1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月13日(日)

別れの 【鉄則】

テーマ:別れ方 別れる方法
別れの鉄則


別れ話の際、振る側も振られる側も、

暗黙のルールが存在すると思います。


彼氏彼女という関係の場合は、「なんでもあり」ではあります。

二股、浮気、無視、嘘の理由で振る、、、

酷い話ですが、社会的に人気がある人が、

「いや~、自分は過去は遊び人でしたよ~ 酷い男でした(笑)」

なんて言っても、誰も非難したりしません。

友人にそういうタイプがいても、だからといって友達関係を解消したり、

殴って「ちゃんとしろよ!」なんて青春ぽく熱くなる人もいません。


女性でも「もっと好きな人が出来てしまった・・・」と言えば、

悪女には見えませんが結局は「浮気」「二股」と同じようなものです。


夫婦でも同じです。

男女というのは、弱肉強食であり、理不尽

要素があるのは当たり前という

基本は存在します。

その基本を無視して、「きれいごと」を言うつもりはありません。

その基本の上で、振る側、振られる側が生まれる「別れ」で

こうあるべきというものがあります。


それは、


<振る側>

振る相手の性格を理解し、

出来るだけ「短期間で吹っ切れるように振る」

傷つけないようにとか、怒らせないようにするなどではなく、

少しでも早く立ち直り、新たな恋愛に迎えるように振るべきです。

それは相手の性格によります。

フェードアウトが適切な場合もあります。

会わない方が適切なこともあります。

振られる側からすれば、会いたいし納得できないことから、

それらを非常識と言いたいものですが、それは間違いです。


<振られる側>

自分の気持ちをぶつけることは間違いです。

それよりも、半年後、1年後に自分がこの恋愛を思い出した時に

自分を誇れるような対応をするべきです。

つまり殆どの場合は、未練がましくなく、

絵に描いたような

「さっぱりと、潔く、相手が罪悪感を感じるくらい」

理想的です。

復縁の可能性を最大に残す場合も同じ対応ですし、

吹っ切り、別れるとしても、

分かり易くてブレないスタイルを、最初から固めた方が楽です。


振られると、「どうして?」「もしかして?」という疑問が溢れ、

「伝えたい気持ち」が爆発する中で粘るので、

結果的にはブレブレでみっともない姿を示してしまうものです。

別れ際のイメージによって、

相手は「やっぱり別れて正解だった」と納得するだけではなく、

交際の思い出の半分が別れ際の「別れ話」になってしまいます。






 同様の悩みを抱え、ご自身 での解決が難しい方の3ステップ


 先ずは簡単に、【今の状況・悩み・目的】をお聞かせ下さい
  info@acyours.com

 お客様からいただいた「①」のメールに、ブログの著者本人か ら、必ずお返事差し上げます。
  ※内容に、「ブログを観た」とご記入ください。

 お客様の悩み、置かれている状況を正しく理解するために、いく つかやり取りさせていただき、
  一般 的なマニュアルではない、お客様のケースに合わせた解決策を導き出します。


◆ご相談される方の条件(1日でお返事できる限界があるため)
 ・22歳以上(社会人の方)
 ・込み入った悩みで、且つ、目的達成を絶対に諦めない方
 ・解決を急がないと、日々状況が悪化している方
AD
いいね!(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。