1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月23日(土)

別れ話 切り出し方や離婚話 切り出し方

テーマ:別れたい
別れ話 切り出し方や離婚話 切り出し方


交際中の彼女や彼氏への、別れ話の切り出し方については、

正攻法となるのは、「容赦しない」です。

夫婦でもない、彼氏彼女という交際関係の場合は、

本来はどちらかが別れたいと切り出した時点で別れたことになります。

ですが、別れたくない側からすれば、

なんとかその関係を維持して、権利がある状態

話し合いによって愛情や反省、改善によって

別れたくないと心変わりしてほしいと思うものです。

本来は、別れを受け入れて少しでも良いイメージで一旦離れた方が

気持ちを取り戻せる可能性は高いのですが、

別れ話しを切り出された側からすれば、

会えなくなることや、あなたがフリーになって

別の誰かを好きになったり、交際することの方が怖いので

重くて堂々巡りの話し合いであろうと、

たまにしか返事がないメールであろうと、

「まだ別れてない」=「復縁の可能性が残ってる」

という姿勢になってしまうのです。

これは、ストーカー心理と似ています。

相手の気持ちよりも、自分の衝動欲求を優先させるわけですから。

相手からの何かしらの反応があると

自分の思考回路を何度も通わすことで

どんどん「もしかしたら!?」が膨らんでいき、

思い込みが始まります。

ですから、正攻法となる別れ話の切り出し方としては

「無視」が一番です。

取り付く島もないほどであれば、諦める人が殆どです。


家に来るかもしれない、会社に来るかもしれないと思うのであれば、

先に、きちんと「別れの理由」と、「粘られた時の対応」について

告知しておくことです。

例えば、

「好きと思えなくなったので別れます。
納得ができないかもしれないけど、決心は変わらないから、受けいれてください。
もう私から連絡することはないです」


というような毅然とした、迷いない別れ話だと理想的です。

もし、そうした別れ話でも応じてくれないような危ないタイプならば、

・ 親や友人の協力

・ 警察への相談


という対策方法を考えなければなりません。

それでも駄目だと思うような場合、

ストーカー対策の究極方法としてマスコミ評価も頂いております、

弊社の別れ工作といった伝家の宝刀も検討ください。


結婚してる旦那や嫁への離婚話の切り出し方については、更に慎重さが必要となります。

浮気や暴力DV、強度の精神病や、多額で秘密の借金といった

婚姻関係を継続しがたい事由がなければ、

法的には離婚拒否されたらまず離婚できません。


よく弊社にも、

「 相場以上の慰謝料を提示されて、離婚ができない」

「 育てられないくせに、子供の親権を要求されてきて、、、離婚できない」


とご相談が寄せられます。

これらは、金額や親権の問題ではないのです。

離婚を切り出された側の妻や夫は、離婚したくないけれど、

普通に離婚拒否することが悔しいから、

そうした無理難題を提示してきているだけで、

離婚に応じるつもりは最初からありません。


下手に切り出すと、財産分与に備えられたり、

あなたの両親に訴えかけたり、

共通の友人に相談されて、余計な情報が漏れたりします。

もしくは、浮気を疑われて監視や束縛が強まったり・・・


ですから、交際中とは違い、

離婚話を切り出す前から、旦那や嫁の抵抗する理由や度合いを正確に予想して、その上で具体策、成功策を

幾つか挙げてみて、その中から選抜するようにしなければなりません。


もし、子供の親権や財産、慰謝料請求を含めて、

一日でも早く、離婚したいと思われているならば、

どんな抵抗をされるのかなどを含めて、

一度弊社の無料相談をご利用されてみてください。


人生でもっとも価値が高い物(もの)は、「時間」だと思います。

少しでも、あなたの人生に、あなたが望む時間が増えるように

弊社に寄せられてくる多くの酷似した経験談であったり、

実際に試みた奥の手、伝家の宝刀の経験値が

あなたの明日を変える成功の鍵になり得ると思います。











同様の悩みを抱え、ご自身 での解決が難しい方の3ステップ


 先ずは簡単に、【今の状況・悩み・目的】をお聞かせ下さい< /font>。
  info@acyours.com

 お客様からいただいた「①」のメールに、ブログの著者本人か ら、必ずお返事差し上げます。
  ※内容に、「ブログを観た」とご記入ください。

 お客様の悩み、置かれている状況を正しく理解するために、いく つかやり取りさせていただき、
  一般 的なマニュアルではない、お客様のケースに合わせた解決策を導き出します。


◆ご相談される方の条件(1日でお返事できる限界があるため)
 ・22歳以上(社会人の方)
 ・込み入った悩みで、且つ、目的達成を絶対に諦めない方

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>