1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年12月07日(日)

カップル上手に早く別れさせる方法 夫婦との違い

テーマ:別れさせる方法
カップル上手に早く別れさせる方法 夫婦との違い


好きな彼に彼女がいる場合や、

別れた彼女に新しい彼氏ができた場合、

自分の大好きな人が、自分だけのことを見てくれない

最大の原因が他の誰かの存在による場合、

早く別れて欲しい・・・

と願うものです。

それを繰り返し念じていると、

段々と、「どうすれば?」「何をすれば?」と、

別れさせる具体策について考えてみるようになります。

カップルを、上手に早く別れさせる方法を探すようになります。


そのこと自体に罪悪感を感じる方もいますが、

もっと爽やかな漫画、ドラマや映画に出てくる、明るくて元気な

キャラクターがいると思ってください。

そのキャラクターが、

「絶対に負けないぞっ!諦めないで頑張る!」

というスタイルでいたら、それは酷い人に見えますか?

そうは思いません。

男女関係は契約ではないのですから、

好きになるのも、アピールするのも自由です。

どんな方法であろうと、その為に費やす「労力」「時間」は

自己責任
になるわけですから。


もし好きな人と駄目だったとき、その先の将来では

もっと素敵な人が出現したり、もっと大好きになれる人が

できるかもしれません。

しかし、

大切なのは「今」だと思います。

今を大切に、精一杯生きられない人は、

最高の未来など築けないと思います。

だから、本当に大好きだと思える「今」の気持ちを

大切にしてほしいですし、

全力を尽くして欲しいと思います。


カップルを上手に、早く別れさせる方法は、

夫婦を別れさせる場合よりは、「簡単」と思われがちですが・・・

統計で申しますと「その通り」です。

夫婦と違い、「恋愛感情」が2人を結ぶ殆どだからです。

夫婦の場合は、一緒の部屋にいたらストレスになるような

冷めた関係であろうと、別れない可能性の方が高いです。

結婚することで、目に見えるものでも、

目に見えないものでも大きな変化があるので、

離婚すると、「大きなマイナス効果」が大変だからです。


しかし、付き合って交際してるだけのカップルの場合、

財布が同じなわけではなく、

それぞれの血をひく子供がいるわけではなく、

別れることになっても、手続きや説明が必要なわけでなく、

「一緒にいて楽しい」「居心地がいい」

というようなメリットが崩れてしまえば早く別れさせることが出来ます。


好きという感情は大きければ大きいほど相手に対して「期待」となります。

片思いの時は、その期待が大きくても、

片思いだから自分自身納得ができるものです。

「メールの返事がない」

「素っ気ない」

「食事に誘ったけど断れた」

「友達を優先されて、会ってくれなかった」


なども、片思いの時は苦しいけれど、「不満」にはなりません。

しかし、両想いになり彼氏彼女という関係に納まると

相手がいることが当たり前になっていきます。

両方がそうならなくても、

片方だけでも、そういう風に感じるようになるものです。

彼氏だから・・・彼女だから・・・

といった権利のようなものがあると錯覚します。

本来であれば、それが素敵なことなんですが、

相手への感謝を忘れたりすれば、

相手の悪い所が気になったり、

ドキドキした初期の頃と比べてしまうものです。

「好き」という気持ちが、バロメータになるので、

もっと気になる人が出現したり、

一緒にいても面白くない、

休みの日に時間を作ってまで、会いたいと思えない、

等が起きれば大ピンチになるものです。


カップルを上手に早く別れさせる方法とは、

このような状況のどれかに導いてしまうことなのですが、

気を付けるべきこともあります。


例えば「浮気」というのは、

場合によっては、「久しぶりの刺激的な出来事」になりかねません。

カップルのそれぞれが、新鮮な気持ちを思い出させるような

ことになれば、その浮気相手は「逆効果」にしかなりません。

嫉妬することで、「やっぱり好きなんだなぁ」と思ったり、

他の異性に口説かれてることから、

「やっぱり良い男(良い女)なんだなぁ」と思ったり、

そうした再評価のキッカケになるような方法は駄目です。

また、年齢や価値観でも差があります。

一般的には、30歳近くになったり過ぎた女性になると、

好きという気持ちだけではなく、

「何年も交際した彼氏なんだから・・・」

「別れたところで、それ以上に良い男性と出会える保証がない」

というような妥協や打算で交際してることもあります。

男性の場合は、

自由人で、我儘で、自己中心的な方の場合は、

「好きになってくれる女性は多いけど、

自分の駄目なところを全て受け容れてくれていて、

一緒にいてこれ以上楽な女性は他にいないから」

という理由で本命の彼女となかなか別れない場合もあります。


別れさせる方法の具体的な内容を考える際には、

どこまで徹底的に行うのかも成功率に響きます。


いずれにしましても、別れさせるという行為は、

外部から何かすることで、その2人に問題を作ることです。

そのカップルが勝手に別れてくれるわけではないので、

何かを仕掛けていかなければなりませんが、

あなたが自分で出来る方法は殆どありません。

これは事実なので、残念ですが諦めてください。

あなたは当事者であり、最大の目的はその男性か女性から

好かれることのはずです。

ですから、別れさせる為にあなたが動けば、

その2人のへのダメージを作ることが出来たとしても、

それ以上にあなたが嫌われて終わってしまいます。

2人へのダメージよりも、あなたへのダメージが大きいので、

カップルが別れる前に、あなたの方が取り除かれてしまいます。

あなたが疑われれば、「嫉妬による攻撃」だと気づかれて

どんな暴露や噂を流すこともダメージ0になります。

正攻法では、もっと「惚れさせて奪う」になると思いますが、

それが出来ていれば今こうして悩んでおられないと思います。

こうした時は、上手に第三者を利用してください。


その2人がどんな部分を評価し合っているのか、

正しく推測し、そこを崩すことが

カップルを上手に、早く別れさせる方法の中でも、

成功率1st、究極の奥の手だと思います。


ミシマブログでは助言集を掲載させて頂いておりますが、

本当のミシマ式の無料アドバイスは、

どんな人なのかや、どんな状況なのかをお聞きして、

個別にお答えしているものですから、

今回の恋を諦めたくない方は、

一歩踏み出す為にも、私宛にご相談ください。

※私の名前を騙ったり、利用した偽のサイトが多いですので

ミシマの公式サイトはこのブログと、ACグループの公式サイトになりますので、

それらに掲載されてるお電話(フリーダイヤル)か、メールアドレスにお願いします。




同様の悩みを抱え、ご自身 での解決が難しい方の3ステップ


 先ずは簡単に、【今の状況・悩み・目的】をお聞かせ下さい< /font>。
info@acyours.com

 お客様からいただいた「①」のメールに、ブログの著者本人か ら、必ずお返事差し上げます。
 ※内容に、「ブログを観た」とご記入ください。

 お客様の悩み、置かれている状況を正しく理解するために、いく つかやり取りさせていただき、
  一般 的なマニュアルではない、お客様のケースに合わせた解決策を導き出します。


◆ご相談される方の条件(1日でお返事できる限界があるため)
 ・22歳以上(社会人の方)
 ・込み入った悩みで、且つ、目的達成を絶対に諦めない方












































AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。