタリカの温泉(いきたい!!!)