欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 昨日の「Wahoo!スポーツ」は雑誌メディアに似せて書いた創作ですが、こちらは現実のイラン球界についてのお話です。イラン野球・ソフトボール連盟(IBSA)が、このたび連盟の新しい人事を発表しました。


 1993年に発足した、野球、ソフトボール、クリケット、ラグビーユニオンの4競技の管轄組織を前身とするIBSAは、2010年から野球とソフトボール部門が分離独立して誕生した若い連盟。世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)、国際野球連盟(IBAF)、国際ソフトボール連盟(ISF)、アジア野球連盟(BFA)、そしてイランスポーツ協会の一員となっています。今回退任するハミド・レザ・アセミ前会長に代わる新会長には、アリレザ・アディブ氏が就任。副会長にはマニゼー・ハッサニア女史が選出されました。彼らを実務面で支える専務理事には、キーヴァン・サファヤン氏が留任しています。


 野球イラン代表は、これまで1999年、2006年、2012年の3度のアジアカップに出場。このうち、パキスタンで開催された2012年大会では、銅メダルを獲得しています。一方、女子ソフトボールのイラン代表は2009年にマレーシア・クアラルンプールで開催された、第4回U-19アジア女子ソフトボール選手権に出場し、この大会で国際大会デビューを果たしました。野球のフル代表の監督にはメヘルダッド・ハジアン氏が留任。ユース代表の監督には今年から、ベースボールブリッジが推薦した日本人指揮官、色川冬馬氏が既報の通り就任することが決まっています。


 1994年から毎年開催されている国内選手権は、2010年の組織再編を機に国内リーグへと発展的に解消。現在は南北両地区に5球団ずつ、計10球団が所属しています。昨シーズンは首都テヘランを本拠地とする北地区のテヘラン・アザラクシュが、決勝で南地区のイスファハン・パワーを15-2で破り、リーグ戦移行後初となる2度目の国内タイトルを獲得しました。


 実は西アジアカップに関しては、パキスタンで2年続けて行われた昨年度の大会にも、イラン代表は当初の段階では出場予定でした。しかし不運なことに、大会に向けての準備を進めなければならない時期に連盟の会長選が重なってしまい、結果的に政治空白が生まれてしまったことから、泣く泣く出場を取りやめるハメになったという報告を現地からは受けました(アジアカップには結局パキスタン、スリランカ、アフガニスタン、ネパールが参加)。アディブ新会長以下の新しい連盟幹部たちには、現在のイラン代表にとっての貴重な国際大会の場であるアジアカップに向け、イラン球界全体をもう一度立て直す働きが求められることになります。


 ベースボールブリッジのイラン会員でもある、イラン代表のアミール・カーリグ・サケット投手によれば、マイナースポーツの1つに過ぎない野球の現状に革命的な変化を起こし、西アジアを代表する野球強豪国へと成長しようというムードが、現在のイラン球界には出てきているんだとか。もちろん、自分たちベースボールブリッジの活動においてもその目標は共通しています。新しい連盟の下でのイラン野球の発展を願うとともに、そこに実際に関与する団体としてもできる限りのサポートを続けていこうと思います。


ソース一覧

http://www.wbsc.co/new-leadership-appointed-to-the-iranian-baseball-and-softball-association.html

http://www.baseballasia.org/BFA/include/index.php?Page=5&news02=1476785914528035aab5f55

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ベースボールブリッジ結成のきっかけを作った人物であり、俺にとって最も身近な国家代表選手でもある、アミール・カーリグ・サケット投手もプレーしたイラン代表が、現在チームを率いてくれる日本人監督を探しているようです。


 アミールさん曰く、現在のイラン代表監督は、イラン国内リーグのクラブを指揮している人物が兼任しているそうですが、選手選考にあたって非常にえり好みが激しく、自軍の選手ばかりを優先してしまうとか。自分のチームの選手を1人でも多く出したいがために、それぞれの選手のポジションごとの適性も無視することすらあったそうです(右翼が本職の選手を、三塁で使おうとするなど)。


 昨晩、アミールさんとチャットした際には、「あいつはつい最近も、自分のチームからは7人も選んだのに、より格上である俺のチームからは1人しか選出しなかった。しかも、その1人は俺じゃなかったんだ。あいつが指揮を執っている限り、俺はイラン代表ではプレーできないんだよ。例え90マイル(約144キロ)の速球を投げようとね」と、首脳陣への不満をあらわにしていました。彼によれば、現在のイランには目下32歳の彼自身よりも若く、今代表のユニフォームを着ている選手たちよりも、実力的に有望な面々が台頭してきているにもかかわらず、現指揮官のそうした選考のせいで、彼らが正当に実力を評価されなくなっているとのこと。


 そうした現状を変えるために、今のイランの選手たちから求められているのが、日本人指揮官の就任なんだとか。彼らはここ最近、スリランカやネパールといった周辺の国々で、日本人の指導者が活躍しているのをとても羨ましがっており、「自分たちのチームも是非日本人に率いてもらいたい」と強く感じているそうです。これはあくまでも俺の推測ですが、彼らからは「日本人は非常に目が肥えており、選手の実力を正しく評価することができる。彼らなら、特定のチームを贔屓することなく、今のイランが結成しうるベストチームを作ってくれるだろう」という風に、日本人の指導者は思われているんでしょうね。


 もちろん、クリアしなければならない課題は少なからずあります。最大の課題は、やはり言葉の問題でしょう。世界的にはマイナー言語である、ペルシャ語を操れる日本の野球人というのは、少なくとも相当な希少種であることは間違いありません(英語が話せるアミールさんを、通訳として用いる手ももちろんありますが)。そうでなくとも、厳格なイスラム教国であるイランは、例え同じアジアの国といえども、日本とは全く生活習慣や文化が異なります。それらに適応していくことは、決して簡単なことではないであろうということは、容易に想像がつくことも確かです。


 それでも、イランの選手たちはあくまでも、日本人の登用にこだわっているとのこと。以前、アミールさんが所属するイランリーグのクラブ、ギラン・ニューサードに日本人助っ人を加入させる、という件について話をした際(結局、この件は実現せずに終わってしまったのですが)、「もし本当に日本からイランに来てくれるなら、生活拠点はイラン側で手配するし、現地での生活費に関してもこちらが全額負担しよう」とまで伝えてきたところに、個人的には彼らの本気度を感じます。


 将来的には、イラン国内に若手育成のためのアカデミーを立ち上げ、そこに日本人指導者を招くことを夢見ているというアミールさん。なんだかんだ言っても、アジア球界の絶対王者である日本をリスペクトしているからこそ、こうした思いが出てくるんでしょうね。少なくとも、日本人に自国の球界を変えてもらいたいという気持ちは、生半可なものではないようです。かつて挑戦した日本球界への移籍にせよ、これまで「こういうことをやりたい」という強い思いを抱き続けながらも、結果的には全て実現できないままに終わり、裏切られ続けてきたという彼。今度こそは、その切実な気持ちに応えてくれる人材が現れてくれればよいのですが…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 イラン代表右腕、アミール・カーリグ・サケット投手の招致活動に代わって、このたび新たに開始することになった、同国への野球用具の送付活動。Twitterやこのブログで協力を依頼したところ、既に10名を超すメンバーが集まることとなりました。皆さんのご協力に、心から感謝したいと思います。


 ただ、そうしてメンバーが増えていく中で、参加者同士での目的意識や情報共有が、どんどん難しくなっていく面があることは否定できません。また、用具の提供を呼びかける際、この活動が如何なるものであるかが、一目で分かるようなものが必要だという声も出てくるようになりました。そこでこのたび、今回のこの支援活動に関するWikiページを立ち上げました。


国際野球支援@ウィキ

http://www50.atwiki.jp/iranianbaseball/


 このサイトは、活動自体の周知に利用することはもちろん、メンバー同士での(主に首都圏在住者とそれ以外との)意思疎通の場としても活用される予定です。基本的には、実際に議論を交わす場はTwitterがメインとなりそうですが、字数制限のために話す内容が限られること、またやり取りの様子や上がってきた情報を、きちんと記録する場が別に必要であることから、それらの弱点を補う場として使おうと思います。


 なお、このサイトは閲覧は誰でもできますが、編集は荒らし回避のため、プロジェクトへの参加者や協力者に限定しています。企画に参加される方は、ぜひこちらの参加申請もお願いします。またプロジェクトに参加される際、差支えなければWikiの「プロジェクト参加者一覧」ページに、ハンドルネームやTwitterアカウントを掲載させていただきたいと思うので、よろしければその旨仰っていただければと思います。


 また、プロジェクト自体への参加者も、引き続き募集しています。現在、北海道と四国には支部の立ち上げを予定していますので、遠隔地以外からの参加も大歓迎です。参加される方は、「お名前」「年齢」「居住地」「ご自身についてのアピールポイント」を明記のうえ、gimme_the_microphone☆yahoo.co.jp(☆を@に変える)までメールをください。なお、来る9月8日には、秋葉原での第1回MTGの実施も計画しています。よろしければ、そちらに参加できるか否かも追記してください。よろしくお願いします。


ブログ「欧州野球狂の詩」「欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)」管理人

SYSTEM-R

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。