【若紫91-3】古文単語「心劣り」☆ | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)
新型コロナウイルスに関する情報について

【若紫91-3】古文単語「心劣り」☆

右矢印イラスト訳を初めから読む

古文単語には、

チェックボックス1.とにかく丸暗記して覚える

チェックボックス2.漢字イメージで覚える

チェックボックス3.文脈判断で決める

などの覚え方があります。

 

今回は、対義語とともに覚える古語☆

 

【今回の源氏物語】

うち笑ひ

うちつけなる御夢語りはべるなる尋ねさせたまひ御心劣りさせたまひべし。…」

   サゲサゲ↓

今回のイラスト訳はこちら

 

――――――――――――
今回出てきた古文単語
――――――――――――

■【うち笑ひ】…ハ行四段動詞「うち笑ふ」連用形

※【うち笑ふ】…ほほ笑む。にっこり笑う

■【て】…単純接続の接続助詞

■【うちつけなる】…ナリ活用形容動詞「うちつけなり」連体形

※【うちつけなり】…唐突だ

■【御―】…尊敬の接頭語

■【夢語り】…夢で見た話

■【に】…断定の助動詞「なり」連用形

■【ぞ】…強意の係助詞

■【はべる】…ラ変動詞「はべり」連体形

※【はべり】…丁寧の補助動詞(僧都⇒光源氏)

■【なる】…推定の助動詞「なり」連体形

■【尋ね】…ナ行下二段動詞「尋ぬ」未然形

※【尋(たづ)ぬ】…さがし求める。訪ねる

■【させたまふ】…~なさる。~あそばす二重尊敬

※【させ】…尊敬の助動詞「さす」連用形

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(僧都⇒光源氏)

■【ても】…~ても逆接仮定条件

※【て】…単純接続の接続助詞

※【も】…強意の係助詞

■【御―】…尊敬の接頭語

■【心劣り】…幻滅

■【せ】…サ変動詞「す」未然形

■【させたまふ】…~なさる。~あそばす二重尊敬

※【させ】…尊敬の助動詞「さす」連用形

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(僧都⇒光源氏)

■【ぬべし】…きっと~だろう。~に違いない

※【ぬ】…強意の助動詞「ぬ」終止形

※【べし】…推量の助動詞「べし」終止形

 

今回は「ぬ」にも注意しましょ♪

「重要古語一覧」もご参照ください。
 

 

―――――――――――――――
☆ 本日の古文単語「心劣り ☆

―――――――――――――――

うち笑ひて、

「うちつけなる御夢語りにぞはべるなる。尋ねさせたまひても、御心劣りせさせたまひぬべし。…」

 

問)次の傍線部の説明として最も適当なものを1つ選べ。

 

1.きっとがっかりなさるだろう。

 

2.きっと失恋なさるだろう。

 

3.きっと逢えないだろう。

 

4.きっと悔しいにちがいない。

 

5.きっと病気になるにちがいない。

 

古文読解のためには

次の3つの知識が必要です。

   下矢印

古文単語をきっちり覚える

古典文法を押さえる

古文常識を理解する

 

 

この【重要古語】カテゴリでは

今回出て来た『源氏物語』の一語一語を

詳しく解説しつつ、

 

特に今回注目したい古語をピックアップして

詳しく解説しています。

おねがいおねがいおねがい

 

 

 

今回の古語はこれ☆

ニコニコ下矢印

【心劣り(こころおとり)】

【名詞】
…予想したよりも劣っていると感じられること。幻滅


(※『全訳古語例解辞典』小学館 より)

  

 

 

「心劣り」という漢字の語感から想像すると

明らか、マイナス・イメージですよね!

 

笑い泣き

 

ですが――

 

 

選択肢全部、

マイナスイメージ

やないかーい!

 

ゲローゲローゲロー

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう場合は

対義語を想定すると、

 

イメージが確定しやすいと思います。

 

 

 

「心劣り」対義語は、

心勝さり(こころまさり)」です。

 

【心勝さり(こころまさり)】

【名詞】
①予想していたよりも実際の方がまさって感じられること

②外見よりも、心がしっかりしていること


(※『全訳古語例解辞典』小学館 より)

  

 

 

そういえば、

昼間に光源氏僧都の屋敷を垣間見たとき、

 

 

まだ見ぬ自分の容貌を賞賛されていたのに対し、

 

 

予想に反して、自分が見劣っていたとしたら、

それが「心劣り」です。

 

 

 

今回の僧都も、

この時の光源氏と同じような心情だったのでしょう。

 

 

――あの、病気の妹(尼君)のことかな…?

 

あんな、いつ死ぬか分からない尼さんに恋慕しても

しかたがないよなぁ…;;

 

…などと思っていたのかな…?

 

ニヤニヤおいで

 

 

 

 

――まさか、まだ十歳にも満たない少女に恋慕してるなんて、思いも寄らなかったことでしょうね;

 

びっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】…

   

【若紫(第2章)】の一気読みはこちら⇒

 

 

【今回の源氏物語】

うち笑ひ

うちつけなる御夢語りはべるなる尋ねさせたまひ御心劣りさせたまひべし。…」

 

過去記事リンク

うち笑ふ

て(接続助詞)

うちつけ

おほん(御)

夢・夢合ふ

に(識別)  「に」識別②

ぞ・ぞや

はべり

なり(識別)

係り結びの法則

たづぬ(尋ぬ)

させたまふ  させたまふ②

たまふ  たまふ②

ても

せ(識別)

す(サ変動詞)

ぬべし

 

重要古語【あ】【い】【う】【え】【お】

重要古語【か】【き】【く】【け】【こ】

重要古語【さ】  ■【し】【す】【せ】【そ】

重要古語【た】【ち】【つ】【て】【と】

重要古語【な】  ■【に】【ぬ】【ね】【の】

重要古語【は】  ■【ひ】【ふ】【へ】【ほ】

重要古語【ま】【み】【む】【め】【も】

重要古語【や】【ゆ】【よ】【ら】~【を】

【文法・識別】  ■【勉強法・過去問】 ■【古文常識

 

ーーーーーーーーーーー

→今回のイラスト訳はこちら

→今回のイラスト解釈はこちら