1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年07月19日(日)

既婚者の彼 略奪ズバッと解決法

テーマ:婚外恋愛 不倫 悩み
既婚者の彼 略奪ズバッと解決法



好きな彼氏が既婚者だからといって

諦められるわけではありません。

そして諦める必要もありません。


既婚者の彼氏を略奪愛し、不倫の悩みを

ズバッと解決できるように

これまでのミシマブログでは、

心構えや既婚者の彼の気持ちや、

略奪愛を成就させる解決法など述べてきました。


離婚率はどんどん高まっていて、

周りでも離婚経験があるバツイチの友人や同僚は

珍しくないと思います。

好きな彼氏が結婚しているからといって

諦める必要はないと思いますが、

だからといって、普通に不倫を続けていても

その達成率は1%、2%といったレベルが限界です。

それを10%、20%、、、と高める方法も鍵ですが、

そもそも達成率を高められるような彼なのかを

最初に見極めることも重要な鍵だと思います。


今回は、そうした

『 既婚者の彼が、略奪愛できるタイプか診断 』

について述べてみたいと思います。


例えばですが、口ばかりで軽いタイプなのに

奥さんとは若い頃から知り合いで歴史が古い、、、、

という場合は難易度は高いです。

実力以上に口が達者であることから、

具体的に叶えられるかどうかよりも、

自分の感情や虚栄心などの為に言葉を選んでいることと、

そうしたタイプなのに奥さんと長く一緒に過ごしてる場合

奥さんは彼の駄目なところも理解して受け容れてる

可能性が高いです。

男女として不十分でも家族として特別扱いな場合が多いです。


その他としては、

仕事に対して不真面目なタイプで、

出世欲など少なくて、お金にだらしないタイプの男性も

注意が必要かもしれません。

男性は女性から経済力を期待されるものですし、

多くの時間を過ごすのは会社(社会)ですから、

そこで向上心がない人間は、

プライベートで、女性に対して期待するものが多い場合があります。

征服欲を女性に向けてしまったり、

仕事で得るべき達成感や刺激まで

女性に向けてしまうことがあるので

飽きられることが早かったりします。

さらに、一緒になってからお金で苦労することも。

その他では、家族が複雑だった人も要注意です。

複雑だった人の多くが、

一般的な普通の家庭を夢見るようになりますが、

染みついた価値観に引っ張られてしまうことがあります。

家庭内暴力があったり、

ろくでなしの父母に育てられたりした人間が

同じように道を外れてしまう確率が高いことは事実です。

これはあくまで確率論の話なのですが、

宗教や職歴・学歴、容姿や服装、メイクなどと同じで

統計として参考になるものはあります。


そうでなくても、結婚すると家族同士が繋がるので

家族関係や兄弟関係が正常なのかは確認するべきです。


あとは、1人で過ごす時間の割合も要注意です。

男性は一人で過ごす時間も必要なもので、

よく「隠れ家」や「書斎」など欲しがります。

しかし、1人で過ごす時間が多過ぎる人は、

家族と過ごす時間をストレスに感じたり、

妥協や協力が苦手なこともあります。

が、1人で過ごす時間が少ない人も厄介です。

男性は仕事に打ち込むから大黒柱になれます。

常に誰かと過ごしたいという寂しがり屋は

本来は女性が持つべき特性ですし、

女性が子供を作った時に、

子供に嫉妬したり、居場所を失ったと感じて

他の女性と浮気したりする傾向があります。


既婚者の彼との略奪愛を叶えるためには、

自力では駆け引きをしていくしかないと思います。

その中で、

「好きって言われた!」
「旅行に連れていってくれた」
「友人に紹介してくれた」


といった出来事があったとしても、

その既婚者の彼がどんなタイプの方なのかによって

達成率が本当に高まったのか、

それともまったく高くなっていないのか違ってきます。


同じ言葉だとしても、

その言葉に対して責任感をもつタイプなのかどうかで違います。

多くの時間を一緒に過ごしてるとしても、

仕事や友人といった要素が薄い為だけだったりします。


このように、その人の性質によって略奪愛の達成率は異なります。


良くも悪くも、知ることは「第一歩」です。

私宛にメールを頂いても無料アドバイスを提供していますし、

ACグループの窓口でも同様に彼の診断と、

略奪愛の達成率について無料アドバイスしています。






同様の悩みを抱え、ご自身 での解決が難しい方の3ステップ



 先ずは簡単に、【今の状況・悩み・目的】をお聞かせ下さい

info@acyours.com

 お客様からいただいた「①」のメールに、ブログの著者本人か ら、必ずお返事差し上げます。
 ※内容に、「ブログを観た」とご記入ください。

 お客様の悩み、置かれている状況を正しく理解するために、いく つかやり取りさせていただき、
  一般 的なマニュアルではない、お客様のケースに合わせた解決策を導き出します。


◆ご相談される方の条件(1日でお返事できる限界があるため)
 ・22歳以上(社会人の方)
 ・込み入った悩みで、且つ、目的達成を絶対に諦めない方












































AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇