1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年04月25日(月)

別れた後 振られた後 より戻すための三島の教訓

テーマ:別れた 別れた後 やり直し
別れた振られた より戻すための三島の教訓



好きな彼氏、交際中の彼女と別れた後、振られた後、

それでもよりを戻すことを望まれるならば、

悩むのは出来るだけ短い時間にし、

他の時間は全て「よりを戻す為」に使うようにしなければなりません。

これまでのこの三島ブログでも繰り返しアドバイスしてきましたが

これは教訓として頭に叩き込んで頂きたいのですが、

「別れたくない」という発想を捨てることです。

よりを戻すことは、真っ暗なトンネルの中を歩くような

暗くて辛いイメージがあるかもしれませんが、

それは別れた後、振られた後に正しいプランが見えないまま

感情的にばかりなってしまうからです。

感情というのはフラフラと揺れてしまいます。

「どうしよう」「やっぱり」「もしかして」・・・

それでは一貫性のない対応となり状況が悪化する(彼氏や彼女からの

評価が悪くなる)だけではなく、温度差が生まれてしまいます。


人間関係において、もっとも悪いことは「空気が読めないこと」ですね。

容姿が良いのにモテない知人や友人、同僚はいませんか?

第三者からすれば、空回りしているように見えるものです。

今は何をしても逆効果になると気付いているけれど

彼氏や彼女のことを考える時間が一方的に増えてしまい、

伝えたいことや確認したいことがどんどん生まれたり、

さらに酷い場合は、過去の好き同士だった頃の思い出にふけり

その時の彼氏・彼女の言葉や約束を引っ張り出してしまったり。


より戻したい相手が彼氏彼女ではなく、

結婚している夫や妻でさえも、離婚話のときは

「夫だから」「夫婦なんだから」「結婚式で誓ったのに」など

権利に依存した姿勢では離婚してしまうことになるのに、

交際していただけの元彼氏・元彼女に、そのように接しては

完全に空気が読めない、空回りした人間にになってしまいます。


彼女と別れた後、彼氏に振られた後は、

「別れた」ことを受け容れて、「過去」と決別してください。


よりを戻したいならば、別れた後・振られた後に、

話し合いでなんとかしようとすることからシフトチェンジし、

早々に

元彼女、元彼氏とよりを戻す為の必要条件を知る

必要条件を実現させる手順

を具体的にイメージしましょう。


これは、大学受験勉強、仕事の企画、結婚披露宴の準備などと同じです。

別れた後や振られた後は感情的になってしまうものです。

普段は焦ったりしない人間も焦るものです。

本気で好きな人だからです。本気の恋をしているからです。

ですが、だからこそ後悔しないように本気で考えましょう。

衝動に身を任せていては、典型的な失恋で終わってしまいます。


より戻す為には、単純に気持ち新たに「口説く」というスタンスが必要です。

許して貰うとか、チャンスを貰うとか、昔を思い出して貰うことでもありません。


別れた後でもよりを戻す為の必要条件は幾つかありますが、

実現化する為に特に必要なことは、

あなたの反省点を修復・改善することでも、

彼女や彼氏に、あなたが「何を言う」「何をする」ではありません


復縁アドバイザーや復縁カウンセリング、占いなど、

よりを戻したい人向けのサービスはたくさんありますが、

彼らには彼氏や彼女の気持ちを変えることは出来ません。

もし別れた彼女・彼氏に他に好きな人が出来ていたら?

もし別れた彼女・彼氏が連絡も取りたくないなら?

それにどんな有効なアドバイスがあるでしょうか。ないですよね。


シンプルに考えてください。

一発逆転で、人の気持ちが変わる方法があれば、

世の中の誰もが知ってる「常識」になってるはずです。

そのような都合が良い方法はありません。

一発逆転でなくても、「こうすれば大丈夫」という方法があるなら

それも有名になっているはずです。

インターネットが存在してなくても、噂で拡散されているはずです。

自力で可能で、そして高確率でよりを戻せる方法。

それは存在しません。

ですが、世の中では「復縁」は今日もたくさん起きています

復縁カウンセリング・アドバイスは、

自分で出来ることをアドバイスするしかないので、

その殆どが逆効果となって終わってしまいますが、

私、三島の率いる熟練者集団のACGroupだけは違います。


20年以上の実績があるACGroupではより戻すための

復縁工作を提供していますが、その真骨頂は、

あなたへのハードルを下げることです。

遊びたい気分なら、誘うのは楽になりますよね?

暇だったら、誘うのは楽になりますよね?

機嫌が良い時なら、何かお願いするのが楽になりますよね?

友達同士、上司や同僚との関係でも、何か要求があるときは

相手のハードルの高さによって難易度は変わります。

テレビでもそうですよね?

リラックスして、心に余裕があれば普通に笑えてしまいます。

ですが、余裕がなければどうでしょうか?

友達も疲れていて応じてくれなかったり、

上司もあなたの提案に許可をしてくれないかもしれません。

テレビを観ていてもイライラして、出演者に嫌悪感をもつかもしれません。


シンプルなことなんです。

よりを戻したいなら、世の中で起きてる「復縁」という現象を手本として

同じ条件を作ることが正攻法であり、最善策です。


別れた彼女、彼氏の今の生活に影響を及ぼし、

こちらが望むように心理変化を行うことは、

調査員や特殊工作員と呼ばれる熟練者のコツコツ地道な作業で可能です。

これによってよりを戻す成功確率は飛躍的に上昇します。


そうしたプロの利用まで考えていないとしても、

自分自身にとって本気の恋ならば、

1%でも高い確率になれるように、別れ際でミスはしないことです。


どんな時でも、相手の立場になって考えてください。

あなたが何を言ってくるのか、どれくらい復縁したいのかなどは

相手は十分に理解しています。

1%でも可能性を高めたいのであれば、

「別れたけれど、良い人だったなぁ」と好印象になることが正解です。


助言というよりも、教訓としてお伝えします。

今の自分にどれだけの可能性が残されているのか知りたいだけでも、

ACグループは無料診断を提供していますのでご利用ください。








無料アドバイス・無料診断  3ステップ

 先ずは簡単に、【今の状況・悩み・目的】をお聞かせ下さい

info@acyours.com

 お客様からいただいた「①」のメールに、ブログの著者本人から必ずお返事差し上げます。
 ※内容に、「ブログを観た」とご記入ください。

 どんなに遅くとも24時間以内にお返事しておりますが、メールをお送りしても受信できなかったり、
  迷惑メールフォルダに処理される方が増えています。

  必ず、info@acyours.com から受信できる設定にしてください。

  アドレス帳に登録されて、こちらに空メールをお送りされるか、受信指定ドメイン設定をしてください。

◆ご相談される方の条件(1日でお返事できる限界があるため)
 ・22歳以上(社会人の方)



復縁 勝率1stアドバイス   離婚したくない   
略奪愛   既婚者 離婚させる   彼氏 離婚しない   離婚してほしい   










































AD
いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。