【若紫90-3】古文単語「夢」☆ | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)
新型コロナウイルスに関する情報について

【若紫90-3】古文単語「夢」☆

右矢印イラスト訳を初めから読む

古文単語には、

チェックボックス1.とにかく丸暗記して覚える

チェックボックス2.漢字イメージで覚える

チェックボックス3.文脈判断で決める

などの覚え方があります。

 

今回は、現代語から意味を膨らませる古語☆

 

【今回の源氏物語】

ここものしたまふにか尋ねきこえまほしき見たまへかな今日なむ思ひあはせつる

聞こえたまへ

   サゲサゲ↓

今回のイラスト訳はこちら

 

――――――――――――
今回出てきた古文単語
――――――――――――

■【ここ】…この場所。僧都の僧坊のこと

■【に】…場所の格助詞

■【ものしたまふ】…いらっしゃる

※【ものす】…代動詞。ここでは「あり」の意

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(光源氏⇒尼君や若紫)

■【は】…とりたての係助詞

■【誰(たれ)】…だれ

■【にか】…~であろうか

※【に】…断定の助動詞「なり」連用形

※【か】…疑問の係助詞

■【尋ね】…ナ行下二段動詞「尋ぬ」連用形

※【尋(たづ)ぬ】…さがし求める。尋ねる

■【きこえ】…ヤ行下二段動詞「きこゆ」未然形

※【きこゆ】…謙譲の補助動詞(光源氏⇒若紫たち)

■【まほしき】…希望の助動詞「まほし」連体形

■【夢】…睡眠中に見る夢

■【を】…対象の格助詞

■【見たまへ】…拝見する

※【見】…マ行上一段動詞「見る」連用形

※【たまへ】…ハ行下二段動詞「たまふ」連用形

※【たまふ】…謙譲の補助動詞(光源氏⇒若紫)

■【し】…過去の助動詞「き」連体形

■【かな】…詠嘆の終助詞

■【今日(けふ)】…今日。この日

■【なむ】…強意の係助詞

■【思ひあはせ】…サ行下二段動詞「思ひあはす」連用形

※【思ひあはす】…思い当たる

■【つる】…完了の助動詞「つ」連体形

■【と】…引用の格助詞

■【聞こえ】…ヤ行下二段動詞「聞こゆ」連用形

※【聞こゆ】…「言ふ」の謙譲(作者⇒僧都)

■【たまへ】…ハ行四段動詞「たまふ」已然形

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(作者⇒光源氏)

■【ば】…順接確定条件の接続助詞

 

今回は「し」にも注意しましょ♪

「重要古語一覧」もご参照ください。
 

 

―――――――――――――――
☆ 本日の古文単語「夢 ☆

―――――――――――――――

「ここにものしたまふは、誰れにか。尋ねきこえまほしき夢を見たまへしかな。今日なむ思ひあはせつる」

と聞こえたまへば、

 

問)次の傍線部の説明として最も適当なものを1つ選べ。

 

1.その娘のことを問いただしたいというはかない願いをお持ちしたのですよ。

 

2.その娘を訪ねたいというはかない願いをお持ちしたのですよ。

 

3.その娘を探し出していくに違いないという夢を拝見いたしましたよ。

 

4.その娘をお尋ね申し上げて結婚したいという夢を拝見しましたよ。

 

5.その娘のことを誰かに尋ねなさるような夢を拝見いたしましたよ。

 

古文読解のためには

次の3つの知識が必要です。

   下矢印

古文単語をきっちり覚える

古典文法を押さえる

古文常識を理解する

 

 

この【重要古語】カテゴリでは

今回出て来た『源氏物語』の一語一語を

詳しく解説しつつ、

 

特に今回注目したい古語をピックアップして

詳しく解説しています。

おねがいおねがいおねがい

 

 

 

今回の古語はこれ☆

ニコニコ下矢印

【夢(ゆめ)】

【名詞】
①睡眠中に見る夢

②(転じて)比喩的に、夢のようにはかない出来事


(※『全訳古語例解辞典』小学館 より)

  

ここでは、光源氏が「夢に見た」という意味で

①の現代語に通じる意味に他ならないですよね。

 

 

ですが、

この連語を知っておくと、どうでしょうか…?

 

【夢合ふ(ゆめあふ)】

【連語:名詞+動詞】
…夢が現実となる。夢に見たとおりになる


(※『全訳古語例解辞典』小学館 より)

  

 

「夢が―現実のものとなる」

 

この文脈で古文を見ると――

   下矢印

「ここにものしたまふは、誰れにか。尋ねきこえまほしき夢を見たまへしかな。今日なむ思ひあはせつる

 

 

――光源氏は、

どういう夢を、現実のものとしたかったのでしょうかね?

 

てへぺろブー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】…

   

【若紫(第2章)】の一気読みはこちら⇒

 

 

【今回の源氏物語】

ここものしたまふにか尋ねきこえまほしき見たまへかな今日なむ思ひあはせつる

聞こえたまへ

 

過去記事リンク

に(助詞)

ものしたまふ・ものせらる

ものす

は(係助詞)

たれ(誰)

にか

たづぬ(尋ぬ)

きこゆ

まほし(助動詞)

を(格・接続助詞)

見たまふ

見る

たまふ  たまふ②

し(識別)

かな(詠嘆)

なむ①  なむ②

思ひあはす

つ(助動詞)

係り結びの法則

と(格助詞)

たまふ

ば(接続助詞)

 

重要古語【あ】【い】【う】【え】【お】

重要古語【か】【き】【く】【け】【こ】

重要古語【さ】  ■【し】【す】【せ】【そ】

重要古語【た】【ち】【つ】【て】【と】

重要古語【な】  ■【に】【ぬ】【ね】【の】

重要古語【は】  ■【ひ】【ふ】【へ】【ほ】

重要古語【ま】【み】【む】【め】【も】

重要古語【や】【ゆ】【よ】【ら】~【を】

【文法・識別】  ■【勉強法・過去問】 ■【古文常識

 

ーーーーーーーーーーー

→今回のイラスト訳はこちら

→今回のイラスト解釈はこちら