そんなことより恋をしろ

『映画を観るよりもお前は恋をしろ恋を』
…そんな感じのブログです。


テーマ:
※※※ 注意 ※※※

 「シネマ報告書」には、映画の内容や核心・結末に触れる、いわゆる“ネタバレ”が多分に含まれております。

 これから観ようと思っている方は、本報告書の内容についてご理解のうえ十分注意してお読みください。

「『シネマ報告書2017』の掲載にあたって」

 
韓国製“泣ける”ゾンビ映画の佳作
★★★☆
(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

 

(2016年/韓国/118分/Train to Busan) 
 
【 監督 】
ヨン・サンホ

 

【 出演 】
コン・ユ
キム・スアン
チョン・ユミ
マ・ドンソク
チェ・ウシク
 

 

【あらすじ】

 

 仕事優先で家庭を顧みず妻と別居状態のソグは、一人娘のスアンを釜山に住む妻のもとに届けるため、ソウルから高速鉄道KTXに乗り込む。

 しかしその車中で、人間を凶暴化させるウイルスに感染した女性が次々と乗客に噛みつき、瞬く間に乗客が凶暴化、車内はパニックに陥る。

 謎のウイルスで国内は大パニックとなりKTXを停車させることができない状況の中で、KTXは釜山まで暴走し続ける―

 

 

【コメント】

 
 さて今回は、前に劇場の映画チラシから「お、これはちょっと面白そうだな」と気になっていた本作を鑑賞。

 もともとゾンビ映画が大好物の僕だったし、何やら国際映画祭でもかなりの絶賛ぶりだったようで、ゾンビ好きの僕がコレを観ないわけにはいかないだろうと、夜の「MOVIX昭島」に足を運んだ次第です。

 

 

(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

 

 

韓国製“泣ける”ゾンビ映画の佳作

 

 いや~面白かった!プロローグからクライマックスまで怒涛の展開、韓国映画には珍しいゾンビものに、お得意の泣ける要素をふんだんに盛り込んだ、昨今のゾンビ映画では佳作の部類に入る上出来な作品だったと思います。

 作りでいけば、既存のゾンビものに「ウォーキング・デッド」に習ったような人間ドラマや泣ける要素を盛り込んだ、昨今の流行?である“泣けるゾンビ”映画に仕上がっているわけですが、本作の面白さは大陸を突っ走るKTXという高速列車内で繰り広げられるというクローズな舞台で展開されるというところ。KTX乗車から、クライマックスの下車・乗り換えまでまさにジェットコースター、クライマックスのゾンビの津波は『ワールド・ウォーZ』を彷彿とさせる場面でしたね。

 パニック状態の中で繰り広げられる乗客同士の疑心暗鬼な場面や、ゾンビに立ち向かう仲間たちが次々と餌食になっていくヒーロー的な展開などドラマチックな場面も多く、クライマックスはしつこいくらいの泣ける展開が待っています。

 ゾンビならではのホラー要素はとてもライトな仕上がりなので、グロ苦手ホラー苦手な人でも十分に楽しめる映画だと思います。

 

 

タイトルどおり邦画でも出来たはず

 

 韓国映画では珍しい良作のゾンビ映画でしたが、本作のこのディテールは邦画でも出来たのではないかと。なんせタイトルが“新感染”ですからね。十中八九、日本の“新幹線”を意識したタイトルです。

 本作のような新幹線で繰り広げられるゾンビパニックものは、まさに日本ならではの設定だったというのに、韓国映画に先を越されてしまった邦画界は一体何をやっているのか。胸キュン映画で小銭を稼いでいる場合じゃないぞ。

 そんな日本映画も、昨年の『アイアムアヒーロー』で、やっと及第点をあげられるレベルのゾンビ映画を作ることができたので、日本のゾンビ文化はまだまだこれからというところですかね。

 

 

本作の前日譚『ソウル・ステーション パンデミック』9/30公開

 

 そんなわけで、久々に面白かった韓国製ゾンビ映画だったわけですが、間髪入れずに本作の前日譚となるアニメーション映画『ソウル・ステーション パンデミック』が9/30に劇場公開されます。

 

https://pandemic-movie.com/

 

 

 いわゆるエピソード0的位置付けの映画をアニメで描くというアイデアも面白いし、なかなか韓国製アニメというのもお目にかかれないので、本作が気に入った人ならば観ておいて損はないと思いますよ。

 

 

(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

 

 

【2017年度 Myランキング】(9/9時点)

 

 本作は、本年度の次点にランクイン。

 観たい映画が溜まってきた。

 

(ベスト)… ★★★☆以上が基準

 

  1位:沈黙 -サイレンス- ★★★★☆

  2位:愚行録 ★★★★

  3位:帝一の國 ★★★★

  4位:ハクソー・リッジ ★★★★

  5位:ジョン・ウィック:チャプター2 ★★★★

  6位:パージ:大統領令 ★★★★

  7位:チア☆ダン ★★★★

  8位:暗黒女子 ★★★★

  9位:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス ★★★★

 10位:銀魂 ★★★★

  次点:メッセージ ★★★☆

     おじいちゃんはデブゴン ★★★☆

     新感染 ファイナル・エクスプレス ★★★☆

 

  (ワースト)… ★★☆以下が基準

 

  1位:無限の住人 ★☆

  2位:グレートウォール ★★

  3位:トリプルX:再起動 ★★☆

 

 

<その他ランク外一覧>

本能寺ホテル新宿スワンⅡザ・コンサルタントドクター・ストレンジマグニフィセント・セブンサバイバルファミリーナイスガイズ!咲 -Saki-お嬢さんラ・ラ・ランドスレイブメン特捜部Q PからのメッセージSING シングキングコング 髑髏島の巨神パッセンジャームーンライトゴースト・イン・ザ・シェルハードコアイップ・マン 継承バーニング・オーシャンRANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編フリー・ファイヤースプリットブレア・ウィッチミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちドラゴン×マッハ!22年目の告白-私が殺人犯です-NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲームレイルロード・タイガーTAP THE LAST SHOW忍びの国パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊人魚姫破門 ふたりのヤクビョーガミカーズ クロスロードモアナと伝説の海東京喰種 トーキョーグールジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章ザ・マミー 呪われた砂漠の王女スパイダーマン:ホームカミングトランスフォーマー 最後の騎士王ペット 檻の中の乙女ワンダーウーマンスキップ・トレース哭声 コクソン

 


 

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の公式サイトはこちら

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 
映画 ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まどかっつさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。